地球ニュース:アメリカ&ロシア 〜三人を呪い殺したワシントンDCの「門番」 / 動物の顔が彫られた謎の巨石〜

 今回1つ目は、ブードゥー教(黒魔術)について。アメリカの首都ワシントンDCで、呪殺や怪しげな魔術を嗜んでいることを綴ったセレブの自叙伝が好評を得ているという訣の分からん話です。この女性、ガチで魔女です。
 本人の勘違いと一笑に付すには、やっていることが気持ち悪い。“voodoo hex”(ブードゥー魔術)や“voodoo curse”(ブードゥーの呪い)などの単語で画像検索掛けて頂ければ、針の刺さった人形やおどろおどろしい儀式の写真が沢山出て来ます。山姥がワラ人形に五寸釘打ち付けるノリです。
 おまけに周囲の反応がおかしい。主要参考記事の1つは金持ちの「ありきたりな美容整形話のよう」に受け入れられてしまっていると形容していました。エリートがいかにオカルトに浸食されて、感覚が麻痺しているのかが伝わってきます。
 アレックス・ジョーンズ氏は悪魔崇拝者が大っ嫌いですからね、番組でいつもの如く激怒していました。それでこの件について知りましたが、調べれば調べるほど頭がくらくらします。こんな御仁がワシントンDCでドでかいパーティーを開いては、大統領クラスにまで影響力を行使したとか、冗談も休み休み言って欲しい。
 もう1つは、ロシアの最果ての地シベリアの巨石遺跡です。人間が蠢いていない分、なんだか気持ちが落ち着きました。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:アメリカ&ロシア

アメリカ:人を呪い殺して勝ち組人生

 


サリー・クインという女性(76歳)が、これまで三人を呪い殺したと今月発売の自身の本で告白して話題になっています。旦那のベン・ブラッドリーは1968~1991年までワシントン・ポスト紙の敏腕編集長を務め、以降2014年に死亡するまで副社長でした(……死亡時93歳なんですけど、それでいいのか名門新聞)。

彼らは通称ワシントンDCの「門番」、つまり誰がサークルに入っていいかを采配するラスボス的な存在。50年近くに渡って、ワシントンDCの社交界と政界の全てはこのカップルを中心に巡っていたと言っても過言ではない、入れ替わりやってくる大統領たちが街に溶け込めるようアドバイスをしていた、なんて各記事で紹介されています。

呪い殺した一人目は1969年のハロウィーン・パーティで、彼女の当時のボーイフレンドを魅了した若い女性。サリーが呪術を行なった数日後に自殺したそうです。

二人目は死ぬのは数十年後ですが、人生めちゃくちゃに。『ニューヨーク・マガジン』のクレイ・フェルカーは、1973年にサリーの不様な経歴を掲載した際の責任者として怒りを買いました(※この表現だと、恐らく彼自身がサリーを酷評した訣ではなく、単に掲載許可を出したか、知らずに放置しただけっぽい)。

雑誌掲載の後はCBSニュースのTVキャスターに訓練なしで抜擢されて忙しかった(実質おツムの軽い金髪お嬢ちゃんポジション)ので、呪ったのはお粗末な仕事っぷりで辞めざるを得なくなった1974年です。そして1976年にルパート・マードックが雑誌を敵対的買収した結果、創設者のフェルカーは「クビになったの」と自叙伝に書いています。「クレイは職業的に二度と日の目を見ることはなかったわ。しかも癌になって、死んでしまったのよ」ってあんたね。

三人目は怪しげな霊能力者。なんか息子(1982年生まれ)のことについて余計な予言をして怒らせたらしいです。サリーが呪った年に脳出血でお亡くなりになりました。

長年の呪殺のカルマが返ったせいで息子が障碍児になったのだと考えるようになり、その後は“控えている”そうですが、昨年から「もう一体どの位の人間がドナルド・トランプを呪ってくれと私に頼んできたことか。何人ものお友達が列をなしているの」だそう。……つまり、自叙伝を出す前からお金持ちサークルではその実力を認められていたんすね。

親はクリスチャンで、4歳の頃に無神論者と自覚、少女時代にはブードゥーの呪術に嵌っていったようです。タロットカードや手相や占星術にも詳しく、死んだ夫とは霊媒師を介して今でも交信しているそう。

しかも、ナンシー・レーガン(※レーガン元大統領の妻)が1989年に自身の自叙伝の中で占星術師に相談をしていることを明かすと、ワシントン・ポスト紙の書評でそんなものに頼るなんて「おぞましい」と扱き下ろしました。サリーが一人目を殺そうと呪術を行なったのが1969年……人のことを言えた義理かっ。

あ、お気づきなりました? そう、彼女、恐ろしいことにワシントン・ポストの記者なんですよ。というか、副社長の奥さんってことで長年書かせてもらってるらしいんですけどね。2010年からはネット版の「信仰」セクション担当(※最後の投稿が2015年)……あのこれ、ジョークですよね、誰かそう言ってください。

