アーカイブ: 未分類

オバマがトランプ新政権への移行作業を妨害 〜オバマのくずっぷりがハンパない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事で、ロシアのザハロワ報道官は、“次期政権のために後回しにできない仕事の数を最大限に増やし、米国政府に平手打ちを食らわせた”と言って、オバマを批判しました。
 まったく証拠も上げず、米大統領選にロシアが介入したとして、オバマは報復を口にしていました。その後、トルコでロシア大使の射殺事件が起き、ロシア旅客機ツポレフ154型機が墜落しました。そして今度は、狂気とも言えるロシア外交官の追放命令です。全体の流れを見ると、全てアメリカの仕業だと思えて仕方がありません。
 先の記事で、ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は、“米政権がすでにどん底にあるロシアとの現在の関係を完全に台無しにすることを目指している”と言っていますが、この通りではないかと思います。トランプ氏の大統領の就任前に、両国の関係を完全に破綻させておくつもりなのでしょう。いわば、トランプ新大統領への嫌がらせ、あるいは妨害工作です。オバマは、この時期にわざわざワイトハウスの大規模改築まで行っており、そのためトランプ大統領は、就任から1年間はホワイトハウスを使えないとのことです。道路を渡ったところにあるアイゼンハワー大統領府で行わなければならないとの事。オバマのくずっぷりがはんぱないと言えます。
 最近のオバマの人相がますます悪くなり、もはや悪魔的ですが、その分、自分たちは似てると思ったんでしょうか、真珠湾であべぴょんと仲良くやっていました。互いに傷を舐め合っていたのでしょう。
 櫻井ジャーナルによると、アメリカでは、“選挙にロシアが介入したとする証拠を見せろという要求が強くなっている”とあります。ロシアはこうした挑発に乗りそうになく、オバマ政権は、ますます自らの首を絞めているという感じがします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
引用元)
<オバマは新政権への移行作業を妨害しています!>

http://investmentwatchblog.com/breaking-trump-started-total-war-with-obama-just-days-before-inauguration/
(概要)
12月29日付け



大統領就任式まで残りわずかの今、トランプ氏はオバマ大統領と全面戦争を始めました。
水曜日に、トランプ氏はオバマ大統領が新政権への移行を妨害していると非難しました。世界もこの事実を認識しています。オバマはトランプ氏の大統領の任務を台無しにしようとしています。オバマの妨害工作により移行作業が滞っています。

(以下略) 

――――――――――――――――――――――――
引用元)
http://beforeitsnews.com/politics/2016/11/breaking-obama-just-screwed-trump-out-of-the-oval-office-2861112.html
(概要)
11月21日付け



トランプ次期大統領は来年1月20日に大統領に就任することになっていますが、トランプ大統領がホワイトハウスを使用できるのはそれよりもずっと遅くなるでしょう。
なぜなら、オバマ大統領がこの時期にわざわざホワイトハウスの大規模改築(壁まで壊す)を行うことにしたからです。これはオバマの嫌がらせと言わざるを得ません。

(中略) 

そのため、トランプ大統領はホワイトハウスの改築が終るまで道路を渡ったところにあるアイゼンハワー大統領府で執務をしなければならなくなるでしょう。

(中略) 

ホワイトハウスの関係者によると、トランプ大統領は就任から1年間はホワイトハウスを使えなくなります。

(中略) 

つまりこれは、トランプ氏に対するオバマの最後の屈辱行為です。

――――――――――――――――――――――――
トランプ氏、オバマ大統領が権力の移行妨害と非難
転載元)
トランプ次期大統領は、オバマ現大統領が「円滑な」権力の移行を妨害しているとして非難した。

「O(訳注:オバマ)大統領からの多数の挑発的な声明や妨害を気にしないようベストを尽くしている。円滑な移行になると考えられていたが、ちがう!」とトランプ氏はツイッターに書き込んだ。 ​

Doing my best to disregard the many inflammatory President O statements and roadblocks.Thought it was going to be a smooth transition — NOT!


