アーカイブ: トランスヒューマニズム

ユヴァル・ノア・ハラリ「まもなく、少なくとも一部の企業や政府は、すべての人々を体系的にハッキングできるようになるでしょう。…私たちは今、ハッキング可能な動物です。」 ~ワクチンの真の目的はトランスヒューマニズム

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日のぴょんぴょん先生の記事で、ザンドレ・ボージャ博士という美人を紹介(ちがうだろ~)していました。記事の内容から、ザンドレ・ボージャ博士が実はサイボーグだったというオチだと怖いなと思いましたが違いました。
 昨日の記事で、「遺伝子が組換えられた子供が生まれてくる」というダニエル・ナガセ博士の動画を紹介しました。
 ワクチンによる遺伝子の組み換えは、トランスヒューマニズムという視点が必要かも知れません。
 冒頭の動画で、世界経済フォーラム(WEF)の主催者であるクラウス・シュワブは、“この第四次産業革命の重要性は、あなたがしていたことを変えずに、あなたを変えます。あなたが遺伝子編集を受けると、一つの例ですが、変えられるのはあなたです。”と言っています。4分32秒でユヴァル・ノア・ハラリは、“まもなく、少なくとも一部の企業や政府は、すべての人々を体系的にハッキングできるようになるでしょう。…私たちは今、ハッキング可能な動物です。”と言っています。
 ドイツ在住のYoutuberメイコさんは、“(ワクチンの)真の目的というのは、トランスヒューマニズムだと個人的には確信しています。トランスヒューマニズムって何かって言うと…具体的にはワクチンなどで人間の遺伝子を組み換えたりだったりとか、人間をロボット化してサイボーグ化したいという悪魔的な価値観のことを言います。”と言っています。
 4分37秒で、“人間は細胞ほどの大きさのコンピュータを血液中にインストールすることになるでしょう。そのコンピュータは血管と脳内に存在し、人類はインターネットを通じて繋がることで、コミュニケーションをとることが可能になります。”と言っていますが、これはまだ新型人間の一歩に過ぎないということです。過激派トランスヒューマニストたちは、精神と肉体を分離させたいと考えている(5分15秒)ということです。動画をご覧ください。
 メタバースは準備段階のオモチャのようですね。
(竹下雅敏)
————————————————————————
五分でわかる、グレートリセット、トランスヒューマニズム(遺伝子編集)、ナノ技術、ワンワールド政府
配信元)
————————————————————————
youtube削除動画 トランスヒューマニズムワクチン
配信元)

