アーカイブ: 前世/臨死体験

前世を科学的に検証するタッカー博士 と 前世の詳細な記憶を持つ少年 〜前世が存在する決定的証拠〜

 「死後も意識は生き残り続け、前世の記憶を保ったまま、次の人の脳に張り付く」と主張する米ヴァージニア大学医学部精神科のジム・タッカー博士が、前世の記憶も持つ子供達の多くの事例を集め、科学的に検証した概要を翻訳者のYutikaさんがまとめてくださいました。
 "続きはここから"以降の前世の記憶を持つジェームズ・レイニンガーくんの事例は、前世が存在する決定的証拠だと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
前世の記憶をもつ子どもたちが存在することを御存知ですか。前世を学問として科学的に検証している人々もいます。この記事は2014年にカリフォルニア州で開催されたタッカー博士の講話「シンクロニシティ:物質と精神」という動画を糸口に、関連情報を他サイトから補って纏めています。



◆前世研究の中心地◆



ヴァージニア大学の医学部では前世の研究を半世紀以上も継続しています。心理学の教授であるイアン・スティーヴンソン博士が1950年代後半に開始した研究を、今は小児精神医学を学んだジム・タッカー博士が受け継いでいます。

集められた事例は2500以上。スティーヴンソン博士は、インドやスリランカ、ミャンマー、レバノン、トルコやタイといった前世の概念が普及しているアジア圏が多かったのに対し、タッカー博士は西洋の事例も積極的に研究しているのが特徴です。

ただ、タッカー博士によると、西洋では子どもが前世のことを話すのを親が受け入れないことが多く、その動揺を嗅ぎ取った子どもは記憶を封印してしまうのだそうです。よって報告された数は、タッカー博士がサイトを立ち上げてから増えているものの、東洋ほどではありません。

昨今流行りのドラマや映画を見ていると、アメリカでも抵抗がないんだと勘違いしそうですが、キリスト教の伝統的な解釈では邪教そのもの。死んだらお墓や天国で大人しくイエス様の最後の審判を待ち続けないといけませんからね。前世など存在してはいけないのです。サイトによっては、そんな記憶は「悪魔の所業」と大真面目に断罪するところもあるくらいです。


pixabay[CC0]



◆前世を語る平均年齢◆



タッカー博士曰く、前世を覚えている子どもというのは、大半が王様だの有名人だのではなく、一般人で尚且つ同じ国に生まれ変わることが多いそう。しかも催眠術などで誘導されたのではなく、ごく自然に話し出すのだそうです。

死亡してから生まれ変わるまでは、平均して4年半。16箇月から50年という開きがあるものの、普通は数年なようです。

話す内容は、事例の四分の三が自分がどう死んだか。つまり死ぬ直前にいた人々や出来事が大半だそうです。前世と今生の間について語るのは2割ほどで稀だそう。

6から7歳になると語るのを止めますが、一部の子どもは何らかの記憶をその後も維持しているようです。そういえば、脳の神経細胞の9割が完成するのは6歳だそうですが、脳の発達と関係しているのかもしれません。


pixabay[CC0]



◆死亡原因とその痕跡◆



そして前世を記憶している子どもの7割が自然死ではありません。事故・自殺・殺人など、強烈な印象が残っているのでしょうね。溺死したせいで、水を異常に怖がる子どももいました。また、若くして死亡した事例が多いようです。集めた事例における死亡年齢の中央値は28歳です。

子どもたちが前世について話し始めるのは平均すると35箇月目から前世の家族に会いたいと泣いたり、自分を殺した人間への怒りを表したり、感情的なことが多いそう。狩りで誤って撃たれた男が同じ村に生まれ変わり、二歳の時にはその狩り仲間を絞め殺そうとしました(赤ん坊ですから大した被害は無かったと思いますが)。

さらに、死亡の原因となった傷が痣や肉体的欠陥として残っていることもあるそう。銃で殺害された元ギャングは、撃たれた銃痕が後頭部に、その銃が通過した痕が額に痣として現れました。

これを率先して招来する文化もアジアには複数あるそうで、亡くなった人の生まれ変わりを見つけられるように、死体に染料などで印をつけるのだそうです。タイでは、祖母に描かれた印を首元の同じ場所に持つ孫が生まれています。スティーヴンソン博士は20、タッカー博士は18もの同様の事例を記録しています。


