アーカイブ: 中国共産党

成田空港で、中国人の帰国ラッシュが起きている! ~郭文貴氏「世界でウイルスが感染拡大しても、中共はその原因を東京オリンピックのせいにできる。…夏から秋に代わる頃、中共は必ずウイルスをばら撒く」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ガラガラの成田空港の出国階(3階)で、中国便のチェックインをする中国人の帰国ラッシュが起きているというのです。「中国人たちは危険な東京から、一刻も早く逃げ出そうとしている」という事なのですが、“毎日中国で、オリンピック中継と同時に、東京がいかに危険な状態になっているかを報道する”ことが帰国ラッシュの理由なのか、それとも別の理由があるのか…。
 新型コロナウイルス変異株(デルタ株)に関しては、感染力は強いようですが、どう見ても弱毒化しているので、これまで取り上げていません。PCR検査の数を増やせば陽性者が増えるのは当たり前なので、取り立てて騒ぐようなものではありません。
 そのPCR検査なのですが、ツイートのグラフは衝撃的ですね。PCR検査の数は増えていないのに、陽性者が増えているように見せる詐欺みたいです。2枚目の拡大画像を見ると、確かに背景の黒に隠れた「めっちゃ暗い色のグラフ」があります。良く見つけましたね。
 ツイートの書き込みを手掛かりに探してみると、このグラフは、東洋経済オンラインの「新型コロナウイルス国内感染の状況」のPCR検査件数のグラフでした。東洋経済オンラインに、この様な詐欺的手法を用いて人々を誤誘導する理由を聞いてみる必要がありそうです。
 さて、中国人の帰国ラッシュが気になるのは、“続きはこちらから”の情報があるためなのです。冒頭の動画は、7月4日の記事で既に紹介したものと同じ内容ですが、メイカさんの言葉が文字に起こされているので、分かりやすくなっています。
 ヨーロッパに亡命した中国人民解放軍の専門家によれば、新型コロナウイルスは、最初に中国広東省でばら撒かれ、次に2019年10月に開かれた「第7回ミリタリーワールドゲームズ」に照準を合わせ、武漢天河国際空港周りでばら撒かれた。しかし、これらは失敗した。そして、11月頃に新鮮市場(華南海鮮卸売市場)でばら撒き、多くの人が感染した。こうした詳細を亡命した専門家はヨーロッパで証言したとのことです。
 「ミリタリーワールドゲームズ」で新型コロナウイルスがばら撒かれたと見ていたのですが、これが米軍によるものでそれを中国の仕業にしたものか、それとも中国によるものかがハッキリとしなかったのですが、亡命した専門家の証言によれば、“中国によるもの”と言うことになります。
 2つ目の動画の10分40秒以降で、日本ではデルタの感染者が増えているが、「郭文貴(かくぶんき)が言った通りです。ばら撒いたのです」と言っています。問題は、「東京オリンピック後は、もっと大変な状況になる」と言っていることです。
 郭文貴氏のGETTRには、「中共は前もって東京オリンピックを開催している日本に、ウイルスをばら撒いている。…東京オリンピック後、世界でウイルスが感染拡大しても、中共はその原因を東京オリンピックのせいにできる。…忘れないで欲しい。夏から秋に代わる頃、中共は必ずウイルスをばら撒く」と書かれています。
 中国人の帰国ラッシュが、この郭文貴氏の警告と関係がなければ良いのですが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
空港で目撃「日本のコロナ、ヤバい」中国人が先を争い日本脱出中
東アジア「深層取材ノート」(第98回)
引用元)
(前略)
首都圏でいま、「ある現象」が起こっているという。(中略)… 人っ子一人いない成田空港の出国階(3階)の風景。本来なら、夏休みに海外旅行へ行く人たちの出国ラッシュになっているはずだ。それが静まり返っているのだから、寂しい限りだ。
(中略)
そんな出国階で、ある一角だけがものすごい人なのである。実に100m以上も、行列ができていた。これは一体何?


