アーカイブ: 北朝鮮

[竹下雅敏氏]皇道立教会・緑龍会(八咫烏直属の結社)・北朝鮮王家との繋がりを示す系図

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回、貴嶺会関係組織図の皇道会総裁の久邇宮朝彦に注目しましたが、今回は、その後継の組織である皇道立教会を加えてみます。
 皇道立教会の総裁・伏見宮貞愛と久邇宮朝彦は兄弟です。下の系図をご覧になるとわかりますが、伏見宮貞愛は有栖川宮を介して上田家と繋がります。系図を見ると、半島の王家の人脈とがっちり結びついているのがわかると思います。
 系図を見て、この上田音吉という人物は一体何者なのかと思うのが自然ではないでしょうか。私の考えでは、上田音吉は八咫烏直属の秘密結社・緑龍会の総裁です。カール・ハウスホーファーは、日本のドイツ大使館付武官として勤務した際に、緑龍会に入会したと言われています。孫の笹川良一は、ヒトラーとムッソリーニに会っていますが、これは通常考えられないことです。しかし、ヒトラーの師であったカール・ハウスホーファーが緑龍会のメンバーで、総裁の孫が笹川良一であれば、これは可能だったと考えられます。
緑龍会の総裁は、その後笹川良一から現在の笹川陽平へと移っていると考えています。そうでなければ、笹川が、“私的な賭博運営を政府から許可された唯一の人物”なのが不可解です。また、笹川財団の下部組織の日本財団がジャパン・ハンドラーとの会合の場を設定している理由がわかりません。海底掘削船「ちきゅう号」の不可解な動きも考慮すると、上記の推論にかなりの信憑性が出て来るのではないかと思います。
 もっとも私の中では推理ではなく、直観的事実です。この辺りのことは、レイノルズ一家にも書いていますので、参考にしてください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
貴嶺会関係組織図
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
――――――――――――――――――――――――
皇道立教会総裁・伏見宮貞愛の系図
――――――――――――――――――――――――
伏見宮邦家・有栖川宮幟仁・上田音吉〜金正恩の系図

[竹下雅敏氏]貴嶺会の関係者が、深く半島人脈と繋がっていることがわかる系図 〜北朝鮮に拉致された横田めぐみさんと金正日との間に生まれたのが金正恩〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 貴嶺会関係組織図を見ると、天忠党の後、皇道会が出来ます。総裁は久邇宮朝彦となっています。
 2014年9月4日に取り上げた記事で、久邇宮朝彦の孫の方子(まさこ)が旧大韓帝国の元皇太子の李垠(りぎん)に嫁ぎ、その李方子の娘が横田早紀江さんであるという説を紹介しました。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんと金正日との間に生まれたのが金正恩だと噂されていますが、多くの情報源が同一のことを言っており、これらの情報は正しいと考えられます。
 これらの情報を元に、写真付きの系図と、以前取り上げた上田家系図から簡単な系図を作りました。これを見ると、貴嶺会の関係者が、深く半島人脈と繋がっているのがわかると思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
貴嶺会関係組織図
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
久邇宮朝彦親王〜金正恩

» 続きはこちらから

[Sputnik]米国のミサイル防衛システムの脅威下に置かれた朝鮮半島 〜日米と北朝鮮はチームになって動いている 日本が創った北朝鮮〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 北朝鮮が騒ぎ出したので、米国と韓国は迎撃ミサイルシステムを韓国へ配備するつもりのようです。これは北朝鮮を口実にして、実際には中国、ロシアに対する威嚇であるということは、以前から言われていたことです。
 問題なのは、北朝鮮が実にうまいタイミングで韓国、米国を挑発していることです。こうしたタイミングを考えると、日米と北朝鮮はチームになって動いているということがよくわかると思います。
 以前紹介した系図を見ると、北朝鮮は日本が創った国だということがよくわかると思います。今でも、ミサイル技術、核技術は、水面下で日本から提供されていると考えるのが自然です。フルフォード氏は、北朝鮮の水爆実験などに対して、日本がこうした技術を持っていることを世界に知らしめていると書いていましたが、これはその通りではないかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国のミサイル防衛システムの脅威下に置かれた朝鮮半島
転載元より抜粋)
362746

韓国と米国は、米陸軍が開発した弾道弾迎撃ミサイル・システム、THAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)配備問題の公式討議に入った。

両国の主張によれば、韓国へのそうしたシステムの配備は、朝鮮半島での非常時に巡航ミサイル迎撃のためのものだという事だが、このプランは、朝鮮民主主義人民共和国のみならず中国の反発を招いた。ロシア、日本そして韓国の一連の社会団体も、懸念を表明している。こうした不安について、スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は、コリア問題の専門家、コンスタンチン・アスモロフ氏に話を聞いた -

米国の対ミサイル防衛システムが、朝鮮民主主義人民共和国ではなく、中国に向けられたものである事は疑いない。北朝鮮の脅威は、米国にとって都合の良い世界戦略のために、システム配備の口実として利用されているに過ぎない。中国は、こうしたプランを、受け入れがたいものとみなしている。少し前に、中国政府は、南北朝鮮の大使を同時に呼んで「叱責」した。北朝鮮に対しては、ミサイル打上げを批判し、南に対しては、THAADミサイルの配備計画を非難した。こうした計画は、北朝鮮の最近の危険な行動に対するものではなく、かなり以前から存在している。

