アーカイブ: グレイ

[竹下雅敏氏]はくちょう座61番星の惑星から宇宙船で地球にやってきた宇宙人

竹下雅敏氏からの情報です。
 この女性はご覧になってわかるように、肘が二重関節になっています。時々こういう人が居るとは聞きますが、有名なUFO研究家ジョージ・アダムスキーも著書の中で、宇宙船で出会った宇宙人の女性が二重関節であったと述べています。
 この女性は、はくちょう座61番星の惑星から宇宙船で地球にやってきた宇宙人のようです。このように地球人に紛れて暮らしています。地球人と見分けがつかないので、一般の人は気づかないのです。多くの人は、宇宙人はグレイのような姿だと信じているのですが、これは作られたイメージです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]アガルタ人とそのハイブリッドの頭蓋骨、チャネリング情報への警告

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に面白い記事で、よくまとまっていると思います。さて記事の中に興味深い3枚の写真があります。脳の容積が3000cc以上の⑱がアガルタ人の頭蓋骨です。アガルタ人と私たち人間との間に生まれたのが、⑯のホモカペンシス(コーンヘッド)です。アガルタ人とホモカペンシスとのハイブリッドの頭蓋骨が⑰の写真です。ですから、⑯⑰⑱の順に脳の容積が大きくなっています。
 文中、ネガティブの筆頭として、アヌンナキが出て来ますが彼らを地球外の存在とするならば、これは「光の銀河連邦」だと言ってよいでしょう。グレイについて書かれていますが、以前説明したように、グレイは宇宙人ではなく、彼らと羊などのハイブリッドです。「光の銀河連邦」の連中が、グレイを通してアメリカ政府をコントロールし、本当の支配者である「光の銀河連邦」は、まるでアメリカ政府を操るグレイたちと戦う光の戦士であるかのごとく装って来たのです。例えて言うと、グレイはアルカイダで、「光の銀河連邦」はCIAという感じです。
 この連中以外に、ポジティブな宇宙存在についても触れられています。彼らが(真の)「銀河連邦」です。チャネリング情報を見ていると、ポジティブとネガティブの区別がついておらず、ほとんどが「光の銀河連邦」からのチャネリング情報で、その中にサルーサなどの本当の「銀河連邦」からの情報が少し交じっているという感じです。
 波動の区別がつかないので、「光の銀河連邦」と名乗る闇からの情報を大量に流布させてしまっており、結果的に地球にネガティブな影響を与えることに協力してしまっています。彼らは霊的な事が何もわかっていないので、善意からこのような愚かな事をするのですが、カルマは確実に負債となって、のしかかって来ます。
 神々から許可も受けていないのに、神事を行うような者が結構居るのですが、霊的にはかなり重い罪だという事は理解しておいた方がよいでしょう。例えば、これまで警告していたように、神々の許可無しに「アワの歌」を歌うというような事をすれば、最後には気が狂ってしまいます。名前を偽ってチャネリング情報を送るのは罪になりますが、闇からのチャネリングを受け、それを公開する事もカルマの負債となります。何度警告しても真に受けない人たちが多いのは、困ったものです。気が狂ってから、私の言っていた事が正しいとわかっても遅いのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]ロシアがUFO情報の公開に向けて動いていること、またオバマの正体を正しく認識している人がかなり居ることを示す記事 〜光と闇の勢力のまとめ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 The Voice of Russiaの記事を見ると、ロシアがUFO情報の公開に向けて動いていることがよくわかります。また時事ブログでもさんざんオバマ大統領を叩いて来たわけですが、記事にあるように“米国国民の4人に1人がオバマ大統領を反キリストだととらえている”ということで、オバマが悪魔あるいは悪魔の仲間として正しく認識している人がかなり居るということです。
 これまで様々なことをお伝えしましたが、ここで一旦情報を簡単にまとめてみましょう。本当の銀河同盟に所属しているのは、サルーサのみと言ってよいほど、私は他に知りません。銀河同盟の協力者と言えるのは、ベンジャミン・フルフォード、シェルダン・ナイドル、アイーシャ・ノース、ブロッサム・グッドチャイルドらです。これに対し、銀河同盟に潜入していた闇の者たちの支配層と言えるのが、アスケットと呼ばれる宇宙人の一味と、マイトレーヤの側近の12名の覚者たちです。彼らの部下にマシュー君、ロード・エマニュエル、ヒラリオン、アシュター、サナンダ、父なる神(ゾラ)、母なる神、セント・ジャーメイン、サウルなどが居ます。こうした闇の者たちの下位グループとして、オリオンの高等評議会と称している連中も居るようです。
 実のところ本物のサナンダはシリウスシステム国津神第5レベルの第1天帝であった者で、ヒラリオンやセント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)は、ベンジャミン・クレームが伝える7大師のヒラリオン大師とラコーシ大師のはずです。ですからここで出てくるチャネリングソースとしてのヒラリオン、サナンダ、セント・ジャーメインなどは、彼らの名を語る偽者ということになります。実際にはセント・ジャーメインはラコーシ大師ではなく、モリヤ大師の弟子の1人のようです。彼らのほとんどはすでに処刑されて消滅しているか、逮捕されています。それでもチャネリングで通信を送ってくるのは、こうしたチャネリングソースの名を使って通信を送り続ける仲間の者たちが居るためです。ただこうした行為は犯罪なので、最終的にはこのような闇からの通信は消えて行くと思います。
 こうした闇の連中が作りだした彼らの奴隷とも言うべきグレイたちを介して、アメリカを支配し第三次大戦をもたらそうとしていたということなのです。マシュー君のメッセージを見ても、シリアのアサド政権を排除すべくチャネリング情報を送っていましたが、彼らの思惑通りに事が運ばなかったことを見ても、彼らが闇の勢力で真の銀河同盟に野望を阻まれたということがよくわかると思います。こうした闇の者たちに積極的に協力するチャネラーは、元々彼らの仲間が転生に入ったか、あるいは彼らが闇の者だとわからず騙されているかのどちらかです。騙されている人は出来るだけ早く真相に気付いて、闇から離れることが必要です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

