アーカイブ: ハイアラーキー

[Sphere Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー: ウィリアム・トンプキンスによるSSP証言② 〜善良そうな仮面を被っていたハイアラーキーの手下〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウィリアム・トンプキンス氏の証言の続きです。氏によると、“太陽系のあらゆる衛星や居住可能な惑星すべてに海軍ステーションを建設…直近の12の惑星すべてに基地を建てた”というのです。これが私達には知らされていない本当のアポロ計画のようです。記事では、ノルディック(北欧系ET)について書かれており、彼らはレプティリアンとの戦争中で、レプティリアンよりはずいぶんとましだが、“ノルディックと呼んでいた人たちがオペレーション上の安全に手を加えた結果、我々が欺かれていることが判明した”とあります。大概の場合、彼らはハイアラーキーの手下なので、本当に善良な者たちではありません。
 記事後半では、地球内部の巨大洞窟で生きていている人たちについて語られています。チャネリング系では、そこに住んでいる人たちはアガルタの住人であり、いわば人類の理想郷です。ところが、記事を見ると、“この洞窟内では奴隷制度がいま存在しているのです…銀河宇宙ではあらゆるETたちが同じことをやっている”とあります。
 時事ブログでは、地球に関与するETたちが決して善良な者たちではなく、彼らは善良そうな仮面を被っており、自分たちを光の存在と宣伝しながら、その本質において心の清らかな者たちでは無いと説明してきました。彼らが従っていたハイアラーキーは、自らを軍団であると言っており、例えば、「シークレット・ドクトリン」スタンザⅣ−4には、“神聖な母の軍隊”とあります。軍隊組織では、命令は絶対であり、逆らうことは許されません。軍隊にとって、末端の兵士は奴隷そのものです。
 時事ブログでは、地球をレプティリアンから解放しようと奮闘している、「光の銀河連邦」や「銀河連合(銀河連邦)」は相対的な光であって、決して善良な者たちでは無いと再三指摘しました。例えて言うと、彼らとレプティリアンの関係は、レプティリアンがダーイシュ(ISIS)であり、テロリストと戦っているふりをしているアメリカ主導の有志連合が、彼ら“相対的な光の連中”なのです。
 地球上でこのような混乱を作り出す理由は、ハイアラーキーの支配を確立するためなのであって、人類のためではありません。ハイアラーキーの上層部は、それこそ野心の塊のような連中の巣窟で、根こそぎに滅ぼされました。
 コーリー・グッド氏が接触し信頼していた球体連合も、宇宙聖白色同胞団の一部であり、同じ穴のムジナです。幸いなことに、コーリー・グッド氏は現在こうした事を全て理解していると思います。氏はこれまで彼が接触して来たこうした本質的に邪悪な連中とは別に、真の神々と協力者である宇宙人達が居ることを知っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー: ウィリアム・トンプキンスとSSPシンクタンク
シーズン5、エピソード12
転載元)
(前略) 
William Tompkins: 私は秘書に、決して自分がノルディック(北欧系ET)と認めさせることはできませんでした。

20_Nordic_secretary

(中略)…諜報部の司令官のようで、(中略)…第一段階の月面着陸だけではなく、太陽系のあらゆる衛星や居住可能な惑星すべてに海軍ステーションを建設した第二段階までサポートしたようです。そして直近の12の惑星すべてに基地を建てたんです。(中略)…
23_moon_base 

(中略)…アポロではノヴァ・トラックを担当していました。

27_Nova_truck_and_Apollo 

(中略)…月面に20000人収容の海軍ステーションを建設する時に必要な設備機器をすべて輸送するためのトラックです。(中略)… 

28_research_center_on_moon 

(中略)…いろんな種類のノルディック(北欧系ET) が山ほどいる。たぶん100種類はいる。(中略)…私の秘書だった女性は北欧系ET海軍大佐司令官で、アポロ・プログラムを完全に導入するという特定契約と特定任務をもっていたことがわかりました。(中略)…彼女はいつも常に私の頭の中にテレパシーを送ってきました。

「ビル(ウィリアムのこと)、彼らをその方向には進ませないで。二人で話したでしょう。解決して。」と。
(中略)…どの女性も、自らをノルディックとは認めませんでした。(中略)…彼らはレプティリアンとの戦争の最中にいました。もちろん我々もソーラー・ウォーデンとしてその戦争に参加していたのです。(中略)…彼らはインセクト(昆虫)とも戦争中でした。カマキリタイプとも呼ばれたりしますが。

40_mantid_being 

(中略)…ノルディックはそれまでに自分の惑星とレプティリアンの所有する惑星の間で大規模な戦闘に従事し、敗退していました。そしてもう一度立て直しをして戦争を再開していました。
(中略) 

* * * * * *

David:彼によると、このノルディックには海軍がいて、彼のもとで秘書として働いていた女性やTRW社の重役補佐だった女性はいずれも、軍隊組織で指揮権を持つ称号があったようです。彼らにも軍事組織があったということですが、これはあなたの聞いた情報と一致しますか?

