アーカイブ:

地球上の混乱のほとんどが、性の問題から来ている ~映画やビデオなどで表現されている男女の性行為の描写は著しく間違ったもので、人々に混乱を生じさせる~

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここのところ、フランシスコ法王が結構まともなことを言っています。“性感、セックス、これは…神による贈り物である”と言うのです。キリスト教は、アダムとイブの神話で象徴されるように、アダムがイブに誘惑されたことでエデンの園から追い出されたということから、性を罪悪視する傾向が極めて強い宗教です。現実に、神と信徒の間に立って神へのとりなしをする立場のカトリックの神父は、独身を貫く形になっています。彼らにとっては、生涯独身を貫き女性を遠ざけることが清らかで、神に近づく行為なのです。ということは、結婚する男女は汚れているというのが、暗黙の了解だということになります。
 ヘレナ・ブラヴァッキー夫人が著した「シークレット・ドクトリン スタンザ6-6(a)」には、はっきりと、“転落つまり、堕落とは、霊が生殖を行うようになることだ”と書かれています。
 その意味で、今回のフランシスコ法王の発言は、まともだと言って良いでしょう。私の考えでは、地球上の混乱のほとんどが、性の問題から来ていると思っています。
 ウガンダの大統領が、“オーラルセックスを禁止したい”と述べたとのこと。法的に禁止するのは無理があるかも知れませんが、言いたいことはよくわかります。
 これまで何度も紹介しているルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」によれば、前戯において、お互いの性器に触れるのは御法度とあります。実際問題として、性的に成熟している人は、自分の性器に触れられたいとは思いません。
 理由は、大変簡単です。性器が完全に結合した性交渉の継続時間は最低27分必要で、それよりも短い時間で行為が終わってしまった場合には、互いに欲求不満が残るからです。互いに結合した状態で、27分以上性行為が持続するためには、その前の段階で、いたずらに性感を刺激するような行為は慎まなければなりません。
 それともう一つ重要なのは、性行為において激しい動き(特に男性)は御法度であるということです。性感を著しく鈍化させるだけではなく、このような未熟な方法では、27分以上もちません。
 特に男性は、出来るだけゆっくり動いて性感が得られる敏感な身体を、開発する必要があるでしょう。2人の気の交流が活発に行われている場合、全く動かなくても、強い快感が得られるものです。
 こうした意味で、映画やビデオなどで表現されている男女の性行為の描写は著しく間違ったもので、人々に混乱を生じさせるものになっています。
 通常の性行為の持続時間は、 1時間前後が普通であるべきというのが私の見解です。まともな性行為を行っていると、年を取って性感が鈍るということはありません。むしろ性感は増してきます。その意味で、アーバン博士も指摘しているように、性交渉がうまくいった場合、お互いに週に1回以上の性行為を望まなくなります。アーバン博士は、性行為の回数は、5日から10日に1回が適切だと言っていますが、スプートニクの記事も、それを支持しているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ローマ法王 セックスは「神の贈り物」
転載元)
ローマ法王フランシスコが、性感とセックスについて「神の贈り物」であると評し、この「贈り物」が何に帰するのか説明した。法王は前日、フランスの複数の教区から来訪した若い信者らを謁見で迎え、これらの信者による質問に答えた際に以上のように語った。話し合いの全文を、ローマ教皇庁広報部が18日に公表した。
スプートニク日本
法王は、「性感、セックス、これは神が我々に与える、神による贈り物である。そして、この贈り物には2つの目的がある。愛と、新たな命の誕生だ。これは、熱烈な愛であり、男性と女性の間にそのような愛がある時、それは永遠の命を与える」と述べた

法王は、「神から与えられた性感」と「愛から引き離され、娯楽のために利用される」性感を区別するよう呼びかけ、「多くの人々が、例えばセックス産業やポルノで稼いでいる。それゆえ、自らの性感を大事にすることが必要だ」と警告した。法王は、60年間ともに暮らした年輩の夫婦とサン・ピエトロ広場で会った際の様子を回想し、深い愛から生じる性感について、「正真正銘の性感」であると評した。
————————————————————————
「口は食べるために創られた」ウガンダ大統領、オーラルセックスを禁止したい
転載元)
ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領は、国内でのオーラルセックスを禁止したいと述べた。ニュースサイト「Metro」が報じた。
スプートニク日本
ムセベニ氏は「正しくない性的実践」の犯罪化キャンペーンの一環で、それに反対する演説を行った。ムセベニ氏は、こうした性行為を植え付けるのが一種の「異人」だとして、「口は食べるために創られた。セックスのためではない」と述べた。