米軍のホワイトハットと繋がっている「世界の銀河連邦」〜 イーロン・マスクを看板にして、トランスヒューマニズムを推進するホワイトハット

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏は、“ブルーエイビアンは物理的にはもうここにいません。彼らが…保護していた太陽系の領域は、今は近隣の52の星団の宇宙のいとこたち(惑星連合)によって保護されています。”といっています。引用元には、“ズールー族の惑星が、惑星連合の拠点惑星”だとあります。
 GGLN(グローバル銀河国際連盟)は地球の組織で、こちらの記事によれば、“世界のほとんどの国がある程度は参加している非常に大きなプログラムです。…他の恒星系にコロニーを作り、人類の保存を図るグローバルな銀河国際連盟を設立するというものでした。…ゴンザレスと私は、私たちの銀河の端にある最も遠いコロニー前哨基地でGGLNに仕えるレイモンド(科学技術開発部長)とアーニャ(コロニー警備部長)に紹介されました。…彼らは未開発の惑星に送られ、地球上の都市やインフラをかなり忠実に再現する開発を始めました。数十年の開発期間を経て、都市と人口は着実に成長し、地球上で見られるような都市を再現しました。”とあります。
 「惑星連合」は現在、GGLN(グローバル銀河国際連盟)と協力しており、“グローバル銀河国際連盟(GGLN)は、銀河系の外縁部でドラコ・オリオン・グループと自らを「光の銀河連合」と呼ぶグループに対して公然と戦争を行い、多くの様々なコロニーを解放している”と言っています。
 コーリー・グッド氏は、「光の銀河連合」を名乗る組織が、ドラコ・オリオン・グループと同様にネガティブなグループだと指摘しています。コーリー・グッド氏の言う「光の銀河連合」を名乗る組織とは、時事ブログで「光の銀河連邦」と呼んでいた組織と、エレナ・ダナーンが関与している「世界の銀河連邦(GFW)」を合わせたものだと思います。
 キンバリー・ゴーグエンさんの情報から、「光の銀河連邦」は解体され、新しく「ユニバーサル・カウンシル(宇宙評議会)」が組織されているようです。しかし、コーリー・グッド氏は、ドラコ・オリオン・グループと協力関係にあるネガティブな宇宙人グループとキンバリー・ゴーグエンさんが大使を務める「ユニバーサル・カウンシル」の戦いを、単に闇側の権力闘争と見ているようです。この件に関しては、後の記事で触れることにします。
 コーリー・グッド氏は、“この「光の銀河連合」は、地球上の人々や秘密宇宙プログラムの人々に協力し…天使のような外見のETの連合が存在することを明らかにしようとしてきました。しかしそれは、これから起こる大きな欺瞞の一部なのです。”と言っています。
 こうした情報から、エレナ・ダナーンが関与している「世界の銀河連邦(GFW)」が、米軍のホワイトハットと繋がっていることが分かると思います。2021年9月20日の記事でマイケル・サラ博士は、2021年7月中旬に木星の大気圏上層部で秘密会議が行われ、“ソー・ハンによると、宇宙開発を行っている国は実際には14カ国あるが、上位6カ国は銀河連邦に、最も進歩的で耐久性のあるプログラムであり、彼らと手を組むのに適していると認められたという。…ソー・ハンは、これらの上位6つの「水平」連合が、アメリカの指導のもとに統一された宇宙部門として立ち上がることについても語っていた。”と言っていたからです。
 また、2021年9月24日の記事で紹介しましたが、「世界の銀河連邦(GFW)」のヴァル・ネクは、木星の大気圏上層部で行われたという秘密会議に、イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、リチャード・ブランソンなどの著名なCEOが出席していた事を認めています。
 こうした事から、フルフォードレポートでは、「米軍のホワイトハットはウクライナで起きていることとは何の関係もなく、偽バイデン政権を支持しているわけでもない。」とありますが、いわゆる米軍のホワイトハットはイーロン・マスクを看板にして、トランスヒューマニズムを推進する事になりそうです。彼らは、こうした事を「悪」だと認識していないようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド2022年6月アップデート(6/18追記)
(前略)
コーリー:ブルーエイビアンは物理的にはもうここにいません。彼らがブルースフィア(青い球体)で保護していた太陽系の領域は、今は近隣の52の星団の宇宙のいとこたちによって保護されています。
(中略)
彼らがスーパーゲートを占拠したと聞きました。これは基本的に他の銀河とつながるワームホールで、太陽圏(ヘリオスフィア)のすぐ外側という、太陽の近くにある非常に欲されているワームホールです。これは様々な銀河のETたちが行き来してきた主要なゲートで、ダークフリートや光の銀河連合などのネガティブなグループに利用されてきました。この光の銀河連合は、美しい金髪だったり、たまに黒髪だったりするETたちで、美しい魅惑的な人間タイプのグループです。私たちが見たら、天使だと思うような人たちですね。これらの様々なグループがこれまではそのスーパーゲートを運用していました。
(中略)
惑星連合は現在GGLN(グローバル銀河国際連盟)と協力して、人類が銀河系に作り出した多くの混乱を片付けるために働いています。
(中略)
グローバル銀河国際連盟(GGLN)は、銀河系の外縁部でドラコ・オリオン・グループと自らを「光の銀河連合」と呼ぶグループに対して公然と戦争を行い、多くの様々なコロニーを解放しているところです。
(中略)
この光の銀河連合は、地球上の人々や秘密宇宙プログラムの人々に協力し、私たちをこの「グレート・アウェイクニング」に導き、私たちがこの銀河の家族の一員であり、これらの美しい見た目の、人間に似た、天使のような外見のETの連合が存在することを明らかにしようとしてきました。しかしそれは、これから起こる大きな欺瞞の一部なのです。今思いつくのはそれくらいですね。
(以下略)
————————————————————————
22/06/06 フルフォード情報英語版:サタンは正道に戻り、赦免を受ける
転載元)
(前略)

ナチスのビルダーバーグ敗者:監視の元、ワシントンで会合


ナチスのビルダーバーグ敗者たちが先週末にワシントンに集まり、敗戦について話し合った。CIAとNSA【アメリカ国家安全保障局】の情報筋によれば、彼らが会合を許されたのは、彼らを監視し、秘密の支配者をより多く特定できるようにするためだという。


