17/11/20 フルフォード情報英語版:ハザール人カバールの粛清が加速:海兵隊はCIA本部を急襲;米国中で2千件以上の【極秘】起訴;欧洲では制御網の崩壊

 異常な数の極秘起訴や11月17日のワデスドンマナーのヘリ墜落、と今週のフルフォード氏の情報もQ情報と並行しています。ヘリは離陸わずか15分後に小型飛行機と衝突して、ロスチャイルドの敷地内に落ちたのですが、ジョーダン・セイザー氏の動画によると19日にはウィキペディア上でジェイコブ・ロスチャイルドが「17日に死亡」と15分間だけ掲載されていたとか。警告だとしたら凝っとりますな。
 それにしても情けないのは日本の状況です。だから何で、日本銀行の資金の流れについてアドバイスされる相手が米軍なんすか。ハリス太平洋軍司令官はゴイム安倍の上司だし、世界中の途上国でワクチン打ちまくっては人口削減計画にいそしんでいるビル・ゲイツまで軽井沢に登場するし。
 孫正義はこのままだと前々回のレポート曰く、クリスマスプレゼントかお年玉と化す予定みたいなので、アーミテージやグリーンバーグと揃ってスライディング土下座の動画でもメールに添付してみてはいかが。
 早く全てが表に出ないかな、と願う反面、ハザールへの反動なのか、アメリカのオルタナ系のメディアの多くが(アレックス・ジョーンズ氏のインフォーウォーズ局の面子も含めて)“聖なる”バイブルではどうの、イエス“様”がどうの、とキリスト教にどんどん拠り所を求めている気がするので、こりゃやばいなーとも感じています。どう収集つけるんだろ……。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
17/11/20 フルフォード情報英語版:ハザール人カバールの粛清が加速:海兵隊はCIA本部を急襲;米国中で2千件以上の【極秘】起訴;欧洲では制御網の崩壊
転載元)
投稿者:フルフォード

世界各地での粛清の兆し


西洋を邪悪なものに変えた悪魔的かつハザール的なカバールに対する粛清は、否定できないほど加速している。

最も重要なのは、複数のインターネット【のサイト】が先週末CIA本部に海兵隊が急襲したと報告し、ペンタゴン筋がそれを追認した点だ。グーグルやフェイスブック等だけでなくマスメディアに至るまで、大衆の洗脳プロパガンダへと変容させてしまったCIAの部署、モッキングバード作戦を停止させることがその目的の一つだったとNSA筋は言っている。

複数のペンタゴン筋によると、ジョン・F・ケネディ大統領を暗殺した集団の組織的な後継者たち【※血筋の相続人じゃなくて、組織を引き継いだ後輩格】も、一斉検挙されているところだそうだ。「司法省と[特別検察官ロバート・]ミュラーは超過勤務【まで】しており、極秘起訴の数は2千を越えるかもしれない」と、ペンタゴン筋の一人は言っていた。

これらの動きは、9.11に繋がる全てのサウジ王族と軍関係者の粛清や、ジンバブエの独裁者ロバート・ムガベの排除、そしてイスラエルの悪魔主義者ベンヤミン・ネタニヤフ首相に迫っている排除【の動き】と合わせ【て鑑み】ると、長らく待ち望まれた世界中のカバール主義者どもの逮捕と検挙が始まったことは疑いようもない。

ロスチャイルドつまりザクセン=ゴータ家グループも欧洲における支配を失いつつある。


ドイツでは、アンゲラ・メルケル首相(ヒトラーの娘)が新政権の形成に失敗した。

フランスでは、ロスチャイルドの奴隷エマニュエル・マクロン大統領の党に登録していた党員百名が、この選挙泥棒の支配に抗議する市民運動が国中に広がるのを受けて、離反した。

英国でも、ロスチャイルの奴隷テリーザ・メイ首相は不人気で、もうじき排除されると見られている。


日本で暗躍するハリス


一方の日本では、太平洋軍司令官のハリー・ハリス海軍大将が安倍晋三奴隷首相と先週面会した。その場に同席した情報源曰く、安倍はハリスにこう言ったそうだ……
……ハリスが北朝鮮との戦争を誘発するや否や、どっと押し寄せてくることを安倍が見込んでいる北朝鮮からの難民に備えて、日本は強制収容所の準備を進めているのだと。同筋によると、ハリスは「北朝鮮が確実に阻止されるよう」最善を尽くすと安倍に伝えた。


ハリスはかくの如く、自分があり得ないほど間抜けか、あり得ないほど邪悪か、あり得ないほど買収されているか――おそらくはその三つの全て――であると証明してみせたのだ。この一人の男が、ハザール・マフィアの独裁から人類が解放されることを阻み続けている。ハリスはロスチャイルドの犯罪工作員マイケル・グリーンバーグだけでなく、戦争犯罪人で売国奴で麻薬密売人のリチャード・アーミテージまで日本の横田空軍基地に匿っている。