Corey: はい。

(中略) 

David: そして、ノルディックとレプティリアンの間で戦争が行われていたとも言ってました。(中略)…ノルディックはその戦争に負け、組織を再編成せざるを得なくなった。その再編成の一環として地球にきて我々と協働したのですね。(中略)…本当にノルディックがそんなことをやるなんてあり得ますか? 実際に地球上に現れ、職を得て、機密取扱のチェックをされるような地位に就いていたというのですか?

Corey: はい、ええ。いまも地球上には大勢いて、私達のように歩き回っていますよ。
(中略) 

David:このノルディックの男性や女性は、非常にコンパートメント化が進んだきわめて機密に扱われた領域にどうやって入ることができるんでしょう? 政府や軍事複合産業は彼らを相当恐れているんでしょう? だって騙されたり、掴んだ情報を持ち帰って兵器化し、我々を攻撃してくる可能性もありますから。

Corey: ええ(中略)…当時、そのノルディックと呼んでいた人達がオペレーション上の安全に手を加え、その結果、我々が欺かれていることが判明したんです。(中略)…ですが大半は彼らがレプティリアンやレプティリアンを味方する者達の危険性を探っていました。このグループは、姿形は私達にそっくりです。(中略)…この人達は、我々には「核兵器を廃絶しもっと愛と平和に生きてください」とうったえてきます。彼らは…敵のレプティリアングループほど我々を脅威に感じていませんでした。

(中略) 

» 続きはこちらから

ハイアラーキーの残党が真の神々の軍隊によって排除されたことを示す記事 〜重大な現況報告10月9日付(Now Creation)〜

当初、PFC-JAPAN様の記事を引用しておりましたが、諸事情によりNow Creation様の記事に差し替えさせていただきました。(2016/10/11)  
竹下雅敏氏からの情報です。
 時事ブログでは9月6日の記事のコメントで、“ハイアラーキーの残党の2つのグループ…そのほぼ全員が処刑されます…ハイアラーキーは全滅です”とし、9月19日の記事で“プレアディアン・シリアン・アンドロメダンの艦隊は一掃されました”と記しました。
 こうした情報は、多くの人には信じがたいものですが、今日のNow Creationの記事をご覧になると、私の情報が正しかったことがわかるでしょう。この記事の光の勢力とは、私がコメントに書いたハイアラーキーの残党たちのことであり、一掃されたプレアディアン・シリアン・アンドロメダンの艦隊のことです。“人によって理解し難かったり、動揺したりする”こうした状況は、彼らがこの領域で敗北したことを示します。記事では、“プレアディアン艦隊はほぼ完全に退却せねばなりませんでした”とあります。
 この情報では、キメラグループとの戦いで敗北したかのように語られていますが、これまで時事ブログでお伝えしているように、真相は、真の神々の軍隊によって、コブラが属するハイアラーキーの残党のグループとキメラグループの双方が9月以降徹底的に排除され、現在もその排除は続いています。
 ハイアラーキーにせよキメラグループにせよ、全員が悪人というわけではありません。善良な者たちは保護され、正しい教育を受けた後、神々の軍隊に加わります。この記事の“いくらかのテリトリーを取り戻したので、プレアディアンは戻りつつあります”というのは、このような意味です。
 この記事は、コブラからの報告のように見えますが、別人です。コブラと名乗る者がこれまでのようにインタビューを受けているようですが、これは、以前からコブラと名乗っていた人物とは別人です。コードネームのコブラをそのまま引き継いだようです。波動を感じ取れば、別人だということがはっきりとわかります。改心したハイアラーキーの残党グループをまとめるために、銀河連邦から派遣された人物です。
 記事の残りの部分では、バイオチップについて書かれています。これは心配する必要はありません。すでにキメラグループのメインフレームコンピューターは破壊されています。
 これまでチャネリング情報やコブラの情報を信じている人たちを混乱させないために、このような方法をとっているのだと思います。真相は時事ブログ以外ではわかりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
重大な現況報告 10月9日付
転載元)
A Major Situation Update