ガランとした出発ロビーのある一角だけに出来ている長蛇の列(筆者撮影)
 
実は「ある現象」というのは、東京を中心にした首都圏に暮らす中国人の帰国ラッシュのことだ。中国人たちは危険な東京から、一刻も早く逃げ出そうとしているのだ。行列を作っているのは全員が、中国便のチェックインをする中国人なのである。
(中略)
私は東京の大学に通う留学生ですが、毎日中国で、オリンピック中継と同時に、東京がいかに危険な状態になっているかを報道するので、心配した親から帰ってこいと言われました。中国の専門家は、『アジアでインドとインドネシアに続く感染爆発が起こるのは東京』と言っているそうです。秋学期は中国にいて、オンライン受講にしようと思っています」(20代、女性)
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

21/07/05 フルフォード情報英語版:先週、中国共産党は100年目、アメリカは245年目を迎えた

 7月5日(月)フルフォード・レポート(英語版)です。今回のレポートは、前半、アメリカ解放のヒントを見つけようと、中国共産党の生い立ちと中国がハザール・マフィアから独立したとき(1970年代)の話。後半は、主にワクチンについてです。

中国共産党は、ハザール・マフィアのエージェントにより設立され、フランスのハザール・マフィア、ロスチャイルド家に訓練されたらしく、先日創立100周年を迎えたとのこと。中国共産党は第二次世界大戦(1939-1945年)終了前にアジアの秘密結社によりほぼ全滅。中国共産党が中国で権力を握ったのは、ソ連軍が中国に侵攻し、日本から中国を奪ってから。1950年から1970年代初頭まで、共産主義の中国はソ連の植民地だったが、自国の核兵器を手に入れてから外国の共産党顧問を追い出した。1978年鄧小平が権力を握る。ハザール・マフィアは、1979年中国に支配力を再確立しようとしたが失敗、中国は独立国に。その後、鄧小平は日本に渡り、数十年に渡り二桁の経済成長を達成していた日本の経済モデルを学び、中国の経済成長を達成。欧米もハザール・マフィアから解放されれば、簡単に中国を圧倒できるだろうというフルフォード氏。

ワクチンについては、英・疫学者ニール・ファーガソンが、ビッグテックらに送った秘密文書をMI6がゲット。そこには永続的な医療戒厳令、すべてのパンデミックの真実の完全検閲、街頭での軍隊の展開、「Covid-19」の新しい変異株を絶え間なく放出すること、そしてすべての人にワクチンを強制接種する方法を議論することなどが書かれていたよう。

ワクチンに含まれているナノ粒子は、体温と同じ温度で磁気を帯び、零度以下では磁気を帯びないらしい。グラフェンの分子は、異なる無線周波数を用いて、脳内のニューロンと遠隔モードで相互作用することができ、脳をマッピングし遠隔で指示を送受信することができるとのこと。

ハザール・マフィアは権力を失う前にマインドコントロール・ワクチンを全員に接種させるのに必死だけれども、世界の軍部が目を覚ましてきたのでワクチンキャンペーンは失敗に終わるだろうというフルフォード氏。が、複数の情報源から、ハザール・マフィアは今後数ヶ月の間に、停電、インターネットの停止、食糧不足などを計画していることを確認しているとのこと。

ということで、まだまだ油断できない状態のようで、何が起こっても心の平安を失わなくて済むように、備蓄など準備万端にしておきたい!
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:先週、中国共産党は100年目、アメリカは245年目を迎えた
投稿者:フルフォード

The CCP Turned 100 Last Week, the USA Turned 245

中国のハザール・マフィア独立から、アメリカ解放のヒントを見つける


Last week on its 100th anniversary the Chinese communist party bragged about its success. At the same time, U.S. patriots gathered on July 4th for their 245th Independence Day celebration. While the U.S. may seem down and out now, rest assured as soon as they remove the Khazarian Mafia parasitic infection, as the Chinese did in the late 1970s, the United States will be back. 先週、中国共産党は創立100周年を迎え、その成功を誇示した。同じ頃、アメリカの愛国者たちは245年目の独立記念日のために7月4日に集まった。今、アメリカは落ちぶれているように見えるかもしれないが、1970年代後半に中国がそうしたように、ハザール・マフィアの寄生虫感染を取り除けば、すぐにアメリカは戻ってくるので安心してくれ。

