アーカイブ: 世界の現実

[Martin Island]ホイットニー文書:昭和天皇ヒロヒトが占領軍司令部に対し表明した見解の要約(1946)

竹下雅敏氏からの情報です。
宗教学の観点から言うと、昭和天皇はホツマの神なので、現人神というのは事実なのです。ホツマの神は少数ですが世界中で転生に入っておりその意味では珍しいことではありません。中国の習近平氏もホツマの神です。
ただ、日本が他の国と異なるのは日本の皇室がシリウスシステムの天界の天帝であった天照大神の霊的な血筋であるということです。また世界でも天界における皇族とその関係者を祀っている唯一の国だということです。中国も共産党が宗教を否定する以前はホツマの神を祀っていましたが、彼らの場合は皇族ではなく、官僚の神々を祀っていました。2007年以降の天界の改革によって現在天界に皇族は存在しないので、日本も地上レベルで皇室をどうするのかいずれ決めなければならないでしょう。
さて、この記事ですが戦後日本の対米従属の姿勢がどこから始ったのかということで、昭和天皇であるという意見があるのですが、この文書を見るとそうかも知れないと思います。この昭和天皇の発言に対して、ぜひとも安倍首相のコメントを聞きたいと思うのですが。
注)“昭和天皇はホツマの神” の部分は誤りでした。訂正します。 (2017/01/09)
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ホイットニー文書:昭和天皇ヒロヒトが占領軍司令部に対し表明した見解の要約(1946)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[カレイドスコープ]ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り

竹下雅敏氏からの情報です。
アベノミクスという茶番はアベ・ノーミソ・クズの短縮形なのですが、日銀が印刷機を回し(ここまでは アベノーミソクズと同じ)、福島原発の事故処理を国家プロジェクトとして、東電やヤクザを通さずに直接作業員を雇用するなどしていれば汚染水の問題も、経済の問題もここまで酷くはならなかっただろうと思います。
当初から上杉隆氏が指摘していますが、今後世界中から日本に対して賠償請求されることになるというのは、その通りだろうと思います。北海道と沖縄が独立し、日本という国家が消滅すればこの賠償を逃れられるのか否か私は知りませんが、少なくとも事故を起こした国としての誠実な態度ではないことは確かです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[FINANCIAL TYRANNY]前イルミナティ、マインド・コントロール・プログラマー の告白

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の冒頭でデイヴィッド・ウィルコックがスヴァーリという元イルミナティの女性のことを“最高位のメンバー”とも言っていますが、同時に“中間階級メンバー”とも言っています。
 私の直観ではこの女性は裏のイルミナティの第3位階です。上層部がほとんど関心をもたないこれらの低い位階の人たちが、自分たちのことをどのように考えているのかという意味で、大変興味深い文章です。
 この中に“99%は、イルミナティではない”という言葉が出てきますが、彼女の他の言葉も考え合わせると、現在アメリカで顕著になっている1パーセントと99パーセントという運動の本質は、富裕者と貧困層との区別ではなく、イルミナティか否かの区別なのだと言えるかも知れません。
 文中に出てくる“指導者階級”が第3位階、“男女の高僧たち”が第2位階、“低レベルの者たち”が第1位階になります。8月10日の記事で第3位階の例として取り上げた男性をマインドコントロールのプログラマーとして紹介したのですが、この記事の女性も同様の地位に居ると考えられます。この女性はほとんどのイルミナティストは騙されていたと言っていますが、それは低い位階の者たちだけです。記事の最後の部分でメンゲレのようなトップ・トレーナーのある者たちは、自分が「神」であると本当に信じていたと言っています。オバマやトニー・ブレアやメンゲレなどの人物は皆、イルミナティのグランド・マスターである第6位階の者たちです。この文章に書かれた覚醒の12段階のゴールに到達し、彼らは自分たちが神であると信じていた愚か者なのです。これを理解するとトニー・ブレアが自分たちのことを“オリュンポスの神々”と呼んでいたことの意味がよくわかると思います。これほど彼らは愚かなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
http://www.dcsociety.org/2012/info2012/130225.pdf

前イルミナティ、マインド・コントロール・プログラマーの告白

――David Wilcock, FINANCIAL TYRANNY: Defeating the Greatest Cover-Up of All Time

(Ⅱ)より抜粋――

Svali による暴露
私はSvali と名乗るある女性と個人的に接触してきた。彼女は、現代イルミナティの中間階級メンバーだった人であり、1990 年代初期に脱出するまで、この計画を継承してきた生き証人である。
ここで読んでいただくのは、スヴァーリが2000 年に、H. J. Springer(今は機能していないCentrex News ウェブサイトの創設者)に対して行ったインタビューからの抜き書きである。
他にも表に現れてきた生存者はいるが、これまでのところ彼女が最高位のメンバーであり、最も多量の知識と経験の記録文書を残している。

