21/04/05 フルフォード情報英語版:ロックフェラーとバイデンの詐欺は、世界から敬遠されて崩壊しつつある

 3月29日のフルフォード・レポートです。バイデン劇場は失敗作になりつつあり、世界からは全く相手にされてないらしく、バイデン偽大統領の初の記者会見も茶番だったと。

フルフォード氏によると、スエズ運河のEVERGREEN(ヒラリーのコードネーム)は、ロックフェラーへのメッセージ。中国の高速道路でEVERGREENのトラックによる封鎖は、ロックフェラーと取引する中国共産党が、偽のバイデン大統領に資金提供を終わらせなければ、中国の貿易ルートは封鎖されるというメッセージらしい。アジア秘密結社によると、中国はスエズ運河の封鎖を戦争行為とみなし、米国の軍事衛星2基を撃墜して対抗。(動画あり)またロックフェラーの主力産業である自動車産業は半導体不足で停滞気味。そして世界中のロックフェラーの石油・ガス精製所が襲撃されているらしい。

グノーシス・イルミナティのグランドマスター(サーシャ・ザリック)が東京の花小金井駅で電車に轢かれ死去したと。フルフォード氏は、直接ザリック氏と関わりがあったらしく、過去の出来事を語っています。

カマラ・ハリス「副大統領」の夫は、人口削減計画をしているハバッド派のメンバー。またファイザーの元副社長が、大規模な人口削減の可能性があることを警告。

最後に、人類のほとんどを殺そうとしている「スイスの宇宙人ら」のことについて語り、スイスは、この「宇宙人ら」をニュルンベルク式の法廷に引き渡さなければならないと締めくくっています。

天界でも、つい最近までクーデター計画がされていたのにはびっくりしましたが、地上の改革も時間かかりそうですね。焦らず、一日一日を大切に、外の世界はめちゃめちゃでも自分の内の世界、心は平穏に過ごしたい🍀
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ロックフェラーとバイデンの詐欺は、世界から敬遠されて崩壊しつつある
投稿者:フルフォード

Rockefeller-Biden Scam Falling Apart As World Shuns It

バイデン偽大統領劇が失敗作の映画になりつつあり、現在、裏で世界で最も重要な話し合いが進行中


The coup carried out in the United States by the Rockefeller family and their Council on Foreign Relations slaves is falling apart as the world shuns this heinous crime family. Following the exit of Donald Trump, there is a growing consensus among the power elite that Joe Biden’s fake presidency is becoming a disaster movie. That is why a third alternative is being worked on at the highest levels of world power, multiple secret society sources say. ロックフェラー家とその外交問題評議会【CFR】の奴隷が米国で行ったクーデターは、世界がこの極悪非道な犯罪家族を敬遠することで崩壊しつつある。ドナルド・トランプの退場に続き、ジョー・バイデンの偽大統領【劇】が失敗作の映画になりつつあることが、権力志向のエリートの間で合意が増えている。だからこそ、第3の代替案が世界の権力の最高レベルで取り組まれているのだと、複数の秘密結社関係者は語る。

As things stand, the Dragon family, the P3 Freemasons, the Knights of Malta, the British Commonwealth, the Lotus Freemasons, the Russians, and other groups have agreed that a meritocratically staffed future planning organization, with trillions of dollars in funding, is needed for the planet. The Thule society has also been contacted to see if they would be willing to come out of hiding and make their anti-gravity and other technology available to humanity as a whole. 現状では、ドラゴン・ファミリー、P3フリーメイソン、マルタ騎士団、イギリス連邦、ロータス・フリーメイソン、ロシア、その他のグループが、何兆ドルもの資金を持つ実力主義の未来計画組織がこの惑星に必要であることに同意している。また、トゥーレ協会にも連絡を取り、彼らの隠している反重力技術や他の技術など、人類全体に提供してくれるかどうかを確認した。

As MI6 puts it these “backchannel discussions are the most important diplomatic discussion in the world at the moment if not in history if we achieve what we envisage.” Since – for security reasons – these discussions are taking place via analog means, it will take at least three weeks for any publicly visible results, the sources also say. MI6の説明によれば、「裏のルートでの話し合いは、我々が想定していることを達成すれば、もしかしたら史上最も、【少なくとも】現時点で、最も重要な世界の外交的話し合いとなる。」という。セキュリティ上の理由から、これらの議論はアナログな手段で行われているため、公に目に見える結果が出るまでには少なくとも3週間はかかるだろう、とも情報筋は言う。


