アーカイブ: トルコ軍事クーデター

[世界の裏側ニュース]ロシア大使殺害犯がCIAとクーデターに関連していたことが明らかに 〜7.15トルコクーデターにCIAが関与していた「85箱分」の証拠〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 やはり、ロシア大使殺害はCIAが関与していたようです。記事によると、プーチン大統領の調査官たちは、ロシア大使殺害の容疑者が、7月のトルコクーデターの時に2日間の休暇を取り、イラクにあるCIAが支援しているイスラム系指導者フェトフッラー・ギュレンの学校を訪問していたことを突き止めました。この学校はCIA主導のクーデターと関係があるということで、イラク側はこの学校を閉鎖、売却しています。
 トルコ政府が、“7月15日のトルコクーデターにCIAとフェトフッラー・ギュレンが関与していたことを示す証拠85箱分を提示しているが、オバマ政権は確認や説明を依然拒否している”とあります。
 記事の太字にした部分をご覧になると、ロシア対外情報庁(SVR)は、“エルドアン大統領に対するクーデターがアメリカ主導で実行された”と言っています。時事ブログでは、当初からこのクーデターがCIAによるものだとして来ましたが、ロシアもトルコも同様に見ていることがわかります。しかも記事によれば、そのことが、“証拠付きで証明”されているようです。
 この記事は、非常に重要だと思います。オバマ政権が、どれほど邪悪かがよくわかります。同時に、コブラの情報がやはり偽りであったことが示されました。コブラは、アメリカの傀儡であるエルドアン政権を守るために、この良識派の軍事クーデターを潰したと言っていました。要するに、説明は真逆だったわけで、アメリカはエルドアン政権存続のために重要な働きをなしたことになります。
 ところがこれだと、その後のトルコ政府とアメリカの関係の決裂、ロシアとの関係強化の説明がつきません。こうした偽情報をコブラが堂々と出して来て、その後訂正もせず、読者から“ロシアからのクーデター情報がエルドアン大統領を救ったのではないか”という疑問に対し、“ロシアの情報がトルコを助けたというのは確認出来ない”と言っています。
 こうしたコブラの言動は、彼が嘘つきであり、彼の情報は信用出来ないことを示します。時事ブログでは、最初からコブラ情報の精度は50%ほどであると言ってきました。彼が消滅したことで、最近では彼が工作員であったことを暴露しました。しかし、時事ブログでのこうした説明が気に入らない者もたくさん居ます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ロシア大使殺害犯がCIAとクーデターに関連していたことが明らかに
転載元)
ロシア大使殺害はイラク国内のCIA基地に関連していた
Russian Ambassador Murderer Tracked To CIA Base In Iraq
12月23日【Your News Wire】

(中略) 

先週、プーチン大統領がカルロフ大使の暗殺事件に関し、18人に調査を命じた。調査官らは、容疑者のメブリュト・メルト・アルトゥンタシュ(Mevlut Mert Altintas)氏がイラクのアルベール(Erbil)地区にあるCIAの拠点と関係があり、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に対する7月のクーデター未遂事件とも関係していたことを示す強力な証拠を見つけたと話している。

Whatdoesitmean.com の報道より:

7月15日付の同報告書内でロシア対外情報庁(SVR)は次のように詳細を説明している。エルドアン大統領に対するクーデターがアメリカ主導で実行された時、この暗殺犯は、(中略)…突然彼の命令官Kahraman Sezer氏から2日間の休暇の許可を受け取っていた。

イスラム系指導者フェトフッラー・ギュレンがリーダーのFETOテロ組織はCIAが支援しているが、この指導官Kahraman Sezer氏はその学校と関係していたためにクーデターの失敗後に逮捕されている。

SVRの電子関連諜報部門の専門家は、トルコが全国規模のクーデターの真っ最中にこの警察官に前代未聞の休暇が与えられた後から7月15日まで、彼の電話の利用内容を追跡することに成功。

(中略) 