—————————————1点目———————————
地球の軌道にはUFOが存在する
転載元)

米航空宇宙局(NASA)では、宇宙で撮影された写真を分析し、UFOを突き止めるための特別部門が存在し続けている。そして明らかにUFOが写っている写真が漏洩する場合もある。beforeitsnew.com のサイトでスコット・ウォリングさんが数枚の写真を公開した。

元NASA職員のクラーク・マクレランドさんは34年間勤務していたが、シャトルに近づいてくるUFOを自分の目で見たことがあるほか、米国人宇宙飛行飛行士らが宇宙の生命体と交わる様子も知っているという。またNASAとペンタゴンは少なくとも一つの地球外文明と秘密に交信しているという。

これらの写真は1998年に黒い騎士と名づけられた対象についてのものだという。

写真はこちら:

http://mirnov.ru/rubriki-novostey/34-kurjozy/25353-na-orbite-zemli-nakhoditsya-inoplanetnyj-korabl

—————————————2点目———————————
イランメディア:1945年以降、米国を統治しているのは「エイリアン政府」
転載元)
Collage: VOR

米国は1945年以降エイリアン政府の施政権下にある。イランの通信社Farsによれば、異星人はドイツでナチスを操った後、今度は米国に取り憑いた。 

元職員スノーデン氏が暴露した米国の諜報局NSAによる極意プログラムの数々は異星人の考案になるものだという。

その目標は世界の全てを管理下におき、人類を奴隷化すること。

ついでながら、米国の世論調査によれば、米国民の4分の1がバラク・オバマを「アンチキリスト」すなわち悪魔と考えている。30%が新世界秩序建設に関する謀議の存在を信じており、4%が異星人による世界統治を信じている。

—————————————3点目———————————
米国人の4人に一人が「オバマ大統領は反キリスト」
転載元より抜粋)
Photo: EPA

米国国民の4人に一人がオバマ大統領を反キリストだととらえていることが世論調査の結果明らかになった。3日、同国組織の「パブリック・ポリシー・ポーリング」が明らかにした。 

このほか28%の市民が呪いの存在を信じており、呪いの目的は全地球に新たな世界秩序や権威的政府を打ち立てると考えている。

それどころか4%の回答者は「人間の顔をした宇宙人が地球の実権を握っている」と考えていたことがわかった。

また、11%の米国市民は2001年9月11日の同時多発テロを政権は前もって知っていたにもかかわらず、テロに歯止めをかけようとしなかったと考えているという結果がでた。