イルミナティとは何か? 
Q:スヴァーリさん、私は、我々の読者が考えていることは、「イルミナティは宗教なのか、秘密結社なのか、サタン崇拝なのか、そういったものの組み合わせなのか、それとも何か全く別の、もっと不吉な何かなのか」という疑問だと思うのですが…
A:イルミナティとは、“光を得ること”(enlightenment、覚醒)と呼ばれる信仰の一形態を実践するグループです。それはルシファー崇拝(Luciferian)であり、その信者に対して、彼らのルーツは、バビロンやエジプトや、ケルトのドルイド教のような、古代の神秘宗教にまで遡ると教えます。
地方レベルの多くのグループは、「エル」とか「バール」とか「アシュタルテ」また「イシスとオシリス」「セット」のような古代の神々を崇拝しています。
指導者階級の協議会では、時に、こうしたアナキスト的な、より低いレベルの「原始的」崇拝を笑い物にしています。
私がサンディエゴの協議会に参加していたときの話ですが、彼らは男女の高僧たちを、「つまらぬ細部にこだわる」(slice and dice)「低レベルの者たちを幸せにしておく」連中と呼んでいました。

より高い階級については? 
より高い階級では、このグループはもはや、衣を着てかがり火の前で呪文を唱えるような人々ではありません。
指導者レベルには、実業家や銀行家や地方の共同体のリーダーがいます。彼らは聡明で高い教育を受けており、彼らの教会で活動的な人たちです。
国家レベルでは、彼らはきわめて富裕な人々で、これらの目標に資金を提供し、他の国々のリーダー達と連絡し合っています。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]アメリカの公立学校は刑務所のようです。

竹下雅敏氏からの情報です。
この記事を読めば、明らかにオバマはNWO(新世界秩序)の推進者だとわかります。ですがこの明らかな事実がチャネリング情報でゆがんだ者の眼には入らないわけです。彼らは今でもオバマが光の戦士であり、NESARA法の擁護者だと本気で思っているのでしょうか?
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アメリカの公立学校は刑務所のようです。
転載元より抜粋)
独裁警察国家と化したアメリカでは公立学校もこのように厳重な警備体制の下で運営されています。これは将来的に奴隷国民を創り出す収容所に改装している段階なのでしょうか。

http://www.thedailysheeple.com/is-this-a-preschool-or-a-prison-we-cant-really-tell-the-difference_082013



(まるで刑務所内を歩いているかのように感じました。)
4歳児の子供たちがこのような幼稚園に通っています。つまり、平日の殆どを小さな子供たちがこのような場所で一日中過ごしているということです。これらの子供たちは小さいうちから刑務所のように警備が厳重な金属製の施設で学ばされています。これがごく普通の光景なのです。

これは、当局が国民を完全に統制しようとしていることを表しているのです。この幼稚園は現在のアメリカの公立学校の一例でしかありません。

大統領は、さらに、
公共教育プログラムの一環としてフェデラル・ユニバーサル・デイケアを創設しようとしています。そして夏休みのない年中無休の学校(監視カメラが校内のあちこちに設置され、生徒はICチップが埋め込まれたIDカードを持たされ、昼食を食べるにも、図書館で本を借りるのも生体スキャンが必要。)の創設についても話し合っているのです。これは刑務所と全く同じです。

マイケル・スナイダー氏はアメリカの公立高校がいかに刑務所と似ているかを示す18の類似点を示しています。アメリカの公立学校は生徒を教育する上で不適切な場所です。彼らはビッグブラザーの警察国家の支配下でどのように生きるかを学ぶのには適した教育が施されています。残念なことに多くの公立学校は刑務所と同じです。学校にいると生徒の人権は一切重視されません。生徒の親たちの多くは、このことに気が付いていません。公立学校の生徒たちは、これまでにないほど、過度に監視され、追跡され、記録され、捜査され、統制されています。

専門家は、益々多くの公立学校がコンピュータ化された収容所と化していると言っています。そのような学校では生徒のプライバシーや最低限の自由も奪われています。彼らの日常生活は常に監視され、ICチップが使われ、記録され、追跡されています。このようなことが公立学校でごく一般的に行われています。

[竹下雅敏氏]多重人格を意図的に作り、マインドコントロールによる奴隷をどのように仕立てていくかというところに焦点を当てて、記事を編集しました。

竹下雅敏氏からの情報です。
8月5日の記事で、このシスコ・ウィーラーさんのインタビュー記事の一部を先に紹介しました。今回は視点を変えて、多重人格を意図的に作り、マインドコントロールによる奴隷をどのように仕立てていくかというところに焦点を当てて、記事を編集しました。少し長いですが赤字にした部分だけを読めば、要点がつかめ3分ほどで読めます。前回の記事の赤字部分は今回は青字にしてあります。この記事に興味を持たれた方はぜひ元記事で全文をご覧になってください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 83