バイデン偽政権、日本と韓国訪問で無視される


In the meantime, the fake Biden presidency psy-ops continues to degenerate. We can now confirm that no U.S. military commanders met so-called U.S. Defense Secretary Llyod Austin when he visited Japan in mid-March. We can also confirm that the South Korean government shunned both Austin and fake Secretary of State Anthony Blinken when they visited that country after Japan. この間、バイデン偽大統領の心理作戦は堕落し続けている。3月中旬に訪日したロイド・オースティン国防長官と呼ばれる人物に、米軍司令官が誰一人として会っていないことが確認できた。また、オースティン氏と偽の国務長官アンソニー・ブリンケン氏が日本の後に韓国を訪問した際に、韓国政府がオースティン氏とブリンケン氏を突き放したことも確認できている。


バイデンの初ホワイトハウス記者会見も茶番


The so-called president Biden also had what was billed as his first press conference last week. However, it did not take place at the White House and no foreign reporters were there. Nor were the vast majority of the White House Reporters from the Trump administration there. In other words, it was a completely staged incident using propaganda slave reporters throwing softball questions to a mentally challenged Biden look-alike who could barely read his teleprompter. 大統領と言われているバイデンも、先週、初めての記者会見と称するものを行った。しかし、それはホワイトハウスで行われたものではなく、外国人記者もいなかった。また、トランプ政権【時】のホワイトハウスレポーターの大部分もそこにはいなかった。つまり、テレプロンプター【演説などで、演者を支援するために、文章などを電子的に表示する装置】をほとんど読めない知的障害のあるバイデンのそっくりさんに、プロパガンダ奴隷の記者たちがつまならいやさしい質問を投げつけるという、完全に演出された出来事だったのだ。


エバーグリーンの閉塞は、ロックフェラーへのメッセージ


While this pathetic charade denigrates the U.S. image even further, economic warfare is raging with attacks both by and against the Rockefeller mafia and their stooges. The most obvious sign of this, of course, is the Evergreen ship that blocked the Suez Canal after navigating an “up yours” sign. このように、情けない茶番がアメリカのイメージをさらに悪化する一方で、ロックフェラー・マフィアとその傀儡による、またそれに対抗するための経済戦争が繰り広げられている。その最たるものが、スエズ運河で「up yours」【うるせえ、くそくらえを意味する卑語】のサインを出して航行し、運河を塞いだエバーグリーン(EVERGREEN)の船である。


Evergreen is the secret service code for Hillary Rockefeller Clinton, meaning this blockage was a clear message to the Rockefellers. That is why corporate propaganda media outlets like the New York Times are calling the ship the “Ever given.” エバーグリーン(EVERGREEN)は、ヒラリー・ロックフェラー・クリントンに対する機密情報機関での暗号であり、この閉塞はロックフェラー家への明確なメッセージであることを意味している。だからこそ、ニューヨークタイムズのような企業プロパガンダメディアは、この船を【ヒラリーのコードネーム EVERGREENを避けて】「Ever given」と呼んでいるのだ。



ロックフェラーに資金提供している中共へのメッセージも


As has been reported widely elsewhere, a major Chinese highway was also blocked by a truck with the Evergreen logo on it. また、他でも大きく報道されているように、中国の主要な高速道路がエバーグリーンのロゴが付いたトラックによって封鎖された。


The message is clear, the Chinese communist party deal with the Rockefellers to fund their fake Biden presidency must be ended or Chinese trade routes will be blockaded. メッセージは明確で、ロックフェラーと取引する中国共産党が、偽のバイデン大統領に資金を提供を終わらせなければ、中国の貿易ルートは封鎖されるだろう。

The Chinese took the blockage of the Suez Canal to be an act of war and responded by shooting down two U.S. military satellites, Asian secret society sources say. The short video clips below show their destruction, the sources say. https://video.wixstatic.com/video/bcb736_616b35e912434434ae6e1350cfa7d746/720p/mp4/file.mp4 中国は、スエズ運河の封鎖を戦争行為とみなし、米国の軍事衛星2基を撃墜して対抗したと、アジアの秘密結社の情報筋は言う。以下の短いビデオクリップは、その破壊の様子を示している、と情報源は言う。

