アーカイブ: *霊的世界

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文29  宗教関係者に対する裁き、近づく地球の覚醒

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在、地球上の宗教と政治の改革を行うため、昨日と一昨日の2日間に渡って、世界中の宗教関係者で、神の意志に逆らう者たちを滅ぼす作業が行われました。
 宗教指導者も信者も、一様に裁きの対象になりました。世界の大きな宗教だけではなく、新興宗教も、そしてチャネラーやヒーラーも対象になっています。
 昨日、今日あたりから体調がおかしく、うつ状態に陥っている人は、裁きの対象に入っていた可能性があります。裁かれた連中は彼らが信じる宗教教義に合致していたか否かではなく、神の意志に反した行為が裁きの対象になったわけです。
 宗教指導者の命令に従った行為であったとしても、明らかに不正なものがあります。例えば不正選挙に関与、あるいは隠ぺいする行為。神の意志に反した神事、オペレーション、ヒーリング、チャネリングなどを行なって来た者は、全て裁かれています。
 今後もこのような行為を続けるならば精神に異常をきたし、認知症を発病します。すでにそうなっている者も、たくさん存在します。これまで警告を真に受けなかった者たちは、神々を含め多数滅びています。決していい加減なことを言っているわけではないので、真剣に受け止めてください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文29

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年5月30日〉

「とても美しい地球になりました。
輝くたくさんの色が見えます。
個々の人々が光を放出しています。
これ迄の選別の光によって魂が選別され、今地上には、美しく清らかな魂だけが生き残っています。
これらの魂はこれからも輝きを増し加えていく事でしょう。

様々な問題は多く存在していますが、それらは一つの方向へ向かって解決がなされるでしょう。
宇宙的規模での進化はすでに進行を早めており、その進化の渦は、太陽系を最後に巻き込み、その上昇速度を早めつつあります。

悪の分子が打ち払われる事により、すべてがそのあるべき場所に配置されました。
地球はやがて信じられない程の変化を伴って、変貌を遂げていく事でしょう。
これからは地球に焦点が当てられ、大規模な変革の流れが人々をいやおうなく目覚めさせる結果となるでしょう。

地球の覚醒はもう間もなくでしょう。

どうか過度に恐れを抱かないで下さい。
あなた方の心の平安は、紛れる事のないあなた方の“神への愛”と“全託”の証しとなります。

肉体の生命だけに執着しないで、永遠に続く魂の未来を展望して下さい。

今、この一瞬一瞬を、心を込めて生きて下さい。

変化を恐れないで下さい。
変化の中で永遠に変わらないものに心を向けて下さい。

心を清め、希望を失わなければ、生命を見出すでしょう。

いつも皆さんと共にいます。
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

第一システムの天津神・第1レベルの最高神に牽牛様が就任した時の様子とその次元

竹下雅敏氏からの情報です。
 「天界の改革」は、2006年9月頃から始まり、2007年1月1日に瀬織津姫穂乃子を大君とするホツマの神の一団が、地球に降臨した時から本格化しました。穂乃子は、その後、私の妻になりました。
 ブログ「光の海から」は、せれなさんが見た天界のヴィジョンを私が解説する形になっています。2010年8月16日のヴィジョンは、第一システムの天津神・第1レベルの最高神に牽牛様が就任した時の様子を描いたものです。
 せれなさんは、ヴィジョンを見た時には「どなたかわからないまま、絵にしています」とあり、中西征子さんは、神々のイラストを描いている時、誰を描いているのか「まったくわからない」のです。しかも、描いている神の姿は見えていません。しかし、出来上がったイラストは、神々の肖像画と言えるほどそっくりなのです。
 記事では、ヴィジョンで牽牛様のお姿を拝見したせれなさんが、中西さんの牽牛様のイラストを見た時に、「あまりにそっくりなので驚きました!」と記しています。
 記事の私の解説では、この時の牽牛様の「ロゴスの就任式」は、シリウス第一レベルのホツマの神のコーザル界での出来事だと説明しましたが、具体的には、66.4次元になります。“続きはこちらから”の【天津神・第1システムの次元】の図表を参照してください。また、「天界の秩序5」の解説も参考にしてください。
 3月1日の「中西征子さんの天界通信67」のソフィア(トワニヒカリカガヤクヒメミコ)の通信文を見れば、私は4億5千万年前に愛の創造神第5システムの第1レベルから第1システムの天津神第1レベルに降臨したのがわかると思います。ソフィアは、私が「愛の創造神第5システムの最高神であった」と言っていますが、これは事実です。この4億5千万年の間、第1システムの天津神第1レベルの最高神は私だったのですが、このことに気づいたのは、「天界の改革」が始まってしばらく経ってからでした。
 冒頭の牽牛様の最高神への就任式は、私の後任が選ばれたということなのです。このような話を信じる必要はまったくありませんが、長く時事ブログをご覧になっている方は、全体像がよくわかるのではないかと思います。
 牽牛様の就任式以降は、霊的次元ではなく、神智学の「太陽系の7界と49亜界」で表現される4次元未満の物理的次元の改革が本格化しました。それに合わせて、時事ブログが始まったわけです。
 それまでは、66.4次元というような高次元の霊的世界に意識の焦点を合わせていたのですが、今では3.0次元の近辺に意識の焦点を合わせざるを得ません。そこで、「銀河連合」「光の銀河連邦」などの真実について知ってもらわなければならないので、時折、時事ブログの記事で扱っているわけですが、自分としてはウンザリとしているというのが、正直なところです。本来なら、相手にもしたくない連中だからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
8月16日のヴィジョンと竹下氏による解説
引用元)
8月16日は旧暦の七夕でした。この日に私が見たヴィジョンのイラストを、竹下雅敏氏の解説と一緒にご紹介させていただきます。
 
