アーカイブ: 「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ疑惑

【森友問題】籠池佳茂氏「両親が勾留されて丸3ヶ月。接見禁止が解けません。家族とも会えない」…権力者に逆らった者に対する見せしめ

竹下雅敏氏からの情報です。
 籠池夫妻の事は気になっていて、様子を知りたいと思っていたのですが、驚いたことに、勾留されてまる3ヶ月が経っても、未だに“家族を含めたすべての人との接見を禁止されている”とのことです。法律の事はわかりませんが、このこと自体が違法ではないかと思います。籠池元理事長の長男の佳茂氏は、“この国の司法は一体正常に法治国家として機能しているのでしょうか?”と言っています。
 ツイートを見ると、“あなたの両親だけ特別なのではない”という意見がありますが、これはある意味では本当です。これまでもずっとこうであったことが、今回の籠池夫妻の件で、ようやく人々の意識に上るようになっただけのことだという見解だと思います。
 しかし、籠池元理事長の言動があべぴょんの怒りを買い、無理やり犯罪者にされている事は、ほぼ明らかです。ある意味で、権力者に逆らった者に対する見せしめであり、拷問であると言えるでしょう。
 “腐れ外道の安部夫婦”は、まさにピッタリ。“続きはこちらから”以降では、あべぴょんの腐れ外道ぶりがよくわかるものを、いくつか集めてみました。あべぴょん、良かったな。みんなはあべぴょんの事を、とてもよく理解しているよ。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【森友問題】籠池佳茂氏「両親が勾留されて丸3ヶ月。接見禁止が解けません。家族とも会えない」
転載元)

森友学園の籠池元理事長の長男である籠池佳茂氏が警察の対応に怒りのコメントをしています。籠池佳茂氏によると、籠池夫妻は7月31日に拘束されてから、今日までずっと家族を含めたすべての人と接見を禁止されているとのことです。

佳茂氏は「この国の司法は一体正常に法治国家として機能しているのでしょうか?法務検察の機能を知り抜いた人間がある意図を持って両親を軟禁したのではないかと思うのです」と述べ、法律の観点から見ても異常だと疑問を投げ掛けています。

籠池夫妻の拘束を巡っては専門家からも「異例の対応」と指摘されており、罪状の内容と比べて警察側の対応があまりにも厳重過ぎると言われていました。


(中略)


(中略)


(以下略)

» 続きはこちらから

【続・アキエリークス】~ 忘れちゃダメよ ♡ モリとカケ…とアッキー!~ 「昭恵コネクションから見る日本の病」 辰巳孝太郎・田村智子議員による加計・森友問題明晰解説!(後半①)

 NEWS23は鬼門なのか、つい先日もあべぴょんは1:7の総攻撃にあい、『いつまでモリカケやってるんだ!』と見えない所でプッツンきちゃったとかw。さらに報ステでの最後の討論会でもモリカケ総攻撃。焦るあべぴょん、籠池さんを詐欺師呼ばわりしたかと思えば妻はだまされたと言い、解散を共産党小池氏が言ったからとデマ連発。もはや精神を保つのもギリギリのようです。。一方、アッキー隠しも始まったようですが、これらを見てもやはり、モリ・カケは外せないということがよくわかりますね!
 さて、前回のつづきです。後半は田村議員による加計問題解説。トークの分量としては重要性に比例して加計の解説の方が断然長くなってます。(なので2回に分けております。)さて田村議員。待ってましたとばかりにマシンガントーク炸裂(笑)。いや~~後半もおもしろいです!まずは石破4条件を中心に、特区のWG(ワーキンググループ)でのやり取りについてです。
 すらすらトークが進んでいくので、文字起こしもすぐ終わるだろうと思いきや、全然終わらないからおかしいなーと思ったら、ほぼ終わる頃になってやっと気づいたけど、長かったんだね…orz。どんだけしゃべっとったんやと(笑)。トーク上手い人の会話の文字起こし恐るべし。
 しかしながら、ほぼ全部要点(と個人には思う)なので自分自身の理解のためにも文字起こしし甲斐はあったというもの。加計問題について今までなんとなく理解してたことが、おかげ様でスッキリハッキリよくわかりました!と同時にさらにバカバカしくなってくることは不可避です(笑)。
 あまりにバカバカしいのか話しながら大爆笑する場面多々。思わずこちらも吹き出しそうになります。まったく知らなかったWGの裏話を聞いてるうちに、逆に農水省とか文科省がかわいそうになってきましたよ、とほほ。
(acco☆彡)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
疑惑にフタは許さない 「加計・森友」真相究明を/生放送!とことん共産党
配信元)

