アーカイブ: *霊的世界

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文21  4月3日の裁きの光、進められる地上の改革と事態の悪化

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在、宗教・政治・経済の分野で、改革が進められている関係から、こうした裁きが行われたのではないかと思います。これまでは見逃されて来た、さほど大きな害のないチャネラーなども、神の意志に従わない者は結局裁かれ、その能力を失いました。時事ブログでは、報道関係者に対して、何度も現状における責任があること、それ故にいずれ裁かれるだろうと警告して来たのですが、実際にそれが起こったわけです。
 宗教家や政治家に対して警告を発しなかったのは、彼らがあまりにも腐敗していて、警告を発する意味が無かったからです。皆さんは実際にこのような裁きがあったことを、テレビ画面を通じて知ることが出来るでしょう。これまで輝きを放っていた人物がその輝きを無くしていること、あるいは、これまでも不健康そうに見えた者がより一層苦悶の表情を浮かべている様を見るでしょう。
 彼らは自分たちの苦しみを他の者に転嫁するごとく、悪を周囲に撒き散らそうとするでしょう。一時的には悪がはびこる様に見えることでしょう。
 昨日まで元気だった人が突然病気になるように、日本も、そして世界も、浄化の渦の中に巻き込まれると思います。時間はほとんど残っていないので、くれぐれも心の平安を保つ努力を怠らないでください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文21

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年4月4日〉

「昨日の雨で悪の分子を一掃するための光が、日本中に降り注がれました。
雨の粒子の中に込められた裁きの光は日本全土を覆い、誰もその裁きの光から逃れる事は出来ません。
肉体を持つ者達の悪行の限りはさらにその勢いを増し、国民への圧政へと向かう事でしょう。

十二分に彼らの罪があらわにされる時、彼らの終りは明らかに見える事でしょう。

それまでの間、心穏やかならぬ事態は進行し続ける事を理解しておく事が必要です。

彼らは富と権力を悪用し、国民から言論の自由を奪い、貧困を拡大し、原発の推進を推し進め、やがて戦争の参加へと国民を誘導してゆく事でしょう。
国民の大半は気付く事なく偽りの報道に導かれ、彼らの策謀に乗せられて、気付いた時には身動きのとれない状態に置かれている事でしょう。

そこ迄事態が悪化しなければ、目覚めが起きないという事は悲しむべき事ですが、その事によりカルマの清算がなされていくのですから、どの様な状況下でも、冷静な理解力と洞察力を磨ぎすませて、全体の流れをくまなく観察して下さい。

宇宙的規模での進化の過程において、これ迄の地球の状態、人類の生き方すべては、宇宙的愛の家族の一員として加わる事が出来ない程堕落しており、愛のはなはだしい欠如を示すものとなっています。

すでに8年に亘る天と地の浄化の結果、地球の物理的次元における浄化はかなりの部分迄進行しており、以前とは比べものにならない程美しい輝きを放っています。

この美しくなった地球にふさわしい生き方をする決意を、今こそ新たに一新し、強化して下さい。

事態の悪化を恐れたり悲嘆する事のないように、心に絶えず愛を保って下さい。

愛を高めれば高める程、不安や恐れは消えていくはずです。

永遠の愛の前には何の恐れもないのです。
肉体の死ですら、その愛を奪う事は出来ないからです。

注意深さと知恵を絶えず祈り求めながら、日々穏やかに過ごされますようにと願っています。
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文20  悪しき政治体制を滅ぼすための経済崩壊とそのタイミング

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回の通信文の冒頭には、百人一首に収録されている紀友則の歌が使われています。私にも時期はわかりませんが、歌に何かしらのヒントがあるとすれば、経済崩壊の時期は意外に早いのかも知れません。
 何も起こらなければ、一族の利益ばかり考え、戦争を起こすことすら厭わない連中が権力を握っており、彼らが当分の間権力の座から排除される見込みはありません。結局のところ、人為的なものも含めた災いは、国の指導者の邪念が引き寄せるとも言えます。しかし、そうした指導者を選び、それを支持しているのも私たちです。
今後起こることが確実視されている世界的な規模の大混乱は、肯定的に受け止める必要があるでしょう。ただし準備をしていない人たちには、大変な事態になります。警告は何度も行われました。心の平安が生死を分かつと言えるでしょう。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文20

