ぴょんぴょんの「「ウ◎コ」フルコース」

 あべぴょんのウソ、振り返るだけでもウンザリしますが、ウソというのは、かように重たく疲れさせるものであったか。
 一時的にウソで逃げ切り、解決したごとく終わらせていますが、うやむや感は、どんどん増すばかりの安倍政権。
 あべぴょん・ウソ語録のフルコースをご堪能ください。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「「ウ◎コ」フルコース」


息吐くようにウソをつく


フムフム・・・「ウソ」と「ウン」は、よく気をつけねえと読みまちがえる。
たとえば、「ウソコ」と書いてあるのを、「ウ◎コ」と読むのは、いともたやすい。

くろちゃん、なにむつかしい顔して、ブツブツ言ってるの?

いやな、あべぴょんの「ウソ」集めてたら、「ウ◎コ」集めてる気分でさ。

集めて、どうすんの?

みんな、すぐに忘れっちまうだろ?
だから、「ウ◎コ」の盛り合わせを作って、どうぞって提供しようと思ってな。


「ウ◎コ」の盛り合わせ???

ちがった・・・「ウソ」の盛り合わせだった。
そしたら、どんなに美しく盛りあわせようと思っても、しょせん「ウソ」は「ウソ」。
臭くて臭くて、食欲がなくなっちまった。

まさに「ウ◎コ」の盛り合わせ? 

ブツブツ・・・(しかし、関東にいたときは「ウ◎チ」って言ってたが、九州ではだれも「ウンチ」て言わねえで、「ウンコ」って言うのはなんでだ? 
関東のやつらは、やわらかめで「チ」なのか? 九州は固めで「コ」なのか?)

なに、ブツブツ1人で考察してるの?

おお、おれ、いつのまにか、あべぴょんの「ウ◎コ」の毒気に当てられちまったみてえだ。

なにそれ!! 
ぼくなんかさっきまで、「禁戒(ヤマ)と勧戒(ニヤマ)」をおさらいしてたとゆうのに。

ちょっと待て!・・・ヤマ・ニヤマ だと?
おめえ、何かいやなことでもあったのか? だいじょぶか? 熱はないか?

なに、その反応! 
くろちゃんだって、ちゃんと実践してるでしょ? ヤマ・ニヤマ。

う・・うん・・まあ・・・・。
(してると言えば、「正直」に反するし、してないと言えば、しろにバカにされるし・・・)

ちゃんと、してるでしょ?

えっへん・・・ええ〜〜〜してると言えばですねえ、え〜〜してると言えなくもありません。
があ〜、してるというのは〜、どの程度をしてるというのかあ〜、はっきりと、定義されていないわけでありましてえ〜、それをしてると言うことによってえ〜、さまざまな誤解を招くことになりい〜、そうなることは〜、わたくしとしましてもお〜、はなはだ不本意に思うわけでございます〜。よってえ〜、してると言うわけにもいかず〜、かといって、してないということも言えないわけでして〜、どちらなのか〜、判断に迷うわけでありましてえ〜、ご質問に対する答弁は、控えさせていただく〜という結論に至ったわけでございます〜。


なにそれ??? どっかで聞いたようなセリフ、ただただ長たらしいだけで、中身がなくて、結局何言ってんのか、さっぱりわかんない。

ああああ〜「ウ◎コ」中毒で、脳みそがあべぴょんになっちまった。

ウソの答弁は、禁戒(ヤマ:Yama)の「正直」に反してるし、ダラダラ弁で時間をつぶすのは、 人の時間を盗む「不盗」に反するんじゃないの?

おまえは、正しい!

とにかく「正直」を守ることは、ホントにむつかしいよ。
気をつけても、気をつけても、「正直」でない自分に気づいてドヨ〜ン。

あべぴょんも、おめえくらいに真摯だといいんだがな。

「真摯」かあ〜? 
あべぴょんも、言葉では「真摯」「真摯」って言うけど、「真摯」じゃないよねえ。
 
自分の中にあれだけの「ウ◎コ」貯めていりゃ、中毒どころか爆死だな。

ホントの自分は、爆死してる?