そもそも記者として全く実績がなかった大学卒業時、名門ワシントン・ポストの「スタイル」セクション(ファッションやゴシップ等の欄)で執筆出来るようになったきっかけも、未来の夫ブラッドリーの口利き(面接で彼に「何か書いたもの見せて」と言われて、「書いたことありません」と答えた)。その後は略奪不倫して妻の座に収まりました。ここでも何か術を使ったのでしょうか。

パーティーでお友達の手相を見る程度の魔女ごっこならば勝手にせいって感じですけど、ことの深刻さを首都ワシントンDCの上流(?)階級が長年熟知していたのが大問題。本人も「自分は他人を呪い殺す力がある」と自覚して、それでもオカルト呪術に手を染め続けていました。更に表面上では無神論者だと言って、ワシントン・ポストでは何度もキリスト教とキリスト教徒を徹底的に糺弾しています(※おツム空っぽなので、無知をさらけ出していただけなようですが)。

おまけに今月発売の自叙伝『魔法を見つけて:スピリチュアルな回顧録』は古巣のワシントン・ポストでしっかり取り上げてもらい――やだこれ。きちんと読んだらサリーの(クリスチャンな筈の)母親も獣医を怒りの余り呪い殺したと書いてありますわ。それでいて彼女の“信仰”に対する正直さと勇気を褒め讃える書評。いみふ。

遺伝なのでしょうか、母娘共に念力が強いです。ルーツであるスコットランドの民間信仰が一族に深く浸透しており、女性は全員(姉妹や叔母も)霊能力を有していると本人が語っています。ブードゥー自体は、南部で使用人たちが皆黒人だったので、そちらで教えてもらったみたいです。ドルイドの巫女がアフリカのゾンビパワーまで得ちゃったという最悪のパターン。

只今、本の宣伝のために大手CBSやMSNBCの朝のニュースに生出演し、USAトゥデイのインタビューも受け、あちこち引っ張りだこです(普通の作家じゃ無理)。だから何で皆さんそこまで好意的なの。眉唾物だとしても、笑顔で話す内容ですか呪殺って。

アマゾンのレヴューは5つ星が67%。おそらくこういった記事で顰蹙買って、1つ星をつけたまともな精神の持ち主も33%と追い上げていますが(つまり両極端の評価)、今月発売されたヒラリーの本もあるとき1つ星の評価がごっそり消されたので、同じような“魔法”が近々行使されるのかもしれません。

因みにヒラリー・クリントンが全米各地で有料サイン会を開いて売り出し中の三冊目の自叙伝、消されずに残されたレビューの95%が何故か5つ星です。さぞかし平均値は底上げされたことでしょう(遠い目)。

なんかなもう、この人たちの人生調べていると脱力感半端ないです。ここ数年は闇が劣勢になっているんですよねぇ? 少なくともトランプ大統領が「ワシントン・ポストはフェイクニュースだ」と非難する理由がよぉぉぉっく理解出来ました。

◆主要参考記事◆
Gatekeeper of DC Society Sally Quinn Comes Out as Occultist, Used Hex to Kill People DC Media Covered Up Sally Quinn’s Occultism, Hex-Casting For Decades People Won’t Stop Asking Sally Quinn to Hex Donald Trump
 


ロシア:謎の巨石





2013年、動物の顔が彫られた巨石がシベリアで発見されました。1つは竜、もう1つはグリフィンに見えます。形状から、自然に花崗岩に亀裂が入ったとは考えにくいそう。今年5月にエルミタージュ博物館が公表して、メディアでぽつぽつと取り上げられるようになりました。

スプートニクの人間との比較図が大きさを把握し易いです。是非リンク先で写真をご覧ください。写真の数が多いのは、その前に報道したシベリアン・タイムズ。現地の山の全体像もあります。

竜は120トンの巨石の塊で、1つが1.3~2.1メートル長さの6つの石で出来ています。グリフィンは長さ5.9メートル、高さは2.5メートル以上。頭以外は地中に埋まっています(全体像が見たい!)。

鳥に関しては2~3千年前この地にいたスキタイ人にも似たような鷲の描写が見られるとのことですが、彼らは巨石文明ではなかったらしいです。竜に関しては、シベリアで見つかっているのはこの一体だけ。

発見したロシア人親子、アレクサンドルとルスラン・Пересёлков氏(読み方は「ペレショルコフ」さんですかね)によると、最後の氷河期の終わり辺り、最低でも11,000~12,000年前のものではないかということです。お父さんはアマチュアで、息子が考古学者なのかな、報道が少ないのではっきりしませんが。

場所はアルタイ山脈。リゾート地Белокуриха(ベラクーリハ)町から20キロのところにあるМохнатая(マフナータヤ)山。顔は東を向いており、周囲には儀式を行った形跡があるそうです。

石器時代やネアンデルタール人の原始的なイメージを覆す発見。スプートニクで父親のアレクサンドルさんが
「人類の歩みは近代になるほど進化するという直線状なものではなく、高度に発展した時代と後退した時代を繰り返して円を描いているのではないか(※発言内容をざっくりまとめました)」
とマックス・ミュラーを引き合いに出して、現代の驕った歴史観に疑問を呈していたのが大変興味深かったです。

文・Yutika

Comments are closed.