動画はシャンティ・フーラが挿入

https://video.wixstatic.com/video/bcb736_fec7871c89a843e1baf413d4f84fdfa8/480p/mp4/file.mp4
動画はシャンティ・フーラが挿入


ロックフェラー支配の自動車産業停滞、石油・ガス精製所、襲撃受ける


The blockage of the Suez Canal and the shooting down of satellites were only the most visible recent signs of the ongoing hybrid world war For example, the Automobile industry, a remaining stronghold of Rockefeller industrial strength, is being slowly strangled by a shortage of semiconductors. スエズ運河の封鎖や人工衛星の撃墜などは、目に見える形で進行中のハイブリッド世界大戦の兆候を示しているに過ぎず、例えば、自動車産業はロックフェラーの主力産業で最後の拠り所だが、半導体の不足でゆっくりと絞殺されている。

NXP Semiconductors and Infineon Technologies, the world’s No. 1 and No. 3 players in automotive chips, had their production knocked out in February by the unnatural storms in Texas. Now Japanese chipmaker Renesas Electronics, the number 2 player in automotive chips, says their plant was destroyed by a fire last week. So the world’s automotive industry is grinding to a halt. 自動車用チップで世界シェア1位の【株】NXPセミコンダクターズと3位の【株】インフィニオン・テクノロジーズは、2月にテキサス州で発生した不自然な暴風雨により生産が停止した。自動車用チップの世界第2位である日本のチップメーカー、【株】ルネサスエレクトロニクスは、先週、工場が火事で焼失したと発表した。つまり、世界の自動車産業はきしみ音を立てて徐々に停止しているのだ。

https://asia.nikkei.com/Business/Tech/Semiconductors/Chip-starved-automakers-shudder-at-Renesas-plant-s-1-month-halt
We are also seeing attacks on oil and gas refineries all over the world. Again, these are key bastions of Rockefeller power. In particular, damaging attacks against Rockefeller oil facilities in Saudi Arabia have now been followed by attacks on facilities in places ranging from Mozambique to Indonesia. また、世界中で石油やガスの精製所が襲撃されている。これらは、ロックフェラー社の重要な拠点である。特に、サウジアラビアのロックフェラー社製の石油施設が襲撃されて被害を受けたのに続き、今度はモザンビークからインドネシアまでの施設が襲撃された。

https://www.nzherald.co.nz/world/homes-evacuated-after-massive-explosion-fireball-obliterates-indonesian-oil-refinery/SI6QCMSLN6Y5KQSUOHRYFMI3VE/
https://sputniknews.com/asia/202103281082475776-massive-explosion-hits-balongan-oil-refinery-in-indonesia/
https://www.reuters.com/article/us-mozambique-insurgency/dozens-killed-in-besieged-mozambique-gas-town-idUSKBN2BK0JF?il=0&utm_source=reddit.com

コットレル殺害?!


There is also a new spate of assassinations and executions going on. Tom Heneghan, who published the picture of Nazi CIA agent Mike Cottrell, briefly reported last week that Cottrell had been killed. That report has since been totally scrubbed from the internet. また、新たに暗殺や処刑が相次いで行われている。ナチスのCIAエージェント、マイク・コットレルの写真を公開したトム・ヘネガンは、先週、コットレルが殺害されたと少しの間、報じた。その後、その報道はインターネット上から完全に消去されてしまった。


コットレルの弁護士、ホワイトハットと協力?


He also reported that Cottrell lawyer Al Hodges had been cooperating with agency White Hats by “turning over internal communications between Cottrell, Dana Wilcox of the Delmara Timber Trust, then U.S. Treasury Secretary Henry ‘Hank’ Paulson and child rapist Nazi German junior George W. BushFRAUDScherff.” This has also now been scrubbed from the internet. 彼はまた、コットレルの弁護士アル・ホッジスが「コットレル、デルマルバ・ティンバー・トラストのダナ・ウィルコックス、当時の米国財務長官ヘンリー・“ハンク”・ポールソン、児童強姦魔のナチス・ドイツ人の後輩ジョージ・W・ブッシュFRAUDScherff【本名はブッシュではなく、ジョージ・W・シェルフで、プレスコット・ブッシュの息子を名乗りドイツからアメリカに移住したよう。】との間の内部通信を提出する」ことで、ホワイトハットの機関に協力していたことを報告した。これも現在ではネット上から消去されている。


