アーカイブ: 軍事・基地問題

[The Voice of Russia]セルゲイ・ラヴロフ:「米国のパートナーたちは我々を脅迫」 〜シリア問題は、地球の未来に関して最も重要な事〜

竹下雅敏氏からの情報です。
NHKですらも、ようやくシリアで活動している反対派勢力の3分の2がイスラム過激派であることを報道し始めました。今後、誰が悪人なのかがはっきりとわかるようになるまで、こうした駆け引きが続くのでしょうが、多くの人々がさっさと欧米の悪魔的所業を悟れば、すぐに片付くのです。オバマの目的は最後の3行であり、ここから第3次大戦へつながってゆくのです。オバマが大統領になってから、チェンジどころか、国民に対する監視はさらに強くなっているのに、まだオバマがイルミナティだということがわからないようです。
シリア問題は、地球の未来に関して最も重要な事なのに、自分と関係がないと思っている人が多いようです。
自分と家族だけ助かればいい…それが悪なんだが。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
セルゲイ・ラヴロフ:「米国のパートナーたちは我々を脅迫」
転載元より抜粋)
Screenshot: YouTube

米国はロシアを明らかに「脅迫」し始めたようだ。ロシアと国際社会に対して裏返されたシリアプランを押し付けようとしているからだ。シリア問題に対する欧米諸国のアプローチは非常に政治化したもので、複雑な国際問題の解決において「自らの優位性」を示そうとしているのだ。ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は、ロシア第一放送とのインタビューでそのように指摘した。

セルゲイ・ラヴロフ外相は国連総会が開かれるニューヨークに出発する前日、インタビューに答えた。ラヴロフ外相はニューヨークで米国のケリー国務長官との会談のほか、数十のハイレベル会談をこなす予定だ。ラヴロフ外相とケリー国務長官、そして国連のパン・ギ・ムン事務総長との三者会談では、ジュネーブ2の日程が発表される可能性もある。

国連の化学兵器調査団報告をめぐる欧米諸国の裏工作について、ラヴロフ外相は、実際には欧米諸国はいかなる報告も必要としていないと指摘した。

フランスと米国は、いかなる報告書も必要ないということを隠してもいない。報告書が発表されるよりずっと前、彼らはすでに情報は入手しており、それは信頼に足る情報だ、と主張したが、それを我々に見せることはなかった。彼らが示したものは、アサド政権による化学兵器使用を納得させるものではなかった。

ラヴロフ外相は、8月のダマスカスでの事件に関する報告書の解釈をめぐって、米国はロシアと国際社会に圧力を加え、自らのアプローチを強制しようとしていると指摘した。

米国のパートナーたちは我々を脅迫し始めた。もしもロシアが国連憲章7条に基づく決議を安保理で承認しなければ、ハーグでの化学兵器禁止機関での作業を停止するというのだ。それはケリー長官と合意したものから完全に逸脱している。合意したのは、まずは化学兵器禁止機関の決定を待ち、その後、それを支持する安保理決議を出すということであり、第7条についてのものではない。

第7条では武力行使に関する規定がなされている。ラヴロフ外相は9月14日付の露米合意(シリア化学兵器の国際管理)について、欧米諸国は地球から毒物を削減するというチャンスとしてではなく、いままでロシアと中国が妨害してきたアサド政権を非難する決議を引き出すためのチャンスとして捉えており、武力シナリオを押しすすめようとしていると指摘している。

-欧米諸国はいつものように間違いを認めようとしていない。リビアを空爆し、崩壊の瀬戸際で見放したこと。イラクで地上作戦を行い、毎日数十人がテロで亡くなるような状況で見放したこと。それについてはもう誰も覚えていないようだ。バシャル・アサドは辞任すべきだとの一点張りなのだ。また一連の行動が地域を悲劇に導いてきたことは誰も話そうとしない。

ラヴロフ外相はシリア反対派勢力の3分の2がイスラム過激派であり、彼らの目的はシリアにイスラム国家を建設することだと指摘し、それは地域全体のカタストロフィにつながりかねないと話した。

[You Tube]シリアのアサド大統領インタビュ-2013年9月12日Russia24

まな様(読者の方)からの情報です。
————————————————————————
シリアのアサド大統領インタビュ-2013年9月12日Russia24
転載元)


文字おこし 
0:00
なぜシリアはこれほど早くロシアの提案、すなわち化学兵器の国際管理を受け入れたのですか? 

シリアは10年以上前に国連に中東から大量破壊兵器を除去する目的でひとつの提案をだしました。
この地域は不安定で数10年前あるいは何世紀も前から戦争の地域だからです。

国際法に違反する全ての兵器を取り除くことは地域の安定化に貢献するでしょう。
当時、アメリカはこの提案を妨害しました。私たちは安定と平和を求める限り大量破壊兵器の存在はマイナスであると考えます。

第2に現在の状況をみればシリアが新たな狂気じみた行為、アメリカで戦争支持者が望む中東での戦争から自国と周辺国家をまぬがれさせたいと思うのは明白なことです。

現在わが国はアフガニスタンやイラクで米国がおこなった戦争の代価を払っています。シリアに対する戦争はどれも将来そしておそらく次世代にこの地域を騒乱と様々な問題へ導くことになるでしょう。