(12:45~)加計学園 

(13:02) 
辰巳本来は加計の方がね、政権にとったらイタイと思ってると思いますよ。籠池氏はもうしっぽ切りしたから。」
田村「そうですね。それとまぁ総理との関係というより昭恵さんとの関係っていうことも含めてね、なかなかあれだったんですけど…」
辰巳「改めて今回の加計疑惑とはなんなのか。」

(13:22)加計疑惑とは】
安倍政権が加計理事長のために、総理肝いりの「国家戦略特区」を使って行政をゆがめ、
獣医学部新設に道を開いたのではないか


田村「まず非常に腹立たしいのは、岩盤規制に穴をあけてやったんだーっ!ていう獣医学部の新設は52年間認められていなくて、それをいよいよ穴開けたのが安倍政権なんだって胸を張る…何を言うか!ですよね。何を言うかですよ!これ加計学園のためだけに、加計学園だけが通れる穴を開けて、またふさいでるっていう…だけの話。」
辰巳「加計学園の形をした穴が開いたということですね!」
田村「あ~~、上手いですね、そのピースしか入らない。他が通れないっていう穴を…」
木田「通れそうなとこ埋めましたよね、ちょっと(笑)。」
田村「というのが加計疑惑の焦点で、それじゃなんでなの?っていうと…」

 

木田「何回見ても腹たちますね。イラっとするわ~もうコレ!」
田村お友達だったからですよねと言うのが焦点だと、みなさんもうご存知のことだと思うんですけれども…」

(14:31) 

 

田村「私たち行政ゆがめられたって言ってるのはですね、じゃあ、さっきの4条件いきましょうか…これなんですよね。まず獣医学部については安倍内閣自身が、獣医学部を作るときの4条件っていうのを国家戦略特区の担当大臣が石破さんの時にですね、決めてるんですよ。」
辰巳「よく“石破4条件”と言われてますけど、安倍内閣で決めてますから…と言うことですよね。」
田村「そうそう。2015.6.30に閣議決定と書いてありますけれども、日本最高戦略の中にこれが書き込まれて、獣医学部の新設ってのはこの4つの条件を満たさなければできないですよってのを決めた。実はこれは6/30で、今治市、愛媛県が国家戦略特区に獣医学部の申請をしてるのがこの前の6月初めなんですよ。今治市は申請したんだけど、この4条件がその後に決められているんですよ、閣議決定で。」
田村「でね、実は国家戦略特区ってのは、長く獣医学部については加計が提案するよりも前から議論してます。新潟県が先に提案を国家戦略特区にしていたというのもあって、かなり議論してるんですよWG(ワーキンググループ)で。やっぱ国家戦略特区のメンバーってのは“規制”ってのが大嫌いですから、とにかく定員を決めてこれ以上の定員は増やさないってやってる規制自体が非常にイヤなので、加計は置いといたとしてもこれを突破しようとして、さんざっぱら(←※散々の強調語らしい)宿題を農水省に投げたり、文科省に投げたりするわけですよ。」
木田「要るって言わせたい…」
田村「そうそうそう!!この規制の意味がないって言わせたい。それで一つが…(1)と(2)に関わるんですけど、獣医師要請がもっと必要だってことがわからなければ、獣医学部新設にならないわけですよ。」

田村「扱ってるのは家畜ですから基本は。家畜の数ってのは海外からどんどん輸入してるわけですから、減ってるわけですよ。なので獣医師自体は新たな要請必要ないと…“要請”ね。あの、公務員医師って家畜を定期的に回って健康診断やったり、そういうお医者さんが数として足りてるかって言われると、不足してる県は確かにあるんですよ。特に北海道とか東北地方って深刻なんですよね。それなぜかって保育士さんと一緒ですよ。要請はしてるんだけどお給料とか成り手がいない…。」
辰巳公務員でも給料が安いんですねぇ。」
田村「だって削れって言ってきたのが安倍内閣じゃないですか!公務員の給料を!」
辰巳「僕に怒られても…(笑)。」

(略)
(18:22)
 
