アーカイブ: メディア

NGT48山口真帆襲撃事件で、その今村支配人も暴行事件の加害者! ~文春はストーカー化したファン集団を飼い、運営は犯行グループとズブズブ

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の11分~15分30秒をご覧ください。驚くべきことを言っていますが、情報の精度はかなり高いと思います。
 NGT48山口真帆襲撃事件で、今村支配人も暴行事件の加害者ではないかと思っていましたが、動画での発言と冒頭のツイートの内容を見ると、その可能性が高いように感じます。
 文春は、スキャンダルを入手するために、ストーカー化したファン集団を飼っていました。運営は犯行グループとズブズブで、彼らに「かぶりつき席」などの“ライブチケットを横流し転売”して、おそらく利益を折半していたとみられます。
 最後のツイートには、 「接待(枕)、転売、闇取引(文春)」と書かれています。これは、事件の中心人物とみられる「いなぷぅ」(稲岡龍之介氏)が書き込んだもの。
 接待(枕)と書かれているように、「半グレ いなぷぅ軍団」は、アイドルを使った売春斡旋業を行っていたようです。おそらく、利益は運営と折半していたのでしょう。転売というのは、ライブチケットだけではなく、アイドルの住所やビデオなどだと思われます。また、文春には、自分の思い通りにならない女の子のネタを提供していたのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”の上の動画をご覧になると、この半グレ集団の犯罪の一端を垣間見ることができます。下の動画は、 25秒~1分20秒をご覧になると、彼らが運営と組んで、日常的に何を行っていたのかがよくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【許永中の甥っ子、許平和が暴露。】フジテレビとNGT48の今村悦朗の関係とは?いなぷぅ (稲岡龍之介)?が15万円払って寝た相手?絢瀬花梨 (あやせかりん)が特定される。なんJ民を襲ったスキニー火消し隊も
引用元)
(前略)


11分頃から、今村支配人の話になります。
 
語っているのは、イトマン事件で有名になったフィクサー、許永中 (きょえいちゅう)の甥っ子だと言われている許平和 (きょうひらかず)さんです。
以下要約。
  • 今村支配人は、もともとは東京の、NGT48とは別のアイドルグループを担当していた。
  • その時、ヤクザと一緒のゴロツキみたいな大学生たち (半グレ いなぷぅ軍団)がアイドルを追っかけ回していた。
  • (中略)
  • 女の子に対し、今村支配人は、「俺があいつらを寄せ付けないようにしてやるから、俺の言うことを聞け。股を開け」と言ってヤッてた。
  • 実は裏では半グレ(ゴロツキ)と、支配人は組んでいたのだ。アイドルを襲わせるのも支配人。それを助けるのも支配人。
  • (中略)
  • そういうことをしていたのがバレて、新潟に飛ばされた今村支配人は、そのまま、半グレ集団も一緒に新潟にまで連れて行った。
  • 結局、東京でやってたことと同じことを新潟でして、山口真帆さんが暴露したために事件が発覚した。
  • (中略)
  • バーニングの偉いさんの息子が稲岡龍之介。
  • 元々AKBは、秋元康と半グレ集団が作り上げたもの。もともとそんなもの。そこに入ってしまったのが不幸。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから

2人の男に自宅前で襲われたNGT48の山口真帆さんが、自らの告発で事件発覚! ~同メンバーが加害者に山口の個人情報を教え、犯行をそそのかした

竹下雅敏氏からの情報です。
 NGTがどっちを向いているのかもよくわからないのですが、何でも、新潟のアイドルグループなのだとか。まさか「新潟」の略ではあるまいな、と思って調べると、そうでした。
 そのNGT48の山口真帆さんが、2人の男に自宅前で襲われたとのこと。8日夜の動画配信で、彼女がこの事件を告発したことで、発覚しました。NHKがこの事件を報じており、暴行事件があったことは間違いないようです。
 幸い彼女は無事だったようですが、問題は、冒頭の動画のニュースでもNHKニュースでも、肝心な点が報じられていないこと。彼女は、“この犯行が同グループ内の関与によって行われた”と言っています。彼女によれば、“「NGT48」のメンバーが加害者に山口の個人情報を教え、犯行をそそのかした”とのことです。
 リテラもこの事件を報じており、“今回の山口の件はNHK以外のテレビではほとんど扱われていない。スポーツ紙も夕方頃まで一切報じていなかった”とし、マスコミへの圧力、あるいはマスコミ側の忖度が働いているのではないかとしています。
 運営側の対応の不誠実さと、山口真帆さんの言動を考慮すると、彼女が嘘をついているとも思えません。ネット上では、彼女の証言から犯人探しが始まっているようです。
 運営側が、女の子たちを商品と捉え、互いに競わせることで商品価値を高めようとするこうした手法が嫉妬心と結びつくと、犯罪事件を招きかねないということがわかります。こうした手法は、金を儲けるのには良いのでしょうが、彼女たちの幸福には全く結びつきません。
 おそらく、運営側の者たちは、人を育てるという感覚は皆無で、使い捨てることしか考えていないのだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
NGT48 山口真帆さん自宅で暴行被害
配信元)
————————————————————————
「誰かがやった」山口真帆の暴行被害で加藤浩次「身内犯行説」追及
引用元)
(前略)
 日本テレビ系「スッキリ」は10日、NGT48の山口真帆(23)がファンと見られる男2人から自宅前で襲われたニュースを報じた。男は暴行容疑で新潟県警に逮捕された。

 一方、同時に衝撃的だったのが、この犯行が同グループ内の関与によって行われた可能性があることだった。

 山口は9日、ツイッターに「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかしていました」(原文ママ)と投稿し、少なくとも3人の関与を示唆した。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

[ゆるねとにゅーす] NHKの番組が伊藤詩織さんを特集、事件の核心には触れないものの報道に変化の兆し?

 26日、「NHKで伊藤詩織さんを詳しく報道しています」との知らせが入りました。「Me too」がメインとのことでしたが、これまでとは何か異なるものを感じての情報提供でした。
 予想された通りNHKの番組では、事件の核心部分である安倍政権による事件のもみ消しには触れておらず、この点についてネット上では当然の批判が起こりました。
 確かにその批判は尤もでしたが、今回目を引いたのは、詩織さん自身のコメントです。もはや日の目を見ることはないと思われたNHKの取材内容を「ここまで報道することを諦めずに頑張ってくれた」同世代のディレクターに励まされたとあります。
詩織さんも同じジャーナリストとしてNHK内部の苦境はよく理解された上で、不十分ながらも国営放送で大きく取り上げられたことに意義を感じられたのだなと分かりました。
 ゆるねとにゅーす管理人さんが書かれたように「考え方を少し変えると」、マスメディアが完全に安倍政権に屈服する中、NHKという巨大な組織の中にあってなお、圧力に屈したくないと思うスタッフが、なんとかその姿勢を形にしたということに光を感じます。
私たちが批判すべきは、言論弾圧をするもの、それを支持するもので、懸命に正そうとする人達とは手を結ばねばならないと思ったのでした。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
NHKが伊藤詩織さんを特集も、やはり山口敬之氏や中村格氏には一切触れず!詩織さん「諦めずに頑張ってくれたディレクターの方々の姿勢に励まされました」
転載元)

どんなにゅーす?

・2018年12月26日に放送された「NHKニュースウォッチ9」の中で、世界に広がっている性被害を受けた女性たちによる「#MeToo」運動を紹介。「安倍総理の代弁者」として知られるジャーナリスト・山口敬之氏による薬物レイプ被害を訴え続けている伊藤詩織さんが大きく取り上げられた

・ところが、安倍総理と深い交友を持つ加害者の山口敬之氏や、山口氏の逮捕中止を命じた菅官房長官の秘書官も務めた中村格刑事部長(当時)などについては一切触れず、ネット上では疑問の声が多く上がっている

・また、伊藤詩織さん本人も放送に際してコメントを出しており、かなり以前からNHKの取材を受けていたものの、ここまで全く放送されてこなかったことや、ようやく放送まで漕ぎ着けた背景に、同世代のディレクターらの尽力があったことを明かした



» 続きはこちらから

日本最古の英字新聞ジャパンタイムズが世界から批判を浴びた 〜「IT Mediaビジネス」慰安婦・徴用工の「強制」表現を巡る「中立性」「バランス感覚」とは?