[竹下雅敏氏]悪しき宇宙人の遺伝子操作によって作られたトールホワイト(背の高い白いエイリアン) 〜銀河同盟に潜入し、人類を滅ぼそうとしていた闇の者たち〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事は大元の記事によれば、2014年1月13日の米国のフォーブスのようです。記事はご覧の通り慎重な書き方をしており、批判がうまくかわせるように巧妙に書かれていると感じます。赤字にした部分ですが基本的には正しい情報のように思います。フルフォード情報にも、これとほぼ同様の内容があったように思います。
 UFO情報には大変多くの攪乱情報があり真相がわからないようにされているので、ここで私が理解している内容を示しておきます。
 文中のトールホワイト(背の高い白いエイリアン)ですが、これは火星人と地球の羊の遺伝子操作によって作られた種で、宇宙人ではありません。さらに火星人とトールホワイトの遺伝子から作られたのがラージノーズ・グレイで、さらに火星人とラージノーズ・グレイの遺伝子を掛け合わせて作られたのが、リトル・グレイです。一般には宇宙人というとリトル・グレイをイメージする人が多いと思いますが、今説明したように彼らは宇宙人ではなく、宇宙人によって遺伝子操作によって作られた種であって、当の火星人は彼らを家畜と見なしています。
 こうした遺伝子操作を行った悪しき火星人の一団が、アスケットの一味です。彼らとベンジャミン・クレームが伝えるマイトレーヤの周りに居た12名の覚者たちは仲間であり、共に闇の者たちです。これまでお伝えしている様にマイトレーヤはこの中に入っていません。チャネリング情報でよく知られているアシュター司令官、サナンダ、父なる神(ゾラ)、母なる神、プレアデス高等評議会のミラなどという連中は、皆アスケットの部下たちで、彼らが作りだしたグレイたちを通してアメリカをコントロールし、最終的には地球の多くの人類を滅ぼそうとしていたのです。オバマ大統領もアスケットの部下の1人で、この工作に深く関わっていました。記事にある通りです。
 記事の中で、“対抗する秘密勢力”とあり、これはホワイトドラゴンではないかと思います。彼らを援助した別の地球外生命とは銀河同盟だと考えられます。問題なのはアスケットとその部下たちが闇の連中であるにも関わらず、銀河同盟に潜入し、スパイとして活動していたということです。この中でアスケットとアシュターはかなり高い地位に居たと考えられます。彼らの情報を元にすれば、アシュターは大母船の司令官の地位にまで上り詰めていたと思えます。
 これは地球でのオバマ大統領の立場によく似ています。本来アメリカの大統領の資格がないにも関わらずアメリカ国民どころか全世界を騙し、大統領の座に居座っていたわけです。彼がNWO(新世界秩序)を実現するために、闇から送られてきた人物であることに気付いていた人は、世界でもほんの一握りの人間だけです。
 同様のことがアスケットやその部下たちにも言えたのです。現在、彼らはそのほとんどが処刑されているか逮捕されていますが、このことが起こるまで、銀河同盟のほとんどの宇宙人は彼らに騙されてきたことに気付かなかったのです。
 私の講演を古くから聞いて来た方には、10年ほど前からアスケットとその一味が闇の者であることを、波動の観点からきちんと示してきました。宇宙人たちが彼らの正体に気付かなかったのは、ほとんどの宇宙人は波動を読むことが出来なかったからです。ちょうど現代の先進的な科学者が、例えばフリーエネルギーやUFOの飛行原理に気付いていて、今やそれを自分たちで実現することが出来るところまでそうした技術を得ているとしても、彼らが波動を理解出来ないということと同じです。宇宙人は科学技術に関して地球よりも少し先に進んでおり、意識のレベルでも少し開かれているのですが、進歩的な地球人とそんなに大きな差があるわけではないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
仰天ニュース2!?:「アメリカはトールホワイト・エイリアンの支配下にある」!?
転載元より抜粋)
仰天ニュースがこれ。In Deep氏の翻訳である。

イランは「アメリカは背の高い白いスペースエイリアンに支配されている」と言う
元記事:Iran Says 'Tall, White' Space Aliens Control America 

e0171614_17173567
NSA (アメリカ国家安全保障局)の内部告発者エドワード・スノーデンにより漏洩した文書で、アメリカは背の高い白いエイリアンにコントロールされているということが明らかになった。そしてまた、このエイリアンは 1930年代のナチスドイツとも関係があるという。

