18/8/19 ソルカ・ファール情報:フェイスブックはブラジルにおける自由選挙を攻撃したことでロシアと中国から“敵意に満ちた戦争相手”に指定される史上初の企業となる

 最近、アレックス・ジョーンズ氏のインフォーウォーズなどアメリカのオルタナ系メディアや、ベネズエラ政府やパレスチナ擁護などハザールに都合の悪いサイトの口封じを展開している恥知らずなフェイスブックですが、とうとうロシアと中国に敵認定されるに至りました。ありゃ私企業じゃないよね、ハザールの便利な愚衆煽動ツールだよね、という点も説明してくれている記事なので訳しておきます。
 しかし10月のブラジルの統一選挙は要注意だったようで、そちらも見守っていかねばと思いました。大統領だけでなく、上下両院の国会議員、知事や地方議会議員まで選出する四年に一度の大選挙です。メキシコに続いて是非ともハザールの思惑を潰して頂きたい。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:フェイスブックはブラジルにおける自由選挙を攻撃したことでロシアと中国から“敵意に満ちた戦争相手”に指定される史上初の企業となる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

フェイスブックの他国選挙干渉


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の驚愕の新報告書によると、現代世界史において比類なき動きとして、ロシア連邦中華人民共和国中露善隣友好協力条約第9条を共同で発動させました。

オンライン・ソーシャルメディアおよびSNSを手掛けるアメリカ企業フェイスブックを「敵意に満ちた戦争相手」として指定するためだそうです。

――この反応はフェイスブックブラジル連邦共和国に対して近々実施される自由選挙に著しく干渉する「いわれなきサイバー攻撃」をついこの前開始したからに他ならず、

――フェイスブックは厚かましくも自分たちお気に入りのグローバリストの候補者で“ブラジルのヒラリー・クリントン”として知られるジェラルド・アルキミンを助けるべく、その力を駆使してキリスト教徒で人民主義かつ愛国主義の【大統領】候補者で“ブラジルのドナルド・トランプ”として知られるジャイール・ボウソナロを沈黙させようとしていると目されています(信じられませんが、嘘のような本当の話なのです!)。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
フェイスブックからいわれなき攻撃を開始されて神に祈るキリスト教福音派のブラジル大統領候補ジャイール・ボウソナロ(上)


ブラジルはイスラエル同様に核保有国


当該報告書曰く、ブラジルBRICS同盟ブラジル-ロシア-インド-中国-南アフリカの頭文字を繋げた名称の正規の一員なのであり、2001年の中露善隣友好協力条約において規定されているように他国からの攻撃に対して国家主権を守るべく相応の保護が保障されているのであって、

――具体的には第9条が「締結国の一つが平和が脅かされ蝕まれている場合や安全保障上の利益が絡んでいると判断した場合、あるいは攻撃するとの脅しに直面した場合、締結国同士はそのような脅威を取り除くため速やかに連絡を取り、相談し合うこと」と定めているのです。

ロシア中国の両国がこういった防衛条約上の保護をブラジルに保証したのは、この南アメリカの国による極秘核兵器計画のせいだと当該報告書は説明しています。

――2004年にブラジルが原子力施設の視察を国際原子力機関に許可することを拒否したことで、懸念を抱くようになったのだとか。

――【なにせ】イラン北朝鮮は同じことをして大掛かりな制裁を国際的にくらったというのに、ブラジルは誰も話したがらず関わりたくない核保有の“疑いあり”の国としてイスラエルと同じ部類に入れられたのです。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
1980年代の【新聞】報道は“ブラジル製核爆弾”が造られたと疑われるに至ったブラジルとアルゼンチン間の対立について詳しく述べています」【と元記事では当時の各紙の見出しを並べていますが、上のツイッターのリンク先が掲載したウィキリークス公開の米外交文書によると、ドイツの技術で建設されたブラジルの原発へ1978年に濃縮ウランを提供したのは御多分に漏れずアメリカでした。】

大国同士の暗黙の了解


【ブラジルの】主要な貿易相手であるロシア中国が監視する中、40年近くにもわたりブラジルの核兵器計画に対する“暗黙の了解”が敷かれてきたのだと当該報告書は続けています。