――――――――――――――――――――――――
有力メディアで情報操作できない米国が世界で孤立、オバマ大統領は真珠湾で安倍首相と同盟を宣伝
引用元)
バラク・オバマ大統領はアメリカを孤立させてホワイトハウスを去ることになった。

(中略) 

 シリア情勢について12月20日にロシア、イラン、そしてトルコがモスクワで話し合っているが、アメリカは相手にされていない。

(中略) 

問題を外交的に解決する姿勢を見せていたジョン・ケリー国務長官はオバマ大統領から無視されていた。

(中略) 

 西側の有力メディアを使って偽情報を流し、幻影を事実だと人びとに信じ込ませてから軍事侵略して破壊と殺戮を繰り広げるというパターンはシリアで挫折した。

(中略) 

 そうした作戦を破綻させる上で中心的な役割を果たしたのがロシア。そのロシアを攻撃するため、アメリカのオバマ政権や有力メディアは「偽報道」だとするキャンペーンを展開中だ。

(中略) 

 しかし、アメリカでは有力メディアと手を組んでロシアを攻撃しているオバマ政権に対し、選挙にロシアが介入したとする証拠を見せろという要求が強まっているようだ。

(中略) 

 アメリカが孤立してきた一因は、こうした事実が広く知られるようになり、人びとが辟易していることにあるだろう。

(以下略)

[Sputnik]米国人教授、誰が次期米大統領になるかを語る 〜ヒラリーが大統領選を降りるというシナリオへ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 やはり米大統領選は、不正がなければトランプ氏が勝利するようです。ここへ来てFBIが、ヒラリー・クリントンに対するメール問題の捜査を再開するとのこと。クリントン陣営には大打撃です。クリントン陣営のポデスタ選対本部長は、“大統領選直前にこうした動きが出るのは異常だ”と不快感を表明したようです。
 このタイミングを考えると、ヒラリーはやはり使えないということになったのでしょうか。フルフォード氏は、ヒラリーが大統領選を降りるというシナリオを語っていますが、確かにそうした動きになってきたようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国人教授、誰が次期米大統領になるかを語る
転載元)
ニューヨーク大学のヘルムト・ノーポース教授は、自分の作った米大統領選結果予測モデルによると勝利するのは共和党のドナルド・トランプ候補であることを明らかにした。インディペンデント紙が報じている。

ノーポース教授の開発した選挙結果予測モデルは1992年から今までの米大統領選挙の予測を2000年の1度を除いて全て当てている。モデルは2000年は民主党の勝利を予測したが、実際はフロリダ州の浮遊票を集め、共和党のジョージ・ブッシュ氏が当選した。

さて今回だが、このモデルの予測ではプライマリーでより見事な演説を行なった候補者が勝利する。ノースポース氏の見解ではプライマリーで勝利を収めるのはトランプ氏で、このことから選挙で勝利する確率は高い。

――――――――――――――――――――――――
配信元)

テラヘルツ波は“対象物を透明化” 空港のボディスキャナーとして実用化 〜テラヘルツ波による放射線被曝で「ほぼ確実にガン」に〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 テラヘルツ波を用いると、本を開かずに中身を読むことが出来るとのことです。テラヘルツ波は“対象物を透明化できる”らしい。
 現実にはテラヘルツ波は、空港のテロ対策のボディスキャナーとして実用化されているということです。確かに服が透けてボディーラインが丸見えになってしまいますね。
 問題はこのテラヘルツ波による放射線被曝で、“人間のDNA螺旋をこじ開け破壊してしまう”と言うのです。TSA(運輸安全管理局)のスキャナーが、それを浴びた人々や職員のDNAを著しく損傷しており、“何人かの人たちに、ほぼ確実にガンを引き起こす”というのです。
 科学というのは諸刃の剣であるというのはよく知られた事実ですが、問題は、危険性を一切知らされていないということではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米物理学者は本を開かずに本を読む?
転載元)
米マサチューセッツ工科大学の学者達は、テラヘルツ放射線を用いて、閉じられた本を、本を開かずに読むことができるユニークな器具を開発した。この発明に関する論文は、雑誌Nature Communicationsに発表された。