米軍のホワイトハット:ウクライナで起きていることと無関係


しかし、このことをはっきりさせておこう。これは米軍の敗北であり、ロシアと共産中国の勝利ではない。米軍のホワイトハットはウクライナで起きていることとは何の関係もなく、偽バイデン政権を支持しているわけでもない。

太平洋海軍の演習に参加した以下の国々が示すように、米国のホワイトハットはまだ多くの力と尊敬を集めている。

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、コロンビア、デンマーク、エクアドル、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イスラエル、日本、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ペルー、韓国、フィリピン共和国、シンガポール、スリランカ、タイ、トンガ、英国、米国が2022年の環太平洋演習(RIMPAC)に参加予定
(以下略)

» 続きはこちらから

セキュリティ業界の専門家のブライアン・コフロン氏がDNAデータが悪用されるリスクを警告 ~人工衛星などを用いて、24時間体制で完全に追跡し、「感情」や「行動」を操作しコントロールすることが可能に

竹下雅敏氏からの情報です。
 ワシントン州シアトルの民間警備会社に勤務していたセキュリティ業界の専門家のブライアン・コフロン氏は、DNAデータが悪用されるリスクを警告しています。
 Founders Space社のCEOのスティーブ・ホフマン氏は、“新しいテクノロジーがあるんですが、その多くは、新興企業や軍によって開発されています。これは、より精密な測定を可能にし、実際に、あなたの脳との交信が可能になります。…この技術の良いところは「非侵襲性」であることです。つまり、頭蓋骨を割ってチップを入れる必要はないんですよ。”と言っています。
 3分29秒でブライアン・コフロン氏は、“このテクノロジーの本当の仕組みは…「DNA」という個人情報が利用されます。そのDNA自体の「共振周波数」が割り出され、その「共振周波数」を使って、無線周波数の信号や、マイクロ波の聴覚効果が微調整されます。…そうして彼らは、あなたの頭の中に浮かぶ志向を、一語一語、読み取ることができるのです。”と言っています。
 「バイオコード化された指向性エネルギー」という技術は、“あなたのDNAを手に入れた時点で、そのDNAを取り出し、スーパーコンピューターに「DNAコード」を入力するのです。そして、スーパーコンピューターを使って、それを「生体コード化」するアルゴリズムを実行し、電磁波の送信で、あなたの体に生体共鳴させるのです。一旦、それができると、人工衛星からでも、電波塔からでも、飛行機からでも、発信できるようになります。いくらでも方法はあります。その信号は、あなただけに影響するのです。つまり、あなたの隣にいる人は、その内容が聞こえません。なぜなら、隣にいる人の受容体は、あなたのバイオレゾナンス(生体共鳴)とは異なるからです。(5分26秒)”というものらしい。
 ブライアン・コフロン氏は10分50秒で、“このテクノロジーは、ターゲットの「視神経」を利用することも出来ます。さらに、ターゲットの「聴覚」を利用します。ですから、これらターゲットの監視者は、ターゲットが見ているものを見て、ターゲットが聞いているものを聞くことができます。その情報は、コンピューターにダウンロードされ、蓄積されます。”と言っています。
 23分53秒以降では、“このテクノロジーが使われている人に対しても、「テクノロジーが使われている」とは気づかれずに、非常にこっそりと行うことができるのです。…このテクノロジーは、毎日数千万から数億人のアメリカ人に対して使われる可能性があるからです。…このテクノロジーが全国的に普及した暁には、自動化されたスーパーコンピューターのソフトウェア・プログラミングで運用されます。アメリカ合衆国にいる、全員の思考の中にある「感情」や「行動」を操作するのです。それは、すべてリモートで行えます。これは「新世界秩序」のマイクロチップ追跡のようなもので、この完全なコントロール送電網は、いつの日かアメリカ国民に対して展開されるはずのものです。…頭蓋骨への声の送信、ハイブ・マインド(個が失われ、集団で同じ思考をする)、行動操作テクノロジー、それは、すべて遠隔で行えます。…あなたの「DNA」および「心」の共振周波数に合わせておけばいいのです。そうすれば、24時間体制で完全に追跡し、コントロールすることができます。”と言っています。 
 コーリー・グッド氏が「神の声」のテクノロジーと呼んでいたものです。DNAを手に入れた時点で、スーパーコンピューターに「DNAコード」を入力、DNAの「共振周波数」が割り出されれば、イーロン・マスクの人工衛星などを用いて、24時間体制で完全に追跡し、「感情」や「行動」を操作しコントロールすることができるということらしい。
 PCR検査でDNAを採取しているのは、本当はこのためなのかもしれません。それなら、中国での執拗な PCR検査も納得できます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「あなた」が盗まれる~DNAデータが何に利用されるのか?
配信元)
————————————————————————
4/28-その1 DNAの周波数の操作によるロボット化
引用元)
(前略)
(中略)
今回のウイルス生物兵器の周波数はトランスヒューマニズムのために使われていると言っても過言ではないでしょう。ここにシミュレーションされた現実性があります。
(中略)
(6:30~)こちらの映像をご覧ください。ヘラルド氏はドイツの科学者であり私の長年の友人ですが、彼と他の科学者が語っている内容をお聴きください。これは聴く価値があります。
(中略)
ヘラルド氏:Covidワクチンは周波数でコントロールされた現代型の生物兵器です。ですからスイッチを入れなければ何の影響もないのです。
 