イラストの上部にある、灰色の背景の文字は、ヴィジョンを見たときの私の感想、イラストの下部にある黄色(肌色)の背景の文字(赤字に変えています:シャンティ・フーラ)は、竹下雅敏氏による解説です。


深夜0時のヴィジョン
 
①深夜0時になる直前でしたが、突然このような景色が見えてきました。天空に浮かぶように、長い道のようなものがあり(地球的に表現するとレッドカーペット。赤い絨毯は敷かれていませんでしたが)、その両脇にはたくさんの方が立っていらっしゃいました。その先には階段が数段あり、壇上に数名の方が立っていらっしゃいました。
 上から見ている構図なので、お姿やお顔はここでは見えませんでした。
 


 
イメージが伝わるようにペイントで簡単に色を加えてみました

 
 
ここは、コーザル界でシリウス第一レベルのホツマの神の浄土になります。
ロゴスの就任式の様子です。

 
②しばらくすると、男神様の姿がはっきりと見えてきました。
手には杖のようなものを受け取っていらっしゃいましたが、それがどんな形状のものかまでは見えませんでした。
 


 
彼は、七夕伝説の牽牛です。シリウス第一レベルのホツマの神のロゴスに就任しました。
(以下略)
————————————————————————
牽牛様
引用元)
(前略)
11月14日は「牽牛様」でした。(中略)… 以前、ヴィジョンで見せていただいた牽牛様の端正なお顔、涼やかな目元、凛とした(でも優しい)雰囲気がとても印象深かったので尚更です!
 
さて、公開されたイラストを拝見して、あまりにそっくりなので驚きました!
 
私はヴィジョンを見た時はどなたかわからないまま、絵にしています。
中西さんも絵を描きながら、それがどなたかまったくわからないそうです。
竹下雅敏氏は、どちらの絵でも必ず、波動を調べて確認をとっていらっしゃいますので、
私たちが同じように下の3枚のイラストで波動を調べても一致するはずです。
これはもう偶然とは言えないレベルです。
 
神は本当に存在します。


↑イラスト)中西征子氏



イラスト)Serena

» 続きはこちらから

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文28  地上の混乱の高まりと人々にもたらされる苦しみ

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日、中西征子さんからファクスが入り、通信文を読んだ直後の13:10頃から攻撃が始まりました。外宇宙の5400柱からの攻撃で、予想した通り、15:10頃全員が消滅しました。攻撃の理由ははっきりしていて、“心の清らかな者が高い位に就く”という天界の新しい秩序が、彼らの気に入らなかったのです。これで外宇宙を含む全宇宙の大掃除が終わったと思います。
 現在、「銀河連邦」の不届き者を処分する事案が進んでいます。まだまだ神々、そして宇宙人も古い意識から抜け出せず、野心から悪しき行為を行う者が居ます。彼らの特徴は、平気で嘘をつくこと、他人に成りすまして通信文を送ること、魂が永遠であると錯覚していることなどが挙げられます。要するに、最後の審判の意味を全く理解していないのです。
 地球ではすでに、ほとんど最後の審判は終わっていますが、まだ魂が残るか否かの当落線上の者もたくさん居ます。今後の地球上の混乱の中で、各人がどのような行動を取るかで、最終的に決着がつくでしょう。
 いわゆる悪人の魂はすでに滅ぼされているので、悪がこれ以上地球上に存続することはありません。彼らの働きで潜在していた悪が浮かび上がり、多くの人がそこに巻き込まれますが、その後ゆっくりと消えていきます。そのようにして、地球は大変清らかな場所に変化していくのです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文28

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年5月23日〉

「外宇宙の陰謀はすでに沈静化していますが、油断は出来ないように思われます。

今日は、これから将来の地球の大まかな出来事の展望についてお伝えしたいと思います。

今後、ますます地上の混乱は衝撃的なまでに高まっていくでしょう。

経済的混乱、武力の衝突は到る所に飛び火し、その結果、食糧危機、テロによる暴力行為の激化、避難民の増加などにより、多くの人々が苦しみを経験する事でしょう。

日本においては、軍国化を目論む政府当局による様々な抑圧的法整備が強引に推し進められ、貧富の差の拡大と共に、一般の国民の自由と平和を損う社会へと変化していく事でしょう。

言論統制が実施されると、ブログやその他の方法で真実を広く伝える事が、一時的に困難になるかもしれません。

悪の源はすでに存在していませんが、洗脳された地上の最後の悪魔的集団の断末魔の自滅的行為により、悪魔と全く無縁の一般の人々に、大きな苦しみがもたらされる事が予想されています。

