アーカイブ: Yutika

19/11/18 フルフォード情報英語版:シオン長老らが姿を現わしつつある中で最終対決へ

 竹下氏が「イルミナティの中枢」と指摘していたシオンの長老連中、フルフォード氏のリポートでも「カバール」や「シオニスト」の最奥の黒幕として浮上してきました。ようは地球の支配構造の一番上に未だに居座る、傍迷惑な遺物。これをフルフォード氏は世界のトップ企業を牛耳る737人だと見ているようです。
 その一翼を担うローマのP2流皆血は、「単なる中国への覇権交代は如何なものかー」云々尤もな御託を並べており、完全降参はまだなようです。往生際の悪い彼らが全ての罪を白状する日なんて来るのでしょうか。
 今回、最終的にフルフォード氏は「真実和解委員会」を提案していましたが、支配層トップって大概はそんなんじゃ許されない生贄儀式に関与しているような気が。未成年との乱交くらいなら許すってのは、一般人の感覚ではちょっと無理があります。
 他にも米軍には、国際決済銀行(BIS)と欧州原子核研究機構(CERN)の解体、巨大メディア企業や巨大テクノロジー企業の占拠、大本営発表モッキングバード作戦の終結、上記737人の逮捕をして頂きたいとのこと。
 米軍がやらなくてもアジア勢がやるぞ、と焚き付けています。果たして欧米(と日本)はどう出るか。このままだと、新時代で中国に大差をつけられそうですぞ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
シオン長老らが姿を現わしつつある中で最終対決へ
投稿者:フルフォード

諸悪の根源は「シオン長老ども」


ありのままに言うべき時が来た【のだと思う】。世界の大半の問題は、「シオンの長老たち」として知られる集団がその根源だ。

これは紛れもない事実であり、ユダヤの人々とは何の関係もない。というよりも、人類の90%を殺害して残りを奴隷にするという計画を企んできた、世界の大半の企業を所有する【少数の】家系が内輪で交配して【出来上がった】集団なのだ。奴らが9.11のテロ攻撃およびファシストなクーデターを指揮して以来、(ワシントン・インスティチュート【というシンクタンク】の最近の計算によると)6.4兆ドルを戦争と大量殺人に費やしてきたのも、この【殺人と奴隷計画の】為だ。

画像はシャンティ・フーラが挿入

この金額は、貧困を終わらせ、環境破壊を止めさせ、宇宙へと人類が乗り出すのに十分なものだった。だと言うのに、大イスラエル創造プロジェックトに使われてしまった。自分たちが計画した人工的なハルマゲドンで生き残った者をそこから統治するのだとか。

はっきりさせておこう:諸悪の根源は、一神教を支配する諸家系が内輪で交配して【出来た】集団だ。

思い出してほしいのだが、我々はfascii(棒の束)、あるいはファシズムへと我々を束ねていくreligion(【宗教、すなわち】re-ligare、再び束ねること)を用いた【a government(政府)、すなわち】govern-(コントロール) -ment(マインド)によって支配されている。ファシズムは「企業による支配」とも呼ばれる。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

スイスのとある研究が、世界の多国籍企業の80%は737人の手でコントロールされていると示していた。
https://arxiv.org/PS_cache/arxiv/pdf/1107/1107.5728v2.pdf

この人々が、シオン長老としても知られているという訣だ。奴らは自身が所有する世界の大半の中央銀行を通して、バビロニア式借金奴隷制度を支配している。だからこそ奴らの使用人、すなわち上位10%の連中が世界の金融資産の93.2%をコントロールする一方で、底辺の90%が借金の72.4%を背負わせられているのだ。

このシステムは崩壊へと向かっている。アルジェリア、ボリビア、イギリス、チリ、デンマーク、エクアドル、エジプト、フランス、ギニア、ハイチ、ホンデュラス、香港、イラン、イラク、カザフスタン、レバノン、パキスタン、スペインでの暴動や社会不安に共通しているのは、支配エリート層に対する根深い不信感だ。

【フランス革命よろしく、今や】小作人たちが熊手を手にして、【支配層の豪邸の】門まで【迫って】いる。

» 続きはこちらから

19/11/17&19 ソルカ・ファール情報:アメリカ内戦情報まとめ2

 今回はアメリカ内戦シリーズ第二弾です(※「まとめ1」はこちら)。「まとめ1」に限らず、これまでソルカ・ファール情報では、アメリカ海軍の複数のカバール因子がトランプ暗殺を試みてきた様子を度々お伝えしてきました。そして陸軍はほぼ完全にトランプさんに忠誠を誓っており、悪しき海軍と戦っているというのが全体像でした。
ですが、どうやら陸軍も一枚岩ではなかったようです。ここに来て、陸軍トップの一部も尻尾を出しつつあります。