米国の情報コミュニティが行っている概念論文「知覚世界のシミュレーション」の実験では、トランスヒューマン・テクノロジーを使って全米国民のデータを収集し仮想現実の世界を作り出し米国民をバイオロボットにすることを目的としています。

女性科学者:5年前から人間のゲノム・プロジェクトが国立研究所で行われてきました。彼らは研究所から各米国民のDNAに向けて電磁波を照射しながら全国民を追跡しています。

つまり地球上の全ての生き物は、電気システム上で送受信できるアンテナだということです。全ての生き物のDNAはそれぞれ固有の周波数のシグナルを発しています。
・・・・・・・・・・・・・・
全ての生き物のDNAは周波数のシグナルを発しているということがわかりましたね。そして彼らは各個人のシグナルを追跡しているということです。今後、この説を裏付けるデータや科学的証拠を捜しだそうと思います。
(以下略)

ぴょんぴょんの「ホモサピエンス最後世代になる皆さんへ」 ~天才バ◯ボン、ユヴァル・ノア・ハラリ氏

「おそらく私たちは、ホモサピエンス最後の世代になります。
地球は、あと1〜2世紀で、私たちとはもっと違うものによって支配されるでしょう。」(YouTube)

 このセリフは、世界的ベストセラー「サピエンス全史」の著者、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の、世界経済フォーラム(WEF)でのスピーチの一節です。
 彼の話をただのSFと見るか、情報科学とバイオテクノロジーはすでに危険水位を超えたと見るかは皆さん次第です。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「ホモサピエンス最後世代になる皆さんへ」 ~天才バ◯ボン、ユヴァル・ノア・ハラリ氏


「もうすぐ、人類に根本的な変革が起きるのだ。AIの時代になり、人類は二極化する。」というハラリ氏


あのお・・・
「ホモサピエンス最後世代になる皆さん」というのは、もしかしてぼくたちのこと?

おれたち以外に、誰がいる?

誰がこんなこと、言ってるの?

イスラエルの天才歴史学者と呼ばれる、ユヴァル・ノア・ハラリ教授だ。

天才? ハラリ? どなた?

1976年イスラエル生まれ、東ヨーロッパにルーツを持つユダヤ人。
21歳の時、彼は自分がゲイであることをカミングアウトし、現在、夫と暮らしている。
(Wiki)

・・・別に、ゲイでも天才でもいいけど、何もの?

フェイスブック創始者のマーク・ザッカーバーグが、ハラリ氏の著書「サピエンス全史」を「人類文明の壮大な歴史物語」と評したことで一躍有名になった。(Wiki)

マーク・ザッカーバーグ
Author:Anthony Quintano[CC BY]

なるほど、ザッカーバーグのお仲間かあ。
ひょっとすると、クラウス・シュワブさんたちともお知り合い?

ああ、ハラリは世界経済フォーラムで講演をしているよ。
2018年の講演では、こう言っている。
「私たちはおそらくホモサピエンス最後の世代になります。1〜2世紀で地球は支配されるでしょう。私たちとはもっと違うものによって、私たちやチンパンジーが根底から異なるよりも違うものによって。」(YouTube)

「もっと違うもの」?