マサチューセッツ工科大学のバーマク・ヘシマト氏は、スプートニク記者の取材に対し「ニューヨーク博物館はすでに、このテクノロジーに関心を示した。なぜなら彼らは、例えば、手で触れることができない古文書の中をのぞきたいと思っているからだ」と述べた。

ヘシマト氏と彼の実験室の同僚達は、所謂テラヘルツ放射線の助けを借りて、このユニークな技術を作り出した。

この放射線には様々な用途があるが、そのもっともよく知られた特性は、理論上、対象物を「透明化」できる能力だ。マサチューセッツ工科大学の学者らは、この夢を現実にし、文字と白紙を区別できる特殊なスキャナーを開発した。

――――――――――――――――――――――――
DNA螺旋を“こじ開けて”破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?
引用元)
(前略) 

■テラヘルツ波はDNAを破壊し、ガンを引き起こす?

 米・ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所、非線形科学研究センターのボイアン・アレクサンドロフ博士らは、研究の結果、テラヘルツ波による放射線被曝が累積的に生体に蓄積し、人間や動物のDNAに影響を与えるという恐ろしい証拠を発見した。なんとテラヘルツ波は、人間のDNA螺旋をこじ開け、破壊してしまうというのだ。

(中略) 

 すでに米国では、空港のテロ対策として服が完全に透けて見えるボディスキャナーが実用化されているが、これはテラヘルツ波を応用した技術。

(中略) 

米・コロンビア大学教授で、放射線の影響に関する専門家であるデービッド・ブレンナー博士は、「TSAのスキャナーが、それを受けた何人かの人たちに、ほぼ確実にガンを引き起こすだろう」と警告を発している。

(以下略)

検察審査会、甘利氏の「不起訴は妥当だ」 〜日本は法治国家ではなく「放置国家」〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 甘利明前経済再生担当相と元公設秘書2人が、斡旋利得処罰法違反で刑事告発されていました。土地再生機構(UR)と建設会社の補償交渉の口利きで、建設会社側から現金を受け取ったという事件です。名もなき投資家さんがツイートしている通り、証拠のテープの中にやり取りが記録されていたと思います。驚いたことに、検察審査会は“不起訴は妥当だと議決した”とのこと。
 もはや日本は法治国家とは言えなくなりました。名もなき投資家さんは、“放置国家になっちゃいました”と言っていますが、その通りだと思います。安倍政権が何を目指しているのかが、この件でよくわかりました。 
 「法治国家、思想信条の自由」から「放置国家、首相晋三の自由」への転換です。「痴呆国家」とも言います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
配信元)


――――――――――――――――――――――――
検察審査会、甘利氏の「不起訴は妥当だ」
引用元)
東京地検特捜部が不起訴処分とした甘利明前経済再生担当相について、検察審査会は「不起訴は妥当だ」と議決した。一方、元秘書2人については「一部、不起訴不当」だとして、再捜査を求めた。

(中略) 

