アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

[竹下雅敏氏]最後にフルフォード氏は“大量逮捕がなぜ起こらないのか”と書かれていますが、実はすでに起こっているのです。現在FEMAには4万5千人もの人々が収容されています。 〜フルフォード週報12/2〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 第3次大戦を起こさないということでは、中国軍・ロシア軍・米軍などの間で合意が取れているわけですが、新金融システムを開始させるとなると様々な利害が衝突し、なかなかうまくまとまらないようです。文中に、沖縄を独立させて中立にする案が書かれていますが、現状を見るとこれが良い方法なのではないかという気がします。もちろん一部の者が決めることではありませんが…。
 後半部分に、P2メーソンの魔術師が呪文によって南太平洋に新大陸を浮上させ始めたと書いていますが、案外本当のことなのかも知れません。もし事実だとすれば、神々による指示によって行っているだろうと思います。以前の記事で、イエローストーン火山を人工的に噴火させようとした者たちについてコメントしましたが、噴火のために注入されたエネルギーは、大惨事にならないように別の形で処理されるはずで、この新大陸の浮上のエネルギーに変じたのではないかと思います。
 文末の、ユダヤ人が真実を知れば彼らの元の欧州の地に帰るだろうとありますが、現実には受け入れてもらえないだろうと思います。そのためにネオ満州国として、ユダヤ人を受け入れる場所を作る必要があるのだと思うのです。彼らも私たち日本人やアメリカ人と同様にずっと支配層にだまされ続け、悪に加担させられて来た人たちなのです。ユダヤ人が悪人というわけではありません。
 最後にフルフォード氏は“大量逮捕がなぜ起こらないのか”と書かれていますが、実はすでに起こっているのです。現在FEMAには4万5千人もの人々が収容されています。ただ今後、目に見える形で大量逮捕のイベントがチンピラにまで及び、それを人々が見るという可能性はあるかも知れません。しかし核心の部分はすでに終わっているのです。以前のコメントで、まるでこれはマジックのようだと書いたのですが、このことを意味しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード週報12/2
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[大紀元]中国メディア、周永康の息子の汚職報じる 習政権、メスは周まで?江まで?

竹下雅敏氏からの情報です。
 私がこれまでコメントしてきた通り、また先日のフルフォード情報の通り、これらの悪人たちは、“一網打尽になるであろう”ということになります。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
中国メディア、周永康の息子の汚職報じる 習政権、メスは周まで?江まで?
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]フルフォード氏の極めて重要な情報です。〜世界で起こっている良き兆候を見て、力を貸して下さっている神々・宇宙人に対して、感謝の祈りを捧げて下さい〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏の極めて重要な情報です。記事の中にも、安倍政権に対する攻撃が増加するだろうとありますが、間違いないでしょう。その第一弾が、中国の防空識別圏ということのようです。また天安門での車両爆発テロ事件に関して、これをきっかけに、こうした連中をロシアの協力で殲滅する方向に向かうだろうと言っていましたが、文中でも“それを破壊すると決めた”とあり、私の予測と一致しています。
 文章後半で“ドル支配は今はバラク・オバマと米財務省の手中にある。”とあり、この部分は少し説明が必要かも知れません。現在ペンタゴンはオバマ政権を支持していますが、それは本物のオバマ大統領はすでに政権から排除されており、アメリカの意思決定に関わっていないからなのです。替え玉のオバマ大統領が台本を読んでいるだけなのです。
 文末あたりに、ベンジャミン・フルフォード氏がドラゴンファミリーの下級メンバーであると書かれていますが、これは始めからその通りだと思って、彼の記事を読んできました。ただそうすると、上級メンバーおよびその中枢に居る者たちは誰なのかが興味深いわけですが、おそらく地球に地球人として紛れ込んでいる宇宙の兄弟たちなのではないかという気がします。ドラゴンファミリーの組織形態についてはまったく調べていないので、単なる憶測ですが、彼らが神々の指示(通信)に従って動いていることは明らかです。一方、悪の組織の通信網は、完全に破壊されています。宇宙および霊界のレベルでは、悪はすでに消滅していますので、その必然の結果が、地球に今後結実してきます。ですからTPPも秘密保護法も、何ら恐れる必要はないのです。不安になって萎縮するのではなく、世界で起こっている良き兆候を見て、力を貸して下さっている神々・宇宙人に対して、感謝の祈りを捧げて下さい。事が動くスピードがずっと速くなります。デモ行進も良いのですが、こちらの方がずっと強力です。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード週報11/26
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]フルフォード情報の「極めて大きな驚くべき出来事」ですが、この出来事の本質的な部分は、アメリカ時間の8日から15日の間に起こりました。

竹下雅敏氏からの情報です。
 すでに取り上げたフルフォード情報と重なる部分が多い別の記事ですが、大変重要な内容なので取り上げます。文中の「極めて大きな驚くべき出来事」ですが、私の直観に誤りが無ければ、この出来事の本質的な部分は、アメリカ時間の8日から15日の間に起こりました。あまりにも見事でスムーズにすべてのことが行われたので、誰もその変化に気付かないと言えるほどで、これはまるでマジックのようです。今起きている事は世界革命なのです。記事の中に書かれたことはこの通りで、現在まだこれらのことを示す具体的な兆候はまったく表れていませんが、じきに様々な形で表に上がってくるようになるでしょう。記事は前半部分のみ取り上げたので、後半部分については元記事をご覧ください。詳しいことの経緯は、いずれお話ししたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカ国内の異変、世界革命まで秒読みか
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード週報]日本の隷属政府は最近の選挙を盗んだと言う証拠を示されている多くの訴訟に恐れている。〜特定秘密保護法の成立を急いでいる理由は、不正選挙を隠蔽するため〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで私が説明している内容あるいは取り上げた記事の解説と基本的に大きく異なるところはない、ということがわかると思います。途中青字にした部分は文章になっていないので、意訳すると“幸運にも北朝鮮は、徒党はチャンスさえあれば何であれ人を裏切り、相手の聞きたいことを強引に話すことを知っていた(ので、金正恩は皇帝にしてやるという餌に食いつかず、第三次大戦を始めなかった)。”ということだろうと思います。文中興味深いところは、やはり東京からイスタンブールを経由してロンドンをつなぐ列車の計画があるということ、何よりも特定秘密保護法の成立を急いでいる理由が、不正選挙に対する隠蔽であるということです。この法案が通れば、不正選挙を暴こうとしている人たちが弾圧される可能性はきわめて高いと考えられます。彼らは、安倍政権およびナサニエル陣営に寝返ったとはいえ不正選挙に関わった影の支配者たちにとって脅威だからです。生活の党の国会議員がなぜ不正選挙に関して沈黙するのか(彼らの中には3.11が人工地震だと考えている人たちもいます)、ということもこのことからよくわかります。
 文中に“白龍会はフランスのロスチャイルド派に対して、新金融システムの協力をするなら保護すると約束している。イスラエルとサウジに対しても同様だ。”とあるように、今後の良い社会を作るために協力するのであれば、過去の罪に関しては不問に処すという部分がないと、なかなか良い方向に向かうというのは難しいものなのです。不正選挙は悪に決まっていますが、その罪を暴こうとすることよりも、さらに重要な問題、例えば第三次大戦を絶対に起こさないこと、新金融システムを出来るだけ早く始動させること、世界から飢えと貧困をなくすことなどがずっと大切なことなのです。重要ではあるけれども優先順位の高くない事にことさらこだわると、物事がスムーズに運ばなくなります。いわゆる司法取引のように、あるレベルでの政治的な駆け引きというのは大変重要なものなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード週報11/11①
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。