 今週木曜日に、「米下院の弾劾クーデターは民主党のウクライナ汚職を隠蔽するため」という説をご紹介しましたが、ウクライナといえばハザールマフィア、アシュケナジー系ユダヤ人の故郷です。
 今回登場するトルコの方は、「トルコのシリア“侵攻”?」のコメントでお伝えしたように、スファラディ系ユダヤ人のドンメー(偽装イスラム教徒)の出身地です。
 そしてアメリカの狂信的支配層は、アシュケナジーとスファラディの住まうイスラエルで人工ハルマゲドンを起こそうとしています。
 アメリカの内戦が、イコール世界の大掃除となりそうです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:アメリカ内戦情報まとめ2


■この記事のまとめ■
19日のソルカ・ファール記事
✅3つの別々の事件が裏で繋がっている
✅事件1:トランプさん暗殺未遂? 病院へ駆け込む
✅事件2:キラリー暗殺未遂? 飛行機が緊急着陸
✅事件3:民主党支持者への制裁? 捜査?
セレブの港で豪華ヨット2隻の火災➡同人物が幹部を務める軍事請負会社が、トルコの企業と提携していた

✅以上の点を繋いで中心に浮かんでくるのは、トルコ
✅13日にエルドアンがホワイトハウス訪問
✅19日にトルコ全土で2016年クーデター未遂に関与した軍人が一斉検挙
✅首謀者はアメリカ陸軍大将(※既に退役)
✅配下の同じく陸軍大将はCIAと軍の元パイプ役であり、現在……
✅ペンタゴンのサイト:アメリカ特殊作戦軍の司令官と記載
✅アメリカ特殊作戦軍のサイト:別の陸軍大将を真の司令官と記載

✅つまりアメリカの内戦は
✅トランプ対「CIAや米軍内部の不穏分子」
✅現在、ケネディ大統領のピッグズ湾事件レベルまで危険度上昇中
➡下手をすれば、大統領側が公開処刑の可能性

17日のソルカ・ファール記事
✅“ゴールデン・パスポート”の存在
✅富豪相手に開催される豪華パーティーで、複数国の首脳陣が寄付金集め
✅見返りは、ビザなし渡航が可能な特別パスポート
➡アメリカから逃亡を図るディープ・ステート側が購入済み? あるいは購入予定?

20日のおまけ情報
✅トランプ派の上院議員がトランプ派の大手TV局で断言
✅待ちに待ったFISA文書の公開日:12月9日
✅FISA事件担当検事の上院委員会出席日:12月11日
————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプとクリントンの死を巡る不穏なドラマが覆い隠すのは、キューバ・ミサイル危機以来最大のCIA解体
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

3つの奇妙な事件


本日クレムリンに出回っている【ロシア】対外情報庁(SVR)の極めて不穏な新報告書は、【ロシア公文書の機密度として最上位の】「特に重要な」極秘情報【に指定され】、2019年11月16日から17日まで24時間ほどの時間枠にアメリカ合衆国で起こった一見異なる3つの事件を、現時点で国家安全保障上、最も懸念すべきリストのトップに据えてきました。

――第一の事件が起きたのは11月16日土曜日、「心配な異常事態」のせいとやらで、突如ドナルド・トランプ大統領が事前の通知もなしに、ウォルター・リード病院へ駆け込みました。

――高位かつ匿名の情報源によると、「トランプは時間差【で効果が出る】化学物質を意図的に盛られたのではと、食中毒の有無をテストした」と言っています。

――これは、2018年7月に元軍人でシークレットサービス勤続19年のノール・エドワード・レマジェンがファーストレディ、メラニア・トランプの使う化粧用品を自ら調べた後に突然死亡し、【メラニアの旅行先の】スコットランドからアメリカへバイオハザード対応遺体収納袋に入れて戻された事件と酷似しています。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【※正式には「ウォルター・リード国軍医療センター」、元々は軍人専用だったワシントンD.C.周辺の巨大な病院施設で、歴代の大統領が治療や手術を受けています。J・F・ケネディの司法解剖が行われたのもここ。
トランプさんの言うように“定期検査”ならば、公式の予定表に前々から組み込まれてあった筈なので、何かが変。病院側も知らされていませんでした。】

