メキシコ便り(17):市長選略奪!AMLO氏の厳しいお言葉!マフィア・メディア!

 朝、晩と過ごしやすくなり、風に秋の気配を感じています🍁気持ちいいから、ちょっと立ち止まりお顔いっぱいに風を感じているpopoちゃんです。😌先日、お野菜の植え方を習ってきました。炎天下の中、重くて尖ったもの(道具の名前がわからない)でカチカチの土を耕してきました。畑仕事は5種のpopoちゃんにぴったり!popoちゃんは全くの初心者ですが、ケール、ビート、レタスをトライしてみようかなぁ〜と思っています♪ まずは種を探さなきゃ。。。只今、ラディッシュのマイクログリーンを育て中♪ 育てるって楽しい♪😊

 今回は1)2)とローカルな話題です。popoちゃん家の朝食の様子も混ざってますのでお楽しみください♪そしてあのいつも眠気を誘う話し方をするロペス・オブラドール氏が、なんと一変!大変、熱がこもっています。こんなに熱くなるお方だとは。。。知らなかった。。。最後にQへのメディア一斉攻撃!について。。。そしてQのキャッチフレーズに秘密?!発見!!!

(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(17):市長選略奪!AMLO氏の厳しいお言葉!マフィア・メディア!


1)ゴリ押し、ファレス市長の不正選挙!


メキシコでは7月1日に史上最大の総選挙がありました。メキシコ便り(15)でもお伝えしたように、popoちゃん在住のファレス市長選挙の結果がのびのびで(候補者第2位、現在の市長カバダ氏が2回ほど数え直すことを要求したため)、最終的に結果が出たのは7月13日。次期大統領ロペス・オブラドール氏と同じMorena党のモッケン氏が勝利!

7月13日に選挙に勝利したモッケン氏が、当日、結果報告の後に紙に著名しているところ


そしてたしか任務は9月頃からのスタートのはずだった。。。。のに。。。8月11日(土)朝のテレビニュースでいきなり次期市長はカバダ氏になったと報道!!!え?え?え?どういうこと?!?!😳 popoちゃんもpopoちゃんの旦那さまも、ちょうど朝ごはんの最中で、お箸。。。じゃなくてフォークとナイフを持つ手は止まり、お互い顔を見合わせ「どういうこと?!」。。。一瞬、頭が真っ白に💭!popoちゃんの旦那さまはすぐさまテーブルから立ち上がり、部屋の中をくるくる歩き回り、青ざめた顔😨で「お腹の中の蝶々がバタバタしてきたぁ〜」と。。。気分を害した旦那さまはすっかり食欲を失い、残りのごはん食べれず、呆然としたままくるくる歩き回るばかり。。。(旦那さまが青ざめる理由は、カバダ氏がまた市長になるとpopoちゃん家のお家を手放す可能性が高いため。。。詳細はメキシコ便り(15)をどうぞ!そんな旦那さまをpopoちゃんは横目で見守りながらも、モグモグ。。。しっかり最後まで朝ごはん食べちゃいました。。。😆だって週に一度の大好きなパンケーキだったんだもん!



カバダ氏いわく、ファレス選挙管理委員長がちゃんと仕事をしていなかったといい、今頃になって選挙結果の数字がこんな風に変更したとか!(ウソだ、ウソだ、絶対ウソだぁ〜!!!😠)


7月13日の時点で981票の差でモッケン氏が勝利、8月11日に突然のチワワ州選挙管理委員会の発表では、848票の差でカバダ氏が勝利。。。

7月1日から13日の間、結果が出るまで、毎日、選挙管理委員会がカウントしているところをテレビ中継されました。そしてモッケン氏の勝利が決定!7月13日から8月11日の間、ファレス市民はまた選挙の数え直しをしていることなど一切何も聞かされていなくて、突然、8月11日の朝のニュースでカバダ氏が次期市長に決定と報道!ゴリゴリ押しもいいとこ!不正だぁ不正だぁ不正だぁ〜!!!😡💨っていうか恐喝、略奪だぁ〜!!!メキシコのとんでもなくあからさまな不正選挙を目の前で体験したpopoちゃんでした。でも、ほんとにこんなのってあり?!

