20/01/26 ジョン・ラポポート情報:中国のコロナウイルスに対するワクチン――この惑星は広大な実験のためのモルモット

 木曜日に続いて、製薬系の話題に詳しいラポポート氏の記事です。
 ~~なんですが! 記事本文に登場する「RNAワクチン」の説明がやたら難しいので、他のサイトの御親切な解説を引用しておきます:

「既存のインフルエンザワクチンは、鶏卵か培養細胞を使って作られ、工程が煩雑で時間がかかる。……メッセンジャーRNAなら、新しいインフルエンザ株の塩基配列に合わせて簡単に塩基配列を変えることができ、はるかに簡単な工程でもっと短期間で生産できるので、有用な代替ワクチンになる可能性がある。」

……つまり一旦できあがっちゃったら、即座に大量生産➡世界中で人体実験祭り、なワクチンが大急ぎで開発されようとしています。
 しかもですね、更に別サイト言わせると:

「RNAは標的とするウイルスや細菌をプログラミングする機能を有し、宿主細胞にタンパク質を大量に複製するよう促すため、従来のタンパク質だけが主体のワクチンを与えたときよりも強い免疫反応を引き起こすという点が魅力です」

……それって強力ってことですよね、それって魅力的なんですかっ。

 2つ目の記事では、今回の武漢市ウイルス騒動の目的が何かについて。ラポポート氏は大局的に見て、目的が2つあると指摘しています。1つは最初の記事で取り上げるワクチンの強制接種。もう1つは都市の封鎖。
 どちらも人々の自由をすこぶる制限しますが、「そうしないと病気が蔓延するから仕方ないよね。まさか他の人に迷惑をかける気?」とくる訣ですよ。
 2つの目的(ワクチンと封鎖)によって、人々が支配層に対し、心理的に屈してしまうことが最も恐ろしい気がします。今、世界中で目覚めかけている人々が、元の木阿弥にならないか試されています。
 「でもウイルスならお上の言うことに従わないと……」じゃなく、「まずは自分で調べてみるべ。さて誰が得する?」と、施政者に都合の悪い真実をつついてみませんか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ジョン・ラポポート情報:中国のコロナウイルスに対するワクチン――この惑星は広大な実験のためのモルモット
転載元)
投稿者:ジョン・ラポポート

Jon Rappoport


【※記事内には貼っていませんが、御本人のHPからジョン・ラポポート氏です。】

元記事のメーリングリストに登録される場合は、こちらをクリックしてください。


■この記事のまとめ■
■記事その1
✅アメリカ国立衛生研究所(NIH)
✅モデルナ社と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携
✅目標:90日間で臨床試験(すなわち人体実験)開始へこぎ着けること

✅RNAワクチン
✅これまでのワクチンとは全く異なる次世代ワクチン
✅抗原(ウイルス)の遺伝子情報を投与

✅モデルナ社に出資するのは、CEPI、ダボスで、ビル・ゲイツ財団や世界経済フォーラムが設立

✅そもそもRNAワクチンなるものは、未だかつて市販認可されたことがない
✅しかも副作用の1つは自己免疫反応(身体が自分自身と戦い始めること)
✅このままだと世界中がモルモットにされてしまう!

■記事その2
✅中国政府が打ち立てた宜しくない前例
✅WHOは中国を賞讃
✅支配層が現在進めている作戦は2つ
1⃣:住民の封鎖(で自由を奪って監視下に置くこと)
2⃣:ワクチン強制接種(でデモ活動をするような市民の弱体化)
✅「中国がああしたのだから……」と他国政府も真似しかねない


米政府の研究所がワクチン開発へ乗り出す


アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、中国のコロナウイルスに対するワクチンを大至急開発するという計画に着手しました。

目指すゴールとは? 前代未聞の90日で人体実験可能なワクチンを用意すること、です。

NIHはアメリカのワクチン会社モデルナと提携しています。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※夜景をバックに語っているのが、モデルナの社長です。】

