18/6/11 フルフォード情報英語版:金トランプ首脳会談・ロスチャイルド家・経済戦争は全て繋がっている

 今回は満州の清王朝筋からの情報が主です。
 ただし、北朝鮮や韓国の女性名で「ヒ(姫)」が末尾に付くのは、日本の女性名が「子」で終わるのに近い感覚じゃないでしょうか。相当数いますよ、「○○ヒ」ちゃん。まぁ、「○○子」も遡れば皇室女性の真似からですけどね。
 それよりも姓が本来は、愛新覚羅だって言う方が説得力ある気がします(※記事に登場する女性がそうかは不明ですが、「愛新覚羅」は「金」という意味で、清王朝滅亡後はその多くが「金」姓を名乗っているそうですから……あ、だから“金”正恩なのか! 納得です←今更)。
 記事の最後には、2015年5月第一週のフルフォード情報が再掲載されていました。今回訳さなかった部分もざっと内容を見ましたが、状況が現在と大して変わっていないのが切ない限り。特に安倍内閣、日本の波動をこれ以上落として地震や火山を誘発する前に、頼むから総辞職して自首してくれ。今朝の地震はマジ心臓に悪かったっす(翻訳作業の妨害や!)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金トランプ首脳会談・ロスチャイルド家・経済戦争は全て繋がっている
投稿者:フルフォード

米朝首脳会談に先駆けて高官級の外交が活発化


今週開かれた米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の独裁者金正恩との間の首脳会談に先立ち、高官級の外交が公けにも極秘にも怒涛の如く交わされていた、何故ならこれは普通の会合ではないからだ、と複数の情報源が口を揃えている。この首脳会談で話し合われるのは朝鮮半島の平和だけではない。金融システムの将来についても話し合うのであり、それすなわち世界の未来についてなのだ、と北朝鮮・ペンタゴン・イルミナティ・其の他の情報源は言う。

この週末開かれた表向きの会合は、西洋の指導者たちによるG7首脳会談(米国が事実上脱退して、今やG6だが)と、上海協力機構の首脳会談(またの名をユーラシア同盟)だった。秘密裏の会合【の方】は、イタリアでのビルダーバーグ会議と、アジアの秘密結社筋曰く、日本で開かれたアジアの王族たちと、白龍会(WDS)の代表者たちの間の会合である。


ビルダーバーグ会議は、ハイレベルの金融詐欺師ヘンリー・キッシンジャーによって統括され、またバチカンの代表者ピエトロ・パロリン枢機卿がどうやら今回初めて含まれていたらしい。議題のトップは「ヨーロッパにおけるポピュリズム」……
http://www.bilderbergmeetings.org/meeting_2018.html

……すなわち、小作人どもが熊手を握り、英国やイタリアやハンガリーやヨーロッパの殆ど大半の場所でこの悪魔主義のエリート層に立ち向かっている、という訣だ。このままだと、ジョージ・ブッシュ・シニアの有名な発言通り、こういった子殺しの大量殺人鬼連中が自宅から引き摺り出されて、最も近場の街灯柱に吊るされる日もそう遠くはあるまい。


欧米のカバールは崖っぷち



実際、先週「ブッシュ派カバールは、自身の筆頭の支持者でカーライルの創始者フランク・カールッチが創造主と会い【※つまり死亡し】、大いに勢力を削がれた」と複数のペンタゴン筋は言う。

また「司法省監察官報告書が6月14日に発表されることになっており、極秘起訴の件数は3万5千を越え、司法省は検事を300名増員した」とも彼らは指摘していた。おまけに「トランプの【指名する】連邦裁判官や其の他の候補者が【速やかに】承認されるべく、上院の8月休会が取り消された」のだとも指摘した。

マキシマ王妃の妹イネス・ソレギエタが「小児性愛の王族どもへのメッセージとして、アルゼンチンで首を吊っているのを発見され」、ビルダーバーグを立ち上げたオランダ王家には会議の始まる6月7日にメッセージが送られた、とペンタゴン筋は言う。【アメリカ】アトランタの児童人身売買組織から160人の子どもたちが解放されたのと並行して起こった出来事だ、と彼らは指摘していた。
https://www.theguardian.com/world/2018/jun/07/dutch-queens-sister-found-dead-at-home-in-buenos-aires


また英国では、大量小児性愛裁判について報道したかどでトミー・ロビンソンが投獄されたことに対して、暴動が発生している。
https://www.zerohedge.com/news/2018-06-10/watch-chaos-erupts-tommy-robinson-protest-police-chased-down-street-1000s-rage