心臓の外科手術中に死亡したミャンマーの少女は、友人たちが口紅で首の後ろに付けてくれた赤い印と、心臓の手術痕の両方を痣として持っていました。



BBCのドキュメンタリーによると、イギリス人パトリシア・オーストリアンは、1歳になった息子のエドワード君が陰気な霧雨の日には酷く塞ぎ込み、怖がることに気が付きました。また重度の扁桃炎に罹っており、それを「撃たれた場所が痛い」と表現するのです。

喉に大きな嚢腫が出来たために、まずは扁桃腺を除去する手術を受けました。その夜、エドワード君は自分はジェイムズという名前で18歳、霧雨の日に重いライフルを担ぎながら泥の中を行進しており、喉を撃たれて死んだと母親に話したのです。フランスでの塹壕の様子、つまり第一次世界大戦の描写です。この時エドワード君は四歳でした。

こうして前世を語ることにより、命に関わると宣告された嚢腫は自然に消滅していきました。摘出するつもりだった医師は、解明出来なかったそうです。

また、煙草や飲酒、さらには食事の好みを今生まで引き摺る子どももいます。男女の性別が前世と逆転したのは1割。死ぬ前は男に生まれ変わって自分の夫のように愛人を持ってやると語っていたタイの老婆が、孫にあたる少年に生まれ変わり、新しい母親の化粧を使いたがるなど、自身の今生の性に悩む事例もありました。

» 続きはこちらから

人類への警告 〜神が求めていること〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 先の記事との関連の動画です。この動画を見て、恐怖を覚える人たちが圧倒的多数なのではないかと思います。そのくらい、地球上のほとんどの人は偽りの人生を生きています。この動画は、タイトル通り、正に“人類への警告”です。
 おそらくこの男性が経験したのは、幽体離脱ではなくバーチャル・リアリティだと思います。コーリー・グッド氏によると、氏自身の体験から、バーチャル・リアリティと現実の区別はつかないそうです。何人もの人間を同時にバーチャル空間に放り込むことも可能だと言っています。なので、宇宙人がこの男性にこうした体験を与える事は、比較的簡単ではないかと思います。
 この中で、非常なリアリティで、裁かれた人たちがポータルを通じて、地獄の業火の中に投げ込まれる様子が語られています。ですが現実には、現在地獄は存在しません。死後、魂が永遠に地獄の炎で苦しめられるというような事はありません。この動画の描写は、例えばコブラが言う、悪人がセントラルサンに連れて行かれて、すべての体が分解されるという描写に近いのではないかと思います。すべての身体と魂は滅ぼされ、モナドのみが残ります。モナドはもう一度、長い時間をかけて進化をやり直すということになるわけです。先の記事とも繋がりますが、残念ながら現在の地球上でもう一度ゼロからやり直さなければならないのは、1000人中999人です。
 神が求めているのは、何も難しいことではありません。下の記事でマサイの男性が語っている通り、全く簡単な事を求めているだけです。特定の宗教を信じる必要もなく、神を信じる必要もありません。むしろ、真の意味で良心に従って生きている人は、何も問題は無いのです。なぜなら、あらゆる秘教が教える通り、人間のハートの中心である良心と神の意識は本来同じものだからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人類への警告
配信元)


————————————————————————
引用元)
最近は、量子論の専門家までが、

image

あの世を証明し始めている、

ペンローズ卿: 我々の多くは必ずしも意識が何かを知りません。が、それはちょうど量子状態で格納される1箱(1パケット)の情報であると。驚くべきことに、人が死んだあと、その情報(それは人間の細胞の中の微小管microtubulesに保管される)が、体を離れるという証拠を見つけました。

人が(一時的に)死ぬと、この量子情報(意識)が宇宙に放たれる(公表される)、そして、主人(本人)が生き返る時だけ、体の細胞に戻ります。これが人々がなぜ臨死体験をすることができるかの理由です。死が確定されると、この量子情報(意識)は、体を離れた魂に向かいます。

