アーカイブ: 中東新超国家

[フルフォード氏]イスラム国の日本人拉致事件、オスマントルコ帝国の復活、ギリシャで誕生した新政権

 経済崩壊についてですが、“1月末に米政府は…不渡りが発生して、2月末までにもう一回、お金を見つけるチャンス与えられ”ているということで、2月末が1つのポイントのようです。フルフォード氏の最新メルマガによると、ギリシャ新政権による債権放棄問題を抱えているEUも問題解決の締め切り期日が、アメリカ政府と同じ2月末のようです。この件に関して原田武夫氏も「まぁ、2月28日、ですな。。。」と指摘していますし、あと、板垣英憲氏の有料ブログでも、状況は変わってきているようですが、「2015年2月28日」に経済崩壊の計画があったことに触れられていました。
 “オスマントルコ帝国復活が今起きてる最中”とありますが、これは“アメリカの良心派とロシアが団結して、新しい平和的な中近東を生み出す”動きのようで、中近東の王族やイスラエルがターゲットにされているようです。その流れは、テロという形で安倍政権を支持する日本にも波及してくるのかもしれませんね。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国家非常事態対策委員会 2015 0205(要約版)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]我々は中東において新超国家を立ち上げようとしている 〜白龍会のメッセンジャーとして、ここで力強い声明〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏の渾身のレポート。なるほど現在起こっていることが、実によくわかります。これほどの情報が出せるのは、フルフォード氏以外にはいないでしょう。
 この中で特に重要なのは、文末の“我々は中東において新超国家を立ち上げようとしている…を再構築させようと思っている”の部分です。
 フルフォード氏は白龍会のメッセンジャーとして、ここで力強い声明を発しています。もはや彼らが未来の繁栄の主導権を確たるものにしたという自信が、この声明に現れています。今回のレポートを見る限り、世界は新しい時代に入ったと言って良いと思います。
 今後、滅びゆく連中の死にもの狂いの抵抗として、核テロに対する警戒を怠らなければ、確実に良い未来が待っていると言えそうです。この後は経済問題となります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォードレポート英語版(1/13)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
国家非常事態対策委員会 2015 0205"
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。