ロスチャイルドの奴隷、安倍晋三首相による日本の国政選挙という最近の盗難を取り仕切ったのも奴だ。安倍が略奪している日本の郵便貯金・国民年金・其の他諸々の公金こそ、世界的なハザール犯罪シンジケートから全ての権力が失われないように押し留めている唯一のものなのだ。

日本から盗まれている資金が、米国株式市場のバブルを下支えし、ハザール勢が所有する米国株式会社の破産を留め、人民のための人民による本物の民主主義に取って代わることを阻んでいる。

新たに権限を与えられた安倍は、加計獣医学部に偽装した生物化学兵器研究所を建設しようと急いでいるところだ。これはつまり、ハリスが戦争犯罪人を支援しているということであり、ひいては奴自身が戦争犯罪人だということを意味している。

ハリスは2016年12月14日にフランク・ローウィ研究所にて、自分の真の御主人様たちが誰なのかを示唆しつつ、ハザールの支配網を支持する講演を行った。
https://www.lowyinstitute.org/publications/admiral-harry-harris-address-lowy-institute

ローウィはラリー・シルバースタインと共に、ワールドトレードセンターのビル群を2001年9月11日にハザールがニューヨークをテロ攻撃する直前に購入していた。
http://letsrollforums.com/9-11-rothschild-zionist-t24178.html?s=c4230a39d081d3002b14b511c0a05906&

ハリスはロッキード・マーティン社や其の他の武器製造会社からも、兵器の売り上げ促進とハザール・マフィアを権力の座に留めおくために、北朝鮮との戦争を開始するよう、プレッシャーを掛けられている。更にハリスは第三次世界大戦を開始し、人類の9割を殺害するというハザールの企みにも加担している。この男の任期が終了する来年5月まで待つなぞ、受け入れ難い。

ハリス海軍大将よ、これ【だけ】は約束しておこう:貴様は逮捕され、軍法会議にかけられ、戦争犯罪人および裏切り者として投獄される。キューバのグアンタナモ湾で貴様が仕切った三名の拷問による殺害に関しても、法的に責任を問われるのだ。

何にせよ、上で書いたように、ハリス海軍大将より上位のハザールの階層は組織的に解体され続けており、捜査の手は奴に【も】迫っているということだ。奴が片付けば、米軍警察が東京に繰り出し、アーミテージやグリーンバーグや安倍、そして其の他この場所でハザール勢の下請けとして働いていた悪党どもを逮捕する【という算段だ】。


米国での大量逮捕


NSAやCIAの情報源は、先週米国で何百人もの逮捕が既に実現したと言っている。しかしこれら逮捕の発表は行わないことが決定された。そんなことをすれば其の他の奴らが、逮捕された人間が彼らを売るより前に逃げてしまうからだと同筋は言っている。

米国では現在、ハザール系の数多の暗殺者チームがあの国の自分たちの支配網を維持すべく、死に物狂いで動き回っていると、ペンタゴン筋は言う。これらの暗殺者チームは組織的に消されていっている。その一部はMS-13ギャングの構成員267人の逮捕という形で発表された。
https://www.voanews.com/a/united-states-announces-arrests-ms13-gang-members/4119777.html


貨幣を巡る意識の変化


またハザール支配が今や崩壊しかけていることの明白な印として、連邦準備制度理事会の非ユダヤ系理事たちが、これまでの億万長者や1兆長者どもに手渡しする慣行の代わりに、人々へ直接お金を与えるということを話し合っている。例えば、サンフランシスコの連銀総裁ジョン・ウィリアムズは「名目所得ターゲット」について語っており、これは人々に直接現金を渡すということの連銀的な言い回しなのだ。
https://www.reuters.com/article/us-usa-fed-williams/feds-williams-calls-for-global-rethink-of-monetary-policy-idUSKBN1DG33N?il=0
http://www.zerohedge.com/news/2017-11-16/fed-hints-during-next-recession-it-will-roll-out-income-targeting-nirp

欧洲では、スペイン銀行の前総裁ミゲル・アンヘル・フェルナンデス・オルドニェスが、私的所有された銀行によって貨幣を造り出すのではなく、政府が有する機関が造る貨幣と置き換えるのも良いのではないかと11月7日に国会で発言した。
https://www.youtube.com/watch?v=6ipBlJGQN0I

実際に貨幣に対する力を握っている当局者たちからこのような公的なコメントが飛び出すのは、私的所有の中央銀行による旧支配網が崩れていることの歴然たる印である。

またペンタゴン筋はこうも言っている:
「ジンバブエの軍事クーデターがコンスタンティノ・チウェンガ陸軍大将の中国訪問の後に起こったということは、もう政権交代が米国の管轄ではないということだ。それに、資産に担保されたジンバブエ・ドルを、世界規模での通貨リセットの前にアフリカの準備通貨として位置付けておく必要がある」