他の研究者たちいわく: *人間には、死後、体を離れる魂があり、体なしで永遠に生き続けることができる。

我々の物理世界(自然界)は単なる(人の)認識(感覚)の世界であり、一旦、我々の体が死ぬならば(認識がなくなるなら)、無限の生命がその向こうに待ち受ける。

ハンス=ペーター博士: 
*我々が現時点、この世界で、それと認識するものは、実は、物質レベルに過ぎず、我々の理解の限界です。 
向こう側にあるものは、無限の現実であり、より大きいものです。 
*体は死にます、しかし、精神的・霊的な量子フィールドは続きます。このように、私は不滅なのです。

(以下略) 


————————————————————————
【マサイ通信】第55回:マサイ族が考える「幸せ」と「幸せになる方法」
引用元)
GO羽鳥

happymaasai1

スパ! みんな元気か? ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。いきなりだけど、みんなはハッピーかな? 日本語で言うなら「幸せ」かな? オレはハッピーだ。

(中略) 

金もないけど幸せだ。

(中略) 

今回は、マサイ族のオレが考える「幸せ」と、「幸せになる方法」を教えたいと思う。

(中略) 

まずオレが思う幸せは、「ノーストレスの状態」であることだ。

(中略) 

たとえお金持ちになっても、どこかでストレスを感じたら、それは絶対に幸せとは言えない。何かでストレスを感じたら、それは捨てるべきだし離れるべき。ノーストレス、それが答えだ。

(中略) 

では、どうしたら幸せになれるのか? その答えもシンプルだ。神を信じ、人生を神にゆだねる……だけだ。別に特定の宗教の神じゃない。

(中略) 

神様に “生かされている” って思うことが幸せに生きるコツかもな。んじゃ、オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族) 意訳:GO羽鳥

[Eden Media]パーティーで死んだ女の子 〜臨死体験:自分で下す人生の審判〜

 動画の女性が、自分に起こった臨死体験を語ってくれています。若い頃に教会に数回行った程度で宗教的背景をほとんど持たず、臨死体験するまでは死後の世界を確信していなったようです。
 2010年2月20日、この女性はパーティーの最中にキッチンで倒れ、肉体から離れ、倒れている自分を見て、死を自覚したようです。その後、天井に巨大な光が現れ、その光に導かれるようにして、どんどん上昇して行きます。また、その光に包まれる快感は、上昇(地球から離れる程)するほど増していき、この世では考えられない程のものだったようです。
 後ろを振り返ると地球が見え、「それはあなたが立ち、アリを見下ろす程度だった」「我々の全宇宙はアリ程度の大きさだった」と述べています。唯物論の宇宙観を象徴しているのかもしれません。
 この動画の中で最も大切なのが、6分00秒〜7分37秒だと思います。光の中で、今までの人生がすべてフラッシュされ、それを見た女性は「完璧な失敗だと思った」ようです。それは「自己中心的な人生を送り、自分だけの為に、地球上の誰も助けず、または一切与えなかった」と感じたからのようです。地上ではそれが当たり前でも、光の中では、それが違和感として感じられたようです。ドキッとするようなこの部分は、今後の人生を送る上でしっかりと認識し、良心に恥じない生き方をしなければならないことを示唆していると思います。
 その後、愛犬と親友が現れ、放って置けないと感じたこの女性は「準備は出来ていない」という言葉が自然に出てくると、「生きたいなら示しなさい」という"神様の声"が聞こえ、「OK」と伝えた瞬間、光が消え去り、来たルートを戻り、肉体に戻って行きます。
 臨死体験をした人はかなりいますが、私が印象に残っているのは、福島大学元教授で、飯田史彦氏の「ツインソウル」完全版 死にゆく私が体験した奇跡という本でした。著者は脳出血手術時の臨死体験中に光から3つの問いかけをされます。それは「十分学んだか?」「十分愛したか?」「十分使命に生きたか?」です。このような問いかけに「Yes」と答えられるように、日々の生き方を見つめ直すことはとても大切だと感じます。
 宗教学講座のスウェデンボルグの霊界12でも、詳細な死後の世界と人生において何が重要かその基本を学ぶことができます。
(編集長)
————————————————————————
パーティーで死んだ女の子
配信元)

