アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

[竹下雅敏氏]この情報が正しいとすると、神戸の震災は人工地震であり、オウムの科学大臣村井秀夫らによる攻撃であった可能性が出て来ます。 〜フルフォード1/14レポート〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中の“ドイツの首相メルケルは…”の一文ですが、この文章では何を言っているのかわからないので、文章から推測すれば、“ドイツの首相メルケルは先週スイスでスキー事故に逢っているが、それは彼女がドイツ第4帝国のトップであると推測されるある組織への個人的直接的打撃であったということをドイツから戻った諜報機関の者が言った”ということだと思います。その後の文章からこの事故は、ドイツがFRBに預けている金塊を取り戻そうとしていることに対する脅迫だということです。
 他の部分は大部分がオウム真理教の関連になっていますが、この情報が正しいとすると、神戸の震災は人工地震であり、オウム真理教の麻原はその日時を予言し的中させ世間を驚かせましたが、実際にはオウムの科学大臣村井秀夫らによる攻撃であった可能性が出て来ます。彼が殺された理由は、彼の口が軽かったことと、あまりにも多くの秘密を知っていたためだと思われます。オウム事件は一般に知られているよりも、ずっと闇が深いことがわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード1/14レポート
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]ゼカリア・シッチンの神話、惑星X、ニビル、フォトンベルトなどの言説に関しての事実と賢明な対処 〜フルフォードレポート新春版〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中に“惑星X、ニビル、フォトンベルトなど”とあり、これらはシオニストカルトと言ってよいような創作物という部分がありますが、私も同様に考えています。これらの情報源はほぼすべてが闇の側から出ており、例えばニビルなどはゼカリア・シッチンの神話によるところが大きいと感じます。私の見たところ、シッチンの神話はただの1パーセントも真実が無い戯言のような代物で、これは彼の情報源である宇宙人アスケットから来たものです。この手の連中は嘘ばかりついて人類を混乱させるので、多くの人々は何が本当の出来事であるのかがわからなくなってしまいます。シュメールの神々はすべて旧約聖書のノアの子孫、特にハムの一族を神格化したものにすぎません。ですから神どころか神霊ですらなく、単に悪霊に過ぎない存在です。ゼカリア・シッチンの神話や惑星X,フォトンベルトなどの言説に関しては、相手にしないのが賢明だと思います。ニビルに関してはすでに伝えてあるようにかつて確かに存在しましたが、現在は破壊されており存在しません。こうした言説に惑わされる人たちは、黙示録的視点から近く人類の大半が死に絶えること、ある信仰あるいは宇宙人からのメッセージなどを信じる一部の者のみが生き残るということを信じている人たちで、彼らが考えているようなことには決してなりません。もし起こり得るとすれば、こんなことを信じて意識的にも潜在的にも闇の連中に協力しているこのような者たちこそ、宇宙から消えてなくなるということです。この連中は今の人生しかなく、肉体の死とともに永遠に消滅してしまう運命なので、なおさら今この時を大切に生きておくことを勧めます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート新春版
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ベンジャミン・フルフォード氏]2013年を振り返って… 〜2013年が激変の年だったことが良くわかるまとめ記事〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏が、2013年の出来事を簡潔にまとめてくれています。ご覧になってわかるように、この1年の変化は大変なものだったのです。
 今年はそれが現実の世界の変化として、身を持って感じられるようになるだろうと思います。すでにお伝えしているように、2014年1月1日の13時に、地球は光の世界へと突入したからです。記事の最後の赤字部分ですが、おそらくこの通りだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2013年を振り返って・・・フルフォード
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ベンジャミン・フルフォード氏]2014年、旧体制が終わり新たな黄金時代が幕を開ける  〜竹下氏の大量逮捕に関する主張を支持するフルフォード氏の情報〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで、アメリカにおいても大量逮捕はすでに行われており、今後も継続して行われるだろうということを述べています。例えば11月28日の記事のコメントを参考にしてください。この中で“すでに先の作戦によって逮捕・拘束され、現在FEMAキャンプに収容されている”と書いたのですが、ようやく私のこの主張を支持する情報がフルフォード氏から上がってきました。このフルフォード情報が今後一般のメディアで広く知られるようになるには、もう少し時間がかかるかも知れません。
 後半、サウジアラビアの件ですが、私も同様の見解でサウジアラビア政府はもたないと考えています。最後の赤字の部分の“大きな攻撃”というのが非常に興味深いところですが、テロではないということになると、サウジアラビア政府の崩壊からここに書いてあるようなルートで日本の裏社会権力に至るまでの崩壊が含まれているのかも知れません。今日の2本目の記事とつながっている可能性があります。
 そういえば、サワヤカな安倍ちゃんは統一教会とつながっていたはずで、安倍政権にとっては都合が悪い出来事になると考えられます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2014年、旧体制が終わり新たな黄金時代が幕を開ける
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]人類のマヤヴィルーパ(幻覚体)の浄化とその結果について 〜フルフォード・クリスマス編〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 本日24日正午から13時(日本時間)の間に光が降り、人類のマヤヴィルーパ(幻覚体)が浄化されました。この結果は、今後様々な形で表に上がって来ることでしょう。霊的観点からは今日のこの光で、地球上の悪は滅ぼされたと言っていいでしょう。私も今日の時事ブログの記事を集めるのに、苦労しました。ほとんどの者がマヤヴィルーパを今日の光で完全に滅ぼされてしまったので、そうした者たちが掲載しているブログを開けると、私自身も呼吸が出来なくなってしまい、大変な思いをしました。今後テレビの画面などを見ていれば、マヤヴィルーパが残っている人とそうでない人の見分けは、はっきりとつくようになるでしょう。マヤヴィルーパが滅ぼされた人たちは、体外・体表を含めすべてのチャクラが完全に滅ぼされているからです。今回の件で私が本当のことを言っているということがわかるようになるでしょう。今後は霊的に滅ぼされた連中が、物理的次元で滅ぼされることになります。今回のフルフォード情報はそうした部分を伝えてくれています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード・クリスマス編
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。