独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第22楽章 ドイツの学校での人種差別と政治と教育制度

第18楽章では、人種差別について触れました。

移民としてドイツに滞在していますが、滞在年数を経るにつれ、
外国人として、日本人として、人種差別とは言わないまでも、
差のようなもの、距離感を感じることも多くなってくるものです。

第22楽章は、ドイツの学校での人種差別と政治と教育制度についてです。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

我が家の身近にもあった人種差別


ドイツのベルリンで外国人として、移民として
生活をしていて、実際に我が家の身近な例から
見て行きたい
と思います。

ベルリン pixabay[CC0]


ドイツの学校では、多くの学校にて、
人種差別のない学校と謳われていますが、

差別などは、実際にあるようです。
息子が見て、聞いて、実際に体験したことは、
歴史などの60歳前後の先生は、同じ出来具合でも、
外国人には、低い評価をする
そうです。
髪の毛が黒いということで、評価が低くなるのです。

また、以前に住んでいたマンションのある一室で
空き巣があった
のですが、
まだ、犯人が誰かわからないのに、イスラム系に
違いないと、ドイツ人おばちゃんたち目線で
噂が飛んでいた
ことがありました。
このようにおばちゃんたちは決め付けているんだな・・
と思いました。
私は、違うな・・と思いましたが・・)

世界中どの国でも、本当のことがわからなくて、
マスメディアに翻弄される方ほど噂が好きなようです。
支配する側は、対立構造をわざとしかけるものであると
竹下先生の講座から学びました。

欧州を崩壊させる目的で、難民をドイツに大量に流入させて、
混乱状態を作って、対立するイデオロギーを戦わせる
方式が、
今、まさにドイツに見られる現状です。

ドイツでは、移民、難民に反対する、
極右政党のAfDが勢力を拡大
しています。
社会学者やジャーナリストの意見を見てみましょう。




まずは、教育の現場から影響していこうという作戦も
垣間見る
ことができます。

下記の映像は、ベルリン東部の地区ですが、
16:52から、若い学生、パレスチナ、シリア出身の3人が
インタビューに答えていて、学校では、人種差別があると
答えています。






ポピュリズム(英: populism)とは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである。日本語では大衆主義(たいしゅうしゅぎ)や人民主義(じんみんしゅぎ)などのほか、否定的な意味を込めて衆愚政治や大衆迎合主義(たいしゅうげいごうしゅぎ)などとも訳されている。





日本と違うドイツの政治、環境問題、教育


ドイツでは、家庭の中でも、学校でも、大人の中の会話でも、
政治や政党について、みなさん自分の意見を持っていて、
話が盛り上がる
そうです。
庶民の意見から、政治を変えることができるならば、
素晴らしい
ことだと思います。

ドイツといえば、移民、難民問題が重要課題と思われますが、
実は、環境問題、ディーゼル自動車の排気ガスの問題、
エネルギーの問題、住宅事情などの方が重要で
もあり、
緑の党が多く支持されている理由でもあります。
我が家の行動範囲では、排気ガス問題については、
毎日の生活で感じませんが、ベルリンの住宅事情については、
ひしひしと、大変さが身にしみており
ます。
ベルリンでは、この10年で、4倍、5倍の家賃上昇に
なっている
のです。
ベルリンの良い地域で家を探すときには、良い条件の物件には、
応募が50人くらい殺到する
という現状になっています。
ベルリンはドイツの首都なので、仕方がないのですが、
今後も大変な時代が続きそうです。

緑の党のロゴ Wikimedia[Public Domain]


第2楽章で書きましたシリアからの難民のお医者さんは、
その後、ドイツ語研修を進めて、医学部の総合病院での研修から
一般的な病院勤務にたどり着いているようです。
難民の方も、新天地ドイツで職業をもって、堅実に進まれて
いる
ことがわかります。

ドイツ教育では、日本のように受験制度はないのはいいのですが、
ドイツの総合大学入学はできても、卒業できるのが30%くらい
とも言われていて、点数が取れないと、1年目から
生徒がどんどん脱落して行くシステム
になっています。
しかし、大切なのは、学士や修士の学位を取ることなので、
日本のように、大学名などは特に重要ではないのです。
何を研究してきたかに重点が置かれて、職業を持てるように
なっていますが、ピラミッド型の超学歴社会になっています。
大学の博士課程で、博士号を取得すると、名前の前に
Dr. をつけて、一目置かれる
ようになっています。
博士号を取得できるのは、5%とも言われています。
こんなところも、日本とは違うところになります。

家族の絆 親子15 思春期の要求でも竹下先生が
言及
されていましたが、
肩書きや学歴などのパッケージが高値になってしまうという、
この世の常ですが、もっと人間の実質を見て行きたいもの
です。

ヘレン・ケラーは、『五感は幻想であり、イデアのみが真理である』
と言った
そうです。

ヘレン・ケラー Wikipedia[Public Domain]


プラトンは次のように説明する。

我々の魂は、かつて天上の世界にいてイデアだけを見て暮らしていたのだが、その汚れのために地上の世界に追放され、肉体(ソーマ)という牢獄(セーマ)に押し込められてしまった。そして、この地上へ降りる途中で、忘却(レテ)の河を渡ったため、以前は見ていたイデアをほとんど忘れてしまった。だが、この世界でイデアの模像である個物を見ると、その忘れてしまっていたイデアをおぼろげながらに思い出す。このように我々が眼を外界ではなく魂の内面へと向けなおし、かつて見ていたイデアを想起するとき、我々はものごとをその原型に即して、真に認識することになる。



Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.