サイボーグとかAIだな。
「100年後の地球では、あなたや私のような人類は消滅しており、まったく異なる生命体が生息しているはずです。サイボーグやらAIやらです。」(YouTube) 

どうしよう、確かに人類はバカ丸出しで、地球の害になることしかしてないけど・・・100年後なんてもうすぐだよ。ぼくたち、どうなっちゃうの?

ハラリは言う。
もうすぐ、人類に根本的な変革が起きるのだ。
AIの時代になり、人類は二極化する。AIに職を奪われた「無用者階級」と、それを支配するごく少数の神のような存在「ホモ・デウス(Homo Deus)」に。


Author:宋世怡[CC BY-SA]

» 続きはこちらから

イスラエルの哲学者ユヴァル・ハラリ「Covidは極めて重要です。これが人々に合法的な監視を受け入れるよう説得させるものだから。…次の段階で、監視対象となるものは、我々の皮膚の下です」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画でイスラエルの哲学者ユヴァル・ハラリは、“Covidは極めて重要です。これが人々に合法的な監視を受け入れるよう説得させるものだから。…今のところ、私たちがみているものは、民間企業や政府が集めているデータ、それは我々がどこへ行くか、誰に会うか、どの映画を見るかなどですが、次の段階で、監視対象となるものは、我々の皮膚の下です。…体温は何度? 血圧はどのくらい? どんな病気を持ってるの? 今、人類はいまだかつてないほどの大きなパワーを開発しているんです。私たちは、本当に創造と破壊の聖なるパワーを得ようとしているところだ。我々はまさに、人類を神へとアップグレードしている最中なんだ。”と言っています。
 2月8日の記事でユヴァル・ハラリは、「まもなく、少なくとも一部の企業や政府は、すべての人々を体系的にハッキングできるようになるでしょう。私たち人間は、私たちがもはや神秘的な魂ではないという考えに慣れる必要があります。」と言っていたことを紹介しました。
 ジョージア・ガイドストーンによれば、「人類は5億人以下を維持する」ということですから、ウイルスやワクチン、飢餓、戦争などで相当な数を殺す計画だと思いますが、支配層の100万人は、遺伝子を強化するワクチンで寿命を延ばし「超人」となり、奴隷として支配される5億人は、ワクチンで「ロボット人間」に退化させられる。その他は殺されるという計画だったのでしょう。
 しかし、「22/04/18 フルフォード情報英語版」によれば、“ハザール・マフィアは態度を変えた。今、彼らは90%の人々を「ベーシック・インカム」にし、ドラッグでハイにしながらビデオゲームをさせると言っている”ということなので、彼らの計画は、うまく行っていないことが分かります。
 トランスヒューマニズムも諦めてもらえると有難い。イーロン・マスクが我々のリーダーだと思っている人が多いうちは無理ですが…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユバル・ノア・ハラリ 人類家畜化、生体認証監視方法と人類再設計計画を語る
配信元)
————————————————————————
トランスヒューマニズムの理論家がAI未搭載者を「役立たずの人間」と呼ぶ
引用元)
(前略)
トランスヒューマニズムは、純粋な優生学である。自らを「H+」と呼び、人間以上、人間より優れていることを意味します。(中略)… 驚くべきことに、トランスヒューマニズムの価値観は、ビッグテック、大学、そしてグローバリストのテクノクラートとなるべきダボス会議の人々など、社会の最上層で受け入れられているのだ。
(中略)
イスラエルの哲学者ユヴァル・ハラリは、この運動の主唱者の一人である。彼は、AIと人間のハイブリッドが必然的に支配するようになると考えている。そして、これらのコンピュータ・プログラムに心を合わせることを拒否する私たちは、「役に立たない階級」、あるいは「役に立たない人間」とみなされるようになると考えているのだ。
(中略)
「役立たず」はどうなるんだ?
 
  「問題はもっと退屈で、彼らをどうするか、基本的に無意味で無価値なのに、どうやって人生の意味を見出すかだ"」Harariは続けた。「現時点での私の最良の推測は、薬物とコンピュータゲームの組み合わせです。」
(中略)
ハラリの言うとおり、われわれがやがて「ブレイブ・ニュー・ワールド」のカースト制に陥るとしても、強化されていない人間は、最も重要で強力な人間の特性である「愛する能力」を保持することができるのである。

» 続きはこちらから
1 2 3