読者からの情報です。
安倍政権によって日本のマスコミが圧力を受けたり、自主規制をしたりしていますが、英字メディアである「ジャパンタイムズ」の編集指標の変更が海外で話題になっているようです。
慰安婦・徴用工の問題は海外でも取り上げられているので、これを機に海外からも安倍政権のメディアコントロールへの反対の声が上がって欲しいです。
(tat)
 ジャパンタイムズという日本最古にして日本を代表する英字新聞が世界で問題になった、という「ITmedia」の記事です。
 ジャパンタイムズは、『徴用工問題の記事について「強制労働」は誤解を招く可能性があるとして今後は「戦時中の労働者」とし、慰安婦問題では「強制的に働かされてきた」とした説明を「意思に反して働いていた者も含まれる」に変更する』という編集注記を掲載したそうです。
 これに対して世界のメディアが一斉に非難し、中には「安倍晋三首相の考え方に沿って編集方針を変更した」と指摘したところもあったようです。結果、ジャパンタイムズは反響の大きさに圧され、編集注記についての釈明と謝罪を掲載することとなりました。
 このITmediaのライター氏は、「日本が歴史的な事実を捻じ曲げようとしているという印象が世界に広く報じられた」としつつ、しかし海外からの批判は、安倍政権に批判的な面々のものばかりを集めて偏っているとしています。ジャパンタイムズの謝罪も、一部の幹部が勝手に変更したことについてのもので、そこに傲慢さを感じておられるようですが、歴史の歪曲に関しての責任は曖昧にし、さらに変更後の「言い方」の方が妥当であるとも評しておられます。つまり、世界から非難を浴びた点は、世界の多様な価値観に配慮していないからだと取られる趣旨になってしまって、政権に忖度して表現を変えたことから目をそらす記事となっています。
 ジャパンタイムズの表現の変更前と後を、読者の方々はどう感じられたでしょうか。変更後は明らかに本質を曖昧にする文言になり、慰安婦問題や徴用工問題を知るならば、海外が批判したのは偏向でもなんでもなく当然の非難だったと思われます。
価値観の多様さは尊重しつつ、ヤマ・ニヤマに基づく正直な判断を下すことは可能でしょう。
投稿下さったtat様は、海外からの批判を真っ当なものとして期待されていますが、日本のメディアに同じことを期待できないことが本当に残念至極であります。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
慰安婦・徴用工の「強制」表現めぐり炎上 ジャパンタイムズが叩かれたワケ
引用元)
(前略)
海外でジャパンタイムズ自体がニュースになった記事がいくつも報じられている。例えば、香港のサウスチャイナ・モーニングポスト紙は、日本の共同通信による英字記事を掲載している。その見出しは、少し長めだがこんなものだった。「ジャパンタイムズが戦時中の『慰安婦』について、安倍晋三首相の考え方に沿って編集指針を変更したという指摘を否定した
(中略)
既出の共同通信記事によれば、ジャパンタイムズは11月30日、徴用工問題の記事の下に編集注記を掲載。そこにはこう記されていたと報じている。
「徴用工問題で『forced labor(強制労働)』の文言を使うことは誤解を招く可能性があるとして、今後は『wartime laborer(戦時中の労働者)』とし、慰安婦問題でも『強制的に働かされた』としてきた説明を『意思に反して働いていた者も含まれる』との記述に変更するとした」(12月7日付共同通信の日本語記事から抜粋)
(中略)
さらに、米国、英国、ドイツなどの海外の英字メディアがこの件を取り上げたことで、国外で話題になった。
海外の英字メディアの記事はどれも、ジャパンタイムズにとって辛辣(しんらつ)なものだった
(中略)
要するに、ジャパンタイムズには、多角的に世の中を見た客観的な発言を期待したい。そんな声が外国メディアや国外からの批判につながっていると考えられる。
(以下略)