しかしながら、本当に動きがあったやもしれないのはスウェーデンだ。あの国の政府は「郷土防衛隊を動員し、イスラム教徒のレイプ犯難民を粛清する用意をしている」とペンタゴン筋は言う。アメリカの筆頭の大将、ジョセフ・ダンフォードは先週フィンランドに飛び、「トランプ的状況を迎えるべくスウェーデン勢を手助けするために」ロシアとフィンランドの【筆頭の軍人】と会った、と同筋は言う。

オーストリアもまた、サラフィストで小児性愛イスラム過激派の説教師の集団を先週追放し、【そのせいで】トルコのレジェプ・エルドアン大統領が、この【動き】は世界に「十字架と三日月の間の戦い」をもたらすと警告するに至った。
https://www.timesofisrael.com/erdogan-warns-austria-imam-crackdown-will-lead-to-holy-war/

ヨーロッパを支配する黒幕の退位が主題


勿論、先週のカナダのG6会談におけるロスチャイルドの公僕どもの集まりは、自分たちの声明の中でこのようなことは何一つ触れようとせず、その代わりに“ジェンダー”などの物事についてグダグダと述べていた(母なる自然が太古の昔から既に解き明かしていた内容である)。

またG6は「カナダ・フランス・ドイツ・イタリア・日本・英国そしてEUはパリ協定を実施することへの強い決意を再確認した」と宣言し、詐欺的な「二酸化炭素が地球温暖化の原因」というイカサマを通して、国際金融システムに対する自分たちの支配を保持し続けたいのだと【の立場を】明確にした。


フランシスコ法王も先週、真の目的は(ロスチャイルドなどの)ハザール血統による金融支配を永続させることにあるこの非科学的な詐欺へ支持を寄せることで、誰が自分の本当のボスなのか(ヒント:神ではない)を明確にした。

トランプはロスチャイルドの奴隷エマニュエル・マクロン大統領との会合の中で、G6とEUに対する本音を口にした:マクロンが「我々は協力して取り組みましょう、お互いに中国との問題を抱えているのですから」と言ったのに対して、トランプは「EUは中国よりも最悪だ」と返答したのだ。
https://www.axios.com/donald-trump-emmanuel-macron-eu-worse-than-china-trade-tariffs-57f53e00-8b5c-4931-9d05-97ee0b510fd5.html?utm_source=twitter&utm_medium=twsocialshare&utm_campaign=organic

これが今週シンガポールで【開かれる】トランプと金との間の首脳会談の内部情報へと繋がる訣だ。そこではG6金融システムのハザール支配者連中の退位が実際の議題となるだろう、との見方で幾つもの情報源が一致していた。


新たな金融システムに欠かせない満州王朝の金塊史


金トランプ首脳会談の金融システムに関する【話し合いの】一部は、満州【王朝】の継承者チャン・スンシク(張勝植)ともう一人の満州王族で匿名希望の人物に言わせれば、満州(清)王朝の黄金の所有権を巡るものらしい。

どちらの情報源も、お互い同じ時期に白龍会に接触を図ったとは気が付かずして、満州の黄金が1947年にスイスのロスチャイルド家の支配下に置かれたことを示す証拠書類を提供してきた。

彼らはこの黄金がロスチャイルド家によって着服され、第二次世界大戦後のマーシャル・プランの資金源にされたと主張している。また黄金はCIAやイスラエル国家の資金としても投入されたと主張している。

彼ら曰く、黄金はG6に対して未だに出資【させられ】続けているものの、約束された東アジアの発展に対しては出資【してもらえ】なかったのだそうだ。この黄金はスイスのバーゼル裏の山中に隠されており、本来定められた70年後の返還期限は今年の7月に来る、と張は主張する。

当時の中国の蒋介石主席と日本の裕仁天皇と韓国の李承晩大統領は、皆この陰謀に加担していたと、二人は言っている。日本の現首相安倍晋三の祖父、岸信介元首相も加わっていた、と張は主張していた。

Author:韓国政府 [Public Domain]
【※左が蒋介石、右が李承晩。1953年撮影。】

現在、日本におけるこれら着服資金に対するロスチャイルド家の管理人は、麻生太郎財務大臣だと彼は言っている。「ロスチャイルド家は他者の資金を取り扱うことを生業とすべき銀行家であるべきなのにそうはせず、【満州の黄金を】着服したのです」と張は主張した。

