21/05/03 フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近

 5月3日フルフォード・レポート(英語版)です。バイデン劇場上演が続くなか、地球の裏、どこかで数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面し、新しい政権について秘密交渉が進行中とのこと。

今回のレポートもアメリカのニュースがメインです。フルフォード氏によると、政権崩壊時によく見られるハイパーインフレがアメリカで起こっているそう。偽バイデン政権が、お金を刷りまくり、現在、アメリカの全世帯収入の34%が政府からの補助金。そのためアメリカではあまり働きたい人がいないようで、企業側は人手不足で困り、また食料価格の高騰、食料不足の問題も深刻化。が、なぜ米ドルがこれほど強いのかの問いにフルフォード氏は2つの理由を挙げています。その際、アジアの秘密結社関係者からの情報で「中国系アメリカ人のキャサリン・タイ米国通商代表が事実上の米国大統領」というのにはびっくり!😱

世界的コロナ禍を正常な状態に戻す決断は上層部のほうでなされているらしい。パンデミックの真相として、とてもショッキングなニュースは、ファイザーを所有している大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、武漢の中国生物学研究所を所有しているとのこと。この製薬会社は、武漢の生物学研究所で始まったウイルスに対するワクチンを作り、また、そのワクチンを推進しているファウチ博士が出資していると。。。完全な自演自作!!!

さぁ、このお方たちはいつちゃんと裁かれるのでしょう?
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:地政学的巨大地震の到来、間近
投稿者:フルフォード
Geopolitical Mega Quake Ready to Blow

数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面


While the Western world wanders through the dystopia of a fake Joe Biden presidency and a manufactured pandemic, something huge is brewing. A thousands-of-years-old regime is facing systemic collapse and secret negotiations about its replacement are ongoing. We cannot talk in detail about the negotiations yet for security reasons. All we can say is that it will be the biggest thing since monotheism began in ancient Egypt thousands of years ago. When it happens it will be on all the screens and news outlets. Until then operational secrecy is vital, so let’s look at the signs of systemic collapse. 西洋諸国が偽のジョー・バイデン大統領とでっち上げられたパンデミックというディストピア【暗黒世界:ユートビアの反対】をさまよっている間に、何か巨大なことが起ころうとしている。数千年の歴史を持つ政権が体制崩壊に直面しており、その政権の代わりになるものについて秘密交渉が進行している。セキュリティ上の理由から、この交渉について詳しく話すことはまだできない。ただ言えることは、何千年も前に古代エジプトで一神教が始まって以来の大事件になるということだ。それが実現すれば、あらゆるスクリーン【テレビ、コンピューター、スマホなど】やニュース媒体で報道されるだろう。それまでは、作戦上の秘密が重要だ。なので、システム崩壊の兆候を見てみよう。


アメリカでハイパーインフレ発生


The biggest thing visible is hyper-inflation emerging in the U.S. This is something commonly seen during regime collapse. The cause is the people behind the Biden avatar printing money like there is no tomorrow (for them it is probably true). Government hand-outs exploded in March to an annualized $8.1 trillion, double the $4.1 trillion from February and $5 trillion above the pre-“pandemic” level of $3.2 trillion. https://www.zerohedge.com/economics/record-34-all-household-income-us-now-comes-government 最大の特徴は、アメリカでハイパーインフレが発生していることだ。これは政権崩壊時によく見られることだ。その原因は、バイデン・アバターの背後にいる人たちが、まるで明日【未来】が来ないかのようにお金を印刷しているからだ(彼らにとっては、おそらくそれ【明日(未来)がないこと】は真実であろう)。政府の補助金は3月に爆発的に増え、年換算で8.1兆ドルに達した。これは2月の4.1兆ドルの2倍で、「パンデミック」前の3.2兆ドルを5兆ドル上回っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

This is what it has done to commodity prices over last year, even though the party has just barely started: Lumber: +265%, WTI Crude: +210%, Corn: +84%, Copper: +83%, Soybeans: +72%, Silver: +65%, Sugar: +59%, Cotton: +54%, Platinum: +52%, Palladium: +32%, Wheat: +19%, Coffee: +13%. http://themostimportantnews.com/archives/and-the-federal-reserve-is-trying-to-convince-us-that-inflation-isnt-a-problem パーティー【祝い】はまだ始まったばかりだが、昨年と比べて商品価格にどのような影響があったかを紹介する。材木: +265%、WTI原油【WTI:ウェスト・テキサス・インターミディエイト、テキサス州を中心に産出される原油】+210%、トウモロコシ:+84%、銅+83%, 大豆+72%, 銀+65%, 砂糖+59%, 綿花+54%, プラチナ+52%, パラジウム+32%, 小麦: +19%, コーヒー+13%。

