アーカイブ: フェミニズム

9/11東京駅フラワーデモに被害当日の服装で参加された伊藤詩織さん「どんな服や下着を着ていても性的同意にはならない」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ツイッター上に、電車内で痴漢の被害に遭っている女性をさり気なく助けるアイデアなどが流れ、違和感なく賛同されているのを見ると、世の中にはこれほどまでに性暴力が日常的に起きているのかと暗澹となります。女性たちは危険を承知で街に出かけなければならない。声を上げることができないまま性暴力に苦しむ女性は想像以上に多いと理解できたきっかけが「フラワーデモ」でした。2019年3月に全国の地裁で次々と出された性暴力を容認するひどい判決に「もういやだ」と居ても立ってもいられない多くの女性が集まって始まりました。集まった女性たちの訴えを聞くと「ここは本当に日本なのか」と耳を疑うようなものがたくさんあり、この状況に司法はもちろん社会は疑いすら持っていない。私たちが声を上げて安全な住み良い社会に変えたいという切実な願いのもと、手に手に花を持った女性たちが集まりました。
 4月11日、最初の東京駅前のデモには400〜500人もの人が集まりました。この時、伊藤詩織さんはコメントを寄せられ「あなたは何も悪くない、あの時あなたがとった行動はベストだった」この言葉をご自身にも世の中の女性にも言い聞かせておられるようでした。
 そして9月11日、この日のフラワーデモに伊藤詩織さんは、被害に遭った当日に着ていた服をまとって初めて参加されました。この覚悟。当時を思い出させる辛い服をあえて選ばれたのは、世の中の「あなたの着ていた服が悪かった」「挑発的だった」「下着がこうだったから」と被害者に暗黙の「同意」があったかのような、落ち度があったかのような圧力が強かったことへの静かな抗議でした。
落ち着いた品の良い装いでしたが、たとえそれが派手な華やかな服であったとしても、それは「同意」にはならない。「何が同意か」日本の法律に明確な規定が無いために被害者がどれほど抵抗したか証明を求められ、多くが抵抗すらできない現実を無視され、社会が性犯罪を許してしまっているような気がする、と淡々と語られました。
「どんな服を着ていても、どんな下着をつけていても、どんな状況に置かれても、同意がなければ同意ではない。」
 女性が大切に尊重される世の中は、子供も男性も幸せな社会になるはずです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
どんな服や下着を着ていても性的同意にはならない。「#私がそれを着たいから」に込めた思い
引用元)
(前略)
彼女は9月11日夜、性暴力に抗議し、被害者の連帯を訴える「フラワーデモ」に参加し、初めてマイクを握った
この日、被害に遭ったという日に着ていた服を身にまとい聴衆の前に立つと、メッセージを伝えた。
どんな服や下着を着ていても、どんな状況に置かれても、同意がなければ同意ではありません

» 続きはこちらから

フェミニズムの真相 // 高潔な思想に秘められた悪質な罠 〜女性の社会進出を支援したロックフェラー財団〜

竹下雅敏氏からの情報です。
注)コメントの署名が間違いで「編集長」になっておりました。 
 動画の1分35秒までをご覧下さい。女性の社会進出を支援したのが、ロックフェラー財団であると語られています。支援の理由は2つあり、「1つはそれまでは人口の半分を課税出来なかった。2つ目の理由は、子供たちを早い段階で教育システムに入れ考え方を吹き込む。そうして、家庭を壊す」ということです。
 時間のある方は、2分15秒〜3分47秒のところもご覧下さい。そこでは「奴らは母親の重要性を理解している…家庭に母親が不在の子は手に負えず、ドラッグ中毒となり様々な問題を抱える。この結果…育てるのは学校システムだ。学校で…あらゆる虚偽が植えつけられる」とあります。
 このように女性の社会進出は、実のところ家庭を破壊し、社会を崩壊させる試みとして始まったのです。私はこのことがよくわかっているため、逆に母親と子供を大切にし、家庭を大切にする社会が必要だと思っています。私は、女性の社会進出を否定しません。むしろ、大臣や議員など公職は男女同数でなければならないと思っているくらいです。しかし、何が優先事項かと言われれば、まず家庭の安定が最優先事項であり、女性の社会進出が家庭の崩壊に繋がるなら、その優先順位は下がるべきだと考えています。
 しかし、父親、母親が共に十分に育児に関わり、子供の成長と共に徐々に夫婦が社会復帰して行く、そのような社会制度を確立することは可能だと考えています。
 この動画で語られている通り、幼い子供たちにとって両親の愛情は特に重要で、母親の不在は子供の心に著しく深い影を落としてしまいます。経済的理由で共働きにならざるを得ない家庭も多くなっています。グローバリズムを追及すると、両親はもちろん、子供まで支配層の完全な奴隷にされてしまいます。
 社会の在り方を根本的に変える必要があります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
フェミニズムの真相 // 高潔な思想に秘められた悪質な罠
配信元)