独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第73楽章 恐ろしや・・地上の世界・・

 ドイツは、10月25日から冬時間になりました。日本との時差は7時間から1時間プラスして8時間になりました。今週は、紅葉が綺麗で、週末には、黄色い葉がほとんど落ちてしまいました・・。25日は、ベルリンでは、また、陰謀論や極右のデモがあったのです。マスクをしない人々が集まり、ドイツで有名かつ人気な曲(Atemlos‥)の語呂合わせで、マスクなし(Maskenlos♫)と歌う始末です。ベルリンでも感染者が急激に増えているのに恐ろしや・・。28日の最新情報によると、ドイツでは、11月2日から末まで外出制限となり、娯楽施設、レストラン(デリバリーはOK)なども閉鎖となり、旅行なども自粛となりました。学校は継続できます。フランスも同じようですね。またですか・・恐ろしや・・。この記事が出る31日は、日本でも昔はなかったのに、子供たちも騒いでしまう妙なイベントがある日で、これまた、恐ろしや・・。ベルリンの有名なベルガモン博物館もなんと、恐ろしや・・。

 第73楽章は、恐ろしや・・地上の世界・・です。
(ユリシス)
————————————————————————

難民についての気になるニュース


以前、語学学校のシリアの難民の方たちと机を並べていた時、シリアの方がドイツのパスポートを持っていました。私は思わず、「え? ドイツのパスポート?」と聞いてしまいました。すぐに答えてくれました。そう。難民は、ドイツのパスポートになるんだよ・・」そっか・・難民申請をする、政治的亡命(アシュリムシーカー)の申請をするということは、「助けてください、ドイツ人になりますから・・」と言うことなんだ・・と納得しました。

香港は、1997年にイギリス統治から中国に返還されましたが、香港から政治的亡命者が出る時代となりました・・

上記の記事の簡単な訳
ドイツは香港の政治的亡命者(アシュリムシーカー)を受け入れます。香港の反対派は、新しい安全保障法によって脅かされていました。ドイツは、香港安全保障法が施行されて以来、初めて中国特別行政区からの難民亡命を許可しました。香港からの難民事例は、特別な地位のない中国市民の統計に隠されている可能性があります。香港の活動家グループ、ヘブン・アシスタンスはフェイスブックで、抗議運動の22歳が政治的亡命を成功したと発表。彼女は香港でのデモで一時的に逮捕され、11月にドイツに来ました。

こちらも気になるニュースです。難民ボートを助けない・・恐ろしや・・。

上記の記事の簡単な訳
ヨーロッパの国境保護機関Frontexは、エーゲ海のギリシャ沿岸警備隊は移民に違法行為を行なっています。Frontexの関係者は、4月以降、少なくとも6回の違法な拒絶行為をしています。ビデオは、Frontex船が最初に大勢乗っている難民ボートをブロックし、乗員を救助していません。記録された他の動画では、Frontexの役員が高速で難民ボートを通り過ぎてしまっているものもあります。


そのような状況下で、日本では、バンクシーの絵画展が盛況であると聞きましたが、バンクシーは難民を助けるための出資をしました。

上記の記事の簡単な訳
バンクシーは、地中海で危険に直面している難民を救うために救助艇に資金を提供しました。ルイーズ・ミシェルと名付けられたボートは、ストリートアートの作品の収入で購入されました。

上記のBBCニュースを簡単に訳してみると、火曜日にゴムボートから89人を乗せて、すでに多くの救助任務を遂行しています。船には、バンクシーの「風船と少女」の絵が描かれています。船の使命は、「海事法を支持し、危険にさらされている人を偏見なく救助すること」「国籍は、自分が持っている権利やお互いの扱い方に違いをもたらすべきではありません」とウェブサイトで述べています。「私たちは、彼らの魂を救うためだけでなく、私たち自身の魂を救うために、苦しんでいるすべての人々のSOSの呼びかけに答えます。」

他にもバンクシーの絵は、このようなものもありますね。これは、今問題の、ペドフィリア問題を訴えていますね。裸の女の子が泣きながらミッキーとマクドナルドさんと手をつないでいる絵って、どういうこっちゃ・・恐ろしや・・



ベルリンの25日のデモを先導していたアッティラ・ヒルドマンと「悪魔の玉座」


ところで、ドイツ・ベルリンの25日のデモは、#b2510とハッシュタグで名付けられて、アッティラ・ヒルドマンが先導していたようです。


上記の訳は、陰謀論者のアッティラ・ヒルドマンは、チャンネルで、ペルガモン博物館は「悪魔の玉座」であり、「世界的な悪魔崇拝とコロナ犯罪者」の中心であると聞いていると述べています。

上記ツイッターに記載してある、ドイツのメディアより

ベルリンの博物館島での芸術作品や骨董品への攻撃
ZEITとDeutschlandfunkの調査によると、2020年10月3日、ベルリンの博物館島にて戦後で最も大規模な芸術作品へ攻撃がなされました。