Supply-chain experts say they have never seen anything like what is now happening. サプライチェーンの専門家によると、今のような状況は見たことがないという。

“There is a total, global log-jam; goods cannot be shipped in some cases; and supply-side inflation on a scale we have not seen for a long, long time looks imminent.” https://www.zerohedge.com/markets/rabo-we-are-edging-closer-biblical-commodity-price-increase-scenario 「世界的な大渋滞が起きており、商品が出荷できないケースもあり、長い間見たことのない規模の供給サイドのインフレが迫っているようだ。」

アメリカ、食料価格の高騰、食料不足、労働力不足


There is also a food shortage emerging in the U.S. with food prices rising and basic items like chicken meat running in short supply. https://www.zerohedge.com/markets/one-bank-warns-soaring-food-prices-will-lead-social-unrest また、米国では食料品の価格が上昇し、鶏肉などの基本的な品目が不足するなど、食料不足が起こっている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

https://www.msn.com/en-us/money/companies/america-is-running-low-on-chicken-blame-covid-19-a-sandwich-craze-and-huge-appetite-for-wings/ar-BB1gcqVF?ocid=uxbndlbing
ℹMSN:ワシントンポスト:アメリカは鶏肉不足。【チキン】サンドイッチ狂や鶏手羽肉への強い食欲はコロナのせい
【記事によるとアメリカではチキンブームが起こり、チキンが足りなくて大変だと。】

As of last December, one in seven U.S. households was suffering food shortages. By January 41.8 million Americans were on food stamps — 13%, more than a year earlier. https://www.newsmax.com/newsfront/biden-food-stamp-programs/2021/05/02/id/1019794/ 昨年12月の時点で、米国の7世帯に1世帯が食料不足に苦しんでいた。1月には4,180万人のアメリカ人がフードスタンプを受けており、これは1年前よりも13%増加している。

Meanwhile, all of the Biden funny money being handed out to appease the masses is also removing their incentive to work. The situation has reached the point where McDonald’s franchises are paying people $50 just to show up for a job interview and convenience store chains are paying $500 signing bonuses. https://www.zerohedge.com/markets/whatever-it-takes-tampa-mcdonalds-exposes-americas-systemic-labor-shortage-forced-pay 一方で、大衆をなだめるために配られるバイデンの偽造紙幣は、彼らの働く意欲を失わせている。このような状況は、マクドナルドのフランチャイズ店では、面接に来るだけで50ドルを支払い、コンビニエンスストアのチェーン店では、500ドルの契約ボーナスを支払うところまで来ている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

https://www.zerohedge.com/markets/royal-farms-offers-500-signing-bonus-labor-shortage-intensifies
ℹZerohegde:労働力不足が深刻化するなか、ロイヤルファームは500ドルの契約金を提供
米東海岸に200店舗ほどあるガソリンスタンドのコンビニ・チェーン Wikipediaより)

“How do we get enough drivers, I don’t know,” was the answer Covenant Logistics CEO David Parker gave analysts last week when asked about the labor shortage. https://www.zerohedge.com/markets/70000-part-time-driver 先週、コヴェナント・ロジスティクス社のCEOであるデビッド・パーカーは、アナリストから労働力不足について聞かれた際「どうやってドライバーを確保するか、私にはわかりません」と答えた。


ナサニエル・ロスチャイルドの警告


Uber insider Nathaniel Rothschild has given public hints – to those who pay attention – tweeting such things as: ウーバーのインサイダーであるナサニエル・ロスチャイルドは、注意を払っている人には公の場でヒントを与えており、次のようなツイートをしている。

“What if tomorrow the world changes as we know it?” and “The next crisis will hit you during your sleep, and you will wake up poor. It will happen lightning fast. Music is still playing. Few do realize that every market is deep faked. So prepare. Buy physical #Gold and #Silver!!” https://twitter.com/NCJRothschild/status/1385303161448116230 「明日、この世界が変わったらどうしますか?」「次の危機は寝ている間に襲ってきて、目が覚めたら貧乏になっているでしょう。それはあっという間に起こるでしょう。音楽はまだ流れています【まだフェイクな世界は続いているというような意味】。すべての市場が偽造であることに気づいている人は少ないです。なので準備をしてください。金と銀の現物を買いましょう!」

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
これが、フルフォード氏が引用したロスチャイルドのツイート


なぜ米ドルがこれほど強いのか?