この前の11月、北朝鮮と韓国の国境上にある板門店の平和の村【※機井洞のこと】で極秘に会った際に、この情報を金正恩からトランプは【直接】提供されている、と張は主張した。これに先立ち、複数のペンタゴン筋が筆者に対して、金正恩とトランプは当時実際に会ったと言ってきている。

張は2015年に筆者に会った直後、韓国で収監されたらしい。彼が釈放されたのは、ひとえに「ロスチャイルドの工作員」朴槿恵大統領がこの4月に投獄されたからだと彼は言う。


また、張は2015年当時に筆者に共に会いに来たキム・ヨンヒ(金英姫)が、金正恩が処刑した叔父、張成沢の娘であり、つまりは金正恩の従姉妹なのだとも、今回は主張していた。張成沢はロスチャイルド家のために動いていたがために処刑されたのだ、と張は主張している。

我々はこの裏付けをとろうにもキム・ヨンヒと接触することが叶わなかったのだが(「ヒ」の漢字「姫」は皇女という意味だ)、しかしこの記事を読んで彼女が我々に連絡してくれることを願う。

アメリカの国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョン・ボルトンとマイケル・ペンス副大統領もまた、満州勢(すなわち北朝鮮勢)の自分たちの黄金に対する権利を阻もうとしている「ロスチャイルドの工作員」だと張は主張している。確かにボルトンはこの首脳会談を頓挫させようと躍起になっていたし、それは彼の公けの活動、例えば北朝鮮はリビア同様の扱いを受けることになると公然と主張する、といった姿勢から見て取れた。


金塊の所有権を主張されたG6はパニック状態


以上の満州勢の主張の数々は、マーシャル・プランの恩恵を得たのがG7の国々であり、金トランプ首脳会談を頓挫させようと動いていたのもトランプ政権を除く彼ら【G7】だったという点を考慮すると、【大変】興味深い。

上でも述べたが、こういった国々がフランシスコ法王と共に、金融システムを血統支配の下に留めておくべくパリ協定を支持している点も興味深い。指摘しておくが、トランプはパリ協定に関する話し合いが始まる前に、G7の会合を抜けて【シンガポールへ出立して】いる。

以下のリンク先の記事に掲載された写真は、その表情から推察するに、G7(今ではG6)やイスラエルの金融システムを究極的には下支えした黄金に対する北朝鮮(満州)の権利を確実に主張する書類をドナルド・トランプに見せられ、ロスチャイルド家の下僕どもがパニックに陥っている状態でも写したものなのかもしれない。
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-44426442



悪魔崇拝帝国バビロン滅亡の日


【名前を】公表されることを望んでいないもう一人の満州王族は、日本の東京にある米国大使館に対して債権を提示して、連邦準備制度理事会に債権を現金化するという形で約束を履行するよう迫るつもりなのだそうだ。彼のこの主張を白龍会は支持するし、それはアジアの【諸々の】秘密結社も、イルミナティも、そして其の他の強力な諸団体も同様だ、と複数の秘密結社筋が言っている。

ハザールマフィアが金融システムの首根っこを抑え込んでいるのを終わらせ、人類を解放しようというのがこの目的だという点で、これらの情報筋は同意している。「盗人は銀行を任されるべきではないのですから、これでバビロンの滅びとなることでしょう」と、この満州(清)王族は表現してみせた。


【この兆候として】既にアメリカのユダヤ系は、すっかり洗脳されきっているとはいえ、目覚めつつあり、イスラエルのユダヤ人と多くの主要な点で意見が合わなくなってきている。
https://apnews.com/ec170f8efeb64169b34f0fed2b432776?utm_campaign=SocialFlow&utm_medium=AP&utm_source=Twitter&__twitter_impression=true&__twitter_impression=true

また、イラクのユダヤ系もイスラエルというのは悪魔主義の信用詐欺なのだと把握したようで、メソポタミアにある彼ら本来の故郷、旧約聖書の中でその大半が登場する本当の場所に戻りつつある。
https://www.middleeastmonitor.com/20180604-sadr-welcomes-return-of-iraq-jews-from-israel/