この暗殺犯は7月15日のクーデターの間、アルベールのCIA基地に「囲まれる」場所に移動している(中略)…この暗殺犯が7月15日に訪問したアルベールのフェトフッラー・ギュレンの学校は、トルコで合法的に選出された政権に反対するCIA主導のクーデター未遂事件と関係があることをトルコのMIT防衛作戦によって証拠付きで証明された後、イラクのクルド系当局者によって閉鎖、売却が命じられた。

(中略) 

トルコ政府およびトルコ国家情報機構(MIT)の分析官は、7月15日のクーデターにCIAとフェトフッラー・ギュレンが関与していたことを示す証拠85箱分を提示しているが、まさに今のこの時間まで、オバマ政権は確認や説明することを依然として拒否しているのだ。

(中略) 

ロシアとトルコの諜報機関が調査した新しい証拠が浮上し、これにより今回の殺人とオバマ大統領が直接的に「リンク./パス」していることが今や明らかになった。

(以下略) 

カバールが計画する新共和国宣言と通貨改革 ダンフォード将軍の寝返りで頓挫

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前から、オバマが何かの事件をきっかけに、大統領選を中止するプランが進行しているのではないかと予想していましたが、この記事でもそのことに触れています。
 チャネリング関係を見ると、ジョセフ・ダンフォード将軍の新共和国宣言が今日だ明日だ、という情報が連日のように書かれています。予言した日時に何も起こらないと、次々に延期されたとして、新しい日時が書き込まれています。こうしたチャネリング系の情報は、皆カバール(闇)から来ているものです。
 そのカバールがジョセフ・ダンフォード将軍の新共和国宣言と通貨改革をこれだけしつこく報じているとなると、私が以前から、“ジョセフ・ダンフォードはカバールに属している”と言っていたのが本当だと分かるでしょう。私は、彼を神輿に担いでいるペンタゴンの良識派の人たちは、早く彼の正体を見破って彼を排除しなければダメだ、とコメントしました。
 彼らの計画通り新共和国宣言が行われると、新たな闇の政府が立ち上がるだけです。それがカバールの改革と見せかけた戦略なのだと思います。
 ところが、これらの通信文を送っている連中の思惑を超えた事が実は起こっています。以前から指摘しているように、トルコのクーデターはジョセフ・ダンフォードが関わっていました。しかしそれが失敗したことで、彼は寝返ったのです。
 具体的にクーデターの7月15日以前を調べると、ジョセフ・ダンフォードはSSP(秘密の宇宙プログラム)のメンバーです。ところがクーデターが失敗したことがはっきりした頃の日時で調べると、ダンフォードはSSP同盟に属しています。コーリー・グッド氏が言うように、SSPはカバールの組織です。彼らに反逆して、地球上の人々に全面的な情報開示をして真実を知らせようと奮闘しているのがSSP同盟です。
 ダンフォード将軍が現在SSP同盟に寝返っているという事実を、チャネリングの情報ソースたちは全く知りません。ダンフォード将軍の寝返りで、彼らの思惑は、事が起こる以前に頓挫しているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ヒラリーが重病なら、オバマは大統領選を延期する?
引用元)
http://www.thedailysheeple.com/would-he-obama-may-suspend-election-if-hillary-is-too-sick_092016
(概要)
9月16日付け

Would he?

Would he?


(前略) 

国内がカオス状態になるように仕向けられています。

(中略) 

メディアの誘導によって何百万人もの有権者が強烈にトランプ氏を嫌うようになりました。そのためオバマが大統領選をキャンセルしなければ、トランプ氏が大統領になる危険性があり、全米で反トランプの暴動が勃発する恐れがあると人々はメディアに教え込まれるのです。
同じように、ヒラリーが大統領になってしまったなら、市民戦争が勃発し、アメリカは非常に深刻な事態となると教えられます。
オバマが大統領選をキャンセルするために最も考えられるシナリオは、ヒラリーが健康上の問題から大統領選を辞退するということです。(オバマは大統領の地位を維持したくてしかたない。)
ヒラリーが重病であるため選挙を戦えないということなら、オバマは大統領選を延期する口実ができます。しかしそうなっても、一部の集団による暴動が勃発するでしょう。

