2014年10月12日 の記事

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造2 〜聖白色同胞団の12名の覚者と銀河連邦・光の銀河連邦の評議員との関係

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイトレーヤの周りに居た12名の覚者たちのすべてが、実はレプティリアン(爬虫類人)であったということをお伝えしました。実はマイトレーヤを中心とする聖白色同胞団の下部組織の「銀河連邦」および「光の銀河連邦」のそれぞれの12名の評議員たちは、このレプティリアンの覚者たちの弟子であったのです。
今回はその詳細についてです。
(竹下雅敏)
1番目の図に誤りがありました (2015/11/03)
「聖白色同胞団」の進化段階は、3.0以上 5.0未満 ではなく 5.0以上8.0未満 です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

 以前の記事で、聖白色同胞団と「銀河連邦」および「光の銀河連邦」との関連を示す次の図を掲載しました。この図で、それぞれの集団の最高意思決定機関のアンドロメダ評議会とプレアデス評議会の各12名の者たちを示しました。実際には本名ではなく、これらの名を使ってチャネリング情報を送っていた者たちということになります。

10-structure-r2
10月8日の記事アンドロメダ評議会の各惑星とそこに住む評議会委員の名称を記しました。それを各惑星の次元の高さの順に並べ替えたものが次のものです。

15-andromeda-planets-dimensions
» 続きはこちらから

[The Big Picture]無名の者: 間もなく大量逮捕が始まる

竹下雅敏氏からの情報です。
 このメッセージを発している“無名の者”は、大変心の綺麗な人のようです。従って意図して嘘をつくということは考えられないので、この情報は正しいものと考えて差し支えないと思います。私もいずれ多くの者が逮捕されると思っていますが、現在ロシアが9.11の真相について大量の情報を出しているようで、これは大量逮捕に向けての準備だと思います。ただ、それがいつになるかについては、半年後なのか1年後なのか、何とも言えません。
 ここにあるメッセージはまさしくその通りであり、地球を解放しようと努力してくれている宇宙人のメッセージとまったく同じだと思います。文中に“これらの情報の拡散努力が貴重であり、恐れを無くし、衝撃を和らげるに役立ちます”とあるように、多くの人がこうした情報を知っておくことが望ましいのです。以前からこうした情報は出ていたのですが、機が熟していなかったため、シャンティ・フーラの時事ブログでは取り上げないことがありました。しかし今は、積極的にどんどん拡散する時期に入っていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アノニマス(無名の者)・・・2014年10月11日  間もなく大量逮捕が始まる
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[HUFFPOST]作業がはかどらない… 無駄にクリックしてしまう「左手用マウス」とは

竹下雅敏氏からの情報です。
 これは反則ですね〜。画像を見ているだけで仕事が出来なくなります。脳の中にアルファ波がいっぱい出てきて、仕事になりません。この時、頭の中は何も考えていない状態です。要するに、何も考えないでアルファ波あるいはドーパミンが出ている状態が、幸せを感じている時なのです。
 目標に向かって努力している時ではありません。人々は幸福がどこにあるのか、間違ったところを追いかけていると思います。目的を持たない時、“今ここに幸せがある”ということに、この画像を見て気づくでしょうか?
 頭の中にいっぱいドーパミンが出ている人は、思考がほとんどありません。頭の中に言葉というガラクタがほとんど無いのです。言葉と言葉、思考と思考の間に多くの空間があります。天才的なひらめきは、その空間からインスピレーションとしてやって来ます。脳の中が言葉でいっぱいでいつも考え事をしている人は、幸福から最も遠いところに居ると言えるでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
作業がはかどらない... 無駄にクリックしてしまう「左手用マウス」とは
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[アムネスティ日本]拷問にまつわる思い込み 〜 拷問は国家による犯罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 拷問が国家犯罪であるのは、記事をご覧になれば明らかです。そのような国家犯罪を公然と行っているのがアメリカであり、そして日本なのです。何故こんなことがいつまでも続いているのか、要するに、国にテロリストや犯罪者から守ってもらいたいという私たちの意識からです。
 ほとんどの人は、国家がテロリストだということには気づいていないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
拷問にまつわる思い込み(アムネスティ日本)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ロシアの声]マレー機墜落に関する数々の状況証拠 〜 絶体絶命のキエフ政権

