メキシコ便り(7): イタリア旅行記 Part 1

 実はpopoちゃん、過去生はきっとイタリア人だったに違いない!と思うほど大のイタリアファンでして。。。とにかくpopoちゃんがいいなって惹かれるものはほぼイタリアン。好きな食べ物も飲み物もイタリアン!でも、今まで一度も行ったことがなく。。。ついに憧れのイタリア旅行実現!(でも旦那様のお仕事の付き添いだったので。。。半分だけ旅行気分♪それでも十分十分満足♪)2月末、7日間、ほぼミラノ滞在で1日だけフィレンツェに足を伸ばしてきました。

 イタリアは3月4日に総選挙も終え、以前、しんしん丸さんが記事にしてくださった「五つ星運動」が政党単独トップという快挙を成しどけました。フルフォード氏いわく不正選挙なく国民の声がそのまま反映されたとのこと。イタリアに希望の光✨が差してきた!これからイタリアが抱えた移民問題、若者のイタリア離れ、EU離脱、ベーシックインカム導入など、どのように対処していくのか興味深いところです。先日、竹下先生がご紹介された3月8日の国家非常事態対策委員会でフルフォード氏はイタリアの五つ星運動と北部同盟が一緒に組めば過半数がとれ、そうなると双方EU離脱の方向なのでこれはかなりユーロ、ドル、円体制がゆらぐことになるだろう(5:25〜)と言っていましたね。いよいよ経済崩壊?!今後のイタリアの動きが気になります。

 ということで、イタリア旅行記・Part 1ではpopoちゃんがイタリア・ミラノの今を歩いてみて感じたこと書いてみました!

(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(7): イタリア旅行記 Part 1


MILANO


朝8時頃、マルペンサ空港に到着。飛行機から降り冷たい朝の空気を頬に感じながら歩くなか、やはりミラノらしいスタイリッシュな広告(ポスター)が次から次へと登場!『きゃぁ〜!やっぱりイタリアかっこい〜い!』(ファッション大好きなpopoちゃんにはたまらない。。。ワクワク度全開💖)と横目でチラチラ広告を見ながらしばらく歩き、空港出るなり、すぐにタクシーへ。とっても人の良さそうな、感じのいい40代後半くらいのイタリア人男性ドライバー、アントニオさんが「ボン ジョールノ〜♪」(おはよう)と笑顔で車から出てきてお出迎え!ミラノまで約1時間弱の道のり、イタリア語訛りたっぷりの英語で楽しくお話ししてくれました♪ おすすめのショッピングストリート、おすすめのピザ屋さん、おすすめのワインなどなど。。。盛りだくさん!そしてあっという間にミラノ到着!結局、帰りもアントニオさんに空港まで送ってもらうことに。。。アントニオさんのお陰で気持ち良くミラノ滞在スタート🌟

pixabay[CC0]


宿泊先に荷物を置くなり、すぐにミラノの街をぷ〜らぷら。。。最高気温1度にしかも小雨。。。寒さが身に染みながらも素敵な街並みにため息つきながら歩き続けて感じたのは、まずホームレスの方々が多い?!最高気温1℃とか0℃、最低気温−6とか−8℃とか。。。で、そんな中、ホームレスの方々が道の端っこにワンコ連れで地べたに座っていたり、お金をくださいと近寄ってくる人もいたり、そして案外、若い人も居たりで、ちょっとビックリ!こちらの記事によると若者のイタリア離れが起きているとか。。。。

pixabay[CC0]


以下、記事の要約!

The Fondazione Migrantes Research Centreの調査によると25〜34歳の失業率は17%。2016年によりよい条件の仕事のためにイタリアを離れた18〜34歳は約5万人イタリアの若者は政府の汚職に失望してしまっているのとお給料が安いので、イタリアには希望が感じられず外国でお仕事を求めているとか。イタリアではお仕事を得てから最大30ヶ月働け、その後、会社が長期採用するかどうかを決めるらく、働き手が余っているイタリアではほとんどが長期採用にならず、会社はまた新しい人を採用するらしい。。。デイリー新聞La Repubblicaによると1月にパルマの北部の市で看護職の募集に5000人の応募があったとか。。。。


またこちらの記事(2016年9月23日付)ではユーロ圏でイタリアは出生率が最悪だとか。

記事、要約!

イタリアで2015年に生まれた赤ちゃん485,000人。これは史上最悪で1960年代に生まれた赤ちゃんの数の半分。Eurostatによると2002年から2012年の間に40歳以上で出産する母親の数は倍増。母親になる平均年齢も31歳7ヶ月。託児所、福祉、給料、福利厚生が全く整ってなく、赤ちゃんを育てるにはかなり厳しい環境。ある母親によると過去6年間で子供二人にかかった費用は56,000ユーロだとか、他の母親は、両親の協力なしでは、今頃、私たち橋の下で暮らしているわ。。。とツイートしている。

pixabay[CC0]


そして次にミラノを歩いて感じたのは、移民が多い?!実際ブッティックの店員さんとお話しをしたら、その方はベネズエラの出身。メキシコ人はほとんど見ませんでしたが、南米の方々やアフリカ系の方々をよく目にしました。下の動画によるとミラノのピザ職人の6割は移民とされミラノでは半分以上の店を外国人が経営しているとか。。。イタリア南部のシチリア島には年間およそ10万人の難民が押し寄せてきていると。😱


それにしても、あのゴージャスな建物、街並みとイタリア庶民の今の実態はなんとも対照的で。。。せつない。。。😔是非とも新しい政権で全ての人が心地よくゆとりをもって生活できる社会を作って頂きたいものです。


popoちゃんの個人的感想


イタリア人って意外と愛想いい人が多くて、親切な人も多かった。一般に刺々しい雰囲気はなく暖かい人が多かった。もちろんたまに冷たく無愛想の人もいたけど。。。意外だったのは、ほとんどの人があまり英語が流暢ではなかったこと。英語よりもスペイン語のほうが通じたり(イタリア語に結構、似ているので)、あとメキシコから来たというと「お〜、メキシコは僕らの兄弟だぁ〜、なんてったって旗が似てるからなぁ〜。」とかなりのアミーゴぶり!たしかに旗、似てる

イタリアの国旗 Wikimedia[Public Domain] & メキシコの国旗 pixabay[CC0]

カトリック教徒が国民の8割ってのも似てるし。。。お昼のシエスタも!ミラノのお店でショピング中にお店の店員さんから「もうすぐお店閉まります」と。。。「えっ?!」とpopoちゃんと旦那さまはびっくり顔合わせ!時計をみたらお昼の1時。イタリアでは長いところでは(イタリア南部)お昼の1時から4時の3時間、ミラノでは1時から2時半の1時間半くらいのシエスタのようです。皆、お家に帰ってお昼ごはん♪ その間、お店閉まります。メキシコではシエスタだんだんなくなってきてますが、田舎のほうではまだまだ健在。実はpopoちゃんの旦那さまも毎日お昼は一度必ずお家に帰ってお昼ご飯食べますよん♪ 家族を大切にするところ、ごはんを大切にするところ、そしてみんなで食べるのを大切にするところ、たしかにイタリアとメキシコ似てますわぁ〜😊

次回のイタリア旅行記・Part 2は「花の都」フィレンツェです♪

¡Viva Mexico!

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.