“Bluetooth in ワクチン”の技術的検証(3/3) 〜 信号の収集と解析結果

シャンティ・フーラスタッフからの情報です。
 第1回第2回に引き続いて、「ワクチン接種者がBluetoothに反応する」かどうかを技術的に検証しています。最終回では、実際の信号の収集と解析の結果を紹介したいと思います。

 結果の通り、今回の検証では“Bluetooth in ワクチン”の可能性を示唆する証拠は見つかりませんでした。

 しかし、Bluetooth現象が証明されるかどうか自体は、重要ではありません。ワクチンによって人間が追跡されるか、あるいはグリッドに接続される可能性は、科学者がワクチン中に発見した数々の異物をはじめとして、本時事ブログに上がってくる情報から、存在するといってよいと思います。それが、Bluetoothである必要はありません。

 大切なことはどのような情報も真偽を断定せず、可能性として冷静に取り扱うことだと思います。このBluetooth現象にしても、有るか無いかを断定せず、「○%の確率であり得るかな」という風に考えてもいいのではないかと思います。

 ワクチンに限らずどんな情報も、専門家の綿密な検証を待っていては遅い、という側面があります。今出回っている情報から可能性を判断し、我々の未来の命を守る選択肢を察知して動く必要があると思います。
(るぱぱ)
————————————————————————
信号収集の方法
 

第1回で述べた通り、筆者は多数の信号を収集して解析するという方法を取りました

この目的に使えそうな幾つかのAndroidスマートフォン用アプリを試した所、筆者が必要とする機能を持つものはなかったため、独自の収集アプリと、収集したデータの解析ツールを開発しました

Bluetooth信号を収集し、
後でパソコンで解析できる形で保存する独自アプリ

※本記事における「信号」とはLE規格のAdvertisingパケットを指します。

このアプリを動作させたスマートフォンを持って、商業施設・スーパーマーケット・役所・イベント会場など、接種者・非接種者を問わず、多数の人が集まる場所をいくつか訪れました。このようにして大量の信号を収集しました


解析の方法

訪れた場所ごとに信号のデータを解析し、MACアドレスの種類・発信元デバイスの特徴・サービス名や会社名を検出しました。これらの情報を、表計算ソフトで集計しました


» 続きはこちらから

椅子を使った、一瞬で「体軸」の調整をする方法 ~立ち居振る舞いの急所

竹下雅敏氏からの情報です。
 読者の方からの情報提供です。これは非常に重要な動画です。これまで「正しい立ち方」「正しい座り方」「正しい歩き方」などの情報を掲載して来ましたが、扇の要とも言える立ち居振る舞いの急所です。
 動画のコメントも高評価で、様々な分野への応用が期待できる技術です。昨日のことですが、風呂に入っている時に、この動画の技術の本質に気づきました。動画では椅子を使って「体軸」の調整をするのですが、椅子は、本当は必要ではなく、実のところどんな姿勢でも、一瞬で「体軸」の調整ができるのです。
 「経筋体操」をほぼ毎日30分くらいかけて一通り行っているのですが、「体軸」の調整の本質に気づいたのは、この効果が大きいと思っています。「経筋体操」は呼吸と動作を合わせた簡単なものですが、体外のチャクラ(特にスワーディシュターナ)の放出と吸収に深く結びついたものなのです。
 「正しい立ち方」「正しい座り方」「正しい歩き方」などを日常的に意識して、身体の歪みを物理的に取り除く努力をします。「経筋体操」で体に気を通し、体を弛めます。「体軸」の調整は、いつでもどのような姿勢でも出来て、“乱れていたバランスが一気に整う”のです。
 いつでもどのような姿勢でも出来る「体軸」の調整法は、映像配信か、アーユルヴェーダの解説シリーズの補講と言う形で公開するかもしれません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
リアル界王拳、激変ぶりにマジでビビる【イス軸法】
配信元)
 
 
ニヨニヨいずみ
杖を使ってもフラフラしながらでしか立てない祖母(82)に動画を見せて試させたら、最初に椅子から手をつかずに立ち上がるのを怖がってましたが、サポートしながらゆっくり立ち上がれたら、杖無しで真っ直ぐ立てた上に、後に2度、3度と1人で立ち上がりを繰り返したら、押してもびくともしない祖母になり、 背中も真っ直ぐに伸びて、杖なしで歩きいつも痛いと言っていた膝が痛まないと喜んでました! 整形外科で100回リハビリするよりも明らかに効果的で、しかも数分の出来事だったので驚きました。素晴らしい動画を本当にありがとうございます。
 
Keiko Barbosa
イス軸法をやって、パソコンに向かって仕事しだしたら肩がめっちゃ楽になっていて驚きました!!!すごい! 今回は楽しいだけじゃなく、ためにもなりました!!!
 
45 su32
骨盤歪んでて腰痛持ちなのでとても助かりました。大感謝です。 その手の動画は過去色々漁ってたけど、まさか武術系チャンネルで自分にピッタリの答えを見つけられるとは思ってもみませんでした
 

イス軸法ヤバいですね、やってみるとかかとが地面に刺さってるような安定感を感じました。呼吸も良くなるということで軽く歌ってみると圧倒的に脱力して声を出せたので、もしかしたら歌にも効果的なのかもしれないですね!
 