So, this week we will talk about the secret Chinese independence war against the Khazarian Mafia in order to find hints on how to liberate the United States. We will also present a data dump from the Russian FSB on the Khazarian Mafia mind control vaccines being foisted on the hostage peoples of the G7 countries. そこで今週は、アメリカを解放するためのヒントを見つけるために、中国の秘密裏のハザール・マフィアとの独立戦争について話す。また、G7諸国の人質となっている国民に押し付けられているハザール・マフィアのマインドコントロール・ワクチンに関するFSB【ロシア連邦保安庁】のデータ・ダンプを紹介する。
あるコンピューター・システム、ファイル、デバイスから別のものに移した大量のデータ。Cambridge dictonaryより)


中共はハザール・マフィアのエージェントにより設立、ロスチャイルド家によって訓練


Ok, so let us start by noting the Chinese Communist Party was founded by Khazarian Mafia agents operating under the Comintern flag. Many of the early Chinese Communists were trained for their role by the Khazarian Mafia Rothschild family in France. まず、中国共産党は、コミンテルンの旗の下で活動するハザール・マフィアのエージェントによって設立されたことから始めよう。初期の中国共産党員の多くは、フランスのハザール・マフィアであるロスチャイルド家によって、その役割を果たすための訓練を受けていた。
「Communist International(共産主義インターナショナル)」の略称。1919年,レーニンの指導のもとに創立された共産党の国際組織。コトバンクより)



中共は第二次世界大戦終了前にほぼ全滅


The Chinese Communists were nearly wiped out by Asian secret societies -notably the Red and the Green – before World War II ended. Do not believe the fake history about a glorious guerilla war won by the Chinese Communists under Chairman Mao. It was only when the Soviet Army invaded China and took it from the Japanese that the Communists were installed in power. 中国共産党は、第二次世界大戦が終わる前に、アジアの秘密結社(特に赤と緑)レッド・ドラゴンとブルー・ドラゴン(青龍会)?!】にほぼ全滅させられた。毛沢東主席の下で中国共産党が勝利した輝かしいゲリラ戦についての偽史を信じてはいけない。中国共産党が権力を握ったのは、ソ連軍が中国に侵攻し、日本から中国を奪ってからである。

» 続きはこちらから

亡命した中国人民解放軍の将軍(生物専門家)の暴露によって、バイデン政権と大手メディアの態度が変わり、新型コロナウイルスの起源に関する議論が再燃 ~次にばら撒かれる強毒性ウイルス

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は、読者の方からの情報提供です。動画で、メイカさんは新型コロナウイルスが武漢研究所で造られた生物兵器であると語っていますが、これらはアメリカに亡命した郭文貴氏からの情報という事です。
 昨年4月にヨーロッパに亡命した中国人民解放軍の将軍(生物専門家)は、中国にいた彼の家族が、現在、日本政府に保護されたことで、ようやく武漢ウイルスの真相を語ることが出来るようになったとのことです。彼は、ヨーロッパの会議において、習近平政府が武漢ウイルスをばら撒いたという事実を、詳しい資料と映像で公開した。この将軍の暴露によって、バイデン政権と大手メディアの態度が変わり、新型コロナウイルスの起源に関する議論が再燃したという事です。
 次にばら撒かれる強毒性ウイルスは、インド、オーストラリア、日本、台湾、ニュージーランド、ブラジルの6カ国になるとのこと。
 2つ目の動画で、郭文貴氏は、「私は、初めて面と向かって西側の首脳から話を聴いた。米国は、中共に対して、イランのソレイマニ司令官と同じような首切り作戦を取る可能性が大とのこと。…ウイルス起源について米国、NATOが確定次第、共産党が調査に協力するか否か、証拠を開示するか否かに関係なく直ちに行動を開始するそうだ。…西側諸国は、ウイルスが武漢実験室から来ていると認定すれば…共産党員とその家族の海外資産を全て凍結する。…国際社会は、中国共産党の消滅が世界的な正義や次世紀の主要な課題であると公式に発表する」と言っています。
 「郭文貴からの緊急メッセージ——迫り来る新たな危機」という動画は、7月1日の記事で紹介しましたが、この動画の中で郭文貴氏は、「中国共産党は今後、今年(2021年)の夏から秋にかけて…再びコロナウイルスを放出する可能性がある。しかも、今回のウイルスの危険性は前回より遥かに上回るものである」と言っていました。
 この関係で、東京でのオリンピック開催は、極めて危険だと言えるのではないでしょうか。強毒化したことにされる変異ウイルスが、オリンピック開催に合わせてばら撒かれる可能性が高いと見るべきではないでしょうか。
 “デルタ変異体による死亡率は「完全に予防接種を受けた」個人で約8倍高い”という最新のデータがあるようです。これが強毒性ウイルスなら何倍になるのか…。
 こうした情報を考慮したうえで、将来に備えておく必要があります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
驚愕! 武漢肺炎ばら撒きの真相!中国亡命幹部欧州で証言
配信元)
————————————————————————
「ウイルス起源が確定され次第、西側が中南海に対する首切り作戦を開始するはずだ」郭文貴氏が述べた
配信元)

ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルの99%はグラフェン・オキサイドであることが判明 / 中国共産党は2021年の夏から秋にかけて、前回より遥かに危険性の上回るコロナウイルスを放出する可能性

竹下雅敏氏からの情報です。
 「スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていない」という事がわかったとのことです。
 グラフェン・オキサイドのナノ粒子は、脳細胞やニューロンと互換性があり、「5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性」があると書かれていますが、想定した通りです。
 “COVIDワクチン(どのメーカーも同じ)は、グラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノ粒子を使って製造された。COVIDワクチンは、人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをする。超電導であり脳細胞と容易に一体化する”という彼らの主張は、既に6月10日の記事で取り上げました。
 今回は、ファイザー社のmRNA ワクチンのサンプルで、確証が得られたという事だと思います。ただ、一方で、6月26日の記事で取り上げたように、元WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)の内部告発によれば、“mRNAワクチンにはナノチップが含まれている”という事でした。
 今日の記事では、“ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何 も使われていない”と書かれています。肝心のmRNAを含んだ脂質ナノ被膜が入っていないのです。
 先に、“想定した通り”と書きましたが、この「99%がグラフェン・オキサイド」のサンプルは、mRNAワクチンではなくプラシーボとして使用するものだと思います。先に記事のコメントに記したように、ワクチン接種のパフォーマンスをする大臣たちに打つのは、こちらの方だと考えています。
 “続きはこちらから”の動画をご覧ください。日本保守党党首・代表理事の石濱哲信氏は、“中国共産党は日本を侵略し自分たちのものにすることを隠していない、現在、残念ながら私たちの国の政府の政治家、いわゆる利権屋さんたちは、一人も日本人は居ないというのが、わたくしの認識です”と言っています。
 7月1日から10月10日までの間に、大きな動きがあるものと見ていると言っていますが、次に撒かれる「生物兵器」のウイルスは、“これまでのHIVの4種類の他に、狂牛病の原因となっている異常プリオンと、もう一つ狂犬病となるような分子構造が入っているという情報が伝わってきている(7分28秒)”とのことです。
 「郭文貴からの緊急メッセージ」という動画の、“中国共産党は今後、今年(2021年)の夏から秋にかけて…再びコロナウイルスを放出する可能性がある。しかも、今回のウイルスの危険性は前回より遥かに上回るものである(1分40秒)”という情報と一致します。
 さらに下のフェイスブックの記事も参照してください。こうした観点から、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を考察すれば、中国共産党と共にワクチン接種を勧めている連中が、何を考えているのかが良く分かるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7/1- その1 ファイザー社のmRNA「ワクチン」とグラフェン・オキサイドについて
引用元)
(前略)
Vaccines Deliver Graphene Oxide Nanotubes for 5G Mind Control - henrymakow.com
(概要)
6月21日付け
(中略)
La Quinta Columnaと呼ばれるオンライン番組の司会をしているアンダルシアの生物統計学者、リカルド・デルガド氏とパートナーのホゼ・ルイス・セビラノ医師(ホームドクター)が、多くのワクチン接種者が磁気を帯びる現象について分析しました。

分析の結果、彼等は、ワクチンに含まれているグラフェン・オキサイドのナノ粒子が脳細胞やニューロンと互換性があることを突き止めました。グラフェン・オキサイドのナノチューブはシナプスを探し出して結合します。

