アーカイブ: ワクチン

[母里啓子(もりひろこ)氏]「インフルエンザワクチンは打たないで」

プレーマ様(読者の方)からの情報です。
インフルエンザの季節になってきましたね。
下の記事のような正しい知識は、インフルエンザに対する恐れを払拭してくれますね。
野口晴哉氏が『風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものである』と主張する「風邪の効用」という本を読んでから、風邪に対する概念が覆りました。さらに、竹下氏の「インフルエンザに対しては、家族の方にガヤトリーマントラの除霊・浄化の祈りを代行してもらうのが良いでしょう。」というアドバイスで、もし罹患してしまっても速やかに経過させることができるだろうと安心しています。

私は、パンデミックになってもこれから先は、ワクチンを絶対打たないとと思いますが、無知とそこからくる恐れを払拭できていなかったら、ワクチンキャンペーンにまんまと騙されて摂取する可能性が高かったのではないかと思います。
(編集者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[The Voice of Russia]カザフスタン 汚職撲滅ワクチン発明

竹下雅敏氏からの情報です。
開発者の方は、恐らく魔術か錬金術関係の人だろうと思います。
このワクチンが、"極めて高い"その効果を示すとすれば、論理的には次の可能性しかないように思えます。このワクチンが猛毒であること。
そしてカザフスタンの役人は、全員が汚職にどっぷり浸かっていること。
日本でも著しい効果を発揮しそうですね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
カザフスタン 汚職撲滅ワクチン発明
転載元)
Photo: RIA Novosti

汚職撲滅ワクチンを開発したアルマアタの研究者は、まず検事総局の職員から、この新しいワクチンの接種を始めるよう提案した。もし、役人がこのワクチンを接種した後、死亡するかあるいは重病になった場合、それは彼もしくは彼女が、回復の見込みのないほど汚職にどっぷり浸かっているか、この悪習に染まる傾向がある事を意味するという。

また開発者は、カザフスタン・イスラム教徒同盟及び中央アジア人権イスラム委員会に対し、彼の言葉によれば「世界中の汚職を根絶する」この新しい発明品を使うよう呼びかけた。СА-Newsが伝えた。

専門家の指摘によれば、汚職撲滅ワクチンのもとになったのは、現在カザフスタンで活発に宣伝されているヒトパピローマ・ウイルスに対するワクチンだ。開発した学者は、それに、クランベリージュース、若いロバの尿、クムィス(馬乳酒)、羊の糞エキスを加えた。彼は、新しいこの薬を「ダウルバエフ・ワクチン」と名付け「その効果は極めて高い」と自信を持っている。

なお開発者は、ワクチンを「エキスポ2017」に出品する意向で、さらにノーベル医学賞候補にしたいとの抱負を語っている。

[日本経済新聞ほか]子宮頸がんワクチン副作用、291件 4~7月

読者の方からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
子宮頸がんワクチン副作用、291件 4~7月
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————関連情報————————————
子宮頸がんワクチンの副反応被害について、一般論で言葉を濁した黒岩神奈川県知事
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[みかりんのささやき]子宮頸がんワクチン被害者映像 (被害者連絡会 神奈川支部より)

竹下雅敏氏からの情報です。
ビデオを見ておいて下さい。そして、ワクチンを接種するか否かを判断して下さい。
海外では、もっとヒドイ症例が報告されています。
何も知らないのはコワイです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
子宮頸がんワクチン被害者映像 (被害者連絡会 神奈川支部より)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[阿修羅]国を滅ぼし、世界的なパワーによる支配の準備を整えるために使用されているワクチン ~ある米国ワクチン研究者による告発~

わらうりうまうみ様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国を滅ぼし、世界的なパワーによる支配の準備を整えるために使用されているワクチン
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。