神秘体験と心の浄化の重要性 〜「死後の世界」は存在する:米有名科学者「脳は意識の受け皿にすぎない」〜 

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事に書かれているのが、まともな考え方です。“脳が意識を生み出しているわけではない”というのがポイントです。肉体、特に脳は、私たちがこの世界に意識の焦点を合わせるための道具なのです。したがって、プラズマ体やライトボディ、あるいは幽体に意識の焦点を合わせられる人は、その周波数に合った世界が、この3次元と同様に現れるわけです。そうした体験をヨーガでは三昧(サマーディ)と言います。
 西欧哲学では心と体に分けますが、これは間違いです。正しくは、意識と心と体の3つに分かれていて、しかもこの3つは三位一体で不可分です。体があれば、相応する心と意識があります。意識の波動が一番高く、次に心、そして体の順に波動は下がってきます。意識は見るものであり、心と体が見られるものなのです。この2つはコインの裏表のようなもので、分けられません。
あなたが死ぬと、広義の肉体(狭義の肉体、プラズマ体、ライトボディ)とエーテル体は滅びます。しかし、内側の身体である微細体(アストラル体、メンタル体)と原因体は残っています。この上位の身体とこれらに対応する心と意識が、新たにエーテル体、ライトボディ、プラズマ体を再創造するのです。そして全体として、霊体として復活します。しかるべき時期が来ると、両親を選び、両親が作ってくれた肉体の中に霊体は転生に入ります。いわば、肉体はこの3次元を経験するための宇宙服のようなものなのです。
 ところが、ずっと宇宙服(ぐいぬるみ)を身につけて暮らしているうちに、宇宙服を脱ぐことを忘れてしまって、肉体が自分の全てだと思い込んでいるのが現代の地球人です。
 本当のところは、夜寝ているうちに夢遊病者のように肉体を脱ぎ、周りをうろついてまた帰ってきて、肉体(ぐいぬるみ)の中に入ってから目が覚めるということを繰り返していて、この3次元以外の世界を経験していても、それを夢だとしか思わないようになっています。
 人々の夢を分析している学者たちは皆知っていますが、人々が夢だと思っているものに、実在性や客観性があるのです。要は、夢を見ている人が、どの程度目覚めた意識で見ていられるかが問題なのです。
 ある種の修行者は、夢の中で目覚めている訓練をします。そうすると、いずれ夢の中で自分の意思で動くことが出来るようになるのです。このようなことが出来る人は、他人の夢の中に現れて、その人にメッセージを伝えることが出来るようになります。
ですが、このような事は勧めません。こうしたある種の体験を求めようとすると、多くの人は正道を踏み外してしまい、そうした能力を間違ったことに使いがちです。こうした能力を求めるよりも、心の浄化が優先事項です。神秘体験は起こるに任せた方がよく、追体験を望まないのが肝要です。
 多くの人は、他の人が持たない能力や才能を望むことが多いのですが、こうした事は幸福とは無関係です。むしろこのような能力を持っているが故に、不幸な人の方が多いと言えるでしょう。なぜならこの世界は、そうした能力を持つ者を利用しようとする不届きな連中が大変多いからです。こうした連中の中に、悪霊はもちろん、宇宙人や神々までいます。根性の悪い宇宙人や神々に目をつけられると、そこから抜け出すのは容易なことではありません。多くの場合騙されて、知らないうちに悪に加担することになってしまいます。
 こうした能力の中で、最も初歩的で一般的なものがチャネリング能力です。霊性の入り口に過ぎないものを、本人は到達点だと思っているのですが、こうした思い違いをする理由は、本人に話しかけてくる霊たちは、本人の心を読んで、一番喜ぶことを伝えてくるからです。真の霊性の道を歩みたいのならば、こうした霊の戯言は一切相手にしないことです。
 自分の心を見つめて、自分自身が自分をいかに巧妙に騙すかを知らなければなりません。自己欺瞞を徹底的に暴ければ、自分を騙そうとするこのような霊の真偽も見分けることが出来るようになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
【ガチ科学】「死後の世界」が存在することが量子論で判明! 米有名科学者「脳は意識の受け皿にすぎない」
引用元)
(前略) 

 米「タイム」誌の「世界で最も影響力がある100人(2014年度)」にも選ばれた、再生医療の専門家ロバート・ランザ博士が、死後の世界を肯定する発言をしていたことが判明した。

(中略) 

ランザ博士は著書「Biocentrism: How Life and Consciousness Are the Keys to Understanding the True Nature of the Universe(生命中心主義:いかに生命と意識が宇宙の本質を理解するための鍵であるか)」において、物質ではなく生命と意識こそ現実理解のための基礎的な要素であると断言、意識は肉体的な死とは別物である上、脳が意識を生み出しているわけではないと主張しているというのだ!