「ウ◎コ」ガスで、頭がヘンになっちまって、「ホント」と「ウソコ」が区別つかなくなってる。

恐るべし、「ウ◎コ」ガス!
って、元は自分の吐いたウソから来てるんだよね。

「息吐くようにウソをつく」。
そりゃ、体中が「ウ◎コ」で充満してりゃ、出すものは「ウ◎コ」以外ねえよな。

あべぴょんのウソ。
いっとき騒がれても、時間が経つにつれて忘れられてるような。

だから、マスコミは水洗便所みてえに、どうでもいいニュースをジャンジャン流してあべぴょんのウソを葬るわけよ。


どおせ、国民はすぐに忘れるんだから、時間かせげば、何を言っても何をしても大丈夫。

雇われ店長は大ウソつきで、おれらは、何度だまされても忘れるバカかも。

どっちもどっちだね。


あべぴょん・ウソ語録のフルコース


ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・前菜その1。 
あべぴょんが首相になったのも、拉致被害者の会が推したからだった。

そう言えばあべぴょん、かつて拉致被害者を迎えに、北朝鮮に行ったことあったね。

蓮池薫氏の兄、蓮池透氏は暴露した。
安倍さんは嘘つきだ。拉致問題を利用して、総理大臣になった。
北朝鮮側から拉致のおわびとか、これまでの経緯とか言ってこなければ、日朝平壌宣言にサインしないで帰りましょう、って進言したのは自分だと、あべぴょんは言うが。
蓮池透氏「その考えは、訪朝した皆の共通認識だった・・・。」
(安倍晋三は嘘をついて出世してきた)

臭い臭い、ウソ吐いた〜。 

日本に帰った拉致被害者たちは、2週間で(北朝鮮に)帰ることになっていたが、帰らずに日本に留まった。
あべぴょん「帰さないという、自分の判断は正しかった。」
「北朝鮮に戻るのを、体を張って止めた。」
蓮池氏「真っ赤な嘘! 止めたのは私なんだから!」(安倍晋三は嘘をついて出世してきた)

ヒエエ〜、臭い臭い!

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・前菜その2。
福島・原発事故時の対応について「やっと始まった海水注入を止めたのは、菅総理です。これが真実です。」あべぴょんはメルマガで、こう語ったが全くのデマ。
菅直人氏は、名誉毀損で訴訟を起こしたが東京地裁に棄却された。
(LITERA)


前菜だけで、お腹いっぱい。

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・前菜その3。
2001年の9.11テロの後、アフガン攻撃を開始したブッシュ政権が、「ショー・ザ・フラッグ」で日本を責め立てているかのような報道が盛んになされた。
しかし、それも「当時は官房副長官をしていた安倍が、マスコミに嘘のリークをしていたのである。・・・ニセ情報の拡散は、テロ特措法が成立する要因となった。
(安倍晋三は嘘をついて出世してきた)

ゲップ!

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・スープ。
東京オリンピックの招致では、全世界を相手に大ホラ吹いた。
「安倍晋三総理大臣のプレゼンテーション IOC総会(13/09/08)」 0:41であべぴょん、
両手を広げながら「Our situation is under control.(状況はコントロールされている)
」。


「Out of contorl」の聞き間違いじゃ?

あべぴょんは言う。
汚染水による影響は、福島第1原発の港湾内の、0・3平方キロメートルの範囲内で、完全にブロックされています。」(しんぶん赤旗)
いったい現代の技術で、どうやって海の中で汚染水を外に漏らさずに貯められるのか?