現ファレス市長カバダ氏

このお方に同調するとチャクラ閉じちゃって息できない。。。😑このお方、見た目もかなりやばくないですか?!ペドファイル、殺人、麻薬中毒などのこわい噂、飛び交ってます。ファレスの地元新聞ディアリオと地元テレビ局44チャンは彼が所有し、しっかりメディアをコントロール。7月13日、モッケン氏が勝利したとき、44チャンでは一切、市長選挙の結果が報じられていませんでした。ちょうどファレスはそのとき大雨で洪水になっていたので、44チャンではそのニュースばかり。。。ファレス市民は「44チャンスタジオ前は選挙に敗れたカバダ氏の涙で洪水になって通れない!」などのジョークがツイートされてました。😄

7月13日に次期ファレス市長に当選していたモッケン氏

このお方だとチャクラ開いて体が緩みませんか?popoちゃんの思い込みかなぁ。。。

7月13日モッケン氏が勝利した時点でモッケン氏が所属するMorena党は、カバダ氏の不正を報告、すでにその時点で2000票ほど盗まれていることを指摘。

それにしても7月13日の二人の合計票は353,939票。8月11日に発表された二人の合計票は351,116票。2823票減っちゃてるけど。。。なぜ?!なんだか超いい加減!メキシコらしい。。。😕

法律的に結果報告のあと4日以内に異議の申し出ができるらしく、モッケン氏の所属するMorena党は早速、カバダ氏の違法行為をグアダラハラにある連邦選挙管理委員会に申し立て。モッケン氏によると、チワワ州選挙管理委員会のセサール・ウォング氏はカバダ氏と友好関係にあるのでそのあたりを深く調査しなければならないと。。。

TEE(チワワ州選挙管理委員会)一番奥に座っている人がセサール・ウォング氏
カバダ氏と友好関係があるとか。。。

はたして正義は勝てるのか?!勝たなきゃ、ファレスの街はどんどんやばくなる。。。
ファレスは一時、世界で最も危険な街とされ、同じメキシコ人にも恐れられている街。2006年以降、麻薬関連の殺人で20万人以上の人が命を落とし、2010年3,103人、2009年2,643人 死亡)近年、治安も回復してきているように見えましたが、またまた今年から悪化。昨年2017年に殺された人、計700人。今年2018年7月末時点ですでに去年のトータルを上回り、724人。 https://www.dallasnews.com/news/mexico/2018/08/07/facing-mexicos-violence-one-violent-cities-lopez-obrador-stubbornly-offers-hope

犯罪が起きても犯罪者は逮捕されず野放し状態、行方不明もそのまま放置。。。そんな悲しみと怒りに満ちた街もほったらかし。。。しかも全く街が綺麗にならない進化しない、相変わらずデゴボコ道でぶさいくな街。現市長がファレスに愛を注いでいないのは明らか!300社以上あるマキーラドーラ(外資系の工場がメキシコ人の労働で物の組み立てなど行い、メキシコの外で売る)のおかけで、ファレスにはたくさんの雇用があり、そのためファレス市の税収入もかなりいいと言われていますが。。。でもそのお金が全く街に反映されていない。。。これどうみても市長さんたちの懐に入って消えてしまっているとしか思えない。。。街は20年前とあまり変わっていないし。。。今こそ、ファレスは新しいリーダーが必要!ほんとに今がターニングポイント!

母なる神様、正しい裁きをお願いします。🙏おそらくファレスでガヤトリーマントラや愛のマントラを知っているのはpopoちゃんだけ。。。でもpopoちゃん一人でも願いは届くかもしれないと楽観主義のpopoちゃんは思ってしまう。。。たとえ届かなくても、結果がわかるまでの間、ガヤトリーマントラと愛のマントラはpopo ちゃんの心を平穏に保ってくれる😌だから、今日もお祈り♪もちろん心を清くすることが最優先!そうじゃないと祈りも届かなぁ〜いし。。。ヤマ・ニヤマを実践♪ 実践♪ そしてpopoちゃんは1%の可能性に全力投球!🌟


2)ファレスに次期大統領AMLO氏がやってきた!


8月7日(火)次期大統領ロペス・オブラドール氏がファレスにやってきた!なぜ?!これから2ヶ月間、次期AMLO政権が国民の声を聞きながら全国各地をまわるフォーラムがファレスからスタート!ファレスでは治安問題を話し合いました。



会場にはたくさんの殺害された被害者の家族の姿も。。。彼らの怒りが弾けた場面もありましたが、ロペス・オブラドール氏は、いつものゆったり口調は一変した、強い口調で熱く語っていました。「平和と平穏は正しい裁きの果実だ。」「起こったことを忘れてはいけないが、相手を許さないといけない」「火は火で消せない、暴力を暴力で無くせない。」「目には目を、歯には歯をでは改善できない」と。。。犠牲者の方々に寄り添いながらも、厳しく指摘されていました。そして「私は(治安改善を)失敗しない」と何度も言っていました。ファレス在住のpopoちゃんも心からファレスの治安改善を願います。🙏もうこれ以上ファレスに涙をながさせないで〜。。。