14%マスター
これすごいです! 乱れてたバランスが一気に整った感じ。 日常生活が劇的に変わるのが分かります!まさに神回!ありがとうございます!

» 続きはこちらから

マスクは正しく装着すれば、ウイルス対策として効果あり! ~マスクは静電気の作用により超微粒子を捕捉するように製作されており、粒子が小さくなるほどフィルターに捕集されやすくなる!そして優れた「保湿効果」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画で郭文貴氏は、“来週から、皆さんはきちんとウイルス対策しないといけない。くれぐれも真面目に対応してください。…マスクと手袋はきちんと使用し…出来る限り家にいて外へ出歩かないで”と言っています。“多くの人がブースター接種をしたために、この後ワクチン禍がピークを迎えるだろう”と予想しているようです。
 ロバート・マローン博士も、「残念な現実は、人々が目覚める前に、私たちは多くの子供が死亡するのを見るに違いない」と言っています。
 「家の中でも性能の良いマスクつけるほうが家庭内感染減らせる」という信じがたいツイートがあります。ウイルスは弱毒化しており、さほど警戒する必要はありません。マスクを長時間にわたって着けることの弊害の方が大きいでしょう。家の中でのマスク、人ごみでなければ外でのマスクは必要ないでしょう。
 「マスクはほとんど役に立たない」と思い込んでいる人が多いのですが、これは違います。“マスクの網目はウイルスの100倍以上も大きい。空気中を漂うウイルスをマスクだけで防ごうとするのは無理”と言う勘違いが多いようです。
 Youさんのツイートの動画で、「N95レスピレーターを使って顔にフィットさせれば、同じ部屋で25時間過ごしても保護される」と言っているように、マスクは繊維の網目の細かさでウイルスを遮断しているのではありません。“マスクは静電気の作用により超微粒子を捕捉するように製作されており、粒子が小さくなるほどフィルターに捕集されやすくなる”のです。
 また、マスクの効果として優れているのは、「保湿効果」なのです。こちらのPDFには、「ウイルスは冷たく、乾燥した環境を好みます。外気の通り道である口や鼻、のどなどには空気中にウイルスや細菌などの異物がいても侵入されないよう内壁の粘膜には繊毛という目に見えないくらいの細かい毛が生えています。…しかし、外気の湿度が下がって粘膜が乾燥すると繊毛運動は低下し、異物の排泄は困難になります。さらに粘膜には異物と戦う免疫細胞が存在しますが、粘膜が乾燥した状態では十分な働きができなくなります。このようなことからマスクによる保湿効果が役立ちます」とあります。
 このようにマスクは正しく装着すれば、ウイルス対策として効果があります。しかし、間違った使い方をすれば、逆に免疫力を損なってしまいます。今後、ブースター接種によるシェディングの影響を最小限に抑えるためにも、人ごみの中でのマスクは必要だと思います。シェディングによって、スパイクタンパクあるいはmRNAを含むエクソソームが放出されている可能性があり、“マスクは粒子が小さくなるほどフィルターに捕集されやすくなる”のですから役に立つはずです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
動画は配信元でご覧ください(画像をクリックすると配信元へ飛びます)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

[YouTube]かわいい子羊

読者の方からの情報です。
こんな風にかわいく甘えられたら、デレッデレになってしまう。
かわい〜すぎでしょ。
(Sakura)
————————————————————————
Cute Lamb Needs Attention
配信元)

ナイジェリアに注目!治験ワクチンを拒否し、イベルメクチンを採用し、人生を楽しみながらコロナ感染から国民を守った国

読者の方からの情報です。
 オミクロン株が報道され始めた瞬間に、日本の場合はブースターショット向けの宣伝広告が始まったと思いました。
今年の7月に掲載している記事の再掲のようですが、ナイジェリアの方が話されているコメントが、『世界で行われていることはグローバル詐欺で、解決法はPCRと治験ワクチンをやめ、恐怖煽りを聞かず、人生を楽しむこと』と素晴らしく、また、ナイジェリアではワクチン完全接種率が1.7%と、こちらも素晴らしく、kazuchan-coconeさんが、彼らが嫌がるナイジェリアの話題をLet's tweet!と言っているので、7種、8種の方は好きかも?!と思い投稿しました。
(サトヤマダトモコ)
 西アフリカに位置する「アフリカの巨人」ナイジェリア。普段ニュースで見ることのない国ですが、「要注目!」ということです。1996年ナイジェリアのカノ州でファイザーは、親の同意もないまま子ども達に不正な治験を行い、多くの犠牲者を出したそうです。ファイザーは調査員を雇ってナイジェリアの法務長官の汚職の証拠を探させ、弱みを握り、ファイザーに対する訴訟を取り下げる圧力をかけようとしたことがウィキリークスによって暴露されました。こうした被害を受けたナイジェリアは、ファイザーのワクチンへの警戒感が強いためか、ワクチン完全接種率が1.7%という防衛力を発揮しました。イベルメクチンを使い「治験ワクチンをやめ」「人生を楽しみながら」コロナを完全に制圧しています。ツイート中のグラフでは日本との感染者の比較があります。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 3,701