1:19
第3にロシアの率先的措置に関して、この提案は最も重要でありこれが私たちをこの方向へ向かうよう動機づけました。ロシアから出された提案でなければシリアがこの方向へ向かうことは困難だったでしょう。

ロシアとの関係は信頼関係であり、この関係は2年半におよぶこの危機を通じて強まりました。ロシアは中東の状況の理解能力を示し、信用できる国家であり、私たちが信頼できる大国であることを証明しました。以上が化学兵器禁止条約に調印へ向けシリアが取り組むことを決めた理由です。

2:04
しかしバラクオバマ大統領とジョン・ケリー国務長官はシリアがこの提案即ち化学兵器の国際管理を受け入れたのは空爆の威嚇があったからだとのべています。

アメリカの威嚇は非武装化が目的ではなくダマスカスのグータの化学兵器使用に関する主張の文脈でシリアを攻撃することが問題でした。アメリカが脅したためにシリアが化学兵器保有をあきらめるということは正しくありません。

彼らがこの主題を取り上げたのはモスクワでのG20の前ではありません。先ほどのべたように私たちの決定を動機付けたのはロシアの率先的措置そしてロシアの責任者との話し合いです。ロシアからの提案でなければこの主題についていかなる国とも話し合うことは不可能だったでしょう。

3:00
すべてはアメリカの望むプロパガンダです。ケリーもオバマも威嚇して何かを勝ち取る勝利者として自らを提示しようとします。しかし、それは重要ではありません。この事件の最重要な点はシリア側の革新とロシアの役割です。

» 続きはこちらから

[マスコミに載らない海外記事]世界の指導的役割を担うプーチン

竹下雅敏氏からの情報です。
現在人類が急速に目覚めてきているのですが、神々が背後で色々とやっているのです。
私はずいぶんと前から、"第3次大戦は絶対に起こらない"と言っているのですが、この記事の著者の方も現状からその可能性の高さを読み取っているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世界の指導的役割を担うプーチン
転載元より抜粋)
Paul Craig Roberts

9月11日ニューヨーク・タイムズに掲載されたプーチンの寄稿記事は、ナイフで刺された豚に金切り声を上げさせた。

ナイフで刺された豚どもは、オバマの戦争が妨害されたことで怒っているのだ。連中は、それで自分達の利益と狙いが促進されるだろうと信じていた大量虐殺を、大いに期待していたのだ。

プーチンを批判する人々の大半は、知性が余りに劣っていて、プーチンの見事で、人間味のある声明で、プーチンが自由世界の指導者で、法の支配の擁護者で、オバマの正体、嘘と戦争犯罪に専心する、ごろつきで、無法で、責任を負わない政府の指導者であることをさらけ出したことが理解できない。

プーチンは、アメリカ国民が高位に据えた不道徳で、程度の低い愚か者連中より、明らかに役者が一枚上だ。しかし、プーチンはワシントンにいる彼の敵の虚言癖を過小評価すべきではない。プーチンは、ワシントンが中東で育てている過激派分子は、深く懸念される問題だと警告した。リビア転覆にアメリカが利用した過激派がマリに移動した際にそうなった様に、こうした過激派分子が自国に戻れば、彼等は不安定化を広めるのだ。

他の国々を不安定化させることが、まさに中東におけるアメリカ政府の戦争の主な狙いだ。アメリカ政府は、イスラム教徒を過激化させ、対立をロシアと中国のイスラム教国民の間に広めようと企んでいるのだ。アメリカ政府のプロパガンダ機構は、そこで、こうしたテロリストを“圧制的なロシアと中国政府に反対する自由の戦士”へと変え、アメリカ政府が入り込み、買収した、ヒューマン・ライツ・ウォッチや他の組織を活用して、ロシアと中国を、自由の戦士達に対する戦争犯罪を行っているとして非難するのだ。連中がシリアでそうしたのと同様に、化学兵器攻撃が画策されるだろうことは確実だ。

もしアメリカ政府のNATO傀儡諸国がいつの日か目覚めれば、アメリカ政府内の主戦論者連中は孤立化し、人類は第三次世界大戦を免れるかもしれない。

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでい る。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the Westが購入可能。

記事原文のurl: www.paulcraigroberts.org/2013/09/12/putin-steps-into-world-leadership-role-paul-craig-roberts/

[ROCKWAY EXPRESS]サウジアラビア:死刑囚をシリアへ傭兵として派兵

竹下雅敏氏からの情報です。
これまでなら決して表に出ることのなかったこうした国家犯罪が、これから次々と上がってくるはずです。一本目の記事の内容を裏づけています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
サウジアラビア:死刑囚をシリアへ傭兵として派兵
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[You Tube]NBC長崎放送 報道センター 「論争続く米同時多発テロ」 2007/9/14

匿名様からの情報です。
————————————————————————
NBC長崎放送 報道センター 「論争続く米同時多発テロ」 2007/9/14
転載元)
 

2007/9/14、NBC長崎放送の番組「報道センター」にて放送された、911テ­ロ陰謀説についての特集。長崎大学の戸田清教授の話や、ドキュメンタリー映画「LOO­SE CHANGE」の映像を交えながら、911テロ事件の疑問点を紹介。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 53