グラフェンのナノ粒子は行動変化を起こす周波数によって興奮しやすくなります。正確には、グラフェンのナノ粒子は、5Gテクノロジーの41.6GHzの周波数のマイクロ波に共振します。グラフェン・オキサイドが含まれている「ワクチン」の接種者は、5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性があります。
(中略)

henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
6月30日付け
(中略)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
 (画像 左:ファイザー社のmRNAワクチン、右:グラフェン・オキサイド)

スペインのウェブサイトLA QUINTA COLUMNAによると:
スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていないことがわかりました。
(中略)
この素材を血管に注射すると血液が磁性を持つようになります。
(以下略)

» 続きはこちらから

「米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させること」が目的だとする董経緯氏の亡命の噂に関する顛末 ~取り返しのつかない失敗になってしまう可能性も秘めた中国共産党の戦略

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月24日の記事で、“中国共産党の情報機関である国家安全部の董経緯副部長が米国に亡命したという噂”を取り上げました。冒頭の動画で、董経緯氏の亡命経緯を明らかにしていますが、こうした情報は、アメリカ政府の情報筋によるもの(1分25秒)だという事です。
 “董経緯氏は、今年2月中旬にカリフォルニアの大学に通う娘に会うために米国入りし、カリフォルニアに到着した後、米国防情報局(DIA)の職員に連絡して、自身の亡命計画と機密情報を彼らに話した”という事だったのですが、大紀元によると、“中国公安部の公式サイトは、23日に開催された上海協力機構(SCO)の第16回安全保障会議に出席した董経緯氏の写真や動画を公開した”とのことです。
 情報が錯綜していますが、「路徳社NEWS」はこの件に関して、中国共産党は、“わざと嘘な情報を海外メディアに流し、大々的に報道させ、そして、二人の高官を人々の前に登場させることで、海外メディアの信用度に打撃を与えようとしている”と見ています。
 「米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させること」が目的だというのですが、こちらのブログに、この「十面埋伏の計(じゅうめんまいふくのけい)」について、“ただこの戦法は読み間違うと、取り返しのつかない失敗になってしまう可能性も秘めています”と書かれています。 
 まったくその通りで、「路徳社NEWS」の見解が正しかったとしても、この戦略は危険の方が大きいように感じます。“史上最高位の亡命者が、武漢ウイルス研究所から中共ウイルス(新型コロナウイルス)が流出したという「決定的な証拠」を米国に提供した”というニュースが、世界中を駆け巡ってしまうからです。一般には、フェイクニュースの方が拡散しやすく、人々は信じやすいからです。
 私は、「路徳社NEWS」とは異なり、中国公安部の公式サイトが公開したとされる「董経緯氏の写真や動画」の方がフェイクだと考えています。オンラインで開催された会議なら、ディープフェイクは簡単だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国に亡命した中共幹部が暴露した仰天機密
配信元)
————————————————————————
亡命説の中国高官、姿を初披露 情報錯綜
引用元)
(前略)
中国の情報機関である国家安全部(省)の董経緯副部長(次官級)が米国に亡命したと海外メディアが相次ぎ報じるなか、中国当局は、董氏の写真や動画を公開した。噂を払拭するためとみられる。
 
中国公安部の公式サイトによると、同部の趙克志部長は23日、国安部の董副部長ら4人の幹部とともに、オンラインで開催された「第16回上海協力機構(SCO)加盟国国家安全保障会議事務官会議」に出席した。報道には、会議に出席した5人の写真も掲載されている。
(以下略)
————————————————————————
6/25 路徳社NEWS(米国時間 6/24朝+6/24夜)
引用元)
(前略)
米国に亡命が噂されていた中共国国家安全部副部長董経緯は昨日、上海で行われた上海協力機構加盟国の第16回安全保障会議の幹事会に出席した。中共公安部はその後、会議の写真を公開し、中共公式メディアCCTVも会議に董経緯が出席しているところを公開した。
(中略)
実は、このようなやり方は中共の「十面埋伏の計」である。
 
彼らはわざと嘘な情報を海外メディアに流し、大々的に報道させ、そして、二人の高官を人々の前に登場させることで、海外メディアの信用度に打撃を与えようとしている。

中共は米国メディアの自由報道を利用し、米国メディアの信用度に打撃を与え、米国人を混乱させようとしている。
 
その真の目的は、米国メディアの、中共ウイルスの実験室起源に対する報道の信憑性を低下させることである。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7