アーカイブ: 軍事・基地問題

[毎日新聞]エジプト:ムバラク元大統領 革命「米が裏で糸を引いた」

竹下雅敏氏からの情報です。
米国がまったく関与していない革命やクーデターがいったいどのくらいあるのか知りたいものです。
第2次大戦後に、米国とイスラエルが関与していないものは、ひょっとするとゼロかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エジプト:ムバラク元大統領 革命「米が裏で糸を引いた」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]アサド政権が勝利しました!

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
この記事でも指摘されていますが、ほぼ99%が闇からの情報であるチャネリング情報を信じる人々は、"アサド政権が崩壊することを願っています。"彼らは洗脳されていて、事実を見ることが出来ません。アメリカで起こる偽旗作戦では、オバマ政権に対する攻撃だと称し、シリアで起こる偽旗作戦には沈黙するのです。問題なのは事実であって、誰がその事件を起こしたかなのです。オバマやケリーが言うように、"シリアで化学兵器が使われた。誰が使ったかは問題ではない。"というような詭弁を擁護することではないのです。また自分たちに都合が悪いと、"化学兵器を誰が使ったかを追求することはよいことではない"などというバカげた言い訳のチャネリング情報を信じることでもありません。くだらない宗教がいかに人々の目を見えなくさせるかという好例でしょう。もう一度言っておきます。チャネリング情報の99%は、第3次大戦を起こし、人類の9割を殺そうとする闇からのものなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
アサド政権が勝利しました!
転載元)
以下のサイトの記事を見ますと、どうやらアサド政権側が反政府勢力に勝利したようです。シリア全域で、シリア政府軍と反政府勢力との激しい戦いが続いていましたが、政府軍は、アレッポ、ダマスカスなど、反政府勢力に占拠されたエリアを次々に奪還しました。アサド政権はネオナチのCIA配下の反政府勢力の最後の残党を片づけたそうです。自由シリア軍も破壊され、追放されました。

中東でのオバマの計画は完全に失敗したとのことです。ゲームは終了です。シリアは再建し、オバマが没するとまで言われています。政府軍が勝利し、シリア戦争が終わることはとても良いことですね。シリアには、頑張って早く再建してもらいたいです。

ところで、日本も欧米も、スピ系やニューエイジの方々は、今でもオバマを世界を救う平和主義の大統領として信じ、アサド政権は化学兵器を使った悪者であると信じています。彼らはアサド政権が崩壊することを願っています。一般的なオルターナティブ記事とスピ系の記事がこんなに違うのですから。。。滑稽ともいえます。
2極化が進んでいますね。
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/10/assad-wins-war-in-syria-video-2788048.html

元記事: http://www.syrianperspective.com/2013/10/first-post-october-8-2013-idlib.html

追記:シリアに失敗したオバマ政権は、今度はリビアをターゲットにしています。武装勢力が相変わらず悪さをしています。

<Yahooニュースより> 
 ロイター通信によると、中東の衛星テレビは10日、リビアのゼイダン首相が首都トリポリ市内のホテルから武装勢力に拉致されたと報じた。

 米軍は5日、1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件に関与したとされる国際テロ組織アルカイダ幹部アブアナス・リビ容疑者をトリポリ市内で拘束した。リビア政府が拘束作戦に協力したとの見方もあり、首相拉致は武装勢力による報復の可能性もある。

 リビア国民議会は8日、米国に対し、リビ容疑者の引き渡しを要求する決議を採択するとともに、「国家主権の侵害だ」と非難していた。

————————————2点目————————————
リビアの首相 武装グループに連れ去られる
転載元)
Photo: EPA

リビアのゼイダン首相が10日朝、首都トリポリで武装グループによって連れ去られた。CNNテレビが伝えた。
目撃者の証言によると、首相はトリポリのホテルから連れ去られたという。

[カラパイア]イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

竹下雅敏氏からの情報です。
グリーンピースは、日本の調査捕鯨よりも、この件に関して抗議行動を取ってもらいたいですね。ぜひとも米海軍に体当たりをしてもらいたい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]ケニア事件はユダヤマフィアとモサドが引き起こしたものだ

はっちです。
本日掲載された宗教学講座第208回マニ教(マニ教と異端)54分25秒〜の中で、良識あるイスラエル軍や人々について語られています。なので、こういった事件を引き起こしているのは、イスラエルを生け贄国家にして、なんとか戦争をしようとしている一部のイルミナティなのでしょう。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)


————————————関連情報————————————
転載元より抜粋)
 ケニアの首都、ナイロビにあるショッピング・モールがアル・カイダ系の武装集団に襲撃され、多くの死傷者が出ているようだ。

 昔から欧米はこの地域の支配に熱心。言うまでもなく、インド洋から紅海へ入り、スエズ運河を通過して地中海へ抜けるルートの入り口にソマリアが位置していることによる。

 交通の要衝ということだが、それだけでなく、ソマリアやケニアには地下に石油が眠っていると見られ、最近ではそうした利権を「西側」が狙い、戦乱の大きな要因になっている。

 今回襲われたモールのオーナーはイスラエル人。そうしたこともあり、人質が取られた直後にイスラエルの治安部隊が中に入り、ケニア人部隊を指揮したと伝えられている。ケニアにはイスラエルの情報機関や軍が顧問として駐留している。

[ザ・エデン]昨日放送されたインターネット番組「ムーパルチャンネル」で国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏が語った内容まとめ (貴重な情報がいっぱい)

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の時事ブログで取り上げられたフルフォード氏の動画ですが、見事に要約してくれているブログがありましたので紹介します。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
昨日放送されたインターネット番組「ムーパルチャンネル」で国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏が語った内容まとめ (貴重な情報がいっぱい)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 53