32年連続で大統領の座についているムセベニ氏は、オーラルセックスを行う国民を迫害する方針だ。同国では、同性愛を禁止する法律もある。同性愛関係が発覚すると、初犯で最大14年間の禁固刑。2度めの同性愛行為や未成年、病人との性行為に対しては終身刑となる。
————————————————————————
週何回の性行為が必要か?学説
転載元)
米トロント大学の研究チームが、対人関係調和のためには、週1回性行為を行うべきだと明らかにした。チームによると、より頻繁な性行為は家族の幸せの水準に影響しない。

チームは3万人以上が参加した調査を行い、望ましい性行為の頻度を尋ねた。最も多かった回答は「今よりは頻繁に」といったものだった。

人々が頻繁な性行為に向かっているという仮説は、パートナーとともにいてどれほど幸せかという質問に対する答えによってもまた、部分的には確認された明らかになった所、パートナーとの性行為が多いほど、彼らは一緒にいて幸せだった。しかし、週1回以上の性行為がなされていると、このような相関関係は確認されなくなった。

続いて、チームは2つのよく似た調査を行い、うち1つには2400の夫婦が回答した。その結果得られた回答も先のものと同様のものだった。論文は科学誌『Social Psycological and Personality Science』に掲載された。

先に、学者はセックスによって7つの大病を完治することができると明らかにした。

[Sputnik]イスラム教徒連盟が性行為について勧告 〜 性行為の時の動きについて、愛のヨガ、男女双修功

竹下雅敏氏からの情報です。
 カザフスタンイスラム教徒連盟が、“いかに性行為を営むべきか”という勧告書を作成し、そこでは、“最適な速度や性玩具使用の禁止勧告”が入っていたとのことです。
 これは適切な勧告ではないかと思います。時間に対する勧告もあればさらに良かったと思います。記事によると、“あまりに速い動きを控えるように勧めている”とあり、これは正しい勧告だと言えるでしょう。しかし許容範囲が秒速3メートルというのは何なのか。スプートニクの記者も、速度計測方法について疑問を明らかにしています。
 男女の性行為に関しては、性玩具の使用は論外で、お互いの性器に触れるのは避けるべきです。性器を結合した完全な性行為は27分以上続く必要があり、その間、出来る限り動きを控えめにすることが肝心です。要は、出来るだけ少ない動きで、男女双方が性的な喜びを感じられる感受性を開くべきなのです。
 性行為に激しい動きは禁物で、これはお互いの性感を鈍麻させてしまいます。その結果、下の記事にあるように、“性的快楽に新たな趣向を取り入れる必要がある”とするような、間違った見解が出てきてしまうのです。
 麻薬を用いた性行為では、性器が触れているだけで快楽をもたらすといわれています。じつは麻薬を用いなくても、同様のことが起こります。この特殊な喜びは、通常の性行為中に、全く動きのない状態で起こります。
 残念ながら地球人のほとんどの人は、このような体験を持ちません。いたずらに性エネルギーを消耗する動物的生殖法を用いているため、性行為に十分な満足が得られず、その不満をパートナーのせいにしてしまいます。地球上にあるほとんどの混乱の原因は、地球人が正しい性交渉のあり方を知らないためだと思います。ここから正すことが肝要なのですが、残念ながらこのことに気づいている人はほとんどいません。
 これまで何度も、ルドルフ・フォン・アーバン博士の「愛のヨガ」(野草社)を紹介してきました。この本は正しい性行為を営む上での入り口として最も重要なものの1つです。映像配信の“家族の絆 〜夫婦(11):愛のヨガ(総括)~”も参考にして下さい。さらに上級篇としては、「南風老師男女双修功」という極めて貴重な文献があります。おそらく、現在地球上で手に入る最も貴重なものの一つです。ただ、体験の無い者には難しいのと、男女双修功としてはその一部が開示されているということは、了解しておいてください。

追伸:
る代表によれば、
“秒速3メートルは、いくらなんでも訳の間違い(秒速3インチ=秒速7.62センチ)ではないか”
との鋭い指摘がありました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イスラム教徒の性行為の速度に制限
転載元)
カザフスタンイスラム教徒連盟が、信者がいかに性行為を営むべきかという非常に特殊な勧告書を作成した。列挙されているルールの中には、性行為プロセスにおける摩擦の最適な速度や性玩具使用の禁止勧告が入っている。