このレポートの内容には、人によって理解し難かったり、動揺したりする部分が含まれています。それでも公表しなければなりません。



キメラグループの掃討は続いています。キメラが太陽系内の戦争の火ぶたを切った後、光の勢力は太陽系中のプラズマ界のテリトリーを相当失いました。そしてプレアディアン艦隊はほぼ完全に退却せねばなりませんでした。



ここ数日で、いくらかのテリトリーを取り戻したので、プレアディアンは戻りつつあります。



物理的なバイオチップが完全に除去されていない事実を、これまでレジスタンスは知りませんでした。バイオチップには、レジスタンスの高度な検知及び除去テクノロジーをもってしても、ひっかからなかった部分があったのです。残念ながら、どの人も、いまだにそうしたバイオチップを少なくとも3つもっています。この3つのバイオチップは、3つの主要なプラズマ・インプラントの物理的アンカー・ポイントになっており、前頭葉と、へその上にあります。



前頭葉のバイオチップは両目の視神経に付けられており、脳の聴覚皮質に人工シナプスで繋げられています。キメラグループは、あなたが見聞きするオーディオ・ビデオ・ストリームのすべてを、自分たちのメインフレーム・コンピューターに絶えず送っています。

(以下略)

「サナット・クマーラ(ルシファー)と闇の軍団」と「カバール」の組織図

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで聖白色同胞団(ハイアラーキー)は、“サナット・クマーラ(ルシファー)の闇の軍団”であると説明して来ました。それと、彼らがカバール(闇)と称するグループの簡単な組織図を書いてみました。ハイアラーキーはカバールと敵対しているように見えて、実は彼らを利用しています。ちょうどアメリカがアルカイダやダーイッシュと戦っているように見せかけて、実は彼らを作り出したのはアメリカであり、彼らをコントロールしているのもアメリカである、というのと非常によく似ています。
 ルシファーと闇の軍団が、なぜこのような混乱を宇宙に作り出したのかですが、それは、彼らの支配を天の川銀河全体に広げるためだったわけです。先代のセントラルサンと協調して、彼らはこうした悪事を天の川銀河全体に広げるつもりだったわけです。
 この図は、真の神々の目から見て、全てが闇の組織です。これらとは別に、本当のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦が存在します。さらにその上に、天津神が存在しています。天津神で最もよく知られているのは、日本の神社に祀られている神々だと思えば結構です。
 注意しなければならないのは、これらの闇の組織に属する人物が全員悪人だと言うわけではないことです。例えば、星の教団のトップであったアダマは真実に目覚め、現在、彼は完全に解放された状態で神々と共にあります。これらの闇の組織のメンバーの多くは彼らの教義に深く洗脳され、自分たちが光に属していると信じていました。同様に真の神々に属するグループのメンバーが、全員善良というわけでもありません。中には権力志向で、およそ神の名に値せず、滅ぼされた者も多く居ます。
 コーリー・グッド氏はカバールの中枢であったSSP(秘密の宇宙プログラム)に勤務していた人です。大変善良な人で、SSP内部で彼らの行動計画に反逆したSSP同盟のメンバーとの連絡を取っていたようです。そのコーリー・グッド氏が接触した球体連合は、図の宇宙聖白色同胞団のグループです。コブラは、図のエソテリック同胞団に属します。コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7つのグループは、図の星の教団になります。彼らは、地球上の様々なグループと接触しており、その1つがドイツ騎士団です。日本の八咫烏も、星の教団の下部組織です。ポジティブなテンプル騎士団も、ここに属すると思われます。
 図の赤字の人物は、それぞれの組織のトップです。“続きはこちらから”以降では、わかりやすいように絵や写真を使って組織図を描いています。この中で、特に奇妙で恐ろしく感じられるのが、マームテリアス、ヘンリー・ブレイクスピア、ペペ・オルシーニでしょう。まだ、コーリー・グッド氏が会ったというトライアングル・ヘッドの方が生命体らしいと感じるほどです。
 冗談はこのくらいにして、波動がわかる人は、アスケットの写真を見てその恐ろしさを感じ取るかもしれません。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
PDF