警察国家となったアメリカは経済が崩壊すると、食料を得るための市民暴動を抑える体制が整っています。その場合は、戒厳令を敷き、厳しい支配体制下で秩序を維持させるでしょう。

(以下略) 

トルコがイラン、ロシアとの協力を強化 〜背景にはアメリカが支援するクルド人独立闘争で内戦状態になる可能性〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 トルコがイラン、ロシアとの協力を強化しているようです。その背景ですが、“我々は、シリア国境の安全確保と領土保全の問題で、ロシアとイランが私たちを支持すると確信しています”とあるように、アメリカの支援の元でクルド人が独立闘争をし、それにダーイシュ(IS)が加わることで、トルコが内戦状態になる可能性があるということでしょう。アメリカからはっきりと距離を取ったエルドアン政権は、今やロシア、イランと緊密に協力しなければ、サダム・フセインやカダフィ大佐と同じ運命にあることをよく理解しているわけです。
 “続きはこちらから”以降では、NATOとも距離を置いている様子がわかります。最後の記事は驚くべきもので、トルコ政府は、“アメリカが、インジルリク空軍基地に保管している核兵器を…奪い取る”と言っています。この声明は事実のようで、通常なら、これはアメリカ、NATOに対する宣戦布告です。しかし、そうならないのは先のクーデターの黒幕がアメリカであることをトルコ側は知っており、さらに、クーデター計画にNATOも絡んでいたことを知っているからだと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
トルコがイラン・ロシアとのテロ対策協力を強調
転載元)

4bk80e2cb9b695c0w7_800C450

トルコのチャブシオール外務大臣が、「トルコは、テロ対策のため、さらにシリア危機の解決策を探るため、イラン、ロシアとの協力を強化するつもりだ」と表明しました。

タスニーム通信によりますと、チャブシオール外相は、ロシアのスプートニク通信のインタビューで、シリア危機の解決方法に関して、「シリアの恒久的な解決は、ロシアの協力抜きには不可能だ」と述べました。

また、「トルコは、テロ対策のため、さらにシリア危機の解決を探るために、イランやロシアとの協力を強化するつもりだ」と述べました。

さらに、「イランとロシアはシリア危機の解決において否定できない役割を担っており、シリア危機の恒久的な解決策を手にすることは、イランとロシア抜きには不可能だろう。このため、トルコはシリア問題に関して両国と協力するだろう」と述べました。

チャブシオール外相はさらに、「トルコは、ロシアと危機的な関係にあったときも、何度となくロシアの協力なくしてシリアの恒久的な解決はありえないと表明してきた」と強調しました。

また同時に、シリア問題の解決におけるイランの役割は突出したものだとし、「トルコは現在、イランとシリア問題の解決に向け協力を強化するために協議を行っている」としました。

――――――――――――――――――――――――
トルコ外相:「ロシアの参加なしにシリア紛争を完全に解決するのは不可能」
転載元)
© Sputnik/ Fuad Safarov