「ウ◎コ」を、国会でブロックして欲しい。

さらに、あべぴょん「健康問題については、いままでも、現在も、将来もまったく問題ないということをお約束します。」(しんぶん赤旗)

「いままでも、現在も、将来も」まったく、問題山積みです。

「さらに完全に問題ないものにするために、抜本解決に向けたプログラムを私が責任をもって決定し、すでに着手しています。
実行していくことを、はっきりお約束申し上げたい。」(しんぶん赤旗)

「約束」、「責任」、「実行」が、「ウ◎コ」にまみれていく。
世界の人たちはこんなウソにだまされないで、冷静に判断してほしいなあ。

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・メインディッシュ(魚料理)。
森友問題の籠池氏について、「かつては『妻から、この森友学園の先生の、教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いております』(2017年2月17日・衆院予算委員会)。」
わずか数か月後には、「詐欺を働く人物のつくった学校で、妻が名誉校長を引き受けたことは、やっぱり問題があった。こういう人だから騙されてしまったのだろう」(2017年10月11日・報ステ)。」(時事ブログ)

これは、「ウ◎コ」と言うよりも裏切りだね。
一度は「素晴らしい」と絶賛した夫婦を、拘置所に300日も勾留したね。

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・ワイン。
2017年6月19日の、あべぴょんの緊急記者会見。

「信なくば立たず」、「真摯に説明責任を果たしていく」とか言ってたなあ。
「信なくば立たず」って、「政治は、民衆の信頼なくして成り立つものではない。」
(コトバンク) て意味でしょ?

「信頼」なんか、とっくにない!
あべぴょんの「ウ◎コ」にまみれると、言葉はことごとく殺られちまう。
沖縄・全戦没者追悼式の言葉沖縄の方々には、永きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいており、この現状は到底是認できるものではありません。
「できることは全て行う。沖縄の基地負担軽減に全力を尽くして参ります
(首相官邸)とか。


どの口が言ってるんだ!

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・メインディッシュ(肉料理)。
詩織さん事件の容疑者、山口敬之に関するウソ。
「記者として、私の番記者であった者が『取材をしたい』ということで、取材を受けたことはありますよ。それ以上のものでも、以下のものでもない。」
(2018年1月30日の衆院予算委員会)
福島みずほ氏「『総理』という本を書いたジャーナリストを知っているか、面識はあるか」。あべぴょん「取材対象として知っている」(2017年11月30日の参院予算委)。

もう、臭ってきた。

あべぴょんは実際、山口氏の仲人までやってたらしいぜ。
小川和久氏(日本版・国家安全保障会議のメンバー、現在も改憲派としてあべぴょん支持の軍事アナリスト)が、現在は削除されてるツイートで、こう書いてたそうだ。
「あのY記者は安倍さんと最も親しいジャーナリスト。仲人も安倍さんなのだ(笑)」(LITERA)。


やっぱ、臭いはホントだった。

山口氏は、「安倍首相との距離の近さ」を売りにして、テレビに引っぱりだこになった。
『総理』において、山口氏はこう書き綴っている。
〈・・・安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。
・・・もはや安倍首相にとっての山口氏は、一介の記者というよりも『右腕』と表現したほうがいい密着度なのだ。」
別のところでも、山口氏「昭恵さんは、じつは僕、よく知っています。個人的にもよく知っています。メールもやりとりしています。それから、ちょっと縁がありまして、うちの姉と中高大と一緒なんですね」(LITERA)。

またか〜、臭いもの同士、蓋し合ってるわ。

「私の番記者だったから取材を受けたことはある。それ以上でも以下でもない」は、ウソ。
真実は、「私の番記者時代からウマがあい、山口氏は私の秘書官のような存在。
妻の昭恵とも縁があり、家族ぐるみで仲良くしている」

(LITERA)

ああ〜、もう臭さで吐きそう。

ジャ〜ン! 「ウ◎コ」フルコース・デザート。
加計学園問題のウソ。

Author:Tatushin[CC BY-SA]


顔見ただけでもDNAがつながってるような、あべぴょんと加計孝太郎氏。
学生時代からのお友だち以上の、深い関係がありそうな。

愛媛県の記録によれば、2015年4月愛媛県、今治市の職員、加計学園が、柳瀬・秘書官らと面会していたことが判明。
そのとき柳瀬・秘書官は、「本件は、首相案件となっている」と明言している。
あべぴょんは国会で、〈昨年(2017年)1月20日まで、加計学園が今治市に獣医学部を計画していることを知らなかった〉と、答弁していたが、柳瀬氏が「首相案件」と言ったのは、2015年4月。
つまりあべぴょんは、獣医学部建設を、知らなかったはずの2年前に知ってたことになる。
(「安倍晋三の嘘」)
しかも、「加計学園の加計孝太郎・理事長が、安倍晋三首相と2015年2月25日に面会し、学部の新設計画を説明した」。
それに対して、「安倍首相はそういう新しい獣医大学の考えはいいねなどと語った
(PRESIDENT)と。