3)マフィア・メディア


とうとうあのQanonのツイッターアカウト8月13日夜、消えちゃいました!あ〜あ。。。😩Qが消された時のためにと作っていたもう一つの予備アカウントも消えちゃいました。同日、ラテンアメリカのニュースを中心に真実を伝える、ベネズエラのテレビ局telesurの英語版フェイスブックも突然、消えちゃったそう。。。(8月15日復活したとツイートしてました。)シャドウバンがどんどん進んでいるようですが、こちら↓のツイッターにはびっくり😶。Qanonへのメディア攻撃が一斉になされましたが、ここまで右にならえ!とは。。。ほぼ全部同じ見出し。。。これはまずい。。。っていうか、正体バレバレじゃん!こんなに攻撃するってことは、Qのことが実はやばいからじゃない?!なんでもなかったらこんなに攻撃する意味ないし。。。



上のツイッターではMOS(Media Object Server)がアメリカのメディアとアメリカの政治家をコントロールしてる図がQによって描かれています。7月29日に8チャンでQ 攻撃があったようで、その際、QはC_A=MOSとメッセージにあり、つまりMOS=CIA,そして巷ではMOS=MOSSAD(イスラエル秘密諜報機関)では?!とつぶやいている方がたくさんいます。

Martin Geddes氏の記事によると「主要メディアはマフィア・メディアになってしまった。」またQは「一度、とんでもない現実を知らされると、幾つかのメディアは自分たちの違法行為の重さの下敷きになり崩壊するだろう。」Qは10回ほどこう言っている「我々はすべてを持っている」と。。。Qは違法な金儲けした刑務所行きのジャーナリストたちのリストを持っている。ディープステイト(MOSのことかな?!)は朝4時に今日の話題のポイントをそれぞれのメディアに安全に送っているとか。。。

Qは、8チャンでツイート続けているようです。「奴らはパニックモード」だと。。。「すべてコントロール下にある」と余裕!(カッコイイ!✨)計画通りのようです。そしていつものフレーズ。。。。。Enjoy the show! Qがよく使うキャッチフレーズ→ WWG1WGA.(Where We Go One, We Go All.)の秘密?!発見!!!これはJFKのボート(Honey Fitz)の鐘に刻印されているものらしい。。。WOW!


そのボートは「White Squall」という映画にも使われたとか。。。しかもJFKJr.はボートが大好きだったとか。。。JFK Jr.が生きているかどうかは置いといて、JFKの遺志はQanonに受け継がれてるのかも。。。(でもこのベルはひょっとしたらJFKファンが勝手に作って話を盛り上げているのかもしれません。新しすぎるような気がします。しかもJFKのボート写真にこの鐘は写ってないし。。。)っと思ったのですが、もうちょっと調べてみると、このボートは1931年に造られ、それ以来、何度も改装されてきてるらしい。( https://www.palmbeachpost.com/news/the-honey-fitz-back-business/4BK4ltlUDW6qTqAP4hstOI/ )なので上のツイッターの鐘の写真はおそらく改装後。そして下の鐘が「White Squall」の映画に使われたJFK所有時のボートの鐘の写真のよう。。。Qもメッセージの中でWhite Squall と書いているので意味深くて気になっちゃいます!よ〜っし、popoちゃんこの映画みるぞー!


¡Viva Mexico!

(popoちゃん)

追伸:popoちゃんの旦那さまは、主要メディアにどっぷり浸っているのですが、この間、竹下先生のコメントを聞いて、あのQ動画「The Plan To Save The World 」を観たい!と言い出し、『おっ!目覚めてきた?!』と思ったpopoちゃんは動画をすぐさまセッティング。が。。。出だしから「この声はJFK Jrの声じゃない」と否定され。。。見終わった後に吐いた言葉は「これただのトランプのPR動画じゃん!」。。。popoちゃん目が点😶で「ち〜ん」でした。。。「あんな人種差別のひどい奴が今更good guy なんて冗談じゃない!」と。。。思った以上のメディア洗脳の深刻さにpopoちゃんため息😩。。。とその時、popoちゃんに旦那さまへの期待があったことに気付いたのでした!そして『おっし!ありのままを受け入れる!』と気を取り戻し、旦那さまへの一切の期待にさよなら👋したのでした。まだこんな人が世界にたくさんいるのかなぁ〜。。。

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1





Comments are closed.