» 続きはこちらから

19/11/14 ソルカ・ファール情報:トランプ弾劾クーデターでアメリカが自滅するのを眺めつつ、ウクライナはロシアとの再結成に向けて動き出す

 トランプさんへの誹謗中傷といえば、少し前まで“ロシアゲート”だったのに、最近は“ウクライナゲート”一色です。しかも、どうもトランプ陣営が敵の民主党を罠に嵌めているっぽいのですよね。
 刻々と時間が経つにつれ、攻める民主党側の墓穴がどんどん深まるという怪奇現象。茶番劇にドっ白けたアメリカ国民が、次々に共和党のトランプさんへ献金してはります。
 余りにも痛々しくて見ていられないので、「民主党ってば、いー加減止めたらいいのに」と思っていたら、どうやら止められない理由があったようです。

 オバマとキラリー・クリントン率いた前政権はウクライナでクーデターを起こし、ネオナチ政権を作って大量の資金を投入。どうやらそれを再びアメリカにキックバックさせていたみたいです。ようは資金洗浄です。
 オリガルヒ(成金)のおっさんの節操のなさには呆れますが、ウクライナは借金踏み倒して良いと思います。お金を貰った筈なのに未だに国はボロボロだし、大半は欧米のカバールに巻き上げられたっぽいし。文化的にも心情的にも、ロシアの方が話が通じそう。
 先日のトルコとシリアの一件を見ても、非情なNATOが仲間扱いしてくれることは無いでしょう。よくて対ロシア戦の障壁代わりです。
 ドラマの如き、勧善懲悪の痛快劇を期待します!
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:トランプ弾劾クーデターでアメリカが自滅するのを眺めつつ、ウクライナはロシアとの再結成に向けて動き出す
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
ロシアにアメリカ側の新たな武器が渡る
✅シリアに落ちたイスラエルの最新鋭ミサイル
✅ウクライナで眠っている対戦車ミサイル
➡実はコレ、アメリカで現在進行中の弾劾クーデターにも関係していた!
✅アメリカ民主党の傀儡だったウクライナ、新政権になって方向転換
✅外務大臣:欧米の都合よりも、和平実現の方が大事
✅陰の支配者:ロシアとの関係改善にゴーサイン、(和平資)金の方が大事

夢見るアメリカ民主党の主張:
✅「トランプがウクライナへの軍事支援とバイデンの捜査を天秤にかけて脅した。ウクライナがロシアに侵略されてしまう!」
現実:
✅軍事支援(=ロシア向け対戦車ミサイル)は不要。
✅理由1:ウクライナ国内の内戦であって、ロシアは全く侵略していない
✅理由2:内戦の敵対勢力が現在どちらも武装解除中

ウクライナを分断したオバマ政権
✅2014年まではロシア系の国家として問題なし
✅アメリカ主導のクーデターのせいで、東部(ロシア語)と西部(ウクライナ語)が対立
✅ロシア語禁止法が今年再び制定される

ウクライナのオリガルヒ
✅実は旧ソ連出身のユダヤ人
✅2015年から自分の所有するテレビ局で政権風刺ドラマを放送
✅2019年、ドラマの主人公を本物の大統領に据える

新ウクライナの狙い:
✅欧米が押し付けた巨額の借金踏み倒し
アメリカ民主党の弾劾クーデターの狙い:
✅民主党関係者の汚職がウクライナ側に捜査されるのを阻止
✅そしてウクライナで資金洗浄していた痕跡を隠滅


武器開発でもウクライナ問題でも、風向きはロシアに有利


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の正に驚愕の新報告書は、シリア関連の事案を議論していました。

――初めて戦闘使用された際に自爆することなく【シリア】領域に落下してしまったイスラエル【とアメリカのレイセオン社共同開発】の全く無傷のスタナー・ミサイルを、【同国は】今週【ロシア】国防省MoD)に引き渡したのです

――地球上の他のどのシステムよりも、ある意味、最新鋭のミサイル技術だ、と記していました。

【※ロシアにもS-400やS-500など優れたミサイルシステムがありますから、“ある意味”。】

――【そして今回譲渡された同ミサイル自体は】ウクライナの倉庫に何百台も眠っているアメリカ製の対戦車ミサイルFGM-148 ジャベリンと共に、間もなくロシアの武器庫に加わることでしょう。

――【ジャベリンといえば】更に150発をウクライナに輸出すると、つい最近、米国務省が許可したばかりですが、【こうなると】昨年ウクライナに送られて以来、未使用のまま眠っている同型の対戦車ミサイル210発【の列】に加わることになります。

――以上の全てが、【実は】ドナルド・トランプ大統領に対して仕掛けられた弾劾クーデターの中心なのです。

――【アメリカの下院で】第一回目の聴聞会が昨日開かれたところ、ジョー・バイデン元副大統領の息子、ハンター・バイデンがウクライナで犯した罪について捜査すべしと論証する結果となったのですから、社会主義者の民主党にとっては見事に裏目に出ました