グノーシス・イルミナティのグランド・マスター、サーシャ・ザリック死去


This past weekend we also learned of the death of Gnostic Illuminati Grand Master… また、先週末には、グノーシス・イルミナティのグランド・マスターが亡くなったことを知った。

Sasha Zarik, aka Alexander Romanov. Zarik was killed by a train at Hanakoganei station in Tokyo last August, according to his wife. We only learned of this last week because the information had been deliberately withheld from us by the group of gangsters hiding on the second floor of the Koganei police station in Tokyo. アレクサンダー・ロマノフこと、サーシャ・ザリック。ザリックは昨年8月、東京の花小金井駅で電車に轢かれて死亡したと妻が言っている。私たちがこのことを知ったのは、先週のことだった。東京の小金井警察署の2階に隠れているヤクザ集団が、意図的に情報を隠していたからだ。

Zarik was an Australian Secret Intelligence Service agent who infiltrated East Asian drug smuggling operations of the drug dealing faction of the CIA. He blew his cover in June of 2010 when he went to the Australian embassy in Tokyo to warn that a nuclear device had been smuggled into Japan for use in a nuclear terror attack. The following day Australian Prime Minister Kevin Rudd was forced to resign by the “Federal Reserve Board,” according to Zariks’ ASIS colleagues after Rudd passed this warning on to U.S. intelligence. ザリックはCIAの麻薬取引派閥の東アジア麻薬密輸活動に潜入していたオーストラリア保安情報庁のエージェントだっだ。2010年6月、東京のオーストラリア大使館に出向き、核テロに使用するための核爆弾が日本に密輸されていると警告したことで、彼の正体がバレてしまった。ザリックのASIS【オーストラリア保安情報庁】の同僚によると、翌日、オーストラリアのケビン・ラッド首相が、この警告を米国の情報機関に伝えた後、「連邦準備制度理事会」によって辞任に追い込まれたという。


ザリック、薬物で精神破綻


Zarik had also been ordered to visit this writer and announce that he had 70 kilograms of contraband and that I had to introduce him to the Japanese
Yakuza underworld or else I would be killed. He said if I made the introduction I would get an income of about US$10,000 per month. Instead, I introduced Zarik to Japanese military intelligence agent Takamasu Kawase, who warned it was a trap. The contraband turns out to have been laced with mind-destroying chemicals and Zarik underwent a complete mental degeneration after consuming it over a period of several months.
ザリックは、70キロの密輸品を持っているので、日本のヤクザの裏社会に彼を紹介しなければ、「私【フルフォード氏】が殺される」ということを筆者に伝えるように命じられていた。紹介すれば月に約1万ドルの収入が得られると言ってきた。筆者は代わりに、日本の軍事情報部のカワセ・タカマサにザリックを紹介したところ、カワセは「これは罠だ」と警告してきた。密輸品には精神を破壊する化学物質が混入されており、ザリックはそれを数カ月間にわたって摂取した後、完全に精神が破綻してしまったのだ。

Zarik had also been asked by the Koganei police thugs to perjure himself by testifying that I was the mastermind behind the deal. He refused, after which his former secret agency colleagues began to shun him. It was also around this time that British Prime Minister Tony Blair began bragging that I would soon be put in jail on drug charges. また、ザリックは小金井警察のチンピラから、「私【フルフォード氏】が黒幕だ」と偽証するように頼まれていた。彼はそれを拒否したが、その後、かつての秘密機関の仲間たちは彼を敬遠するようになった。また、イギリスのブレア首相が、「私【フルフォード氏】がもうすぐ麻薬容疑で刑務所に入れられる」と自慢し始めたのもこの頃だ。

Because he blew the whistle on the planned nuclear terrorism and refused to commit perjury; Zarik’s passports and all identifying documents in his possession were taken from him, leaving him stateless and bankrupt. 核テロ計画を告発し、偽証を拒否したため、ザリックのパスポートや所持していた身分証明書はすべて取り上げられ、無国籍のまま破産してしまった。