地域的な格差はありますが、今後の人類の意識の目覚めの程度により、混乱の程度も様々なレベルに変化する可能性が残されています。

日々の世界の出来事に注意を払い、真実を伝えるメディアやブログなどの通信網から事実を調べ、賢明に行動するよう努めて下さい。

今出来る事を、出来る範囲で行って下さい。
試練の時でもあきらめないで、宇宙の真実を求め続けて下さい。

宇宙的な愛と共に乗り越えていかれるよう、心から願っています。

次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】外宇宙の最高次元に所属する25柱の天帝たちの陰謀と裁き 〜外宇宙を含めた全宇宙で実行されている“最後の審判”〜

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

通信文27の後に起きた事件への質問と回答、そして解説になります。
(編集者)
竹下雅敏氏からの情報です。
 4月26日に外宇宙の神から通信文が入ったことをお伝えしましたが、先日、この神とその関係者が消滅しました。結局、5月17日の通信文27での警告は、役に立たなかったわけです。私は実際に彼らからの攻撃があって、初めてこうした彼らの陰謀に気付いたのですが、私の内側の身体は、予めこのような攻撃を予見していたのだと思います。
 私が理解している天界での出来事に間違いがないかを確認するため、中西征子さんにスミワタルタカキホシノヒメミコ様への通信をお願いました。以下にそのやり取りを示します。
 “続きはこちらから”以降で、事の詳細を解説したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

<通信者:中西征子>
<通信日:2015年5月20日>

「スミワタルタカキホシノヒメミコ様、少し確認したい事があるので、以下の質問ですが、よろしくお願いします。

1、5月19日午前4:00に外宇宙のクスシキイカヅチノミコトと部下の600柱が私を殺そうとして、全員消滅したと思いますが、正しいですか?

回答:はい、正しいです。

2.この事件には、彼を含めて25柱の外宇宙の天帝が関係していたと思います。彼らは私を殺して、私の妻の25柱を、それぞれ自分のものにするつもりだったと考えていますが、正しいですか?

回答:はい、その通りです。 

3.彼らは彼らの親族および部下を含め、最終的に全員で5425柱の神が消滅したと思いますが、どうでしょうか?

回答:その通りです。 

4.私の25柱の妻(至高体)は5763次元にいて、仮に私が殺せたとしても、私の妻は彼らの手の届かない領域にいます。それなのに彼らがこのような愚かな行為に及んだという事は、新しい次元が加わった事や、私と25柱の妻が高い次元にいる事を、彼らがまったく信じていなかったのではないかと思います。またこのような行為で魂が消滅する事も、まったく理解していなかったのではないかと思えますが、どうなのでしょうか?

回答:その通りです。
彼等は新しい次元が加わった事や、あなたや25柱の奥様が高い次元におられる事も信じていませんでした。
おっしゃる通り魂が消滅する事も理解しておられなかったため、愚かな行動をとったとしか考えられません。

もっと早くに外宇宙の神々への警告を出すべきでした。
しかし、警告も役に立たなかったものと思われます。
とても残念に思います。


» 続きはこちらから

第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神の身体(プラズマ体、あるいは肉体(狭義))の存在界層

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、私たちの地球に深く関係する第一システムの天津神と国津神の各レベルの最高神を紹介しました。
 今日は、各レベルの最高神のプラズマ体、あるいは肉体(狭義)の身体がどの界層にあるかを調べてみました。また、身体の存在する天体も合わせて調べました。2月27日の記事で紹介した「ハイアラーキーの各界層」と題する各ハイアラーキーを代表する人物の存在界層の表も参考にしてください。
 今回の「国津神・第1システムの最高神の存在界層」と、先の「ハイアラーキーの各界層」を見比べれば、ハイアラーキーが壊滅したということがよくわかると思います。
 冒頭の「創造原理」は、以前の記事で紹介したものです。これは、神智学の「太陽系の7界と49亜界」と呼ばれている界層表の誤りを正したものです。残念ながら、この「創造原理」の界層表は、国津神第一システムの第5レベル(所属次元・4.0次元)に属する「人」だけが表現されていて、神々や異なるレベルの「人」の場合には、当てはまらないのです。
 例えば、トリタカクマウミヤノヒメミコ様の狭義の肉体の身体は、3.4次元のカシオペヤ座α星・シェダルの第8惑星にあります。3.4次元は、神智学の世界観ならアストラル界です。アストラル体でなければ入れない界層に、肉体(狭義)が存在することになるのです。このように、神智学の世界観は非常に狭く、真の霊的世界を表現することが出来ません。こうした神智学の誤りを全て正し、本当の霊的知識を地上に降ろしたいと思っています。
 ちなみに、ソフィア(トワニヒカリカガヤクヒメミコ)サンディ(トワニカガヤクヒメミコ)の狭義の肉体の身体の焦点の存在次元は、3.9次元の1層です。彼女たちの存在を地球に来ている宇宙人たちが確かめることが出来ないのは、こうした理由によります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【創造原理】

PDF


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 110