メキシコ便り(29):メキシコ国民が本当に幸せになる国を目指す、メキシコ大改革は本物!

 先日の竹下先生の記事で、ベネズエラのマドゥロ大統領の支持、不支持する国をリストアップしたツイートがありました。マドゥロ大統領支持国にメキシコが一番に出ていてびっくりしました!たしかに外国の人たちには、そういう風に見えるかもしれないとも思いました。不支持国に参加していないので、自動的に支持国になったのかなと思いました。真実は、メキシコは支持でも不支持でもありません。ロペス・オブラドール大統領、外務大臣が何度も言っています。メキシコは憲法にもあるように、他国に一切干渉しないと。。。いつも他国を尊重し、一切干渉はしないと。。。なので支持でも不支持でもなく、ありのままのベネズエラを見守っているのが今のメキシコの状態です。

 今回は、ロペス・オブラドール大統領は、本気で根こそぎメキシコ大改革をしていると思える事柄をピックアップ。1月13日、オブラドール政権は「Cartilla Moral」という道徳小冊子の配布開始。小冊子のなかには「ここで書かれていることは、聖書の十戒に相当するものだ」と書かれています。十戒といえばヤマ・ニヤマ。宇宙の永遠の法則!popoちゃんはこのニュースを聞いた時、一人で叫びました。「すっごい〜!!!」そして読み進めると、なんと竹下先生の講義「愛と野心」の中で出てくる「愛の5相」に似たものも出てきました!

 まずは小冊子の内容をエッセンスだけ絞ってご紹介。そしてロペス・オブラドール大統領が、ヤマ・ニヤマを自ら率先して実践しているのが窺える場面を二つご紹介。最後にロペス・オブラドール大統領の簡単な生い立ちを。。。大統領の生い立ちを知ってしまったpopoちゃんは胸がつまる思いになり涙が滝のように流れてしまいました。なぜあんなに全身全霊で、すべてを捧げ働いているのか。。。ちょっとだけ分かった気がしました。愛と慈悲に溢れるロペス・オブラドール大統領は、本気でメキシコ国民を幸せにしたい、そしてその真の幸せを目指す方向は、決してまちがっていなく、メキシコ大改革は本物だぁ〜!!!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(29):メキシコ国民が本当に幸せになる国を目指す、メキシコ大改革は本物!


メキシコの道徳小冊子



2019年1月13日、メキシコ政府は”Cartilla Moral”という道徳小冊子(挿絵上↑)を国民に配布開始。これは約30ページほどの小冊子で、インターネット上でもPDFファイルでダウンロード可能。popoちゃんもがんばって読んでみた!💦大変だった。。。😩正直、popoちゃんのスペイン語力にはちょっとハードル高すぎました。でも、知りたい!伝えたい!の思いがpopoちゃんを駆り立てなんとか完読!

この道徳小冊子はもともと、1944年Alfond Reyes氏(1889ー1955年、詩人、小説家、哲学者、外交官、文学評論家、文芸評論家、ノーベル賞に5回ノミネート)がメキシコの若者教育プログラムの一貫として書いたものらしい。が、いつの間にか学校教育から姿を消していたよう。popoちゃんの旦那さまの記憶によると、40年ほど前に小学校での道徳教育はなくなったとか。それをロペス・オブラドール大統領が掘り出してきた!そして、今回José Luis Martínez氏が新たに手を加え改訂版としてメキシコ政府が出版。

Alfonso Reyes氏(1889−1955年)
Author:sinaloaarchivohistorico



さて、この道徳小冊子の内容は一体なに?
ここではエッセンスだけ絞ってご紹介!