You can be sure the entire Koganei police department will be branded as war criminals and hunted down and killed unless they hand over the people who murdered Zarik, including, our sources say, Hirofumi Nakasone, the son of Yasuhiro Nakasone (who died while undergoing interrogation in Guantanamo). 中曽根康弘(グアンタナモでの尋問中に死亡)の息子である中曽根弘文など、ザリックを殺害した人間を引き渡さない限り、小金井警察は全員が戦犯の烙印を押され、追い詰められて殺されることは間違いないだろう。


ザリックとフルフォード氏の出会い


In the bigger context, what Zarik and I had run into was a Nazi coup d’etat against Western power carried out by German DVD agents. These included George Bush Sr. and Jr., Pope Ratzinger, Tony Blair, Jesuit General Peter Hans Kolvenbach, Baron Fritz Thysen, former Japanese Prime Minister Yasuhiro Nakasone, Prime Minister Benjamin Netanyahu of Israel, Henry (Heinz) Kissinger, President Nicolas Sarkozy of France and the Habsburg Royal Family hiding behind the Davos World Forum among others. 大きな意味では、ザリックと私が遭遇したのは、ドイツのDVD【ドイツ国防局】エージェントが実行した西欧諸国に対するナチスのクーデターだった。その中には、ジョージ・ブッシュ・シニア、ラッツィンガー教皇【ベネディクト16世(ローマ教皇)の本名】、トニー・ブレア、イエズス会のピーター・ハンス・コルべンバッハ将軍、フリッツ・ティッセン男爵、中曽根康弘元首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、ヘンリー(ハインツ)・キッシンジャー、フランスのニコラ・サルコジ【元】大統領、ダボス会議に隠れているハプスブルク王家などが含まれていたのだ。

Zarik joins Neil Keenan, Jane Burgermeister, Christopher Story, and many others in the ranks of those martyred for taking action against these genocidal thugs. However, a lot more of the bad guys, including most of those mentioned above, have either been killed, jailed, or removed from office. Any still alive will not be for much longer. Genocide is not a crime you can get away with lightly. ザリックは、ニール・キーナン、ジェーン・バーガーマイスター、クリストファー・ストーリーなど、大量虐殺を行う凶悪犯に対抗して行動を起こし、殉職した人々の仲間入りをした。しかし、上記の人たちを含む多くの悪人たちは、殺されたり、投獄されたり、職を追われたりしている。まだ生きている者も、そう長くはないだろう。大量虐殺は、軽々しく許される犯罪ではない。


カマラ・ハリス副大統領の夫はハバッド派の死のカルトメンバー


Speaking about genocide; a Mossad source informs us the so-called Vice President Kamala Harris’s husband, Doug Emhof is a member of the “kill 90% of humanity and enslave the rest” Chabad death cult. 大虐殺といえば、モサドからの情報によると、いわゆる副大統領のカマラ・ハリスの夫であるダグ・エムホフは、「人類の90%を殺し、残りを奴隷にする」というハバッド派の死のカルトのメンバーだそうだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
写真右:ダグ・エムホフ氏


ファイザーの元副社長、「人口削減計画の可能性十分にあり」


This death cult, having failed to kill us with bio-weapons is now trying to kill us with vaccines as countless whistleblowers are now saying. The following link and short excerpt from former Pfizer Vice President and Chief Science Officer Dr. Mike Yeadon has a clear message: この死の教団は、生物兵器で私たちを殺すことに失敗したので、今度はワクチンで私たちを殺そうとしていると、無数の内部告発者が言っている。次のリンクと、ファイザーの元副社長兼最高科学責任者のマイク・イェードン博士による短い抜粋には、明確なメッセージが込められている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
マイク・イェードン博士

https://www.godlikeproductions.com/forum1/message4747291/pg1?c1=1&c2=1&disclaimer=Continue

“I’m well aware of the global crimes against humanity being perpetrated against a large proportion of the world’s population… 「私は、世界の人口の大部分に対して行われている、人道に反した世界的な犯罪のことをよく承知している……。

I have absolutely no doubt that we are in the presence of evil (not a determination I’ve ever made before in a 40-year research career) and dangerous products… 私たちが危険な製品と悪の存在下にあることに(40年の研究キャリアの中で、これまでにない判断だ)、まったく疑いの余地はない……。