© Sputnik/ Fuad Safarov



トルコのチャブシオール外相が、ロシアとトルコの関係、焦眉の国際問題や地域問題について通信社「スプートニク」の独占インタビューに応じた。

スプートニク:「露土関係の正常化プロセスをどのように評価しますか?過去7ヶ月間で両国は協力を拒否する意向はないことを示しましたが…」

チャブシオール外相:「残念ながら、昨年11月24日にロシア機の予期せぬ悲劇的な事件が起こりました。これは我々を悲しませると同時にひどく驚かせました。事件の後、我々は関係改善に向けた一連の措置を講じましたが、ロシアは当然のことながら、ロシア機破壊に関する事件に対してより感情的に反応し、我々の関係に破綻が生じました。私達はそのようなことになるのを望みませんでした。2つの友好国、2つの隣国は、全ての問題で常に同じ立場を取ることはできず、我々の関係における危機は、トルコにもロシアにも地域にも利益をもたらすことはありませんでした。 結果、全ての措置、書簡、電話会談、そして最近ソチで行なわれたロシアのラヴロフ外相との会談のおかげで、関係正常化に関する我々の計画は稼動し、肯定的な成果をもたらし始めました。サンクトペテルブルグでの会談も重要な役割を演じました。いずれにせよ私は、この7-8ヶ月の間に両国は互いの価値と重要性をさらによく理解するようになったと思っています。」

スプートニク:「シリアをはじめとした中東地域におけるロシアとの協力では、どのような協力メカニズムが作成されますか?」

チャブシオール外相:「残念ながらシリアの状況は徐々に悪化しています。シリア問題を軍事的手段あるいは武力闘争によって短期間で解決するのは不可能です。さらにシリア問題を単独で解決することもできません。そのため我々は、政治的解決策を打ち出し、休戦を確保するために共同作業を行わなければなりません。残念ながら今シリアでは一般市民が命を落としています。先に休戦が発表されましたが、残念なことに繰り返し休戦の条件違反が行なわれています。我々はシリアで活動するテロ組織との大規模な戦いを行なう必要があります。もし彼らを根絶しなければ、テロの波は伝染病のように世界中に広がり続け、トルコ、ロシア、欧州、地球全体を脅かすでしょう。そのため我々は同問題でも緊密な協力を確立しなければなりません。私達は、全当事者が真に尽力を結集すれば、シリア問題を解決できると信じています。先に我々は、関係の危機が繰り返されていた時期でさえも、ロシアの参加なしにシリア紛争を完全に解決するのは不可能だと何度も述べていました。我々は今それを主張し続けています。これはイランも同じです。我々は現在イランとも話し合いを行なっており、この方向で協力を強化する方針です。ペルシャ湾岸の他の国や欧州諸国のことも忘れてはなりません。我々は共通の問題に有益な貢献をしなければなりません。我々は、シリア国境の安全確保と領土保全の問題でロシアとイランが私たちを支持すると確信しています。そして我々の協力のおかげで同問題が解決されると確信しています。」

© SPUTNIK/ FUAD SAFAROV トルコ外相:「ロシアの参加なしにシリア紛争を完全に解決するのは不可能」

© SPUTNIK/ FUAD SAFAROV
トルコ外相:「ロシアの参加なしにシリア紛争を完全に解決するのは不可能」



» 続きはこちらから

[GFLサービス]ベンジャミン・フルフォードニュース(一部)2016年8月7日 〜トルコ軍事クーデターの黒幕はジョセフ・ダンフォード将軍、キャンベル将軍は忠実な部下〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏の情報で、トルコのクーデターがオバマ政権によってなされたことが、詳しく書かれています。クーデターが、“エルドアン大統領を追放し、より扱いやすい米国寄りの候補者に置き換えるだけではなく…トルコ国内に追加の軍事基地を設置することも目的としていた”とのことです。
 このクーデターの黒幕は、ジョン・F・キャンベル将軍とのことで、彼は“トルコ軍の士官とインシルリク陸軍基地で秘密の会合を開いた…。この米国将軍は…ギュレンとの密接な連絡を取りながら行動していた”とあります。
 この情報で、ギュレン氏がクーデターに関与していたことがはっきりとしました。私は最初から、彼はクーデターの首謀者の1人であると指摘しました。また私は、このキャンベル将軍がジョセフ・ダンフォード将軍の忠実な部下であると感じます。もし私の感覚が正しければ、ダンフォード将軍がこのクーデターを知らなかったとか、逆にキャンベル将軍がダンフォード将軍に何も知らせずにクーデターを行なったなどということは考えられない、ということがわかるはずです。ジョセフ・ダンフォードがこのクーデターの黒幕であると私は言い続けているのですが、ここの部分の情報が今後出て来るか否かは、何とも言えません。しかし、今述べたことから、私の主張はほぼ明らかだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ベンジャミン・フルフォードニュース(一部) 2016年8月7日
転載元)
http://sananda.website/benjamin-fulford-update-august-7/
Benjamin Fulford Update, August 7
By Benjamin Fulford (investigative reporter)