The question that needs to be asked in these circumstances is why is the U.S. dollar so strong? The answer, of course, is that the Biden funny money is only being accepted inside the U.S. In other words, the U.S. dollar is no longer American. このような状況で問われるべきことは、なぜ米ドルがこれほど強いのかということだ。その答えはもちろん、バイデンの偽装紙幣がアメリカ国内でしか通用しないからだ。つまり、アメリカドルはすでにアメリカのものではないのだ。

The Chinese are lending the Biden regime real money to buy their stuff because Chinese American Katherine Tai, the U.S. Trade Representative, is the de-facto president of the United States, according to Asian secret society sources. アジアの秘密結社関係者によると、中国系アメリカ人のキャサリン・タイ米国通商代表が事実上の米国大統領であるため、中国はバイデン政権が【必要な】ものを買うためにリアルマネー【現金】を貸しているという。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入


世界を正常な状態に戻すという決断はなされた


Here is the avatar they are using for day-to-day interactions with the corporate propaganda media Jen Psaki, aka David Rockefeller’s grandson Mark Zuckerberg. 彼らが日々、企業プロパガンダメディアとのやり取りに使っているアバター、ジェン・サキがこちら。デイヴィッド・ロックフェラーの孫であるマーク・ザッカーバーグことジェン・サキだ。


What this family that sold the U.S. corporate government to China fails to realize is that, according to a senior European Royal, “all of the world’s military intelligence agencies are allied and know… 欧州王室の幹部によれば、米国の企業政府を中国に売ったこの【ロックフェラー】一族が気づいていないのは「世界のすべての軍事情報機関は同盟していて、知っている......

what has happened.” In other words, they know the West has been seized by a fanatic religious cult that is trying to vaccinate everyone on earth with gene-altering substances in order to permanently enslave them.
何が起こったかを。」言い換えれば、彼らは西洋が狂信的な宗教団体に掌握されていることを知っている。その団体【ロックフェラー一族】は、地球上のすべての人を永久に奴隷にするために、遺伝子を変える物質をワクチンで投与しようとしているのだ。【すでに】起こったことは変えられない。

The agency sources say: 情報筋の話では:

“The decision at top brass has been made to end this madness and get the world back to what was normal, not this so-called new normal this cult of lunatics are ramming down the global civilian population neck.” 「上層部では、この狂気に終止符を打ち、世界を正常な状態に戻すという決断はなされた。このカルト狂信者が世界の一般市民の首を絞めているニューノーマル【に戻るの】ではなく。


ワクチン情報あれこれ


Speaking about lunatics, the public dialogue about this pandemic and vaccine is getting weirder and weirder by the day. They are now saying things like “vaccinated people will contaminate the non-vaccinated,” and we have so-called Pfizer executives saying things like the vaccines will sterilize you, give you mad cow disease, turn you into an atheist, etc. 狂人といえば、このパンデミックとワクチンに関する世間の対話は、日に日におかしなものになってきている。ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人を汚染する」などと言ったり、ファイザー社の幹部と呼ばれる人たちは、「ワクチンはあなたを不妊にする」「狂牛病になる」「無神論者になる」などと言っている。

While some of this is certainly fear porn, there can be no doubt that some of these vaccines really are murderous. In India, it has now become clear their recent breakout of “new variants” of Covid-19 was directly linked to vaccinations. That is why India’s vaccine czar has left the country for the UK due to “unprecedented” threats. https://qz.com/india/2004105/serums-adar-poonawalla-has-left-india-amid-a-raging-pandemic/?utm_source=reddit.com もちろんこれらの【情報の】中には恐怖を煽るためのものもあるが、これらのワクチンの中には本当に殺人的なものもあるのは間違いない。インドでは、最近発生したCovid-19の「新種」がワクチン接種と直接関係していることが明らかになっている。そのため、インドのワクチン権威者は、「前例のない」脅威のためにイギリスに向けて国を去った。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入


