[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造 〜ハイアラーキーと関連組織について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、闇の集団の全体の構造を大雑把に描いたのですが、今回はさらにその詳細を解説したいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
【ハイアラーキーと関連組織について】

 天界の混乱の大元に、ハイアラーキーと称する組織があることを説明しました。この組織は上位と下位の2つに分かれ、それぞれ白色同胞団・聖白色同胞団と呼ばれて来たことを説明しました。
 それぞれシリウスを中心とする組織ですが、我々地球上のハイアラーキーはこの組織の末端です。それを神智学では、太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーと呼んでいます。これらのことを考慮に入れてさらに詳しく説明したものが、次の図になります。


 この図が闇の集団の統治構造となります。全てが4次元未満の存在次元です。私たち地球に直接関係しているのは、図の太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーです。それぞれの主は、サナカとサナト・クマラです。

サナト・クマラ(幽体)

サナト・クマラ(幽体)


 このイラストは、2009年10月26日の天界の改革の最中に現れたサナト・クマラのヴィジョンです。せれなさんのブログ“光の海から”で詳しい内容を見ることが出来ます。
 私も妻もサナト・クマラの姿を見ているのですが、このイラストとはかなり雰囲気が異なります。顔はもう少し丸顔で幼い16歳の風情です。髪は中央から分けたストレートでこの絵位の長さです。なぜ異なるのか、当時はわからなかったのですが、今見ると、私達が見たのはサナト・クマラの霊体で、このせれなさんのヴィジョンでは幽体が描かれているためだと解りました。
 神智学では、キリストは2人居ます。ブラヴァッキー夫人の主著「シークレット・ドクトリン」の第1巻スタンザⅢ−7の原注には、
 「秘教においては、二人のアヴァローキテーシュヴァラがいる。つまり第一ロゴスと第二ロゴスである。」
とあります。これが表のミトラとマイトレーヤです。2人のキリストには、それぞれ、アーディティア神軍と12名の覚者が従っています。

マイトレーヤ(幽体)

マイトレーヤ(幽体)



 聖白色同胞団は、シリウスを中心とする地球にまたがる広い領域をカバーしています。これに対し、地球ハイアラーキーは私たちの太陽系内の組織です。「銀河連邦」は聖白色同胞団の下部組織であるのに対し、「光の銀河連邦」は地球ハイアラーキーの下部組織です。
 このため、「銀河連邦」に属する霊および宇宙人は「光の銀河連邦」を悪と見なし、彼らが地球上でNWO(新世界秩序)を実行する中核の存在であると見なしています。しかし地球上でアメリカ政府が民主党と共和党に分かれ、そのどちらもが外交問題評議会(CFR)にコントロールされているように、「銀河連邦」および「光の銀河連邦」のそれぞれの最高意思決定機関であるアンドロメダ評議会とプレアデス評議会の各委員の全てが、実はマイトレーヤの側近である12名の覚者の弟子なのです。
 地球上であらゆる紛争を作り出し、第三次大戦を引き起こそうとしているグループの中心は、この「光の銀河連邦」だと考えて差し支えありません。地球上での下部組織の実働部隊は、ネオコンに相当します。一方オバマを中心とするグループは、「銀河連邦」の下部組織の実働部隊だと考えるとわかりやすいでしょう。
 表では2つの評議会の12名の委員の名前を表記しています。この中で、サナト・クマラとあるのは、もちろん本物ではなく、ヒラリオン、ジーザス、セント・ジャーメインは、12名の覚者の名前を借用しています。母なる神とは、チャネリング情報で“プレアデス評議会のミラ”と名乗る者と同一人物のようです。また、4大天使の名前もありますが、本物の4大天使は地球ハイアラーキーの上位レベルにある聖白色同胞団のメンバーです。

大天使ミカエル(幽体)

大天使ミカエル(幽体)




 これらのチャネリングソースの者たちは偽者だということを、これまで説明して来たのですが、彼らはチャネラーおよびその情報を受け取る地球人が受け入れやすいように、こうした高名な者たちの名前を借用して、通信を送っていたのです。彼らの協力者と言えるのが、進化段階が3.0未満の者たちで、ここには霊存在も宇宙人もまた地球人も存在します。地球に入り込んでいるこれらの協力者は、一般にライトワーカーと言われているようです。上記の表では2つのグループに属するライトワーカーの名を表記しています。
 これらの協力者は、チャネリングなど何らかの霊能力を持っている者たちが多いのですが、彼らは自分たちが闇に属しているとは思っていません。見事に「銀河連邦」と「光の銀河連邦」に騙されているわけです。
 実際には、「銀河連邦」に属する者たちのほとんどが、同じように騙されていた可能性が高いのではないかと思います。彼らは自分たちがレプティリアン(爬虫類人)と戦っているつもりであったと思うのですが、実のところ、彼らが仕えていたマイトレーヤの側近の12名の覚者こそ、レプティリアンだったのです。
 サナカ、サナト・クマラ、ミトラ、マイトレーヤはレプティリアンではありません。すなわち、霊的な統治組織の中枢にまで、悪霊・悪魔と考えてよいレプティリアンに侵入されていたわけです。レプティリアンには、霊存在と肉体を持つ者の両方が居ます。霊存在は霊体が、肉体を持つものは幽体が、爬虫類のような姿をしています。しかし霊体は魔術によって通常の人間の姿に化けており、肉体は通常の人間と区別がつかないため、ほとんどの者は、これら12名の覚者を含めた多くの者がレプティリアンだとは気付かなかったのです。
 これまでシャンティ・フーラの時事ブログでお伝えしている様に、これらの組織は現在全てが完全に消滅しており、この表に名前のある者たちを含め、存在しません。今は、その協力者の者たちを処分しているところです。

Comments are closed.