「Jose Marti´氏が言ったように人はパンだけで生きていない。幸せを得るためには、物質的豊かさと精神的豊かさの両方が必要だ。

ロペス・オブラドール大統領が書いた、小冊子のまえがきから引用

正しいことの実践、道徳の目的は、尊重することの繰り返しである。これらの尊重とは、宗教の「十戒」に相当する。これらは議論の余地のないもの。私たちの中に備わっている道徳的本能、良心の声が、私たちを非難することなしに、それらを無視できないもの。

道徳小冊子  PDFファイル P11より

(挿絵上の小冊子の引用文の訳)「平和とはすばらしい理想的なモラルである。が、民主主義と同じように、みんなが愛し敬うことができたときにだけ、その成果を実らせることができる。

小冊子の内容は、「非暴力」「正直」「不盗」の大切さが最初の方に書かれ、そして、その後に竹下先生の配信動画、教育プログラム「愛と野心」の中の愛の5相に似たものが書かれています。

竹下先生から「ヤマ・ニヤマ」「愛と野心」の構造をわかりやすく学んだpopoちゃんにとって、
この小冊子を読んでいて、正直、ちょっともどかしさを感じました。竹下先生のは、もっとシンプルで、もっと深く、もっと的を得ていて、もっとわかりやすい
!!!

日本の皆さま、私たちは竹下先生みたいな超、大・大・大先生から習えるって本当に超ラッキーですよん


https://shanti-phula.net/ja/video/blog/?p=2245

popoちゃんの勝手な個人的意見ですが、過去20年間ほど、精神世界の書物を英語で読みあさりましたが、竹下先生の教えるレベルはもう全然、別次元!やはりこれは世界でも最高品質のものだとpopoちゃんは一人で確信しています。ほんとに感謝・感謝。。。😌🙏😌

やはりこうやって最高品質の講義を受けることができる日本は、竹下先生がおっしゃるように、日本の使命、精神的な分野で世界をリードしていく役割のためなのかも?!ってつくづく思います。あ〜、竹下先生の講義をスペイン語に訳して大統領に渡したいくらい。。。「こっちのほうがもっとわかりやすいよぉ〜」って。。。😆

でも、この道徳小冊子、なかなかいい線をいっていると思います。

1)自己への愛と尊重
2)家族への愛と尊重
3)社会への愛と尊重
4)母国への愛と尊重
5)人類への愛と尊重
6)自然への愛と尊重

1)が一番最初の小さな円、その次に大きな円が2)、そしてその次に大きな円が3)というふうに、だんだんと円が大きくなっていくのだと説明されています。

そして真の幸せは、自分自身、家族、隣人と良い状態・関係であることであり、道徳的に生きることが真の満足感と幸福をもたらすのだと書いています。

う〜ん。。。すばらしい👏👏👏
目指すは、世界一リッチな国でもなんでもなく、国民が本当に幸せな国、メキシコ!!!


ロペス・オブラドール大統領は、ある動画で家族とのインタビューの中で、息子たちにはなるべく物質的(物欲のことかな?!)なものから離れるようにいつも言っていると言っていました。大統領の長男(今年37歳)は、ほっこり癒しタイプで「僕はカフェでゆったりコーヒーが飲めること、それが幸せなんだぁ〜」と言っていました。息子ちゃん、しっかり真の幸せをご存知。

ということで、話を戻して、ここで12月1日にロペス・オブラドール大統領が大統領になってから、ヤマ・ニヤマ、愛を率先して実践していることがわかる場面をご紹介!


ヤマ・ニヤマを率先して実践し、国民の見本となっている大統領!




「正直」を実践♪

2018年12月18日、大統領の最初のお給料が新しいもの(約108,000ペソ・約62万円/月)に変更されていなく、多く振り込まれていたため、返金したことを朝のプレス・コンファレンスで発表!(挿絵上↑)メキシコでのお給料は2週間ごとに支払われるのが主流。(肉体労働的なお仕事の場合、毎週金曜日が給料日のところが多い。)最初の2週間分のお給料が53,846ペソ・約31万円ではなく76,159ペソ・約44万円、振り込まれていたと。なので差額22,313ペソ・約13万円返しましたと。。。他の政府官僚の人たちも、多く振り込まれていた人は返金お願いしますと。。。

こういうミスはとってもメキシコらしい!メキシコに再確認という言葉は存在するのかい?!っと思ってしまうほど、ケアレスミスが多い。水道のお湯とお水が右左反対に設置されたり、ドアノブのひねりが逆になってたり。。。でもミスった人を責めるわけでなく、「あ〜まちがったのね〜」って感じで別に修正させるわけでもなく、そのま・ん・ま。。。「人間だれでも間違いはするからね〜」「ちょっと不便だけど、そのうち慣れるだろうし、使えるからいいさ!」って感じで、かなりおおらかなゆる〜い文化。日本文化は真逆?!😆popoちゃんは、この二つの文化の中間くらいを目指したい!