ペルガモン博物館、新博物館、旧国立美術館、その他の場所で少なくとも70の作品に油性の液体を噴霧し、19世紀のエジプトのサルコファギ、石の彫刻、絵画が狙われました。 2週間以上の間、危険にさらされている可能性のある公的機関や他の博物館には通知されませんでした。陰謀論者のアッティラ・ヒルドマンは、8月と9月にチャンネルで、当時コロナのために閉鎖されていたペルガモン博物館こそが「悪魔の玉座」であり、「世界の悪魔崇拝とコロナ犯罪者」の中心であると聞いていると発言。この場所で夜に人間を犠牲にして、子供たちへの犯罪がなされているらしいとも発言しています。

宗教学講座 第138回 旧約聖書(悪魔崇拝)を拝見しました。なんと、31日本日のことも詳細に解説されていますので、学ぶチャンスです!結局、悪魔崇拝とはについて、時代背景とともに理解することができます。日本の歴史にまで派生していて、面白かったので、必見です。

私の父親がヨルダンとエジプトで仕事をしていたことがあるのですが、イスラム教の世界では、事業の成功を願い、アッラーの神に神聖なる羊を捧げものにして、羊の血液を飲む風習があると聞きました。悪魔崇拝の儀式は、それと似ているような・・真似をしたのでは??と思ってしまいますが・・。

ペルガモン祭壇を「悪魔の王位」として持つ神話は、聖書の黙示録にて指し示していると考えられているため、初期のキリスト教から来ています。

BIBLEtoolboxより抜粋

ペルガモンの教会への手紙 2章12~17節より

ペルガモンには「サタンの玉座」が設置されていました。それがどういう意味なのか、確実なことはわかりません。次のようなふたつの答えかたが考えられます。ペルガモンにはありとあらゆる偶像崇拝の祭壇がありました。ことに有名だったのは癒しの神アスクレピオスの神殿と最高神ゼウスの祭壇でした。偶像礼拝は悪魔を拝することです。それゆえ「サタンの玉座」は偶像礼拝の神殿にはうってつけの表現と言えます。もうひとつのありうる答えは皇帝崇拝です。これもまた偶像礼拝であることには変わりがありません。ペルガモンは皇帝崇拝のための神殿が最初に建てられた場所としても有名です。そしてまさに皇帝崇拝のゆえに、多くのキリスト信仰者は殺されたのです。その意味で「サタンの玉座」は皇帝崇拝が行われる神殿を指すのにふさわしい名称と言えるでしょう。

ペルガモン博物館


ペルガモン博物館は、イラクから奪取したバビロニア時代のものを展示しています。この時代のハンムラビ法典から、バビロニアン・タルムードにつながっていくわけですね・・権力を持ちたい、パワーをもちたい・・という野心はバビロニア時代から今の時代も継続中。

Author:Raimond Spekking[CC BY-SA]
ペルガモン博物館の正面入口

宗教学講座 第140回 旧約聖書(エヌマ・エリシュ)を見ました。バビロニア神話のことがよくわかります。ベビ神が闇であること、バビロニアが闇の王国であるとのこと、恐ろしや・・ペルガモン博物館の名物がイシュタル門ですので、女神イシュタルについて、注目していたところ、なんと、イナンナでもあり、権力をもつニムロデの方にすり寄っていくという、現代の華やかな世界でそのような女性あるある、ありがちな風景・・恐ろしや・・さらに、女性に好まれる占いとか、カードで未来をみる??・・この地上では、恐ろしや・・と学びました。


ついに、女性の名前がいやで飛ばしていたのですが、ついに、教育プログラム(13):闇の者たち(イナンナ)こちらを拝聴することに・・。さらに新しい情報を知り、面白いな・・と納得してしまいました。日本の高校生の世界史に、竹下先生の教育プログラムを使用すれば、ティーン時代の若者にとって、歴史の教科書ではつまらないシュメール時代のことも、目をらんらんと輝かせて、シュメール神殿やギルガメッシュ叙事詩などについての本当のことを理解できるのでは・・とも思ってしまいました。対極に位置するアーバン博士の正しいことも学ぶことができて、高校生必見です!

ベルリンには多くの博物館がありますが、私自身、自然博物館しか行ったことがなく、一番の有名どころがペルガモン博物館になりますが、あえて行かなくてもいいか・・冬になると、12月25日を祝う日が近づいてきて、さらに恐ろしや・・。海外の観光名所も、ちゃんと、シャンティ・フーラの映像配信などで学んでから行かないと・・大変なことになりそう・・。

シャンティフーラの時事ブログと映像配信で学んでいると、今の状況と歴史的背景などももきちんとリンクして理解できるようになり、非常に興味深いです。ドイツの陰謀論者の言っていることは、半分は間違いで、半分は正解であるようです。何が正しいのか、誰が正しいのかさえもわからないようにすることこそが、作戦なのかもしれません。はじめて世界の本当の真実などを知り、びっくりするが如く、いかにもすべてを知ったかのような野心をもって活動しているのが、ドイツの陰謀論者たちの傾向でもあるのかな・・とも想像してしまい、やはり、愛よりも権力が強くなってしまうこの世界は恐ろしや・・。

ヤマ・ニヤマの霊律を守り、ガヤトリーマントラの除霊と浄化の祈り7つのダートウの祈りを毎日実践します・・。


本日の音楽は・・


Wake me upです。Avicciも告発などをしていましたが・・。同じ曲でも演奏する人で雰囲気が違ってきますね。



Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.