PDF



» 続きはこちらから

レッドドラゴン大使のレポート要約:銀河連邦に属するマックス大尉の言葉 〜カバールやハイアラーキーの残党を処分するためにやってきた神々・宇宙人〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月29日のレッドドラゴン大使のレポートからの要約だということです。大変面白い記事なので、引用元で、より詳しい情報をご覧ください。
 私が興味深かったのは、下に引用したマックス大尉の言葉です。一見トンデモな発言ですが、全て事実です。彼は自分自身を“銀河司令官で自分の惑星系の王”だと言っています。“宇宙に船を持っておりその船は木星よりも大きく、彼自身は第17宇宙にある恒星系で第21次元から来た”と言っています。1958年に5歳の少年の身体にウォークインしたようです。
 9月8日に紹介した記事で、 20次元のエネルギー体だというカジラジ氏についての情報を記しましたが、そのときの記事を参考にしてもらうと、このマックス大尉のこともわかると思います。
 2014年9月23日の記事で、アンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦に属する者の所属次元の表を示しましたが、それも参考にしてください。マックス大尉は第3システム国津神第3レベル(所属次元16次元)の銀河連邦に属する人物です。進化段階は18.0です。
 このレポートから、レッドドラゴンの大使やコブラは、本当の銀河連邦と接触しているのがわかります。ただコブラと彼の情報源の能力では、マックス大尉が本当のことを言っているということが確認出来ないかも知れません。所属次元と進化段階が違い過ぎます。
 マックス大尉は、太陽が10セント硬貨にしか見えないような「巨大な別の宇宙船のヴィジョン」を見ています。その宇宙船には“身体に殻があり、大きな鉤爪を持ち、顔はどこも暗かった”という不思議な存在が乗っていたとのことです。彼らは第4システム国津神第4レベル(所属次元20次元)のプレアデス評議会に属する神々です。りゅう座β星ラスタバンから来たようです。彼らは通常の人間の姿をしていますが、エーテルダブル(ライトボディ)を意図的にこの姿で表現したようです。
 “彼らがここにやってきた本当の理由は、地球上のすべてのカバールとネガティブなエンティティを排除するため”だと言っています。
 私は9月17日の記事でプレアデス評議会について触れ、カバールが殲滅された事をお伝えしました。また、19日の記事で、ハイアラーキーの残党たちが、処分された事をお伝えしました。こうした私の発言が、今回のマックス大尉の言葉を見ると、正しいということがわかるのではないでしょうか。
 カバールやハイアラーキーの残党の処分には、肉体ごと滅ぼされた者と、収監された者が居ます。私は、おそらく神々・宇宙人は敵の宇宙船ごと捕獲して、宇宙船をそのまま刑務所に出来るのだろうと想像していましたが、マックス大尉の言葉から、その想像が正しかったとわかりました。こうして拘束された者たちの中には、その後、処刑された者が多数存在します。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
私のインタビュー整理ノート
転載元)
~7月29日GoldFish Reportより~

(中略) 

2016年7月29日GoldFish Reportより~ 
(訳者:興味をひかれたところだけ抜粋、要約しています)

(中略) 


The New Human 

(中略) 

ルイザ:マックス大尉もイベントが間近だと考えています。コブラの言うイベントと同じものをさしているのかわかりませんが、リモートビューワーとしてイベントを説明してくれますか?

マックス:(地球人にウォークインした)私は銀河の司令官で、現在、宇宙に船をもっています。木星よりも大きな12万マイルもある船です。私は、ある大きな別の宇宙船のヴィジョンを見ました。 (中略)…これに比べると太陽は10セント硬貨のようでした。 (中略)…その船が近づいてきたのですが、内部にいたのは、私がこれまでに見たこともないような存在でした。体に殻があり、大きなかぎ爪をもち、顔はどこも黒かったです。普通の人なら怖がるでしょうが、私は怖くありませんでした。 (中略)…彼らがここにやって来た本当の理由は、地球上のすべてのカバールとネガティブなエンティティーを排除するためです。彼らは私に言いました。これが審判の日であり、人々が待ち望んでいるイベントなのだ、と。

(中略) 