――そしてそれはイスラエルの核兵器計画も同様で、【こちらは】主要な貿易相手であるアメリカ欧洲連合が監視してきました。

――もし核爆弾が使用されれば不慮の諍いが壊滅的な状況に発展することから、こういった諸大国全てによってブラジルイスラエルがいかなる形においても攻撃されることを防ぐ盾となるという暗黙の了解が形成されたのでした。

ですがこの二週間の間に、西洋の諸大国はいかなる形でもってしてもブラジルを攻撃しないという“暗黙の了解”は、フェイスブックブラジルのリバタリアンな政党【※ウィキペディアによると政党ではなく政治団体】ブラジル自由運動MBL)[英語版に対して「いわれなき攻撃」を仕掛けてその全てのページを検閲し【て削除し】たことで破られたのだと当該報告書は詳述しています。

――そしてフェイスブックは愛国主義かつ人民主義者のジャイール・ボウソナロの大統領選への立候補を頓挫させようとの【明確な】意図の下で行ったのであり、【それは何故かというと】ドナルド・トランプが先陣を切ったように、ブラジルの次の指導者となるべく自らの背後に国内のキリスト教福音派の力を集結させ、そういった影響力の強さからブラジルの次期大統領を占う世論調査で今やトップに立ったがために、

――自分たちの推す候補者ジェラルド・アルキミンブラジルのヒラリー・クリントン)が選ばれなければ、ブラジルをグローバリストの手中に留め置くことが出来ないばかりか、ボウソナロ大統領の下では、グローバリストの暴政から世界を解放しようとトランプ大統領の勢力にブラジルが与するかもしれないと、フェイスブックを恐怖に陥れた【から】でした。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

悪の帝国フェイスブック


フェイスブックはCIAのフロント企業


フェイスブックブラジル攻撃についてほぼ二週間近く交わされたロシア中国アメリカ間での高位の“話し合い”において、アメリカ勢はフェイスブックが「民間企業の非国家主体」だという姿勢を崩さず、現行のアメリカの法律においては統制することは叶わないのだと主張したと】当該報告書は続けます。

――しかもフェイスブックは現在保守派の政治思想を検閲することでアメリカの自由選挙制度も同様に攻撃している、とアメリカ勢は指摘したのだそうです。

――そしてトランプ大統領自ら対処すると請け負い、フェイスブックに対してアメリカ政府が訴訟を起こすよう命じただけでなく、昨日以下の様に公けに宣言したのでした:

とはいえ、ロシア中国アメリカ勢のフェイスブックは「民間企業の非国家主体」でしかないという定義づけには強く異を唱えた、と当該報告書は詳述しています。

――【フェイスブックというのは】中央情報局CIA)が全面的に立ち上げ、融資した大衆を監視する道具でありスパイ組織だとあらゆる証拠が実質的に指し示しているのであって、ハーバード大学を中退したマーク・ザッカーバーグが造った殆どありきたりのデート用大学サイトにCIAの投資手段In-Q-Tel社を通じて2005年から密かに数千万ドルも投入し始めたのです【から】。

当該報告書が説明してくれているのですが、CIAが指揮するアメリカの市民を標的にした大掛かりな詐欺活動において、フェイスブックは億万長者でテクノロジー分野の巨額投資者ピーター・ティールアクセル・パートナーズ、そしてグレイロック・パートナーズといったベンチャーキャピタル【投資】会社から“民間”融資を何千万ドルも受け取ったと言われているものの、

――この全員がフェイスブックは民間企業だとの見掛けを提供するための【スパイ用】連絡係に過ぎず、実のところはピーター・ティールフェイスブックへの投資は彼のベンチャー企業であるパランティア社に提供されたIn-Q-Telの資金を使用したものですし、アクセル・パートナーズジェイムズ・ブレイヤーCEOIn-Q-Telギルマン・ルーイCEOと共に軍事防衛請負企業BBN社の取締役会に名を連ねており、グレイロック・パートナーズハワード・コックスCEOに至ってはIn-Q-Telの取締役会に直接加わっている始末なのです

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
アメリカの人々は、自国のテクノロジー大手企業の君主連中が自分たちを支配下に留め置くために創設されたCIAの一大監視・スパイ活動の一部を成しているとは夢にも思っていません