7~9月期のGDPがマイナスだったにもかかわらず、茂木経済再生相「景気は緩やかに回復しているとの認識に変わりはない」 ~日銀でさえ、GDPなどの基幹統計の信頼性に不信感を募らせている~

竹下雅敏氏からの情報です。
 7~9月期のGDPがマイナスだったにもかかわらず、茂木経済再生相は、“景気は緩やかに回復しているとの認識に変わりはない”と説明しているようです。マイナス成長は自然災害による一時的なものだと考えているようです。
 ところが、日銀はGDPなどの基幹統計の信頼性に不信感を募らせているとのことで、元データの提供を迫っているが、内閣府が拒否しているとのこと。お仲間のはずの日銀にすら不信感を持たれているわけで、まず間違いなく、データは改ざんされているとみてよいでしょう。
 あべぴょんの発言のほぼ全てが嘘で、決裁文書ですら改ざんし、日銀にすら不信感を持たれているこの状況で、支持率だけは真正であるとか、不正選挙など行われているはずがないと考えるのは、あまりにもお目出度いのではないでしょうか。
 このニュースを報じなければならなかったNHKの武田真一ちゃんの目が死んでいます。まだ、目はガラス玉にはなっていないので、ここは頑張って欲しいところ。
 “続きはこちらから”は、ネットが世論操作されており、右寄りアカウントのほとんどが、プログラムによるものだということです。ボットというのは、インターネット上の操作を自動でするプログラムのことで、ツイッターなどにニュースを自動的に投稿するプログラムなどがこれにあたります。
 時事ブログの右の帯をご覧になると、“Twitterはこちら”という所があります。ここをクリックすると、シャンティ・フーラのツイッターに飛びます。これがまさにボットによるもの。まったく無味乾燥で、人間が介在している気配がありません。
 記事によると、「右寄りアカウント」のフォロワーの8割以上が、ボットとサイボーグだったとのこと。引用元の記事では、“右寄りの意見を拡散するボットやサイボーグを運営している人々がいる”としています。
 こうした状況をみると、あべぴょんの周りにいるほんの一握りの人々と、それを支持するごく一部の人たちが、ネットやメディアを使って世論を操作していると考えられます。こうなると、私たちが目にしているニュースのほとんどが、フェイクニュースと言えるかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7~9月期GDP、2四半期ぶりマイナス成長
引用元)
 内閣府が14日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)速報値によると、物価変動の影響を除いた実質GDPは、4~6月期に比べて0・3%減となった。この成長ペースが1年間続くと仮定した年率換算は、1・2%減だった。マイナス成長は、1~3月期以来、2四半期ぶりとなる。

 7月の西日本豪雨や9月の北海道地震、台風など相次ぐ自然災害の影響で、個人消費や輸出が押し下げられた。茂木経済再生相は14日の記者会見で、「自然災害により一時的に個人消費や輸出がマイナスになったことが影響していると考えられる。景気が緩やかに回復しているとの認識に変わりはない」と説明した。

 GDPの半分超を占める個人消費は前期比0・1%減で、2四半期ぶりのマイナスだった。相次ぐ災害で店舗が休業したほか、外出機会が減り、飲食や宿泊といったサービス関連の消費が振るわなかった。購入頻度の高い生鮮野菜やガソリンの価格が高騰したことも、消費者の節約志向につながったとみられる。
————————————————————————
政府統計、信頼に揺らぎ GDPなど日銀が不信感
引用元)
日本の現状を映す統計を巡り、内閣府と日銀が綱引きしている。国内総生産(GDP)など基幹統計の信頼性に日銀が不信を募らせ、独自に算出しようと元データの提供を迫っているのだ。内閣府は業務負担などを理由に一部拒否しているが、統計の精度をどう高めるかは、日本経済の行く末にも響きかねない大きな問題をはらんでいる。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 54