田村待遇改善が必要だって、農水省は出してたわけですよ。で、獣医学部の話になんないわけですよ、そうすると。」
辰巳「ペットはどうですか?」
田村「って言ったんですよ~WGが!ペットじゃどうなんだと。」
辰巳「ペットブームじゃないですか、今。」
田村「だからね、かわいそうに、農水省調べたんですよ。農水省管轄じゃないですよ!」
辰巳「ペットはどこなんですか?」
田村「ないんじゃないんですか!?(笑)…にもかかわらず調べたんですよ!そしたら人口減少始まってますから、ペットも減ってんですよ(笑)!ペット自体も増えてない、むしろ減少傾向だってことがわかったんですよ。」

(19:17) 
田村「ところがそしたらWGはまだ食い下がる!ペットだって長寿化して、ペットの高齢化にどう対応してるんだと来たんですよ!!もう、私も読んでて吹き出しました(爆)!」
辰巳「なるほど。」
田村「そしたら農水省はそれも調べるんですねぇ!」
辰巳「えらいなぁ~農水省!」
田村「ペットフードが改良されていて確かに長寿命化していると…そ~うは言っても限度がある…って言うんです(爆)!!そうは言っても限度があって、もうこれ以上大幅に伸びることはないだろうと(笑)。」
辰巳「そりゃ、そうですよね。」
田村「今ある動物病院で足りていないかと言われれば足りているし、お医者さんに実際なっていない獣医師の資格持ってる人はたくさんいるって、保育士と一緒なんですよ!いっぱい居ると、だからこれ以上獣医師の要請ってのはどう考えても必要だという結論は出せないんだってことを言い続けて、それでこの4条件なんですよ!
辰巳「ってことは、今のは(1)ですね、特にね。」
田村「そうですね、特に(1)ですね。既存の獣医師は足りてると。だからそうじゃない獣医師を要請するんだよっていう事を提案者が提案してくる、これが条件なんです。」
辰巳それがライフサイエンスということなんですね。」
田村「そうそう、新たな分野。これがまず必要なんですよ。その上でこういう獣医師が全く新しい分野で全く新しい需要があると。じゃそれに答える獣医学部っていうのは今の大学ではできないのかってことを(3)は、これは文部科学省が検証しなきゃいけない。っていうね、こういう条件を決めたんですよ。」

田村「そしたらですね、今治市と愛媛県は提案をしたんだけど、もう行き詰まっちゃってですね(笑)、国家戦略特区の議論が。だってこれをね、クリアする提案っていうのは中々大変ですよ。素人じゃあ、わかんないですよ。獣医師のこと本当によく知ってて、あるいはライフサイエンスでね、どんなことが獣医師に可能性があるのかとかね、どういうとこで必要なのかなんていうのは素人ではちょっと思い付かないような高いハードルをやっぱり課したんですよね、結論的に。」
木田「だからそれくらい足りてると、本当に新しくなかったらってことなんですよね。」
田村「そういうことなんですよね、結論としてね。」

» 続きはこちらから

【続・アキエリークス】~ 忘れちゃダメよ ♡ モリとカケ…とアッキー!~ 「昭恵コネクションから見る日本の病」 辰巳孝太郎・田村智子議員による加計・森友問題明晰解説!(前半)

今回はアッキーは出てきませんが、共産党番組からの紹介です。
森友・加計問題の急先鋒でもある共産党のさわやかコンビ!?辰巳孝太郎、田村智子参議院議員のお二人が、『疑惑にフタをしない「加計・森友」真相究明を』と題して、森友・加計問題にツッコミを入れまくってます。これがまたわかりやすい!しかもオモシロイ!!

ちょっと要点まとめるつもりがあまり省ける所がなく、結局ほとんど文字起こしすることに。明るくユーモアのある解説で聞いててわかりやすいし飽きませんので、ぜひ動画でご覧になることをおすすめします。

まず前半は辰巳議員による森友問題の解説です。
(acco☆彡)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
疑惑にフタは許さない 「加計・森友」真相究明を/生放送!とことん共産党
配信元)

(1:16~) 