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウクライナのマレーシア航空機撃墜事件の真相は、状況証拠からウクライナ政府の仕業であることが、ほぼ確定したと言って良いと思います。ただ、墜落原因が、一つ目の記事にあるようにウクライナ軍が所有するブークシステムによるものか、ネット上で議論されているウクライナ軍の戦闘機による機関砲によるものかがはっきりとしないのですが、この事件の犯人が、親ロシア派の義勇軍であるとかロシアであるという可能性は、まったく無さそうです。
欧米はこの件を無かったことにしたいようですが、9.11の実行犯が遠からず裁かれること、この事によってアメリカが崩壊することを考えると、実行犯であるウクライナのキエフ政権は絶体絶命ということがわかります。彼らはイチかバチかで戦争に打って出るしかないのだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
インターネットにマレー機墜落に関するウクライナ軍高官の秘密報告
転載元より抜粋)
10
ウクライナ陸軍対空防衛部隊イーゴリ・ゾーリン司令官の署名入り極秘報告書が、インターネット上に現れた。ハッカーグループ「サイバー・ベールクト(イヌワシ)」が自分達のサイトに掲載した。

報告書によれば、ゾーリン氏は、もう2ヶ月も前にマレーシア航空機墜落調査委員会から資料を秘密裏に受け取った。そこには、まさにどんなミサイルが、どんな装置から発射されマレー機を撃ち落としたかの証拠が示されている。

サイト上に暴露された文書の中では「写真に写った断片が、『ブーク』あるいは『ブークM1』の対空ミサイルシステム9K37に付属する誘導ミサイル9M38の弾頭9Н314の壊れた一部である、そう主張できる根拠がある」と述べられている。

こうした資料は、ウクライナ軍が所有するシステムから発射したミサイルがマレー機に命中したとのロシア軍参謀本部の声明を改めて確認するものだ。

報告書は、以下のサイトで御自分の目で見ることができる。
http://www.cyber-berkut.org/
————————————————————————
ロシア参謀本部: ウクライナ保安庁長官、ブークに関して語るに落ちる
転載元より抜粋)
20
ウクライナ保安庁のワレンチン・ナリワイチェンコ長官がウクライナテレビのインタビューの中で言及した「ブークM」なる名称のミサイル装置はロシアの地対空軍にはかつても今も存在しない。金曜、ロシア軍参謀本部の情報をリア・ノーヴォスチが伝えた。

長官はインタビューの中で、マレーシア航空の悲劇に関する捜査を終結させるためには同機を撃墜したロシア製ミサイル装置「ブークM」の残骸が見つかることが必要である、と述べた。ロシア参謀本部の情報提供者はこの発言を、ウクライナ軍自身が保有する新型「ブーク」について口を滑らせたものと見ている。ロシア軍には「ブークM1-2」「ブークM2」は存在するが「 ブークM」は存在しない。ウクライナは開発者の参加なしに「ブーク」を独自に改良した。これによってミサイルの精度や信頼性は低下した可能性があるという。

リア・ノーヴォスチ
» 続きはこちらから

[In Deep]臨死体験についての史上最大規模の調査は「死後も意識は継続する」ことを示した

【訂正とお詫び】コメントの署名が間違って「編集長」になっておりました。訂正させていただきました。申し訳ありません(13:00) 

acco☆彡様(読者の方)からの情報です。
『現代科学が、現代科学自体の矛盾を
 自ら明らかにしていくことこそが、
 現代科学のこれからの使命…』

まさにそのような時代に突入しているのだなと
改めて感じました。
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
臨死体験についての史上最大規模の調査は「死後も意識は継続する」ことを示した
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。