» 続きはこちらから

20/01/29 ジョン・ラポポート情報:中国の所謂“エピデミック”において中産階級が果たす奇妙な役割

 中国の自称“新型コロナウイルス”ですが、どうやら生物兵器である可能性が濃厚で(こちらこちら)、おまけにワクチン接種がシオニストNWOの最終目標のようです。

 随分と前からワクチンの闇を暴いていた医療ジャーナリストと言えば、以前翻訳したジョン・ラポポート氏です。久々にサイトを覗いたら、色々と面白い切り口の記事がありましたので、これから少しずつご紹介していけたらと思います。
 英語で感染症の流行は3段階。中国政府が患者数を相当少なく発表しているという意見もあるので、現在は「エンデミック」・「エピデミック」・「パンデミック」のどの段階にあるのかはっきりしません。
 ラポポート氏は何にせよ支配層の思惑があると見ています。特に武漢市の大気汚染デモ、私はすっかり見落としていました。挿入したツイッター画像で確かめると、統制国家の中国なのに大変過激。この線で考えていくと香港の暴動も鎮圧化できますな、うむむ。

 免疫力は精神状態やストレスからも多大な影響を受けます。ということで今回は、「私たち市井の人間が立ち上がったら、ピラミッド支配層のトップは結構ビビるんだよ」というポジティブなニュースを。シープルなめんな、ってヤツです。
 誰ですか、「自分は中産階級というよりも、どっちかというと、イヤかなり……」などと卑下する方は。人生ハッタリです! 皆さま、2020年は中流っぽくシャキッと着飾って、ストリートっぽくガツンと行きやしょうぜ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ジョン・ラポポート情報:中国の所謂“エピデミック”において中産階級が果たす奇妙な役割
転載元)
投稿者:ジョン・ラポポート

Jon Rappoport


【※記事内には貼っていませんが、御本人のHPからジョン・ラポポート氏です。】

元記事のメーリングリストに登録される場合は、こちらをクリックしてください。

■この記事のまとめ■
✅浮かび上がってくる奇妙な点と線:
✅支配層に虐げられた貧困層がデモ活動に出ても、誤魔化しがきく
✅中産階級がデモ活動に出ると、支配層は危機感を抱く
✅その差は選挙権の有無と、空約束を鵜呑みにするか

例その1:カリフォルニア州の核兵器研究所で広報のトップ
✅核兵器製造反対デモに(自分と同じ)スーツ姿の中産階級が混じるように
➡良心の呵責に耐えかねて、羽振りの良い仕事を辞める

例その2:ニュージャージー州のワクチン法案
✅強制接種反対デモ参加者の大半は中産階級の親
➡法案可決に必要な数の議員が集まらなくなった

例その3:武漢市の大気汚染で大勢が肺疾患を抱えるように
✅昨年は、警察国家にも関わらず多くの中産階級の大規模デモ
✅今年になって、都合よくコロナウイルスを理由に急にエピデミック宣言
✅エピデミック宣言の主な症状の1つは肺疾患
➡市全体の閉鎖で、デモ活動も違法に

✅支配層(国家&巨大企業)の視点:
✅中産階級にはちゃんと教育・洗脳した筈
✅見返りをそれなりに与えた筈
➡だからこそ抵抗されるとなると流石に大問題!

例その4:ドキュメンタリー『ワクチン告発2』に登場する親
✅中産階級が支配層のまやかしを信じなくなった
✅支配層の本音:「我々王様が支配し、残りの人間は従う」
✅そしてプロパガンダで身を包んでいた
➡抗議活動で「裸の王様」だという現実を突きつけられるように


貧困層のデモと中産階級のデモ活動の違いとは


何年も調査をしていると、時には奇妙な点が浮かび上がってくることがあります。そして思いもかけない繋がりが見えてきたりするのです。

点と点を繋ぐ基本線はこういうことです。選挙権を剥奪された貧困層の人々が、国家や企業の惨い仕打ちに対して抗議行動を起こしたとしても、超富裕層の支配者は完全なパニック状態に陥ったりはしません。

そういった状況には、うまく対処できると思っています。支援だの、生活保護だの、同情だの、守るつもりのない空約束を上乗せすればよいです。【不満の矛先を】逸らして、問題を別の方向へ導いてしまえばよいのです。何の解決にもならないグループを作って【誤魔化して】しまえばよいのです。

ですが、どうみても中産階級と思しき人々が抗議活動に現れると、警報のベルが鳴り響きます。中産の奴らは、支配者側と同盟を組んでいる筈じゃないですか。彼らは体制から大変な特権を得ているのですから。

他の【貧しい】連中に悍ましいことが起こったとしても、見て見ぬフリをする方法を知っている筈です。自分たちが【既に】手にしているものを守るのに、大半の時間を費やす【のが中産階級】です。

中産階級が叛旗を翻した瞬間、奇妙な物事が起こります。【全く】予期していなかった事態が。

私が知っている3つの例を【ご紹介しましょう】。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7