韓国に対ミサイル防衛システムを配備する事に関する情報は、当然ながら公式レベルでは否定されているにもかかわらず、全ての原則的問題は、すでに解決済みとの意見もある。

ついでに言えば、韓国では、こうした対ミサイル防衛システム配備問題について、意見が分かれている。右派勢力は、そうしたシステムの配備は、国の安全にとって必要不可欠だと捉え、中国の反発など意に介していない。一方左派野党勢力は、他の見解を堅持しているが、主張できないでいる。」

このように指摘したアスモロフ氏は、さらに次のように続けた -

「米国の対ミサイル防衛システム配備に公然と反対する事は、一方では自分達は親北朝鮮派だとの疑いを招くことになる。野党勢力の多くは、米国のシステム配備は、韓国を攻撃の危険にさらすものだと捉えている。おまけに北朝鮮の側からというよりむしろ、ロシアや中国から攻撃を受ける可能性があると危惧している。なぜならそうしたシステムは、まず何よりもロシアや中国に向けられたものだからだ。

しかし対ミサイル防衛システムは、韓国を守る事が果たしてできるのだろうか? 現代のパワーバランスは今日、戦争は、双方にとって受け入れがたい損失をもたらすとの了解の上に築かれている。仮にどこかの国が、敵国にミサイルを発射し、住民の避難が間に合わなかった場合でも、報復攻撃は間に合うという場合がある。その結果、報復攻撃の恐怖の中、あらゆる抑止システムは、その恐怖のもとに置かれるだろう。対ミサイル防衛は、反撃から逃れるなどという幻想を作りだすだけだ。」

韓国社会では、多くの人々が、北朝鮮が自滅的な戦争開始を決めるなどとは信じていない。しかし、韓国政府の政策は、現在保守派や「タカ派」が決定している。韓国の朴 槿恵(パククネ)大統領は、かつて保守穏健派に属していたが、右派の圧力を抑える事が出来なかった。なぜなら韓国の左派がすぐさま、彼女が単に、かつての独裁者朴正煕(パクチョンヒ)大統領の娘だからという理由で、彼女への支持を原則的に拒否したからだ。その結果、朴槿恵大統領は『タカ派』の影響下に置かれる事となってしまった。

朝鮮半島における今日の尖鋭化した状況の中で、韓国は、大変強硬な立場を取った。北とのいかなる対話も拒否している。その結果、言ってみれば互いが「悪魔化」してしまった。この事は、南北間の紛争が起こり得る可能性を高めている。

[ANN news ほか]北朝鮮が“ミサイル”を発射した模様 韓国国防省 / 安倍総理「断じて容認できない」 各国と連携し対応 〜北朝鮮のミサイルは安倍政権の援護射撃〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 陰謀論の世界では、日本と北朝鮮は裏で繋がっているというのは常識ですが、ツイートに指摘された内容を見ると、繋がっているのは事実だとわかります。
 北朝鮮がミサイルを発射したタイミングは完璧で、いずれも安倍政権の援護射撃だとしか思えないものです。一発ミサイルを打ち上げることで、日本からいくらお金が支払われるのでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
北朝鮮が“ミサイル”を発射した模様 韓国国防省
転載元)

――――――――――――――――――――――――
安倍総理「断じて容認できない」 各国と連携し対応(16/02/07)
転載元)

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[sputnik 他]北朝鮮 水爆実験に成功 / 気象庁 過去の地下核実験と類似の波形観測 〜気象庁は人工地震と自然地震の違いを波形から読み取る能力がある〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアや中国の報道の場合、アイキャッチ画像は本文と関係が無いことがよくあるので気をつけないといけません。ですが、今回のこの気象庁の写真は、左上の日時を見ると2016年1月6日12時30分になっているので、今回の北朝鮮の水爆実験に対する気象庁の解説のものだと思います。
 北朝鮮は、6日午前10時29分頃水爆実験を行ったようです。北朝鮮の発表は、そのまま受け取って良いのではないでしょうか。
 特に写真とNHKの記事を見て思ったのは、“なんだ、気象庁は人工地震と自然地震の違いを波形から読み取る能力があるじゃないか”ということでした。ということは、日本の地震も本当はよ〜く知っているわけですね。
 ご丁寧に波形まで示して解説したわけですから、今回の水爆実験は、アベノミクスが死に体となって株価が暴落している現状から、おそらく北朝鮮にお願いをしてやってもらったんでしょうね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
北朝鮮 水爆実験に成功
転載元より抜粋)
クリックで拡大

クリックで拡大


北朝鮮は、水爆実験に成功したと発表した。朝鮮中央テレビが発表した。

朝鮮中央通信は、「初の水爆実験に成功した」と発表した。また朝鮮中央テレビは、水爆の保有は北朝鮮にとって「歴史的な出来事」だと報じた。なお、北朝鮮側の声明は、韓国のテレビ局でも放送された。

北朝鮮が核実験をしたのは今回で4回目。北朝鮮は、2005年に自ら核保有国であることを発表した。国連安保理は、北朝鮮が2006年、2009年、2013年に核実験を実施したことを受け、対北朝鮮制裁を導入した。

韓国は、モスクワ時間で6日午前6時、国家安全保障会議を緊急招集した。

先にマスコミは、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場付近で揺れが観測されたと報じた。震源の深さは1キロ未満、すなわち、ほぼ地球表面だった。

韓国の気象当局は揺れについて、「人工的な性質」を有していると発表した。揺れの強さはマグニチュード4.2だったという。なお、マグニチュード5強だったという情報もある。

――――――――――――――――――――――――
気象庁 過去の地下核実験と類似の波形観測
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。