非企業メディアのソースが最近、世界の種々の地 域での犯罪行為が明らかにならず、罰せられる事はないはずだとのワシントンの傲慢な自信が、経験あるアナリストさえをも驚かせた、更なるCIAの作戦を暴 露した。米軍の契約企業の関心に沿った外国権益を確保するためにホワイトハウスはCIAに国際的な場面でワシントンの態度に対抗する政治的な人物を排除する秘密作戦を常に新たに行うようさせている。

だから、国際社会がアメリカの悪の行動には反対で、ホワイトハウスとCIAに、国際法廷で自分たちの行動に答えるよう要求しない限り、明日更なるCIAのエージェントが戸口に立って、アメリカの専横に従ってあなた方の命を要求したとしても驚かないようにしなければならない

トルコの新聞である、イエニ・サファク・デイ リーが、トルコで失敗に終わった軍事クーデターはホワイトハウスが画策したもので、この流血のイベントの準備の背後には誰がいたのか正確で詳細な報道をしている。トルコのジャーナリストが言うには、オバマ政権とトルコのリーダーであるタイップ・エルドガンとの間の関係の急速な冷え込みによって、ワシントン はトルコ大統領の追放のための前提条件を作り出す作戦を実行した。

過去30年に亘ってアンカラに与えられてきた一 連のポジティブな約束にもかかわらず、ドイツのアンジェラ・メルケル他のヨーロッパの政治家たちに加えられたEUへのトルコの参加防止の強力な圧力と結び ついたエルドガンに反対する大規模な宣伝作戦が行われてきたことに注意すべきである。これは、ホワイトハウスの宣伝機関であるワシントンポストが報道した 公式のタイップ・エルドガンへの米国の複数の大使からのエルドガンは直ちに辞職すべきだ、との呼びかけによって裏付けられた。

アンカラとワシントンの間の対立の新たな段階が 昨年4月に始まり、トルコの高官が米軍要員にインシルリクの軍事基地の使用を禁じると脅したことも背景にある。急いで準備された軍事クーデターの失敗の主 要原因は、ホワイトハウス内で、中東における米国支配に対する主要な脅威と受け止められている、アンカラとモスクワの再接近、エルドガンとロシアの融合で あった。

最近のメディアによる調査によると、米国の諜報 サービスにおいて、トルコでの最近の軍事行動の準備のために年間20億ドルが費やされた。このクーデターの黒幕だと言われている者は、アフガニスタンでの 国際安全保障支援軍(ISAF)の前指揮官である、ジョン・F・キャンベル将軍である。彼は、この作戦を裏で取り仕切り、トルコ軍の士官に指示を下してい た。トルコの新聞、イエニ・サファク・デイリーによると、キャンベル将軍はトルコ軍の士官とインシルリク軍事基地で秘密の会合を開いた。この米国将軍は CIAの直接管理下で、ペンシルバニアに居住する亡命聖職者フェトゥラー・ギュレンとの密接な連絡を取りながら行動していたと報道されている。ワシントン がこのクーデターに支出することを決定した20億ドルはナイジェリアの銀行、UBA経由でキャンベルに送られた。このお金は失敗したクーデターへの参加を 決断したトルコの士官の買収に用いられた。

キャンベルはトルコにおけるこの作戦の準備に 8ヶ月半をかけた。CIAはこのクーデター作戦実行と訓練のためにコードネーム”サファリ”という特殊チームを結成した。トルコのジャーナリストによる と、ヘンリー・バークレイがこの計画の管理者で、この前CIAエージェントは今では、学者のためのウッドロー・ウイルソン国際センターで中東プログラムの ディレクターの地位についている、とのことである。