コロナ禍でインフルエンザが世界中から消えた


Then you have respected magazines like Scientific American noting how “influenza has disappeared,” but failing to reach the conclusion that it has disappeared because its name was changed to “Covid-19.” https://www.scientificamerican.com/article/flu-has-disappeared-worldwide-during-the-covid-pandemic/ そして、サイエンティフィック・アメリカンのような尊敬すべき雑誌は、「インフルエンザが消滅した」と書いているが、インフルエンザが消滅したのは、その名前が「Covid-19」に変わったからだという結論には達していない。

Influenza did not disappear in Japan because the medical system refused to lie about it. That is why the only Covid-19 cases in Japan come from hospitals owned by cabal front KKR. インフルエンザが日本で消滅しなかったのは、医療システムが嘘をつくのを拒否したからである。だからこそ、日本でCovid-19の症例は、カバールのフロントであるKKRが所有する病院からしか出てこないのだ。


パンデミックの真相


The move to use the pandemic as an excuse for strict social control and vaccine passports is also connected to an attempt to initiate a mark of the beast type financial system. “Mastercard – Paypal – Visa All working with [privately owned] central banks now,” tweets Nat Rothschild. パンデミックを口実に、厳格な社会統制やワクチンパスポートを導入しようとする動きは、獣の刻印型の金融システムを導入しようとする動きにもつながっている。「マスターカード、ペイパル、ビザ、すべてが(民間の)中央銀行と連携している」とナット【ナサ二エル】・ロスチャイルドはツイートしている。

Here is the real explanation for the pandemic as forwarded to us by the CIA: これがパンデミックの本当の真相だ、CIAから我々に転送されてきたものだ:

“The Chinese biological laboratory in Wuhan is owned by GlaxoSmithKline, which owns Pfizer! The one who makes the vaccine against the virus that started at the Wuhan Biological Lab and was funded by Dr. Fauci who promotes the vaccine!武漢の中国生物学研究所は、ファイザーを所有するグラクソ・スミスクライン【製薬会社】が所有している! 【この製薬会社は】武漢の生物学研究所で始まったウイルスに対するワクチンを作り、そのワクチンを推進しているファウチ博士が出資している。
イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業 Wikipediaより)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
グラクソ・スミスクライン株式会社

GlaxoSmithKline is managed by the finance division of Black Rock, which manages the finances of the Open Foundation Company (Soros Foundation), which manages the Soros owned German company Winterthur that built a Chinese laboratory in Wuhan and was bought by the German Allianz that (coincidentally) has Vanguard as a shareholder, who (coincidentally) is a shareholder of Black Rock, which (coincidentally) controls central banks and manages about a third of global investment capital. グラクソ・スミスクラインはブラックロックの金融部門が管理している。ブラックロックはオープン・ファウンデーション・カンパニー(ソロス財団)の財務を管理しており、ソロスが所有するドイツのヴィンタートゥール社は武漢に中国の研究所を建設し、ドイツのアリアンツに買収された。アリアンツは(偶然にも)バンガードを株主としており、バンガードは(偶然にも)ブラックロックの株主であり、アリアンツは(偶然にも)中央銀行をコントロールし、世界の投資資本の約3分の1を管理しているのだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

Black Rock is also (coincidentally) a major shareholder of MICROSOFT, owned by Bill Gates, who (coincidentally) is a shareholder of Pfizer (which – remember? Sells a miracle vaccine) and (coincidentally) is now the first sponsor of the WHO! Now you understand how a dead bat sold in a wet market in China has infected the WHOLE PLANET! “ ブラックロック社は、またもや(偶然にも)ビル・ゲイツ氏が所有するマイクロソフト社の大株主でもある。ビル・ゲイツ氏は、(偶然にも)ファイザー社(覚えているか?奇跡のワクチンを販売)の株主でもあり、(偶然にも)WHOの最初のスポンサーにもなっている。これで、中国の生鮮市場で売られていた死んだコウモリが、どのようにして地球全体に感染したかを理解できるだろう!」

In some ways, this is all too contrived which brings the question; What if this is all just a giant initiation ceremony? ある意味、これはあまりにも不自然なものなので、こんな疑問が湧いてくる。もし、これが巨大なイニシエーションであるとしたらどうだろうか?

