アーカイブ: スノーデン情報

[未知との遭遇までノラリクラリ]スノーデンがUFO地底人情報暴露?

竹下雅敏氏からの情報です。
よく知られたアガルタ伝説がUFO情報としてスノーデン氏によって証言された形になりました。チベット仏教での理想郷シャンバラは、秘密の地下都市アガルタの首都です。サナト・クマーラはシャンバラに住んでいたわけです。意識の界層としては、他化自在天の存在ですが、場所としては地下だというわけです。
2007年の天界の改革によってハイアラーキーの地下都市アガルタは現在では銀河連邦によって所有・管理されています。
悪は天界の改革によってすでに滅されているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スノーデンがUFO地底人情報暴露?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[エドワード ・ スノーデン氏]オバマ政権が一番恐れているのは、私の後に来る人々です。つまり、あなたです。〜悪人の表と裏の顔〜

竹下雅敏氏からの情報です。
赤字にした部分ですが、オバマの根性の悪さまでスノーデン氏は暴露してくれました。偽りのチャネリング情報を信じている人は、今になってもオバマが光の銀河連邦に属しているという妄想に取りつかれています。
一度入った先入観は、なかなか拭えないものです。
赤字にした部分をもう一度みて下さい。光の側の人間はたとえ方便であってもウソはつきません。ましてや、このような卑劣なやり方はしないものです。マシュー君の情報を読めばテロリストに武器を与えて、シリアを転覆させようとしたのが彼らであることが発言内容から明らかです。
マシュー君のグループもオバマも共にイエス派(神智学の第6光線上の覚者)ですが、彼らが表向きをどう装おうが、裏でテロリストに武器を供与し、シリアを転覆しようとしたことは、7月2日の記事で取り上げたブレジンスキーの発言で明らかです。
オバマもケリーも戦争嫌いで有名です。しかし、オバマは無人機で敵はもちろん自国民ですら殺すのは大好きです。ケリーはテロリストに武器を渡して、気に入らない国家を転覆させるのは大好きなのです。
このような悪人の表と裏の顔をキチンと見抜いておかなければ騙されてしまいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
エドワード ・ スノーデンの声明 (trought WikiLeaks)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[BLOGOS]スノーデン氏、未公表データを「何かあった時には暴露へ」

ぽんこ様(読者の方)からの情報です。
ガーディアン紙のグイーンワルド記者が起訴されませんように。
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スノーデン氏、未公表データを「何かあった時には暴露へ」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[八木啓代のひとりごと]スノーデンはなぜ、エクアドルを選んだか

竹下雅敏氏からの情報です。
なぜエクアドルなのか。
コレア大統領がいるからだと思ってましたが、"エクアドル料理は旨い。"…
ナルホド、これはトドメですね。
この文章を読んで、やはり思うのは、八木啓代さんは歴史に名を残す人物だということです。
将来の子供たちは日本史の教科書に彼女の名を見い出すでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スノーデンはなぜ、エクアドルを選んだか
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[飯山一郎氏]スノーデン事件:巨大勢力が後ろ盾? 〜世界権力の5つのグループ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
この事件の真相をほとんど誰もわかっていないようなので、私も十分にわかっているとは言えない立場ですが、理解している範囲で何が起こっているのかを説明します。

確かに背後に巨大な勢力が潜んでいるのですが、それを理解するには、世界権力のグループがフルフォード氏の言うように5つに分類出来ることを知っていなければなりません。
くわしく説明すると長くなるので簡単に言うと、今や弱体化し、NWO(新世界秩序)を目論むオバマ・ロックフェラーグループとブッシュ・ナチグループの2大陣営を残りの3大陣営が協力して追いつめているのです。
米国側でスノーデン氏を罵る者たちが皆、先の2大陣営の人間であることは明らかです。
攻撃をしている3大陣営は、CIA、バチカン、英王室、グノーシス派イルミナティを含むホワイトドラゴンを核とする巨大勢力です。
昨晩オバマ・ロックフェラー陣営を揺がす事件が起こりました。今晩ブッシュ・ナチ陣営を震撼させる出来事が起こります。
これにより、ブッシュ・ナチ陣営は降伏することになります。
残るは現在 米国権力を掌握しているオバマ・ロックフェラー陣営のみですが、四面楚歌です。降伏するか、滅されるかのどちらかとなります。
このような現在進行している出来事は、オバマが光の側の覚醒者だというチャネリングのニセ情報に惑わされているかぎりわかりません。
オバマは最後まで神に抵抗するニセ預言者なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スノーデン事件:巨大勢力が後ろ盾?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。