私はエリア51の司令官にS4(という極秘エリア)に連れて行かれ、Bay7にあった宇宙船を見ました。彼は私に宇宙船を開けられるか尋ねました。分からないと言ったとき、宇宙船がテレパシーで私に話し始めたのです。 (中略)…私が左手を船底にあてたとき、 (中略)…ドアが開いたのです。 (中略)…船は、情報の大きなフラッシュが私のマインドに伝えられているところだと言いました。まるでダウンロードです。私は、船がどのように造られているか、どこを旅したか、どこで造られたか、船の年代を知ることができました。 (中略)…私はよそのインタビューで、それがプロキオンの船だと言ったことがありますが、本当はレプタリアンの宇宙船でした。私が未来から来ているため、船は私を認識したのです。未来と言っても、あなた方の未来ではありません。 (中略)…私は、第17宇宙にある恒星系で第21次元から来ています。 (中略)…私は1958年に初めて地球に来ましたが、この体は5才になっていました。1953年に生まれた体でしたが、入り込むことができました。 私は銀河司令官で、自分の惑星系の王です。 (中略)…私の船にはとても進歩した、信じられないような兵器があります。私たちは人々を殺さずに、どんな船にも信号を送ります。船の大きさは問題ではありません。私たちは、エンティティーたちを連れて行くために創った次元に船を移送し、暴力無しでどんな人生を生きられるか、彼らに見せます。彼らの船にレプリケーターを送り、彼らに必要な食糧や水が得られるようにしてあげます。ただし、そこから出るために用いられないようになっています。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

[創造デザイン学会]「アサドを殺せ」令状 〜第三次大戦を引き起こそうとしたカバールと新世界秩序を築こうとしたハイアラーキー〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 シリアの戦争が、アサド政権を倒しアメリカの傀儡に置き換える政権交代作戦である事は明白で、アメリカは第二次大戦以降、ずっとこうした事を行ってきました。
 記事で興味深かったのは、文中の「 」の中で書かれている内容で、アメリカは1949年にシリアで、民主的に選ばれた大統領をアメリカの傀儡にすげ変えようとして失敗していたという事実です。“どうやらCIAは怠け者で、新しい脚本を書くことも面倒らしく、彼らは古い台本を引っ張り出してきて、役者だけを変えたようだ”ということです。彼らは何度も繰り返し似たような作戦を遂行してきたのでしょう。それだけ、人類が同じ方法で繰り返し騙されてきたということだと思います。インターネットのおかげで、人類はこうした彼らのワンパターンに、ようやく気づきつつあります。
 何度騙されても騙され続け、未だにマスメディアの報道を信じる大多数も愚かですが、自分たちの古いやり方を変えることが出来ない権力者たちも愚かです。結局、この両方の愚かな人達が、地球の霊的進化についていけず、最終的に排除されるということだと考えています。問題はその排除のされ方です。
 カバールたちは、自分たちの科学力で、この変動を生き残れると信じていたようです。第三次大戦を引き起こし、大量に人々を殺戮し、その後の核の冬で人類の9割がたを滅ぼす。自分たちは南極の地下基地に逃れ、宇宙にいる彼らの仲間たちの科学力で破壊された地球の浄化を行い、ある程度地表に人が住めるようになってから穴から這い出してきて、なんとか生き残った人類を完全支配する、というシナリオだったのでしょう。
 その第三次大戦を起こすきっかけがシリアであり、その後のイランだったのです。
私が“相対的な光”と呼んでいる勢力は、こうしたカバールの計画と戦って来たわけですが、彼ら自身も将来的な地球に対する支配権に基づいた、彼らの計画を諦めませんでした。聖白色同胞団(ハイアラーキー)の計画を見れば、彼らが国連を用いて、新世界秩序を築こうとしたのは明らかです。連日のチャネリング情報を見ると、彼らが、“巨大な太陽フレアとポールシフト、そして地球の寒冷化”を計画していたことがわかります。
 自分たちで、地球上に人為的な破局を作り出しておきながら、自分たちを光と自称し、創造主と一体であるとうそぶくほど、彼らは良心を失っていました。彼らの言う創造主は、おそらく、ルシファー(サナット・クマーラ)と彼の擁護者であった先代のセントラルサン(ソース)の事でしょう。
 カバールと共に、こうした悪しき連中は、皆ことごとく滅ぼされてしまいました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「アサドを殺せ」令状
転載元)
(前略) 

Mike Whitney
September 15, 2016

「西側は 10 年間もテロリストと戦ってきた。 その過程で何百万の人間を殺した。今、彼らは シリアで、同じテロリストを支援している。そ して私が悪者のようだ」 ――シリア大統領バシャール・アル‐アサド

「西側は 10 年間もテロリストと戦ってきた。 その過程で何百万の人間を殺した。今、彼らは シリアで、同じテロリストを支援している。そ して私が悪者のようだ」
――シリア大統領バシャール・アル‐アサド



シリアの戦争は普通の意味での戦争ではない。それはシリアやイラクがそうであったよう に、政権交代作戦である。

この戦争を動かしている主役は、
第二次大戦終結以来、50 以上の主権政府を覆してきた国 家、すなわちアメリカである。(See Bill Blum) https://williamblum.org/essays/read/overthrowing-other-peoples-governments-the-master-list