 元秘書2人は、「起訴すべき」ではなく「不起訴不当」との議決だったため、特捜部が再び不起訴とした場合、検察審査会の2回目の審査は行われず捜査は終結する。

虚構の上に成り立った金融システムに王手! 〜神々と共にある八咫烏と直属組織〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォードレポートでは、AIIB加盟国の実態貿易の有様を具体的に示して、FRBを中心とする中央銀行の虚構の上に成り立った金融システムに王手がかかっていることを示しています。記事では、“AIIB加盟国が米ドルの受け取りを拒否すれば、米国のハザール徒党にとって試合終了となる”とあります。連中にとって新金融システムを受け入れるか、それとも金融ハルマゲドンで終わりを迎えるか、いずれにしても彼らの経済支配は終りになります。
 個人的には、日本の場合、明日のプーチン・安倍会談がかなり大きな意味を持つのではないかと思っています。何故なのか理由はわからないのですが、今でも安倍首相はプーチン大統領を恐れているのですが、プーチン大統領との会談の後、怯えるほどの恐れになると予想されるからです。今のところ細かい分析が出来ていないので、具体的な内容はわからないのですが、この辺りの情報が出て来ると面白いと思います。スプートニクの記事からヒントは得られると思っています。
 巨大銀行を救済する方法をFRB所有者たちは必死に考えているようで、最も安易な方法は、預金者の金を銀行救済のために盗むことです。彼らは本当に実行するつもりだと思いますが、もはや逃げる場所は無いので、極めて大きなリスクを伴います。彼ら自身が民衆の怒りから逃げおおせるとは思っていないでしょう。
 元記事をご覧になると最後の辺りで、八咫烏の関係者からの情報が出て来ます。ベンジャミン・フルフォード氏は以前の記事でも八咫烏との接触に言及していましたが、今回の記事でも組織のメンバーと接触していることがわかります。多くの方にとって、八咫烏という秘密結社は架空のもので妄想の類だと思われるかも知れませんが、フルフォード氏の記事から、この組織の実在が確認出来ます。
 これまで何回か、八咫烏とその直属の組織である五龍会は正気を取り戻したとコメントしたのですが、今後は今回のように、八咫烏からの情報がフルフォード氏を通してもたらされるようになるのかも知れないと思っています。元々八咫烏は、邪悪な組織ではなく、国体護持のために様々な組織と手を結ばなければならなかったことに加え、間違った霊導を受けていたという部分が大きかったと思います。しかし現在は正しく霊導されており、彼らは神々と共にあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(5/2)
(前略) 
 あなたが以下のリンクを見れば、現実に世界に関する限り、ハザールマフィアの経済支配は終わったことが明確に分かる。最初はアジア・インフラ投資銀行AIIBに加入している国を赤色で示した地図です。アフリカとブラジルを除くアメリカ州を除くと、ほとんどの世界はボード上にある。

o0757048013635513465 http://www.viewsoftheworld.net/wp-content/uploads/2010/11/gdpppp2010.jpg

次のリンクは購買力平価(実際)GDPの点でこれらの国を示している。再び分かるように、AIIBの参加国は地図上で圧倒的に大きい。

(中略) 

o0800031113635513466
http://www.viewsoftheworld.net/wp-content/uploads/2010/11/gdpppp2010.jpg

中国を貿易相手国第一位とする国々対米国を貿易相手国第一位とする国々を示します。再びあなたは、中国が実体世界貿易で米国の二倍以上の影響力を持っていることが分かる。

o0800050713635513467
http://2oqz471sa19h3vbwa53m33yj.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/04/china-top-trade-partner-2x-america.png

これが意味するとことはAIIB加盟国が米ドルの受け取りを拒否すれば、米国のハザール徒党にとって試合終了となる。

アジアの秘密結社と白龍会の会合が今週行われる予定であり、そこで、これは議論の重要な点になる。白龍会はドル支配者に将来計画機関と金取引を受け入れるか、金融ハルマゲドンで打撃を受けるかのどちらかの最後通牒を発行する提案をする予定である。もちろん第三次世界大戦を防ぐために、米軍及び政府機関は引き続きそのようなイベントで融資を受け続けることになる。しかし、彼らはワシントンDCとニューヨークに寄生する犯罪汚物を一掃することが求められる。

(中略) 

金融ハルマゲドンがやってきている兆候がある。5月2日(今日)、米国の実質支配国プエルトリコは債権支払いにおいて不履行寸前であり、起こるとすると組織的破壊の引き金になるだろう。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 25