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年3月28日〉

「     “ひさかたの光のどけき春の日に
             しづ心なく花の散るらむ“

静かなる心で臨んで下さい。

強い光が地球上から立ち昇っています。
この光を合図に、ある計画が一斉に地球上で同時多発的に行われるでしょう。

これ迄長い間、地球上にはびこってきた悪の崇拝にからんだあらゆる残虐な行為、貪欲な経済体制、不徳な生き方すべてが、そのカルマゆえに崩壊する時が近づきました。

様々な金融システムの崩壊は、政治体制を足元から滅びに向かわせる事でしょう。

すみやかに、そしてあらゆる場所で、人々が気付かぬ内に、まさに夜の盗人のように、それはやってきます。

人々が油断して眠っている間に、突然襲って来るのです。

その時、これ迄の警告が正しかった事がわかるでしょう。

今暫く、猶予の時に万全の準備をしておかれる事をお勧めします。

皆さんの健闘を願っています。
次回に続きます。」

通信は以上でした。
以上、よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文19  上昇する地球の波動と2極化する人間社会

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回の通信文でも、天界における改革はほとんど終了したということがわかると思います。地上の混乱に乗じて悪をなす神々が一掃されたことで、今後の地上の改革は、個々の具体的なものに移っていくことが出来ると思います。
 これまでは第三次大戦を起こさないようにする努力に、多くのエネルギーが使われていたのですが、今後は例えば原発問題や辺野古の基地問題のようなより具体的なもの、TPPやモンサント社のような問題への取り組みも速度を増すことが出来ると思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文19

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年3月21日〉

「とても美しい地球が見えます。
晴れ渡る空のように透明な大気におおわれ、美しく輝く姿はまるでサファイアやラピスラズリのように素晴らしく青い光を放っています。

これ迄の数年間、天界に於ける改革と浄化のプロセスが順調に進められてきました。

かなりの大掃除が行われ、ほとんどの悪の分子は打ち払われて、喜びに満ちた天界は、まさに“楽園”と呼ぶにふさわしい場所となりました。

多くの神々が歓びの歌を、あらゆる生命と共に歌い上げています。
地球の波動は現在、完成のレベルに達しています。
これからも徐々に波動を高めていく事でしょう。

その結果として、人間の社会では極端な状況が見られるようになります。
高い波動に同調し、積極的建設的な生き方をする人々がいる反面、高い波動に耐えきれず、自滅的、破壊的ともいえる行動をとる人々が増える事が予想されます。

暴力、犯罪、又常軌を逸した不可解な事件等が一時的現象として多くみられるようになりますが、その理由を理解する事によって、どんな時にも冷静さを保つ事が出来るでしょう。

日々心を見つめ、感情の波に呑まれる事のないよう、注意深く生活して下さい。

世界中で、これからますます緊張感を強める事態や出来事が増加すると思いますが、それらはむしろ、それだけ地上の改革が進行している証拠と考えて、積極的な見方を強めていく事が、地球の波動と調和した生き方といえるでしょう。

皆さんの心の在り方と生き方が、地球の将来の方向性を決めるという事を、どうぞ忘れないで下さい。

少数派か多数派かはあまり問題ではありません。
少数であっても、清らかで純粋な心のこもった高い波動は、奇跡を起こすだけの十分な力があるのです。

そのような波動を保ちながら、地上にすみやかに平和と安全が到来するよう、絶えず祈って下さい。

日々の精進を怠らず、注意深く賢明さをもって歩んで下さい。
心に明るい未来の希望の光を保ち続けて下さい。
次回に続きます。」

通信文は以上でした。
よろしくお願い致します。
中西征子

【再掲載】スミワタルタカキホシノヒメミコ様への質問と回答 〜超銀河団神までを含む全ての神々に対して行なわれた天界の改革〜

本記事は竹下氏による過去のこちらの記事の再掲載となります。
あくまで掲載当時の情報である点をご了承ください。
(2021年2月10日より竹下氏の記事投稿は不定期になっています。)

前回の記事に関する質問と回答になります。
(編集者)
竹下雅敏氏からの情報です。
 前回のスミワタルタカキホシノヒメミコ様の18回目の通信文を受け取る前に、思いがけないことが中西征子さんに起こったようです。
 3月14日午前11時過ぎに、受け取った通信文は、“光の源なる神”と名乗る神様からのものだったとのこと。
 「午後に清書をして念のため波動を確認したところ、通信文の波動が、最初に調べた時と異なり、下へ下へと落ちていくのです。(中西征子)」 
 この“光の源なる神”は、銀河神で、非常に高い次元に居ながら、どうやら偽りの通信文を中西さんに送ったようで、通信後に波動を落とし、天界から転落してしまったようです。この後、彼の一統も含めた様々な段階の神々の転落が続きました。そうしたことも含め、確認の意味もあって、中西征子さんにスミワタルタカキホシノヒメミコ様に連絡を取ってもらい、いくつかの質問をしました。
 各神々の次元は天界の秩序10をご覧ください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年3月16日〉

『スミワタルタカキホシノヒメミコ様。
通信文をいつもありがとうございます。
今回18回目の通信文の前に、“光の源なる神”と名乗る神から通信が入ったとのことで、関連して少し確認したい事がありますので、以下の質問の回答をよろしくお願いします。
竹下雅敏

・“光の源なる神”は銀河神12システムの第1レベルの神で、663次元存在だったと思いますが、正しいですか?