こんな話をきくと(米国人の)あなたは眠れなくなってしまうかもしれない。

しかし、注意すべき点は、この UFO とエイリアンのストーリーが、イランのファルス通信( Fars News Agency )の英字メディアで公開されたということだ。ご存じの通り、イランは核兵器の獲得に非常に近いところにいる。

これは、狂気的な陰謀論であると思われる。そして、自然に考えれば、その背後にはロシアが関与している。

というのも、このエイリアンの「アメリカ侵略」の疑惑は、ロシア連邦保安庁( FSB )の諜報機関の報告書によって明らかになっているのだ。

イランのニュースでは、「エイリアン/地球外知的生物の協議事項をアメリカ国内、そして国際的に推進していることの証拠に関しての余地を埋める部分がある。そして、これらは 1945年からおこなわれてきた」と報道されている。

ファルス通信は、このストーリーを非常に激しい米国の陰謀論サイトである whatdoesitmean.com から持ってきている。それは明白だ。 whatdoesitmean.com の記事の要点は以下の通りだと私は理解している。

ロシアで亡命生活中のスノーデンは、 「トールホワイト(Tall White / 背の高い白いエイリアンの意)は地球に到着した後、 1930年代にナチスドイツの先進的な潜水艦の艦隊を構築する手助けをした。その後、1954年にアメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領大統領が、トールホワイトと会い、現在に続くアメリカを支配する《秘密の政権》が設立された」とリークしたというものだ。

そして、ニュースは以下のように続く。

「最も不安なことは、このロシア連邦保安庁の報告書は、米国を支配している《秘密の政権》のトールホワイトは、全世界的な電子監視システムの構築を求めており、それにより自分たちの真実の存在を隠してしまおうとしている。それは、彼らの世界征服のための最終段階だとスノーデンの文書が述べていることだ」。

さらに、

「一方、アメリカ政府はオバマ大統領との激しい闘争に巻き込まれている。オバマ大統領は、エイリアンの影の政府を主導しており、そして、そのアメリカ=エイリアン同盟に反対する未知の勢力がある。

ロシア当局者たちが最も懸念していることは、ロシア連邦保安庁の報告書が結論として、この『トールホワイト』たちに対抗する秘密勢力が、別の地球外生命の力と結託し、オバマ大統領に対抗しようと団結していることである」

と記されている。

» 続きはこちらから

[宇宙への旅立ち]レプティリアンの赤ちゃんのビデオ

竹下雅敏氏からの情報(動画2点)です。
2つとも本物のビデオですね。
今はいないからいいけど、"赤ちゃんちゅーのはもーすこしカワイくてもいいものなんだがなー"と思いながら見ていて、はたしてこの赤ちゃんレプがどのようにして産まれてきたのかとギモンに思うと、近くに分娩台なるものがあって、かーさんレプが大仕事を終えて横たわり、とーさんレプが隣で妻の手を握って労をねぎらっているのであらう…などと妄想にふけりながら助産婦は人間だとおもはれ、恐らくカメラを回しているのも人間だとおもふし、彼らの人間関係というか、レプ関係というかはどーなっているのかなー、怒らせると食われるのかなー、案外人間の姿をしたレプの方が位が高かったりして…などと妄想はふくらむのでした。
(竹下雅敏)
————————————1点目————————————
レプティリアンの赤ちゃんのビデオ
転載元より抜粋)

REPTILIAN NEWBORN
https://www.youtube.com/watch?v=gQPlxUb-p2o

これは、何かの奇形ではありません。レプティリアンの新生児です。
足には3本のかぎつめがあります。
レプティリアン特有の爬虫類のうろこがあります。

————————————2点目————————————
エイリアングレイ ビデオ
転載元より抜粋)

Alien Grey Captured in Brazil Amazing Video
https://www.youtube.com/watch?v=Jk7z8zs4dG4&NR=1&feature=endscreen
エイリアン グレイ ビデオ

このビデオをリリースしたブラジル人2人は、ビデオをリリースしたということで、監獄にぶち込まれてしまいました。
このビデオだけ見ると害がないようにおもえますが、グレイはイルミナティ レプティリアンと一緒に人間をロボット化し、人口削減などのニューワールドオーダーに協力しています。
悪さをしなければ、けっこう可愛いかも。