We were told last year that humanity would be put through the equivalent of a tribal coming of age ceremony and that the whole thing would last until the autumn of this year. The idea would be to implement the type of changes to global governance usually involving a world war without actually having a world war. 昨年、我々は、人類は部族の成人式に相当する儀式を受けることになり、それは今年の秋まで続くと言われた。これは、通常は世界大戦を伴うようなグローバル・ガバナンスの変更を、実際には世界大戦を起こさずに実施するというものだ。

In a sign this might be right, we are noticing more and more UFO and space opera stuff appearing in the “mainstream” corporate media. Here is a sampling from last week, with even the New Yorker magazine getting in on the action. これが正しいかもしれないという兆候として、我々は「主流」の企業メディアにますます多くのUFOや宇宙作戦の記事が掲載されていることに気がついている。先週からの抜粋だが、ニューヨーカー誌もこの活動に参加している。

https://www.dailystar.co.uk/news/weird-news/iss-cameras-film-mystery-v-23995955
https://www.thesun.co.uk/news/14572895/skinwalker-ranch-ufo-pentagon-cows-mutilated/
https://www.vice.com/en/article/5dbpea/scientists-spot-yet-another-unexplained-ring-shaped-radio-structure-in-space
https://www.the-sun.com/news/2793810/ufo-america-spy-failure-9-11-pentagon/
https://www.newyorker.com/magazine/2021/05/10/how-the-pentagon-started-taking-ufos-seriously
https://deadline.com/2021/04/ufo-fragments-in-possession-lockheed-martin-says-harry-reid-1234748095/
https://www.dailystar.co.uk/news/weird-news/navy-has-discussed-possibility-ufos-24015616

中東における国境戦争 ~ オスマン帝国を復活させようとしているトルコ!


In any case, while the West is going through its nervous breakdown and seeing UFOs, the rest of the world is busy redrawing borders. This is especially true in the Middle East. The big story there continues to be the ongoing attempt by the Turks to revive the Ottoman Empire. Here is the sort of talk they are publicly putting out: いずれにしても、欧米がノイローゼに陥ってUFOを見ている間に、世界の他の国々は国境線の引き直しに追われている。特に中東ではその傾向が強い。特に中東では、トルコ人がオスマン帝国を復活させようとしていることが大きな話題になっている。彼らが公にしている話は次のようなものだ。

“They are telling us to refrain from altering the post-World War I order, to remain as the West’s eastern front, to avoid any action that will bring the region to us and awaken the main axis of the Earth, which stretches from the Atlantic to the Pacific coasts. Turkey is much more effective than all European Union countries put together…The West is no longer the world’s center.” 「彼ら【アメリカ】は、我々【トルコ】に第一次世界大戦後の秩序を変えることを控えさせ、西洋の東側戦線としてとどまり、この地域【黒海、ゲーテ海、地中海の地域】を自分たちにもたらしたり、大西洋岸から太平洋岸まで伸びる地球の主軸を目覚めさせるような行動は控えよと言っている。トルコはすべてのEU諸国を合わせたものよりもはるかに効果的だ……西洋はもはや世界の中心ではない。」

https://www.yenisafak.com/en/columns/ibrahimkaragul/how-exactly-is-turkey-threatening-the-us-the-threat-always-emanated-from-the-west-for-the-last-millennium-this-is-the-greatest-force-since-the-ottoman-empire-3571243
These words are being backed with military action in Libya, Iraq, Kazakhstan, Ukraine, etc. https://sputniknews.com/middleeast/202105011082775984-just-like-we-did-in-syria-turkey-to-build-new-base-in-iraqi-kurdistan-amid-anti-pkk-offensive/ これらの言葉は、リビア、イラク、カザフスタン、ウクライナなどでの軍事行動に裏付けられている。


サウジの危機


The country with the most to lose is the Israeli crypto colony of Saudi Arabia. “The Saudis have no more power even with all that oil, Then can’t ‘buy’ respect anymore,” according to the CIA. 最も失うものが多いのは、イスラエルの秘密植民地であるサウジアラビアだ。CIAによると、「サウジアラビアはあれだけの石油を持っていても、もう力はなく、敬意を「買う」こともできない」という。

In a desperate attempt to avoid a Turkish takeover, Egypt, Jordan, Saudi Arabia, and other Gulf countries have been trying to make peace with Iran. “We are seeking to have good relations with Iran,” Saudi Crown Prince avatar Mohammed bin Salman told Saudi television this week エジプト、ヨルダン、サウジアラビアなどの湾岸諸国は、トルコによる占領を避けるため、必死になってイランとの和解を図っている。「我々はイランとの良好な関係を求めている」と、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子アバターは今週、サウジのテレビ番組で語った。