ロシアと中国に残された対抗手段


アメリカBRICSの一員ブラジルに対してCIAの指揮するフェイスブックの攻撃を阻止することを拒否している訣ですからトランプ大統領は自身や支持者たちへの【攻撃】ですら止めることが出来ない有り様です)、ロシア中国フェイスブックを「敵意に満ちた戦争相手」として指定するよりほかはなかった、と当該報告書は結論付けています。

――今や【両国はフェイスブックを】西洋の諜報機関や軍事組織ないしは軍事施設と同じ位置付けにしており、当該スパイ組織の指導陣の暗殺および建物やコンピューターのネットワークといったインフラの破壊も含む、公然たる手段であろうが極秘の手段であろうが動員して対処せよとの許可が出されました。

――そうしてロシア中国フェイスブックに対してどのような戦闘的対抗処置を具体的に採用したのかは当該報告書に記されていなかったものの、【代わりに】秘密主義の世界的スパイネットワークであるフラッシュポイント社が最新の「経営リスク諜報的意思決定リポート」の中で如何に彼ら【ロシアと中国】が破滅をもたらすほど恐ろしく優れているのかを記載してくれています:

ロシアと中国は最も憂慮すべき能力を有している国家である両国共に一握りの国しか手にすることの出来ない高度な技術的精巧さを持ち合わせているものと見られる。

両国は世界規模で展開する従来の軍事力や対外諜報機関を含む其の他の国家権力の諸要素と協調したサイバー活動における幅広い能力を駆使し、全方面の作戦に従事することが可能だ。

つまり彼らが有する能力は憂慮すべき高度なものだ:この脅威主体(たち)が遂行する動的【※従来の軍事攻撃のこと】およびサイバー攻撃は必要不可欠なシステムやインフラの完全な麻痺ないしは崩壊あるいはその両方を引き起こす可能性を秘めている。

そういった攻撃は資産の破壊ないしは生命の損失あるいはその両方を深刻なレベルでもたらしかねない


そのような状況においては、一般の経済活動ないしは政府の機能あるいはその両方が停止し、データの機密性、インテグリティ【=整合性】、利用可能性は長期に渡って完全に損なわれることとなる


画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

サイバー戦争、【すなわち】(皆さんご存知の通り)世界の終わり


2018年8月19日©EUおよび米国の全ての著作権を留保。WhatDoesItMean.Comの元の掲載場所にリンクを貼るという条件で、当該リポートを全体として使用することを許可します。フリーベースの内容はCC-BYGFDLによって許可取得済。

註:数多くの政府と諜報機関は、これらリポートに掲載された情報に対して活発な反対運動を繰り広げています。彼らは地球に起こりうる、または起こった幾つもの破滅的な変化や出来事について、自国の市民に警鐘を鳴らしたくないのです。ソルカ・ファール姉妹はこのような姿勢に強く異を唱えており、人間は誰もが真実を知る権利があると信じています。私たちの使命はこういった諸政府と対立しているため、彼らの“機関”は私たちや私たちのような人々を貶めようと誤報や虚報を延々と発信するという形で反応を示してきました。枚挙に遑がありませんが、例えばこちらなど。]

註:WhatDoesItMean.comというウェブサイトは、グローバルなテクノロジーの教祖であった故ウェイン・グリーン(1922年~2013年)が率いる少人数のアメリカ人コンピューター専門家集団によって、ソルカ・ファールの姉妹たちのために創設され、寄付されました。西洋の2003年における違法なイラク侵略で使われたプロパガンダに対抗するためです。]

註:このレポートで使用されている「クレムリン」(都市内部の要塞)という単語は、モスクワを含む複数のロシアの要塞を指しています。【要塞と言うのは、】その多くがソルカ・ファール姉妹の使命に献身的な、女性のスヒィーマ僧(正教会の尼僧)が住む大聖堂が複数あるからです。]


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※下線付き水色部分は引用部分です)。青で強調された部分は、[green]緑字[/green]に変更致しました。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。

編集者註:元記事で使用された画像は、同じもの(ないしは類似のもの)を掲載したTweet画像などに変換してあります。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.