米国のハザールの抵抗


勿論、アメリカ合衆国の解放を完遂することがこれら全ての実現を確実なものとする要(かなめ)となっている。この点、「反キリスト教リベラルのユダヤ系鬼婆ルース・ベイダー・ギンズバーグ(【その頭文字をとって】悪名高きRBG)や隠れユダヤ[で悪魔主義者]のソニア・ソトマイヨール……はトランプの手で最高裁判所から排除されるべき標的となった」と複数のペンタゴン筋は指摘していた。

【※左がソトマイヨール判事、中央が“合法”的な性交渉年齢を12歳まで下げようとしているギンズバーグ判事です。2010年に撮影。】

ハザールマフィアは当然ながら、戦いを終わらせるつもりなぞ毛頭なく、このところ積極的に内部告発者たちを“自殺させて”いっている。ハンドバッグのデザイナーとして知られたケイト・スペード(俳優でコメディアンのデヴィッド・スペードの義理の妹)や、カリスマシェフのアンソニー・ボーデインは、“小児性愛の一味”を暴露する寸前だったがために、首を吊る形で“自殺させられた”のだと同ペンタゴン筋が指摘していた。


ポケモンGOの真の開発者と真の目的


最後に一点。今回のここまでの記事とは関係ないかもしれないが、それでも興味深い話として、我々は先週NSA【=アメリカ国家安全保障局】のとある内部告発者から接触を受けた。【この人物曰く】ポケモンGOというゲームは、プレーヤーをカメラを振りかざすスパイに仕立て上げるため、NSAによって開発されたのだそうだ。

「疑わしき人間がたむろしている」なり、其の他の諸々の理由からNSAが写真を必要としている場所にレアなモンスターを配置しておく、というのがその構想だ。これで世界各地の立ち入り禁止区域に侵入しては写真を撮るポケモンGOのプレーヤーが後を絶たないことの説明がつく。
http://english.alarabiya.net/en/variety/2016/07/22/The-most-inappropriate-places-Pok-mon-Go-players-have-gone-to.html
https://www.deccanchronicle.com/lifestyle/viral-and-trending/270716/chinese-army-bans-hong-kongs-pokemon-players-from-barracks-1.html


2015年のリポートから再掲載


以下は今週のリポートで言及した満州王族の張と金が最初に登場するリポートである。【と断って2015年5月4日の週間リポート「連邦準備制度のいち派閥の国際的破産が浸透するにつれ、米国でカオス状態に」を丸々掲載しているのですが、今回太字に編集された箇所以外は割愛します。】

今アメリカで起こっている狂乱じみた権力闘争を理解するには、現在進行中の米国株式会社政府の破産の裏に隠された歴史を見直しておいた方が良い。白龍会の代表者たちと中国の王族たち【※「清王朝」なので、当時は「満州(北朝鮮)」と言わずにざっくり「中国」と表現していたようです】との間で先週開かれた会合で、更なる詳細が明らかとなった。

中国の王族は20世紀の歴史を書き換えざるを得なくなる証拠書類を提示してきたのだ。これらの書類は、米国大統領のフランクリン・ルーズベルトやハリー・トルーマン、中国国民党総裁の蒋介石、そして満州王家の人々との間で取り交わされた極秘の合意【の存在】を物語るものだった。

書類は如何にしてルーズベルトとトルーマンと米国のジョージ・C・マーシャル国防長官が、時間を掛けて満州の黄金を満載した船を20隻米国へと移動させ、この金塊を詐取してはルーズベルトのニュー・ディール政策やマーシャル・プランに利用したのかを記している。

この黄金は、東アジアの発展および、満州・中国・朝鮮半島・日本を包含した連合体の創造の資金源として使うという約束の下、1930年代からアメリカへと持ち去られ始めた、と【満州】王族筋は言っていた。【上記の】アメリカ勢はまた、満州勢が米ドルを刷ることができるように複数の【印刷】版も与えていた。

満州の黄金の現在の継承者の内二名は、キム・ヨンヒ(金英姫)とチャン・スンシク(張勝植)である。自分たちを抹殺して似た人物と挿げ替えようとする試みは何度もあったと彼らは主張しており、身の安全を確保すべく、以下の通り写真を公開するよう頼んできた


より一層の慎重を期すため、彼らの耳の写真も撮影された。この二名が追われていると主張する理由は、30兆ドル相当の黄金に対する法的権利を有してるからである。


翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しや画像、ツイッターも挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートを毎週シャンティ・フーラで翻訳させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。




翻訳:Yutika

註:【 】内は訳者の解説部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


※画像は編集者によるものです。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートを毎週シャンティ・フーラで翻訳させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.