[マスコミに載らない海外記事]サッカーを政治利用するワシントン

竹下雅敏氏からの情報です。
 “圧倒的大多数で再選されたFIFA委員長”ブラッター氏が、辞任を強いられました。明らかにアメリカの圧力です。記事では“告訴するというワシントンの脅し”によるものと見ています。
 アメリカは世界中の要人を盗聴しているので、叩けばいくらでもスキャンダルを引き出すことが出来ると思います。必要とあらば、偽ドル札を大量に刷って賄賂を渡し、受け取った連中はそれ以降アメリカの言いなりになるという事でしょう。
 アメリカの意向に沿わない“FIFAを乗っ取り、ロシアが次回のワールドカップを主催するというFIFA決定をホゴにするつもり”だということです。以前の記事のマケインの言動を考えると、この通りだろうと思います。
 賄賂を受け取ったFIFAの役員はもちろんですが、渡した側の責任もしっかりと追及してもらいたいものです。また記事にある、より本質的な犯罪である巨大銀行の問題を追及するきっかけになってもらいたいものだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
サッカーを政治利用するワシントン
転載元より抜粋)
Paul Craig Roberts
2015年6月3日

ワールド・サッカーに対するワシントンの攻撃は、ロシアが主催したソチ・オリンピックに対するワシントン攻撃の脚本に従っている。違いは、ワシントンは、オリンピックが、ソチで開催されるのを止められず、欧米の人々をウソとプロパガンダで脅すことしかできなかったことだ。ワシントンが画策する現在のスキャンダルで、ワシントンは、FIFAを乗っ取り、ロシアが次回のワールド・カップを主催するというFIFA決定をホゴにするつもりなのだ。

これはロシアを世界から孤立させるというワシントンの計略の一環だ。

ワシントンが画策するこのスキャンダルは限りなく怪しい。FIFA幹部達が政治的な理由で逮捕され、最近、圧倒的大多数で再選されたFIFA委員長、ゼップ・ブラッターも告訴するというワシントンの脅しで、辞任を強いられたのは明らかに見える。こういうことが起こり得るのは、ワシントンが、もはや法による支配を受けていない為だ。ワシントンの手にかかると、法律は、ワシントンから自立した姿勢を取る、あらゆる人々、あらゆる組織、そして、あらゆる国に対して利用される武器となる。

これで、ワシントンと、そのポチ、イギリスが、FIFAを乗っ取る準備ができたので、今後は、ワシントンの外交政策に従う国に褒賞を与え、独自の外交政策を追求する国々を懲罰するために利用されるだろう。

南米、アジアと、ロシアにとって、唯一の希望は、自らのワールド・カップを立ち上げ、堕落した欧米に背を向けることだ。

ロシア、アジアや、南米が、堕落した、不道徳な欧米世界の一環に、これほどなりたがるのは驚くべきことだ。一体なぜ諸国は、悪と付き合いたがるのだろう? ベネズエラ、エクアドル、ボリビア、そして恐らく、アルゼンチンとブラジルは、欧米勢力圏に入るということは、自らの国を、ワシントンの支配下におくことになるのを学んでいる。

プーチン、ラブロフや、中国指導部は、欧米と付き合うのは、疫病と付き合うようなものだと語っている。ところが、彼らはいまだに欧米と付き合いたがっているのだ。ロシアや中国が、自分達の自尊心を、ワシントンに承認してもらう必要があるなどと考えるはずがあるだろうか?

FIFAは、スイスに本拠を置く組織だ。ところが、FIFA幹部逮捕は、ワシントンが始めたFBIによる“捜査”に基づいている。アメリカ法の普遍性を主張して、ワシントンは、その警察や検察官の権限を、他の主権諸国で行使している。

一体なぜスイスは、そして一体なぜ他の国々は、ワシントン法の普遍性という、ワシントンの主張に素直に服従するのだろう? 政治指導者達は買収されているのだろうか、それとも暗殺や冤罪で脅されているのだろうか? 地球上のあらゆる国々で、ワシントンの法律だけが普遍的で、他の国々でも承認され、崇められるのは、一体どのように説明がつくのだろう? 報復を恐れているためなのだろうか?


外国の指導者達たることの核心が、ワシントンに卑屈に追従することで、大金持ちになれるのだ、というのがあり得る一つの答えだろう。退任から一年後、トニー・ブレアは、5000万ドル稼いでいると報じられている。その金は一体どこから来るのだろう? 彼が首相だった時には、誰もブレアの演説など聞きたがらなかった。一体なぜアメリカ人は、彼に演説をしてもらうために6桁の謝礼を支払うのだろう?

プーチンも大金持ちになれる。ロシアをワシントンに売り渡しさえすれば良いのだ。

巧妙に仕組まれたサッカー・スキャンダルを売女マスコミによる徹底的喧伝で聞かされる一方で、あらゆる本当のスキャンダルが、注目されずに済んでいる。

たとえば、欧米の多数の巨大銀行は重罪を認めたが、罰金しか受けなかった。フィニアン・カニンガムが指摘した通り、“投獄するには、巨大すぎる銀行”による、マネーロンダリングや、価格操作と比べれば、FIFAの犯罪行為とされるものなど些細なものに見える。証券取引委員会は、実際、銀行の連中の犯罪行為に対し、権利を放棄している。ある反対意見のSEC委員は、絶えず権利を放棄することで、“累犯”を奨励しているといって、同僚を批判した。
SEC Commissioner Furious That SEC Has Made A Mockery Of "Recidivist Criminal Behavior" By Banks  

クリントン政権以来、ワシントンの口から発せられた重要な声明の何一つとして本当であったことがないのだから、ワシントン自身到底信じがたい。ところが、ワシントンはいまだに、真実の裁定者として練り歩いている。

サダム・フセインは大量破壊兵器を持っていなかった。アサドは化学兵器を使用していなかった。イランには核兵器開発計画はなかった。ロシアはウクライナを侵略しなかった。ところが、ワシントンは、世界を、連中のウソは本物だと思い込ませたのだ。

FIFA幹部が賄賂を貰ったという確証のない非難で、憤激している政治家連中は、彼ら自身賄賂を得ているのはほぼ確実だ。TTIPをファスト・トラック扱いする賛成票を投じるのに、大企業から議員達にわたされた賄賂をご覧願いたい。Here’s how much corporations paid US senators to fast-track the TPP bill

ワシントンから賄賂をもらわない、どこか一つのEUの国(現時点では、おそらくはギリシャを除いて)の指導者を挙げられる人がいるだろうか?

ウド・ウルフコッテによれば、誰も、CIAから賄賂を貰っていないイギリスや、EU新聞の一紙たりとも挙げられない。

国連投票のいったいどれだけが、ワシントンの脅しと賄賂で決められているのだろう?

FIFA決定が収賄に毒されていようと、いまいと、“捜査”の狙いは、ロシアでワールド・カップを開催するという決定に疑念を投げかけることにある。ワールド・カップは、世界的な催しであり、主催国の威信を示すものだ。ワシントンは、この威信を、ロシアに与えることを否定しようとしているのだ。これこそが“捜査”の狙いだ。

記事原文のurl: http://www.paulcraigroberts.org/2015/06/03/washington-politicizes-football-paul-craig-roberts-2/