その他に同連盟は、「男性器は売ったり賃貸に出したり、保証金としておいておける品物ではない。それは旗棒や架台、棍棒、笛、ノズルとして用いてはいけない」と発表。

また、「女性器を網袋や小物入れ、ねずみ取り、金庫、財布として用いる」ことは禁じられている。

勧告書は性行為の速度に注意を向けることを忘れなかった。同連盟は性的接触の際、あまりに速い動きを控えるよう勧めており、秒速3メートルの速度が許容されるとしている。速度計測方法については、勧告書では明らかにされていない。
————————————————————————
結婚1年後にセックスへの関心を取り戻す方法は?学者が語る
転載元)
ドイツの学者が、統計上、性的情熱が冷め始める結婚1年後に性生活へのかつての関心を取り戻す秘訣を明かした。

ミュンヘンの研究者によると、性生活が再び色鮮やかになるためには、実験を恐れずに性的快楽に新たな趣向を取り入れる必要がある。

パートナーへの性的関心の鎮火の第2の理由は、心理学的なものだ。関係は発展することを止め、パートナーはお互いについて新しいことを知ることを止めるというもの。結論としては、お互いに関心と感情のシェアと自己発展を止めない必要がある。

先に、カップルが別れる主な理由を学者が発見したと報じられた。

[Sputnik]性行為の理想的な時間の長さが発表される 〜学者は東洋の陰陽道を研究する必要がある〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前にもコメントしましたが、ルドルフ・フォン・アーバン博士は、著書の「愛のヨガ」(野草社)の中で、“完全な性行為は最低で27分必要”と言っています。完全な性行為の意味は、前戯を含まず性器が結合していることを意味しています。
 スプートニクの記事では、“性行為は31分間続くべき”とありますが、これは前戯を含むものなのか否か、はっきりしたことはわかりません。おそらく、アーバン博士と同じことを言っているわけではないと思います。何故なら、アーバン博士が勧める方法で性行為を行なえば、性交の回数は5〜10日に一回の割合が望ましいからです。記事にあるように、“週に3-4回の31分間のセックス”というのは、あまりにも不自然です。このような頻度は、その行為が“質の良い31分間”では無かったことを意味します。ただし、性行為において男性が射精を行なわないのならば、これは可能です。
 学者たちは、まだこうした分野に対する十分な知識と経験が無いのだと思います。彼らは、東洋の陰陽道を研究する必要があるでしょう。マン・タクチャ氏の大変素晴らしい著作「タオ 性科学—男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣」が出ています。この分野では、初めて秘法が開示されたと言える画期的な著作です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
性行為の理想的な時間の長さが発表される
転載元)
学者たちは、性行為の理想的な時間の長さを発表した。

学者たちによると、性行為は31分間続くべきだという。

学者たちは、その間にカップルは快楽のピークに達するだけでなく、健康状態も大幅に改善されると伝えた。

また質の良い31分間のセックスは、素晴らしいがん予防にもなるという。

学者たちは、31分間にわたるセックスの最中に、パートナーたちの体が、多くの場合においてガンを含む生命を脅かす疾患を引き起こす「フリーラジカル」との戦いを開始するのを明らかにした。