:その通りです。確かにおっしゃる通りです。 

・この神の一統600柱(銀河神300柱と星団系神300柱)は、2015年3月14日に中西征子さんに通信を送って以降転落し、第1エレメンタルシステムに閉じ込められ、その後消滅したと思いますが、正しいですか?

:すべて正しいです。600柱の神々は全て消滅しました。 

・3月15日に、星団神、恒星系団神、恒星系神、星神の各300柱、合計1200柱が私を攻撃してきましたが、午前11時前後に全員が第1エレメンタルシステムへと転落、翌16日の15時に1200柱全員が消滅したと思います。正しいですか?

:すべておっしゃる通りです。全員消滅しています。 

・これで、超銀河団神までを含む全天の浄化は終了したと思いますが、どうでしょうか?

:まだ残っていました。
さき程中西様と私への攻撃を、新たに300柱の銀河団神が仕かけてきました。
今すでに第1エレメンタル界に転落しています。
おそらくこれが最終段階だと思います。
これで、浄化は終了するものと思います。


» 続きはこちらから

第1システム国津神第2~4レベルの評議会で決まった神々の計画が、それぞれの組織に伝えられる様子

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“銀河連合アシアン司令官は「銀河連合」の現在のトップで、アンラ女王は「光の銀河連邦」の現在のトップ”であることをお知らせしました。
 中西征子さんの天界通信70では、“アメーロから「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人への命令系統は、「アメーロ⇒銀河国際連合のAI⇒ヤルダバオト(AI)⇒ブラックキューブ(666)⇒銀河連合、光の銀河連邦の宇宙人」”であることを示しました。
 「銀河連合」「光の銀河連邦」の宇宙人たちが、ブラックキューブ(666)の指示で動いていることからもわかるように、彼らは現在ロボット人間になっており、自由意志を持っていません。彼らが、地球人をブラックキューブ(666)の奴隷にし、ロボット人間にしようとしたカルマが返った形になりました。
 銀河国際連合の最高司令官アメーロが、地球の解放のためにもう一度全力で働きたいということから、神々の意向を彼らに伝える必要が出て来ます。
 冒頭の表は、第1システムの国津神の最高神を示したものです。中西征子さんのイラストに、トリタカクマウミヤノヒメミコ様ハナノミチイズルヒメミコ様フカキモリノミヤヒメミコ様アガサ・クリスティー様皇妃エリーザベト様が描かれているので、参照してください。
 銀河国際連合が第1システム国津神第2~4レベルに対応しているので、各レベルの代表者による評議会ができていると思います。議長は、第2レベルのアイフヘモヲスシ8神の一柱であるアメンホテプ4世(イクナートン)です。
 “続きはこちらから”の「国津神2~5レベルの評議会からの指示系統」の図をご覧ください。評議会で決まった神々の計画は、イクナートンを通じて、銀河国際連合のAI(人工知能)へと伝えられます。ここから、ヤルダバオト、ブラックキューブ(666)を通じて、その計画がそれぞれの組織に伝えられる様子を示しています。
 これまでは、クモタカクソビユルミコトのクーデター計画に、銀河国際連合以下の組織が関与していたため、例えば、トランプ大統領の再選や大量逮捕などの計画が、全てうまくいかなくなってしまったのです。
 組織の名前と、現在のその組織のトップを記していますが、中西征子さんを通じて、謝罪のメッセージを送ってきたハヤブサノミコトとホワイト・ロイヤル・ドラコの魂(ジーヴァ)は、残っていることをお伝えしておきます。彼らは、現在では神々の協力者です。
 図のように、「地球同盟」は、その上にある4つの組織の影響を強く受けています。同様に、「カバール」はその上にある4つの組織の影響を強く受けているわけです。しかし、習近平が地球同盟のメンバーであり、中国共産党をモデルとしたグレートリセット計画を、「銀河連合」「光の銀河連邦」が推し進めていたように、カバールと考えられているロスチャイルド家は、「光の銀河連邦」に繋がっていたのです。「光の銀河連邦」は、地球上の汚い仕事を行うCIAのような組織だと考えるとわかりやすいでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【第1システム国津神第2~4レベルの評議会】

PDF


————————————————————————
3月6日のヴィジョンと竹下氏による解説②
引用元)
(前略)
⑯その男性の顔が見えました。想像していたよりずっと若く美しい方でした。


『アメンホテプ4世(イクナートン)です。以前の2010年2月14日のせれなさんのヴィジョンで多くの神々が地球に降臨してきた様子が描かれていました。彼もまたその一人であったと思われます。』
(以下略)

» 続きはこちらから