(中略) 

イスラム過激派を武装させ、資金援 助することは正しいことではない――それによって50万人が殺され、さらに700万人が住 処を追われ、国家は居住不可能の荒れ地になった。

(中略) 

アメリカが、ダマスカスに傀儡政権を設けようとしているのは、東方にパイプ ライン回廊を確保し、カタールから EU まで、(中略…)これらの埋蔵物が今後もずっと米ドルで取引され、アメリカの国庫とアメリカ の金融資産にリサイクルされるようにするのが目的である。

(中略) 

戦争が始まっ たのは 2011 年、シリア経由で、ガスをカタールから EU まで送ろうとするカタールの計画 を、アサドが拒絶したときである。

(中略) 

当然ながら、サウジ、カタール、トルコ、アメリカの政府はアサドに激怒した。

(中略) 

ワシントンとその悪だくみ同盟者は、ダマス カスに密かに代理戦争を仕掛け、アサドを殺すか失脚させて、確実に、西側の石油巨人たち が将来のパイプライン契約を奪い取り、ヨーロッパへのエネルギーの流れを支配すること だった。それが少なくとも計画だった。

(中略) 

しかし、この話の特に興味を引く点は、アメリカが、60 年近く前のアイゼンハワー政権の 時代に、ほとんど同じ計画を試みていることである。

    (中略…)CIA は 1949 年にシリアで、その積極的な干渉を始めたが、それはシリアの民主的に選
    ばれた大統領、シュクリ・アル‐クワイチが、アラビア横断パイプライン、つまりアメ リカがサウジアラビアの油田を、シリアを経て、レバノンの湾港につなぐ目的だった計 画を、承認するのを躊躇してから 1 年も経っていなかった。(そこで)CIA はクーデタ を計画し、アル‐クワイチを、CIA の選んだ独裁者フスニ・アル‐ザイムというゆすり の有罪犯にすげ替えた。アル‐ザイムには、議会を解散してアメリカのパイプラインを 承認する時間がなかった。彼の国の人民は、政権樹立から 14 週目に彼を罷免した。

    (CIA 要員の)ロッキー・ストーンが、1956 年 4 月に、シリア・ポンドで 300 万ドル を携えてダマスカスに着いた。このカネは、イスラム軍団を武装させて刺激し、シリア の軍官僚と政治家に賄賂を使って、アル‐クワイチの民主的に選ばれた世俗政権を覆 す目的だった。

    しかし CIA のそのすべてのカネは、シリアの軍官僚を腐敗させることはできなかった。 兵士たちは、CIA の賄賂の試みを、このバース党政権に報告した。これに応じて、シリ ア軍はアメリカ大使館を占領し、ストーンを捕虜にした。厳しい訊問の後、ストーンは、 イランのクーデタや、CIA のシリアの合法政府転覆の失敗した試みに、自分が果たし た役割をテレビ放送で告白した。...(その後)シリアは、アメリカによしみを通じたす べての政治家を追放し、国家反逆罪で彼らを処刑した。」


いかに歴史は繰り返すかがわかるであろう。どうやら CIA は怠け者で、新しい脚本を書く ことも面倒らしく、彼らは古い台本を引っ張り出してきて、役者だけを変えたようだ。

(中略) 

ブッシュのイラク侵略と、オバマのシリア侵略の間に違 いはない。

(中略) 

オバマとその同盟者は、民主的に選 ばれた世俗的政権の転覆を試みた。この政権の罪は、この地域でアメリカの支配を更に強化 するはずの、パイプライン回廊への協力の要請を拒んだことである。それこそ、ISIS が暴
れるとか、「アサドは残忍な独裁者だ」とか、「アレッポの戦争に疲れ果てた市民」といった ごまかし宣伝の背後で起こっていることである。ワシントンはそんなことを全く気にして いない。ワシントンが気にしているのは、石油と権力とカネである。

(中略) 

それですべてが言いつくされているのではないだろうか?


    読者のコメント:

    いいえ、すべてを言いつくしてはいない。それはその一部を言っているだけだ。我々は、深 刻な競争相手を消し去るために、シリアやその周辺国をバルカナイズ(バルカン半島のよう に勢力を分割する)して、“より大きなイスラエル”を建設しようとするシオニストの計画 を忘れてはならない。アメリカは、石油よりもイスラエルのために、より大きな努力を払っ ている。

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19