またセックスによって血液循環が良くなることで、若返りの効果があるという。学者たちは、週に3-4回の31分間のセックスで若さを数十年間保つことが可能だと発表した。

先に学者たちは、最も危険なセックスの体位を発表した

[Sputnik]英学者グループ:長時間セックスはビタミン摂取に取って代わる / 理想的な週労働時間 〜アーバン博士「愛のヨガ」の間接的証明〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 学者グループが、“性行為は、前戯を含めて少なくとも40分以上”が必要だということを突き止めたということです。長時間セックスによって作り出されたホルモンが、性行為の時間に直接関係しているとのこと。
 ルドルフ・フォン・アーバン博士は、その著書「愛のヨガ」で、性交時間を27分以上としましたが、間接的に証明された形です。アーバン博士の場合は、前戯の時間を含めず、完全な性交に入ってからの時間が27分以上なければならないと言っています。これは大変重要な指摘で、事実です。このような充実した性行為の後は、少なくとも次の性行為まで5日〜10日の間を空けなければならないと言っています。実際問題として、十分男女の性エネルギーが二人の間で交換できた場合、性交の間隔は自然にこのようになるはずです。
 こうした知見と実践は、現代社会とは大きなずれがあります。いわゆるいかがわしいビデオは見るべきではありません。完全に間違った性交の方法で、いたずらに情欲をかき立てるばかりであり、こうしたビデオの本質は、女性に対する性暴力だと思います。
 性交時間が27分以上続くためには、激しい動きは論外です。出来るだけ動きを少なくすること、あるいはまったく動かないことが肝心で、そうした少ない動きで十分な感度が得られる高い感受性が求められます。根底に互いの信頼関係と愛情が無ければ、成立しません。この意味でも、本来の婚姻関係とはいかにあるべきかを、もう一度考え直さなければならないでしょう。
 愛情に基づくまともな夫婦関係を基礎とする健全な社会を育むには、下の記事にある“理想的な週労働時間”が各国で適用されるべきだと思います。これは感覚的に正しい数値が出ていると思います。私の中では、1日4時間で5日くらい働けば、後は何をしても良い社会がまともだと考えています。時給は4000円〜5000円というところでしょうか。こうした世界は、実現出来ると思っています。
 誰もが人間らしく生きて行ける社会基盤が整えられて、ようやく夫婦関係や子育て、そして自然と調和した世界の第一歩が踏み出せると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
英学者グループ:長時間セックスはビタミン摂取に取って代わる
転載元)
英国の学者達は、長時間に及ぶ性行為が、ビタミンに取って代わる可能性のあることを突き止めた。彼らは、セックスは、分かっているよりも、もっと有益でさえあり得ると考えている。

とはいえ、有益であるためには、一つ条件がある。それは、性行為が必ず、前戯を含めて少なくとも40分以上続けられるという事だ。

科学的調査の中で、専門家らは、人間の身体を詳しく検討した。その結果、各人の身体の内部では、酸素分子を捕らえるタンパク質が蓄積されていることが分かった。これらの分子は、大量に集まるとヒトの組織を酸化させ、それによって風邪を引き起こす。

酸素分子の処理は、ビタミンC,K,Eさらには亜鉛ミネラルを用いながら行われる。学者グループは、長時間セックスの際、ヒトの身体が作り出すホルモンが「害敵」とかなりうまく、ビタミン以上に戦うことを突き止めた。なお学者グループによれば、ヒトの身体を守るために形成されるホルモンの数は、性行為の時間に直接関係する、とのことである。

――――――――――――――――――――――――
日本の学者が理想的な週労働時間を明らかにした
転載元)
日本とオーストラリアの研究チームの論文によると、理想的な週労働時間は30時間だという。

このような結論は、情報受容レベルのテストを6500人が受けた実験の結果出された。

週30時間を超えず仕事をする男女は課題により良く対処でき、週30時間より少なく働いている人の結果は前者より落ちた。そして、週労働時間が30時間を越えた人には、慢性的な疲労が見られたという。

研究によると、効率的な労働のためには1日中働くべきではない。週休2日制の場合、1日8時間ではなく6時間だけ働くべきだ。

また、女性のための理想的な週労働時間は22時間~7時間で、男性の場合は25時間殻0時間だ。

[日刊ゲンダイ]7割が「原因はパートナー」 夫が理解してない妻の性交痛

竹下雅敏氏からの情報です。
 日本性機能学会東部総会での“衝撃的な内容”を少しでも緩和すべく、以前から「南台大乗部会総会」というグループを立ち上げております。現在、理事長と理事が私と息子の2人だけの会に留まっていますが、いずれ大きく発展する気配は全くありません。3つの重要な真言を唱えることで、夫婦関係を少しでも円満にする目的で立ち上げられたものです。「なんだい、だいじょうぶかい、そうかい」を妻に対して唱えるという事を修業の一環として行うことを部会においては推奨しております。ただし妻に言わせると、理事である息子の場合はこの真言を正確に唱えているとのことですが、理事長は「なんだい」のレベルで止まっているという苦情が出ております。
 前口上はこのくらいにして、本質に入りたいと思います。要するに夫婦関係において、性に対する正しい理解が無いことが、夫婦関係の混乱を招いているということです。正しい性行為を正接と表現すると、これは数学的に定義出来るものなのです。
 tanθ=sinθ/cosθ(正接は侵入すれどこすらず)
 要するにいかがわしいビデオで表現されている性行為は女性の視点から見て暴力的なもので、夫婦関係を破たんさせてしまうものなのです。詳しくはこれまで何回も紹介して来たルドルフ・フォン・アーバン氏の「愛のヨガ」(野草社)をご覧ください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
7割が「原因はパートナー」 夫が理解してない妻の性交痛
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2