ヘンリー・バークレイは7月15日と16日にイ スタンブールのホテル、イル・ド・プリンスのラウンジで会合を開いたことが知られている。バークレイにはこのCIAのクーデターの結果が確実な成功をもた らす自信があったので、ホテルの管理者に対して、CNN、NBC、ヴォイス・オブ・アメリカのような西側のメディアソースに対しての7月16日の公開声明 の発表を支援するように要求さえした。

この軍事クーデターがトルコの現存の指導者を追 放し、より扱いやすい米国寄りの候補者に置き換えることだけでなく、シリア、イラン、およびロシアに対する観察活動の強化のために、トルコ国内に追加の軍 事基地を設置することをも目的としていたと、トルコのジャーナリストたちは報道している。

従って、今や、数多くの地域での混沌と不安定化の拡散につながる他国独自の案件においてさえも進められている的外れの干渉に対して米国とCIAに大きい責任が課せられてよい時であると思われる。

[嗚呼、悲しいではないか!]フルフォードレポート英語版(8/1) 懐柔のためトルコに飛んだダンフォード 〜 トルコ軍事クーデターをアメリカが実行したという確実な情報、ヒラリーを逮捕させずにいるダンフォード将軍

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカのジョセフ・ダンフォード将軍が7月31日にトルコに飛んで、緊急会議を行なったということです。その会議で、ダンフォード将軍は、トルコで起こったクーデターが“CBR(クリントン/ブッシュ/ロックフェラー)派のCIA工作員によって実行された”と話したようです。これでクーデターがアメリカの仕業だとトルコ側が非難しているように、確かにアメリカによって実行されたことが確実になりました。
 以前のフルフォードレポートでは、国防総省情報源は、トルコのクーデターが自作自演だと示唆していました。私はその時、“クーデターの黒幕はジョセフ・ダンフォード将軍なので、米国防総省情報源が正しい情報を出すはずがない”というようなことをコメントしました。
 私が、何故彼が黒幕だと考えるかですが、クーデターが始まった時と思われる時刻と、クーデターが完全に失敗に終わったと思われる時刻で、ダンフォード将軍、オバマ大統領、バイデン副大統領らの波動を調べると、失敗だとわかった時に彼らの波動が落ちてしまい、失望感を表していたのをよく知っているからです。ホワイトミリタリーの人たちは、早急に彼を排除すべきです。いたずらにカバールの大量逮捕を長引かせているのは、少しでも自分の立場が有利になるように、米軍の軍事力を交渉のカードとしてダンフォード将軍が使っているからです。
 ヒラリー・クリントンは逮捕される、と散々フルフォードレポートでも書かれていましたが、残念ながら今のところそうなっていません。彼女を逮捕させなかったのは、ダンフォード将軍自身だということに気付くべきです。おそらく、彼を含めた要人の過去の悪事を全て暴露するというクリントン側の脅しに屈したのではないかと思います。
 チャネリング関係の情報でも、ダンフォード将軍がホワイトハウスを仕切っていることは、事実として何度も記述されていました。その人物が、今回のクーデターを軍のトップとして全く知らなかったなどということはあり得ないということ位わかるはずです。私は初めから、彼がカバールの一味であると言い続けています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(8/1)
イスラエル、サウジアラビア、マレーシア、フランス、イタリーとドイツは次にハザールマフィアから開放される国にリストアップされている
(中略)...
最大の動きは今、中東で起こっており、そこでは今、トルコがハザール(サバティン)マフィア支配を投げ出して、ロシア、国防総省、シリア、トルコ、イランとエジプト同盟がイスラエル、イラクとサウジアラビアの人々を解放する準備をしている
(中略)...
大きな進展が見られる他の場所は欧州である。そこでは、ドイツ、フランスとイタリーの当局者が依然としてワシントンDCとニューヨークを支配するハザールマフィアのブッシュ/ロックフェラー/クリントン(BRC)派の手から欧州を開放するために、公然とロシアとの軍事同盟を呼びかけている。欧州の動きは早ければ今月に始まる可能性がある銀行システムの崩壊に備えて起きている。
(中略)...
BCR候補ヒラリークリントンが先週、民主党候補指名を露骨に盗んだので、アメリカ合衆国のための戦いは荒れ狂い続けている。この戦いは始まったばかりで、そして米国内で内戦が勃発する非常に現実的な可能性があり、11月に向かって激しくなって行くだろうと、複数の情報源は認める。