「正直」「不盗」「不貪」が垣間見れる♪

2019年1月4日、大統領、全財産(奥様と大統領の全財産)を公表!政府のもとで働く人(公務員)は皆、全財産を公開しなければならない義務づけました。

ロペス・オブラドール大統領のお家と車は奥様名義、チャパス州にあるセカンドハウスは、お母様から相続し、現在は大統領の4人息子にすでに譲渡済み。2つの銀行通帳の合計446,068ペソ・約260万円! 銀行口座も今まで持っていなかったけれど、大統領になってからは口座にお給料が振り込まれるので今はもっていると。クレジッドカード、ゼロ、全く持ってません。竹下先生と同じ♪

大統領は「幸せとは富を集めることではない、真の幸せは、自己に安らぐこと、良心に安らぐこと、周りの人に安らぐことだと私は思う。私にたくさん与えてくれた人生に感謝!」

隠すことなく「正直」にすべて公開し、今まで盗んだ富ゼロ、これから自分の懐を増やそうという貪欲さゼロ!そして信頼度、好感度、倍増!

(挿絵上↑の説明)1月半ば、メキシコで悲劇が起こりました。ガソリンのパイプラインから穴を開け、貧しい地域の人々約800人がバケツや容器を手に、ガソリンを盗んでいました。と、そのとき、夕方7時前、突如、爆発。100名以上の人が亡くなりました。その事件直後、大統領は車で4時間かけて駆けつけました。その際の様子。ほら、捜査チーム、み〜んなお水代りにコーラですよ!メキシコではコーラがお水代りに飲まれていることの証拠写真!

毎日、朝から晩までひっきりなしに働く大統領。そして非常事態が起こった時には、すぐさま現場に駆けつける。そして、国民に最新情報を知らせるために、一日一回の朝のプレス・コンファレンスを朝と夕の2回に。とにかくいつも全力で物事に立ち向かい、一生懸命さとひたむきさがひしひしと伝わってくる。

ある日、popoちゃんは無性に大統領の生い立ちの詳細が知りたくなった。。。
そして調べた。。。

涙がドォーっと出てしまった。。。😭
なんで大統領は、メキシコにすべてを捧げて、あんなに働いているのかがわかった気がした。。。

商人の長男として生まれた大統領。生活は決して裕福なものではなかった。
15才のときに、大統領の弟が事故で亡くなった
。。。😭

頭に銃弾があたったらしい。。。
そしてその事故には2つの説があると。。。

1)弟が拳銃で遊んでいて、手が滑って自分の頭を撃ってしまった。
2)大統領と弟が遊んでいて、大統領が誤って銃を撃ってしまった。



どちらが真実にしろ、かわいい弟が不意の事故で亡くなってしまった心の傷は計り知れない。
想像しただけでも、胸がつまる思い
。。。😭

26才のときに結婚。最初に授かった男の子に、亡くなった弟の名前をつけた。😭
(メキシコではよく父親の名前をそのまま長男につける習慣がある。でも大統領は自分の名前でなく、亡くなった弟の名をつけた。)
そして、大統領が50才のとき、結婚24年、3人の子供を儲けた奥様が病気でなくなった。。。😭

大統領の生き様は、亡くなった弟、亡くなった奥様のために生きることを誓った証なのかもしれない。

身内の早すぎる死を経験したからこそわかる、生きていることの尊さ

だから無駄にしない。。。
復讐や仕返し、ネガティブなことにエネルギーを注がない。。。
もちろん人を傷つけることもしない。。。
常に愛の発言をし、愛の行動をとる大統領には慈悲が溢れ出ている。
そして、毎日その生き様を見ているメキシコ国民は
その慈悲に癒され、忘れかけていた愛のぬくもりを思い出し始めた
。。。

ナチョさんによると、ロペス・オブラドール大統領の支持率89%は、プーチン大統領の82%を抜き、世界一支持率の高い大統領になったとか。。。


何はともあれ、ボロボロで崩壊寸前だったメキシコに
毎日、全身全霊で向き合い取り組む大統領の姿は、この上なく、清く、美しく、眩しい


¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1



Comments are closed.