» 続きはこちらから

19/11/11 フルフォード情報英語版:新しい金融システムを【本格】始動させるため、【旧】金融システムを内側から意図的に崩壊させる計画が進行中

 「新たな金融システムにどう切り替えるのか」がテーマです。旧い金融システムから切り替えをすること自体は確定しました。
 スムーズに移行させたい旧支配層(※相変わらずカバールとヨーロッパの王侯貴族との違いがよー分かりまへん。全員サクっと排除じゃアカンの?)に対して、フルフォード氏は旧システムの崩壊が不可避かつ先決だと見ているようです。リーマンショックよりも巨大なバブルが弾けて初めて、新たなシステムが設置できるのだと。
 旧支配層から借金を押し付けられている90%側にとっては、バブル崩壊の方がいいみたいです。シープルの目を覚ますという意味でも、何らかの荒治療は必要かと。カバール粛清みたく、全てを水面下でされたら結局はカバールの情報統制と変わりないですもん。
 決戦の舞台は現在、メキシコとサウジアラビア。前者ではカバールが、後者では反カバール(※完全に正義の味方なのか不明ですが、少なくとも悪魔主義者ではない人たち)が優勢の様子。
 セルビアの件は、先週のレッド・ドラゴン大使が話されていた内容です。キーナン氏もインドネシアを中心に開発していくと常々言っておられますし、これまで虐げられていた国々に救いの手が差し伸べられるのは大変明るいニュースかと。
 ただそうすると日本はどーなるよ、という疑問も……加害国でもあるので、やっぱり崩壊が先ですかね、米国の属州ですもんね、道連れですよねー。日割りでカルマが嵩んでいく気がするので、頼むからさっさと解散してくれ奴隷総理。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新しい金融システムを【本格】始動させるため、【旧】金融システムを内側から意図的に崩壊させる計画が進行中
投稿者:フルフォード

もう破壊するしかない現行の金融システム


新しい金融システムのために場所を空けさせようと、リーマン・ブラザーズのときよりも大規模な金融システム崩壊が計画されているところだ、と複数のアジアの秘密結社筋は言う。諸々の金融市場における最近の動向、とりわけ桁外れなサイズの株式市場バブルが、この主張を裏付けている。

金融市場が現実に抗った際にはいつだって最後に現実が勝つ、とベテランの金融関係者であれば誰でも教えてくれるだろう。つまり株価は90%、あるいはもっと下落しかねないということだ。

しかしながら、金融戦争が未だに終結していないしるしとして、ヨーロッパの王族は【上記の見解に】異議を唱えている。世界中の全ての投資銀行は旧システムからの移行を開始しました。よって、旧い【システム】から新しいものへと切れ目なく、摩擦なく変化を遂げるのは時間の問題なのです」、と言っていた。

【スムーズな移行という案は】決済システムやATMやクレジット・カードの分野では上手くいくかもしれないが、欧米のバビロニア式借金奴隷制度全体に対しては無理だ。

この制度の結果、最上位の1%が全ての株式と投資信託の53.2%を所有することなった。しかも【上位1%に】その下の9%も合わせると、富裕層が93.2%を支配し、残りの90%【の人々】にはたったの6.8%しか残されていない。

当該システムが借金奴隷制度であることを示す更なる証拠は、底辺の90%の人々が全借金の72.4%を負っているという事実だ。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/total%20asset%20held%20by%20wealth%20group.jpg?itok=mWryuKbR

画像はシャンティ・フーラが挿入
[Public Domain]

超金持ちと彼らに仕える上位の召使い連中が支配し、所有する株式市場は詐欺的かつ寄生的なものと化し、現に実体経済から金(かね)を吸い取っている。これでは崩壊は、どう計算しても免れ得まい。

» 続きはこちらから

19/11/07 地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第5回 その2

 第5回は「金融崩壊の時と場所と順序」が全体のテーマです。(その1はこちら
 その2の冒頭は米ドルの本当の価値を定める再評価について。ルイーザさんはアメリカ人なので、本物のアメリカ共和合衆国(※「アメリカ株式会社」ではない方)、そして米ドルはそれなりに強いと素直に信じています。そして出来るだけ崩壊のショックは少なくあって欲しいと願っていますが、現実は相当に厳しいようです。
 ただフルフォード氏は、米国の破産や金融崩壊が99%の人々にとって良いものだと、何度も繰り返しています。多分ルイーザさんを見ていて、このままだと一般の人々(とくにアメリカ人)が心配し過ぎて移行の足枷になってしまうと、パニック・コントロールに出たのではないでしょうか。
 「苦しみ」は絶対にある筈なのに、なるべくそこを迂回して語っています。8種の私なんぞは逆に怪しいと感じてしまうというか、はっきり言って欲しいタイプなのでもどかしいというか……。
 2020年の秋までに経済潰しちゃってトランプさんはどう再選に持っていくのかも、すこぶる気になります。ずーっと「アメリカ経済は上向き!」って宣言してはります。「目的のためなら手段を択ばず」は如何なものかと思いますが、凡人には不正選挙くらいしか思いつきません。