うわあ〜、デザートが濃厚すぎてトイレに駆け込みたくなってきた。

しかし、あべぴょんは国会でこう言った。
「私の地位を利用して、何かを成し遂げようとしたことは一度もない」
「獣医学部新設に関して相談や依頼があったことは一切ない」

(PRESIDENT Online)

うわあ〜ヤマ・ニヤマがあ〜〜〜。

ラスト! 「ウ◎コ」フルコース・コーヒー。
2018年4月11日、衆院・予算委員会で行われた集中審議で、玉木雄一郎議員。
総理、こんなことをしているとですね、内閣総理大臣自身を証人喚問に呼ばざるを得なくなりますよ?
だって私ね、残念ですよ。一国の総理大臣とこうやって(質疑を)やっている時にね、
私の目の前に座っている内閣総理大臣が、『ウソをついているかも知れない』と思って質問するのは残念
ですよ、そりゃ。でも、そういう疑惑・疑念を持たざるを得ないのが今の現状じゃないですか、皆さん?」
あべぴょん「私に対して『ウソつき』ということを明確におっしゃった。ウソつきと言う以上は、それは明確に私がウソをついているという証拠を示していただかなければいけない、こう思うわけでありまして...。」(BIGLOBEニュース)


かんぺき、開き直ってる。
証拠が見つからなければ、「ウソも真実になる」って言い草だ。

オマケ! 「ウ◎コ」フルコース・プチフール。
自民党総裁選を間近に控えた9月14日の集会で、石破派の斎藤・農水相は、安倍支持の議員から、「石破氏を応援するなら、辞表を書いてからやれ」と脅されたことを暴露。
それについて聞かれたあべぴょんは、かつては自分も圧力をかけられたし、政界ではこんなのフツウ、みたいなことをテレビで話した。
じゃあ、あべぴょんも実際に圧力かけられたことがあったのか?と聞かれると、
「いや、ほとんどないんです(笑)。ないけど・・・ただ、実際にあったかもしれませんし、私にはまったくなかったな」(LITERA)

意味わかんない〜〜〜〜!

さあ、お客さん、うちの「ウ◎コ」フルコースは楽しんでいただけましたでしょうか?
お会計の前に、ゆるねとニュースで紹介された「毎日小学生新聞」(2018年4月14日)、題して、「安倍内閣に次々大問題 うそは、いずればれる」をサービスいたします。

安倍内閣をめぐって次々と驚くような大問題が起きています。
森友学園に関する文書を財務省が改ざんした問題。
イラクに自衛隊を派遣した時ときの日報(日々の報告書)は、今まで『ない』と言いっていたのに、実は残っていたという話。
そして、学園の理事長が安倍晋三総理大臣(首相)の友人だから優遇されたのではないかと言われてきた加計学園の獣医学部開設問題では、重要な文書が新たに見つかりました。~省略~
一度うそをつくと、うそを重ねないといけなくなる。
そして、うそはいずればれるということです。

毎日小学生新聞発行元の毎日新聞社東京本社 Author:Wiiii[CC BY-SA]


ぼく、明日から「毎日小学生新聞」を購読する!

他にも、いろいろ出てくる、出てくる・・・。



もお、腹いっぱい「ウ◎コ」食べさせられて、どおしてくれるの??

何を話しても、嘘、ごまかし、矛盾、詭弁、デタラメだらけである。
こんな総理は、過去に存在したことがない。前代未聞である。
(IWJ)

はああ〜〜苦しいよ〜〜早くあべぴょんを吐き出した〜い。


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.