https://foreignpolicy.com/2021/04/29/saudi-arabia-iran-uae-mohammed-bin-salman-secret-talks-biden-withdrawal-pivot-middle-east/?mc_cid=b591f68c73&mc_eid=fee8fd8a4f
The Saudis need to make peace with Iran because the U.S. military is no longer willing to act as their enforcers. That is why they are losing the war with Yemen’s Houthis and are in real danger of losing control over their oil fields. The Yemeni people, who built 12 story tall buildings over a millennia ago, view the Saudis as upstart camel herders who just happened to get lucky with oil. They want to return their historical place as the true powers in the Arab peninsula and will probably succeed in doing so. The Saudi may soon get taken out of Arabia. サウジがイランと和解する必要があるのは、米軍が彼らの執行者としての役割をもはや果たそうとしないからである。なので、サウジアラビアはイエメンのフーシ派との戦争に負け、油田の支配権を失う深刻な危機にあるのだ。千年以上前に12階建ての高層ビルを建てたイエメンの人々は、サウジアラビアをたまたま石油に恵まれただけのラクダ飼いの成り上がり者と見ている。彼らは、アラブ半島の真の権力者としての歴史的地位を取り戻したいと考えており、おそらくそうすることに成功するだろう。サウジはすぐにアラビアから追い出されるかもしれない。


アメリカとメキシコの国境崩壊?!


The other country that is losing its border war is the United States. Sources along the frontier with Mexico say the border is disintegrating. “I’ve never seen anything quite like this…it’s the Wild West on steroids,” says Goliad border county Sheriff Roy Boyd. https://www.theepochtimes.com/texas-counties-declare-disaster-over-border-crisis_3793402.html?utm_source=partner&utm_campaign=ZeroHedge 国境戦争で負けているもう1つの国は、アメリカである。メキシコとの国境沿いの情報筋によると、国境が崩壊しつつあるという。「こんなことは見たことがない……【乱暴で無法状態だった】西部開拓時代よりももっとひどい」と、ゴリアッド国境郡保安官ロイ・ボイドは言う。


ジャスティン・カストロの排除とバイデン劇場の崩壊は時間の問題


Canada is keeping its border with the U.S. mostly shut for now but it is a good bet that a joint U.S.-Canadian military operation to remove Satanic cultist Justin Castro from power is just a matter of time. At that point, the Biden-Rockefeller, Communist China freak show in the U.S. should also come tumbling down. カナダは今のところアメリカとの国境をほとんど封鎖しているが、悪魔崇拝者のジャスティン・カストロを権力から排除するための米加合同軍事作戦は時間の問題だろう。その時には、アメリカのバイデン・ロックフェラー・中共フリーク・ショー【バイデン劇場】も崩壊するはずだ。
奇形な動物や人間を見世物にするショーアルク英辞郎より)


我々は皆、多大な努力と勇敢な決意で必ず勝利する!


There is a powerful group that wants to re-invigorate the West by restoring democracy, the rule of law, freedom of the press, and meritocracy. If the West fails in its efforts, the United States will become a Chinese-owned farm whose management is sub-contracted to a bunch of Khazarian gangsters like the Rockefellers. Eventually, the entire planet will forever be turned into a giant animal farm. We all need to join the fight to make sure this never happens. We will win but it will take a lot of hard work and brave determination. 民主主義、法の支配、報道の自由、実力主義を復活させることで、西洋を再び活性化させようとする強力なグループが存在する。もし西洋がその試みに失敗すれば、アメリカは中国が所有する農場となり、その経営はロックフェラーのようなハザール・ギャングの集団に下請けされることになる。最終的には、地球全体が巨大な動物農場と化してしまうだろう。このようなことが起こらないように、我々は皆、戦いに参加する必要がある。我々は必ず勝利するが、それには多大な努力と勇敢な決意が必要だ。

機械翻訳:DeepL
翻訳チェック・修正:popoちゃん


註:【 】内は訳者の追記部分です。訳文は日本語での読み易さを優先し、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また見出しやツイート画像、および動画も挿入しています。

お願い
フルフォード氏ご本人から快く許可を戴き、英語版レポートの機械翻訳をチェック・修正したものを、毎週シャンティ・フーラで掲載させて頂いております。フルフォード氏がこれからも貴重な活動を続けられますよう日本語版メルマガの有料購読、並びに英語版サイトへの有料登録(※日本語での説明はこちらの本文冒頭部分にございます)をご検討頂けないでしょうか。ご無理のない範囲で少しでも応援して頂けますと幸いです。皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1


Comments are closed.