アメリカ軍将軍ジョセフ・ダンフォードがトルコの交渉相手との緊急会議のために7月31日に飛んだトルコの情況について詳しく見てみましょう。会談は、トルコ政府当局者が公然と米国が政府を転覆させようとしたと非難して、トルコ軍が核武装した米インシルク空軍基地を包囲した。国防総省情報源によると、会議ではダンフォードはトルコに対して、トルコ政府の転覆の企てはジェームズタウン財団に隠れて働くハザールCBR派のCIA工作員によって実行されたと話した。ダンフォードは彼の交渉相手に、インシルク経由のアフガンのヘロインと麻薬マネーの流れを止めることは、米国とイスラエルをハザールマフィア支配から開放する戦いの支援になるだろうと語ったと、情報源は言う。ダンフォードは最近の世論調査は、たったの17%のトルコ国民しかその国の米軍の存在を支持していないと言われるので、ダンフォードは懐柔するしか手が無かった。

ダンフォードはまた彼のトルコの交渉相手に、ハザール人から米国と世界の他の国々を解放するためにロシアと同盟していると説明したと、国防総省情報源は言う。この証拠に、国防総省は最高技術の米偵察機を中央ロシアへ着陸を命じたと、その情報源は言う。彼らはまた、米国が軍の移動やロシアに対する先制攻撃を計画していないことを確認するためにロシアの偵察機を米国領土上空を飛行することを許可している。
(中略)...
ロシアはまた、イスラエル軍解体に関する詳細情報を入手すべくドローンを送り込んでいる。また、ゴラン高原のイスラエルとの国境に沿って集中的砲撃があったと、イスラエル諜報源は言う。

これはイスラエルならず者国家によって違法な占領地を押収するための全くの前奏曲に過ぎないと、国防総省情報源は言う。最終的には復活する穏健ス-フィ/スンニ/シーアイスラム帝国内のユダヤ人自治区になると、白龍会情報源は言う。
(中略)...
いくつかの大きな変化が差し迫っている他の兆候は欧州に見られ、モンテ・パスキ銀行はその時価総額の5.6倍の価値の50億ユーロの救済を待っている。
(中略)...
救済と並行して、フランスの議員グループがクリミア半島を訪問して半島のロシアへの併合を支持すると話したことは偶然ではありません。
http://tass.ru/en/economy/891609
(中略)...
多くの影響力あるドイツ人は犯罪的に堕落したNATOに代わってロシアと欧州の同盟を呼びかけている。
http://sputniknews.com/business/20160730/1043780772/europe-russia-us-sanctions.html
(中略)...
欧州同盟が無くても、BRICS同盟は今は世界人口の85%、GDPの60%そして経済成長の80%と占めるに至っている。白龍会代表は最近、アジアの秘密結社代表に、ハザールマフィアは死に行くライオンのようであり、それと戦うことを選ぶより、最良の政策は単に放置して、自然の成り行きを待つと話した。

http://www.usnews.com/news/world/articles/2016-07-27/thousands-of-russian-orthodox-gather-in-kiev-despite-threats

http://www.fort-russ.com/2016/07/confirmed-amidst-sharpening-crisis.html

今はヒラリークリントンをがっちり守っているが、彼らの支配力が終わったときにハザール暴徒支配の最終的崩壊が始まり、米国内の全ての権力の座から排除される。

1 2 3