インド・ロシア・中国が米国ドルへの代替案として金(きん)に裏打ちされた通貨を立ち上げるという彼らの動きをトランプ米大統領にベトナムで知らせたという、以前の投稿でお伝えした内容に合致する話だ。ベネズエラの“デフォルト【=債務不履行】”なぞと片付けられているニュースにも合致する。何故ならベネズエラがハザール勢のオイルダラーを支持するのを止めた、というのがことの真相だからだ。


追い詰められるイスラエル勢


CIAやペンタゴン筋によると、ロスチャイルド家は第三次世界大戦を起こしてこの過程を阻もうと試みるのを諦めるように警告されてきた。「ロスチャイルドの邸宅ワデスドンマナー上空での【飛行機】衝突は、イランとの戦争から退けという警告なのかもしれない」とペンタゴン筋の一人は言っている。

また先週、国連はサウジ側のイランに支援されたフーシ派反乱軍が自分のところにミサイルを飛ばして来た、という非難は虚偽に基づくものだとの通達を【各国】外交官に送付し、世界大戦を開始する最新の試みを阻止しようと動いた。
https://www.sott.net/article/368228-Confidential-UN-brief-reveals-no-proof-Iran-sent-missiles-to-Houthis

イスラエルは、自身の終末論的な計画が妄想だったという事実に目覚めつつあり、今や生き残りを懸けてサウジアラビアなどアラブ諸国との同盟を形成すべく必死に足掻いている。「我らセム族は一致団結せねば」とでも言っているかのようだ。アラブ勢がそんなことをしてくれるのは、パレスチナの人々と和平が締結され、彼らから盗み取った土地が返還されるか賠償されるかしてからの話だというのが常識的な見方だろうに。
https://www.haaretz.com/israel-news/1.823163

イスラエルがとうとう近隣諸国と和平を構築せねばならないという事情は、米国内におけるユダヤ系およびイスラエル系の影響が排除されていっている点からも強まっている。

その件に関して複数のペンタゴン筋が言っていたのだが、「ロシア・トゥデイとスプートニクが【普通のマスコミと認められずに】外国【の諜報】機関として登録させられたのは、米司法省が【米国最悪――じゃなかった、最大の親イスラエル圧力団体AIPACや其の他のユダヤ系組織にも同様のことを強要するための前例を作り出すためなのだ」。

性的に不適切な行為に対する非難がいきなり殺到し始めたのもユダヤ系の影響を排除する一貫だ、と同筋は言っている。
「ユダヤ系コメディアンで民主党上院議員のアル・フランケンが性的に不適切な行為で非難された。ユダヤ系マフィアの粛清はハリウッド内だけでなく【ワシントン】DCにまで波及しようとしているのだ。奴は上院から追放されるかもしれない。お次はクリーピー【=気色悪い】・ジョー・バイデンだ」


孫正義の命運や如何に


またペンタゴン筋によると、ソフトバンクの所有者孫正義とフォートレス・インベストメント・グループは「ワインスタイン社が破産の道を辿るよう、同社へ金を貸すなと圧力を掛けられた」。

日本の右翼筋によると、孫は今では日本銀行(BOJ)が【無から】捻り出した不換紙幣を配布する主要な導管の一つとして使われているらしい。奴はサウジアラビアからオイルダラーも与えられたことがある。

だがロスチャイルドの下で長らく働いていた情報源に言わせると、孫とマイクロソフトの創始者ビル・“ヴァクシネイト・ゼム【=あいつらにワクチン打っちまえ】”・ゲイツは一緒になって、日本の軽井沢に巨大な地下掩体壕ネットワークを建設したのだとか。同筋によると、大半を支払ったのは孫で、おそらくヘンリー・キッシンジャーが天皇からせしめたBOJ資金を使ったのだろう。

孫のゴルフキャディをしていた別の情報源は、孫が葬り去りたい人間のリストを命令しているのをその耳で聞いたそうだ。

BOJ資金を分配するにあたっては、孫や元金融【担当】大臣の竹中平蔵といった諸々の犯罪者連中の代わりを見つけるよう、米軍はアドバイスされている。孫は日本の裏社会で人気がない。奴の放射能半減期はそれほど持たないだろうと見られている。もし孫がこの件について何か言いたければ、メールで私に連絡すればよかろう。

最後にもう一点。安倍内閣の一人が筆者に週刊リポートを書くのを止めさせるため、数百万ドルの賄賂を先週提示してきた。彼には、この賄賂のお申し出を太陽が射し込まない場所【※肛門のこと】に突っ込んでおきやがれと、鄭重にお伝えしておいた。

翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の解説部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


※画像は編集者によるものです。

お願い
フルフォード氏本人から快く許可をいただき、英語版レポートをシャンティ・フーラで翻訳して転載させていただいております。ただ、フルフォード氏の活動を支えるためにも有料の日本語版メルマガを購読して応援してもらえると有難いです。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

Comments are closed.