突然の解散について… 

辰巳絶対コレ(カケ・モリ)ですよ!」(指さし)
木田「これですよ。これやられたくないからね。どんだけ国会イヤなんだっていう話ですよね。」
辰巳「28日に国会をようやく召集して、冒頭解散ですよね。」
田村一言で言うと『卑怯者!逃げるな!』と、こうですよね、あべさんに言わなきゃいけないのは。森友で質問しようと思ってましたでしょ?」
辰巳「いやもう、むちゃくちゃ準備してましたから。」
田村「私も加計学園の落とし前をどう付けてくれるのかっていうのをねぇ、私に対する嘘答弁をどうしてくれるんだと言う準備をしていたのにもかかわらず、質問させないと。」
辰巳「まぁ、そのための冒頭解散ということで色々報道もされてますけれど昨日ですか?国連で演説もしてて、明日ぐらいに帰ってこれれるんですか?あべさんは。しかし、国連の演説も酷かったですね。」
田村「中身も酷かったんですけど彼はなに、日本を離れればあれだけ演説して人前には出てもくるけれども…」

木田「あんま聞いてる人いなかったけど…ハハハ(笑)」
田村「だけど本当に国内では、ちゃんとした記者会見もやらなければ、国会開会にも応じないまま3か月!憲法に基づいて野党が国会開会を!って求めているのに3か月放ったらかし!挙句の果てに冒頭解散!」
辰巳「なんか東京都議選の秋葉原の演説以来、街頭には立ってないんじゃないか、しゃべれないんちゃうかと。」
田村「だから質問が始まっちゃったら、もう説明つかないと。丁寧な説明どころか、ちょっと上向いた支持率がまた急落すると。


(4:17~) 
■森友問題 

辰巳「みなさん、今日は復習のつもりで聞いて頂いたらいいんですけど、今、籠池さんが独房に入れられてね、逮捕さててるんですよ2人。独房やと言われておりまして、どうやら黙秘続けてるらしんですけどね、あのしゃべりの夫妻がほんまに黙ってるかなと疑問なんですけども。」

 

辰巳「今回の森友問題の核心は、ゴミが本当にあったのかということだと思うんですよね。8億2千万円値引きの根拠がゴミだったと。で、彼らは杭打ちを9.9m下までやってますから、9.9mの所までゴミがあったと。ただですね、私ずっと言ってたんですけど、9.9の所には結論から言えばないんです。ゴミがないんです。なぜかと言いますと、航空局、つまり国が2010年に既に調査してんですよこの土地を。で、68か所試掘をして確かに3m辺りまではゴミがあると、そういうちゃんと資料が出てるんです。あるんです!あることはあるんです。ただし3m辺りぐらいまでしかないんですよね。」

辰巳「だから一番決定的なのは、[ボーリング調査で3mより下になりますとね、貝殻片が出てくるんですよ。自分だけが言ってるんじゃダメだっちゅーことで、地層研究で一番権威のある、筑波にあるんですけど、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)ってとこにボーリング調査持ち込みました。そこの研究者、博士がですね、ボーリング調査見て、もうこれはね「ない」と。もし言うようにね、9.9mの所にビニール片とかマヨネーズの蓋とかがあったとすれば、それはもう研究者として歴史的発見だと言わはったんですよ。」
田村「昔の人がマヨネーズ使うてたーみたいな(爆)」
辰巳一万年前の人がマヨネーズを食べてたと(笑)。新たな文明があったんじゃないかと。ありえない!とおっしゃったので、こりゃないなと。私はずっと言ってきたんですけど、それが改めて最近になって色んな情報、テープもそうですし資料が出てきまして改めて「ない」ということがはっきりしてきました。」

» 続きはこちらから

[日刊ゲンダイ]“モリカケ”置き去りに市民激怒 安倍首相&加計氏を告発へ 〜 そして予想外の黒川氏立候補

 10月6日、日刊ゲンダイの記事を取り上げ、選挙の話題がすっかり希望の党に持って行かれる流れを止めようとする、市民グループの動きを伝えたいと思いました。ある意味必然の政変劇のようですが、たとえ安倍政権が崩壊しても「モリカケ問題」の検証と責任追及がなされないのであれば、政権の首がすげ変わっただけに終わるのではと、もどかしい思いでした。市民グループ代表は、文科省で記者会見を開き、モリカケ問題を選挙の争点にすること、そして今月末には出される加計獣医学部の設置認可に「政治的意図を受けない厳正な審査をする」よう求めました。それにしても、この記者会見はどのくらい報道されたのだろうと、寂しいコメントを書いている最中、何やら番頭ワタナベ氏のツイートに不穏な動きが。
 しばらくすると驚いたことに、なんと、あの黒川氏が、安倍総理の山口4区で立候補を表明したではありませんか! なんという策士ぢゃ。
 街頭でも、政見放送でも、彼は言うべきことを言うでしょう。総理は、イヤでも「モリカケ問題」を突きつけられます。黒川氏の挑戦を受けているのは、これまでの下関市民かもしれません。
こんなにドキドキする選挙は、まのじの長〜い人生でも初めてかも!
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)