(中略) 

もし全宇宙から人間を含めた意識を持つ者が全て絶滅しても、宇宙は存在するだろうか? 常識的に考えれば、一切の生命がいなくなっても物質世界は存在していると思われるが、ランザ博士はそう考えない。(中略)…意識が物質世界よりも根源的だと考えるからだ。

(中略) 

 この論理に従うと、肉体(物質)と意識の因果関係が逆転する。つまり、意識が現実を生み出しているならば、発生の順番が脳(物質)→意識ではなく、意識→脳(物質)でなければならないため、肉体(物質)が死んでも、意識まで消滅する必要はない。

(中略) 

ランザ博士によると、肉体と意識が別個のものだとしたら、肉体がアンテナのように意識を受信していると考えることもできるという。

 すると、ロボットや桜餅が意識を受信している可能性もあるのだろうか?

(以下略) 

[Sputnik]科学者:天国と地獄のかわりにパラレルワールドが存在する / 量子物理学 死後の世界があることを証明 〜闇の転生システムは完全に崩壊、大きな転換点を迎え、いずれ神々と遭遇することに〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の内容は半分正しいという感じです。地球の場合、ほとんどの者は同じ3次元に留まります。ただ、身体がエーテル質で作られているため、我々には見えないのですが、同じ3次元なのです。もちろん少し精神レベルの高い人は3.1次元、3.2次元をしばらく経験して、やはりいずれこの3次元の地球に肉体を持って転生に入るというのが通常のパターンです。要するに、この地球上での転生に縛り付けられていて、ほぼ脱出が不可能だったのです。
 ところが、コブラ情報をご覧になるとわかるように、この状況は今後大幅に改善されます。スミワタルタカキホシノヒメミコ様のメッセージにもあったように、おそらく今後は一度地球に転生に入ると、速やかにより高い世界へと生まれ変われるようになるはずです。これまでの闇の転生システムは完全に崩壊したと言えます。
 地球に関与している宇宙人たちは、地球での転生は免れていても、やはり欲界の物理的次元(3.0〜3.9次元)に縛り付けられています。彼らは真の意味での4次元以上の世界を知りません。その理由は、彼らが意識の上で宇宙から自分たちを分離してしまい、神の存在を拒否し続けて来たためなのです。この思想的な裏付けを与えたのが、古代から続いている神智学という思想です。彼らが理解している最高の思想はカバラ程度のものでしかありません。究極の唯物思想なのですが、彼らはそれにすら気付いていません。
 しかし、現在は彼らもまた地球人と同様に大きな転換点を迎えており、いずれ神々と遭遇することになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
科学者:天国と地獄のかわりにパラレルワールドが存在する
転載元より抜粋)
1558600

米国カロライナ大学の研究者らは、肉体の死後に入るのは天国と地獄ではなく、ある種のパラレルワールドである、と主張している。

研究グループを率いるロバート・ランツ氏によれば、人間のライフサイクルは植物にたとえられる。すなわち、咲いてはしぼみ、新しい開花を繰り返す。何度も、何度もだ。物理的な死の後、その体の破片、正しくはその不滅の精神は、宗教が主張するように天国か地獄かではなく、全く異なる次元に入っていく。

また、ランツ氏は、パラレルワールドで死を繰り返すうち、私たちのこの次元で再び再生することもある、とする。この理論はビッグフットや人魚、さらには宇宙からの飛来者といったものの存在をも説明する、という。

――――――――――――――――――――――――
量子物理学 死後の世界があることを証明
転載元より抜粋)
Photo: RIA Novosti

Photo: RIA Novosti



米国の理論物理学者、ロバート・ランツァ氏(ウェイク・フォレスト大学)は量子物理学を使って死後の世界の存在を証明した。

それによれば、普段青いと思ってみている空でも、脳に作用することによって、赤とも緑とも認識することができるということで、それゆえ、宇宙というものは我々の認識なくしては存在しないのだという。

ランツァ氏は、パラレル世界、すなわち同時的に同じことが進行しているが、内容は違っているという世界の存在を確認する理論を引き合いに出しながら、死というものが人生の絶対的な終わりではなく、パラレル世界への移行なのだろう、との考えを示している。
1 2