 フルフォード氏は青で、大使はピンクで、ルイーザさんは緑で、スティーヴ氏は茶色で色分けします。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第5回 その2
転載元)
投稿者:ルイーザ

■その2のポイント■
今回の動画全体のテーマ:「金融崩壊の時と場所と順序」

米ドル再評価
大使:米ドルの再評価は新ドル札への移行前。現在の価値からまず6割切り下げて、そこから更に価値は下がっていく。

米軍の再編
大使:米軍は既にファミリーのために活動中なので、戦争に費やさない程度には融資してもらえる。
また、将来の世界再建の道具として使われる
フルフォード氏:そして残っている自然保護に

国連の移転
フルフォード氏:国連は根本から改革する予定
大使:既に某国に新事務所建設済み
トランプは事務所移転の流れを自然なものにしたい
ルイーザさん:国連は米国内のソルトレイクシティの施設を占拠したのでは? アジェンダ2030を使って?
フルフォード氏:その噂は違うのでは。米軍がアメリカの乗っ取りを国連に許さない。

金塊の在処
大使:ロシアと中国に大量にある。主要各国は金を確保している。
アメリカが所有していた金は盗んだもの。奪回された金はファミリーが【新】通貨の裏付けに使う予定。
フルフォード氏:実際に金塊の詰まった掩体壕で証拠写真を
大使:ファミリーによって厳重に守られているから一般人は無理
アルファ・オメガ金預金のリストで、各国中央銀行の保有量が判明する筈

新通貨への移行
大使:金融崩壊は2020年のアメリカ大統領選前
新通貨への移行など良いニュースはトランプ再選の後
フルフォード氏:現物を押さえて、実体経済に従事していれば大丈夫。一回崩壊すれば、より良くなる。

移行の障壁
フルフォード氏:支配の最上層部は悪魔に魂を売った、人工的ハルマゲドンを目論む狂信者連中。アメリカだけじゃない。
偽CGや偽ニュースで誤魔化しているが、カバール粛清はもう始まっている。
➡見分け方:様々なアングルで撮影されているか、単一の同じものが使い回されていていないか
インドネシアや日本の銀行が数日間閉鎖
➡既にシステムも移行している

デジタル通貨
ルイーザさん:やがて通貨は全てデジタル化?
フルフォード氏:否。ツケを記録するための新たな手段としてデジタル通貨は有用。でもいつかは現物が必要に。
金融リセットは借金免除の意味

ちょこっとアメリカ政治
✅監察官報告書がもうすぐ公表へ
✅ウクライナ革命、マレーシア航空墜落、福島の津波核テロ、9.11テロは探りどころとしてオススメ
✅本物の犯罪者連中なので、最後には銃で対応するしかない


ドルの価値切り下げ→新ドル札発行


ルイーザさん:ですが、米ドルが金(きん)に裏打ちされるという話は、“ヘアカット”の前ですか、後ですか。どの程度の“ヘアカット”になりますか。財務省【発行】紙幣への移行前ですか。


大使:【前に】なるでしょうね。数値まで分かっているんですが、今パッとは思い出せなくて――。


ルイーザさん:私は、40か50%【分くらい、米ドルの価値が下がる】と耳にしましたが、これって正しい数値ですか?


大使:いいえ。まずは【現在の価値から】60%【下がって】、その後にもっと下がります。40%どころじゃありません。


ルイーザさん:うわぁ、今すぐ【ドルを売って】金(きん)や銀を買っておかなきゃいけないってことなんですね。


大使:ええ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

フルフォード氏:私は11月11日に、皆に対して銀を現物で購入するよう大いに推進する動きが予定されていると聞きました。一般の人々にメッセージを送るとか。それで11日に一斉に始めて、システムに障害を起こさせるんです。個人的には、いいアイデアだと思います。


ルイーザさん:なるほど、システム上にですか。

確かに意味をなしませんよね、大使。先に新通貨に切り替えて、その後で価値の切り下げなんて。


大使:その通りです。でないと余計な作業が増えるだけです。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 89