————————————————————————
“モリカケ”置き去りに市民激怒 安倍首相&加計氏を告発へ
転載元)
衆院選公示が今月10日に迫る中、世間の関心は小池百合子都知事率いる「希望の党」と民進党の合流騒動一色だ。これに呵々大笑なのが安倍首相だろう。

(中略)そこで、3日、森友・加計問題を追及する市民団体など5つのグループが文科省で記者会見を開き、両問題を選挙の争点として議論するよう訴えた。参加したのは、「森友学園問題を考える会」メンバーで豊中市議の木村真氏や「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏ら6人。

(中略)加計獣医学部の設置認可の判断が今月末に迫っていることを受け、黒川氏と木村氏は会見後に、文科省宛てで「加計学園の大学設置審査に関する要望書」を提出。「建築費水増し疑惑」や「バイオハザードリスク」を精査した上で、政治的意図を受けない厳正な審査を求めた。さらに黒川氏は、今月中にも、加計孝太郎理事長を補助金詐取、安倍首相を詐欺幇助で告発する予定だ。

 国民が全く理解不能なこのタイミングで安倍が解散に踏み切ったのは、モリカケ疑惑の追及逃れが大きな理由のひとつだ。有権者は絶対に忘れちゃならない。

あべぴょんがNEWS23を電波ジャック→見事に返り討ち

先日の首相動静。いつものように満を持して電波ジャックしたところ、
最後のNEWS23で見事に返り討ちにあってしまいました。動画で哀れなあべぴょんの図が垣間見れます。

文字起こしして下さってる方のサイトもありますので
そちらもぜひご覧ください。
あべぴょんが文字起こしに耐えられない現実がよくわかります。
(acco☆彡)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

5:21〜 

まずは森友。
初っ端から概要動画+音声データを見せつけられたあべぴょん、
いきなりカウンターをくらいます。


6:24
おっちゃん(声)「ぐ~~~んと下げていかな、あかんよ」
安倍「・・・・・」

まばたき、ぐ~~~ん↑↑となったあべぴょんを
画面小窓でご堪能ください。


7:00
さらにドーーンとノイホイ氏の写真登場でボディをくらい、
怯んだ所にすかさず両サイドから駒田アナと星氏のフック&アッパー。


駒田健吾 
「あの、安倍、昭恵夫人とですね、籠池夫妻の 3人の写真なんですね。
籠池前理事長は、土地の値引き交渉の際に、この写真を、交渉相手の財務省側に見せたというふうに言っているんですね。」

安倍晋三 
「あの、籠池、えー、理事長、はですね、まさに、詐欺で、逮捕され、え、起訴、されました。ま、そういう、人物、が、あ、えー、経営する、やはり、この、学校、のですね、えー、めいよ、名誉理事長とはいえ、ですね、理事長には、今から考えれば、なるべきではなかったと、当然、え、そう、思います。えー、と、同時に、ですね、…(続)」

8:39
さらに忖度佐川とアッキー登場。
容赦なくたたみかけます。



駒田健吾 
この佐川氏の国会での答弁とは、食い違っているわけですよね。
星浩 
佐川国税庁長官を、これ、安倍総理の部下ですから、えー、記者会見くらいやれと、いう指導をしていただけないでしょうか。

駒田健吾 
あの、総理、昭恵夫人の会見というのは、行う予定はないんでしょうか。
総理は身の潔白をおっしゃっているのですけれども、昭恵夫人の会見によって、相当のこの疑問が解消されると思うんですが。」

安倍晋三 
「あの、私自身ですね、ま、国会でも何回にもわたってですね。その上で答弁をしてておりますから、その必要はないんだろうと、えー、思います。それと、よく、籠池さんと、籠池さんは、いわば、えー、国会で・・・、えー、証言したではないか。えー、しかし、籠池さん自体はですね、まさに、詐欺、えー、詐欺罪で、刑事被告人に、なった、わけで、えー、ありますし。、あの、おー、今の段階でですね、えー、(続)」 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 27