…if someone wished to harm or kill a significant proportion of the world’s population over the next few years, the systems being put in place right now will enable it. It’s my considered view that it is entirely possible that this will be used for massive-scale depopulation.” 誰かが今後数年の間に世界の人口のかなりの割合を傷つけたり殺したりしたいと考えた場合、現在導入されているシステムがそれを可能にする。大規模な人口削減に利用される可能性は十分にあると、私は考えている。」

https://brandnewtube.com/watch/covid-19-vaccines-are-weapons-of-mass-destruction-and-could-wipe-out-the-human-race_GcjtJu9dY1RcSNh.html?fbclid=IwAR3wBXvglHEGJdhzXReN9nTGZiJ3jzRIJ5FWdz7xxDEqRwCTtu0hlwFLR6k
動画はシャンティ・フーラが挿入
動画タイトル:Covid-19ワクチンは、大量破壊兵器であり人類を一掃する可能性あり by コールマン博士

https://www.bitchute.com/video/t7vtsVHvBbLI/
動画はシャンティ・フーラが挿入


「スイスの宇宙人ら」


The forensic trail to the head of this octopus or the Octogon group remains Switzerland. Remember, when I went to visit the P2 (now P3) Freemasons in Italy, they told me they were going to fire pope maledict and prime minister Berlusconi of Italy and they did. Now, one member of this group, Leo Zagami, says pope Francis (or more likely his body double) will “soon resign.” https://leozagami.com/ このタコ、またの名、オクタゴン・グループの頭に至る犯罪科学的な痕跡は、依然としてスイスにある。私がイタリアのP2(現在はP3)フリーメイソンを訪ねたとき、彼らはマレディクト教皇【ベネディクト16世の名BenedictをもじってMaledict(呪われた)とフルフォード氏は書いている】とベルルスコーニ首相を解任すると言って、その通りになったことを思い出してほしい。現在、このグループのメンバーの一人であるレオ・ザガミ氏は、フランシスコ法王(あるいはその替え玉)は「すぐに辞任するだろう」と言っている。

Zagami and his colleagues also said they took their orders from “aliens in Switzerland.” また、ザガミたちは、「スイスの宇宙人」から命令を受けたと言っていた。

The White Dragon Society has offered to send a representative to meet these “aliens” in Switzerland to negotiate a change in how this planet is run. Detailed proposals have been sent via various intelligence agencies to the BIS. As mentioned above, the Thule Society, which operates from underground bases in Switzerland and Greenland, according to internal sources, has also been contacted. 白龍会は、この惑星の運営方法を変更するために、スイスでこの「宇宙人」に会うための代表者を派遣することを申し出た。詳細な提案は、様々な情報機関を通じてBIS【国際決済銀行】に送られている。前述のように、内部情報筋によれば、スイスとグリーンランドの地下基地で活動しているトゥーレ協会にも連絡が入っている。

The Dragon family has also offered the WDS the use of any of the countless IOUs (high denomination bonds etc.) they were given over the years by these Swiss “aliens,” in exchange for their gold. These IOUs, in dominations of countless trillions of dollars, would be more than enough to finance massive projects to turn this planet into a paradise for all living creatures. また、ドラゴンファミリーは白龍会に対し、金塊と引き換えに、スイスの宇宙人から長年にわたってもらっていた無数の借用証書(高額債券など)の使用を申し出ている。これらの借用書は、数え切れないほどの数のドルに相当し、この地球をすべての生物にとっての楽園にするための大規模なプロジェクトに必要な資金としては十分すぎるほどだ。

The creator of the Quantum Financial System, who is about to get his rights over the system taken back from the Rothschilds, (who stole it from him) has also offered support and has contacted the BIS. 量子金融システムの生みの親で、このシステムの権利を(盗んだ)ロスチャイルド家から取り戻そうとしている人で、彼は支援を申し出てBIS【国際決済銀行】に連絡した。

The Swiss must hand over these “aliens” to a Nuremberg-style tribunal. Remember, these people have been – and still are – actively trying to murder most of humanity. スイスは、この「宇宙人ら」をニュルンベルク式の法廷に引き渡さなければならない。覚えておいてほしいのは、この人たちはこれまでも、そして今も、人類のほとんどを殺そうとしているということだ。

機械翻訳:DeepL
翻訳チェック・修正:popoちゃん


註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイート画像、および動画も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートの機械翻訳をチェック・修正したものを、毎週シャンティ・フーラで掲載させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.