アーカイブ: (偽の)銀河連邦

[櫻井ジャーナル]「死神」バイデン米副大統領、今回のキエフ入りは戦争再開の予告 〜 偽の銀河連邦に繋がる12名とサークル・オブ・12の降伏

竹下雅敏氏からの情報です。
 ウクライナ危機の現状を、わかりやすくまとめてくれています。“ウクライナにとってバイデンは死に神”ということ、“つまり戦争を再開するという宣言だ”ということです。オバマ政権はブッシュ・ナチ陣営の圧力に抗しきれないようです。このままではいずれ開戦になると思われます。
 ただ20日の記事のコメントで、この3日が重要だと指摘しましたが、「(偽の)銀河連邦」にこれまで霊導されてきた中枢の12名全員が、現在ナサニエル陣営に従うことになりました。フランシスコ法王の説得がうまくいったようです。このグループの中心は裏天皇で、2つの派閥に分かれており、裏天皇側の派閥は、以前にお伝えしたように、すでにナサニエル陣営に従っていました。もう一方の派閥が今回従うようになったわけです。
日本時間の明日の正午までには、現在説得中のロックフェラー・オバマ陣営の中枢サークル・オブ・12のメンバー全員がナサニエル陣営に従うようになるとみています。これが確定した時点で大勢は決したと言えるでしょう。
ウクライナでの戦争が無くなるというのではありません。ブッシュ・ナチ陣営は、徹底抗戦を諦めていないからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バイデンがキエフ入りした直後にオデッサで虐殺があったが、今回のキエフ訪問は戦争再開の予告
転載元より抜粋)
 ジョー・バイデン米副大統領がキエフへ乗り込み、11月21日にはロシアのウクライナ情勢への対応を「受け入れがたい」と批判、9月の停戦合意を守るべきだと発言したようだ。バイデンの後、キエフへは武器が空輸されると見られている。つまり戦争を再開するという宣言だ。

 副大統領の尻を叩くためなのか、バイデンの息子はウクライナ最大の天然ガス会社ブリスマの重役になっている。地下に資源が眠る東/南部から住民を排除しなければカネにならない立場だ。

 アメリカ/NATOがウクライナ制圧を狙う理由はエネルギー源の支配以外にもある。ズビグネフ・ブレジンスキーの戦略では、ポーランドからウクライナを押さえてロシアを占領することになっている。「唯一の超大国」アメリカの世界支配だ。

 そのため、2004年から05年にかけて実行されたのが「オレンジ革命」。この革命は投機家のジョージ・ソロスが黒幕として暗躍、ボリス・エリツィン時代のロシアで不公正な手段を使って巨万の富を築いたボリス・ベレゾフスキーもスポンサーのひとりだった。

 ところが、その実態が明らかになると人心は離反し、クーデターが計画される。その中心にいたのがビクトリア・ヌランド国務次官補。ネオコンの大物、ロバート・ケーガンと結婚した女性だ。

 そして今年2月にクーデターを成功させる。その際、最前線で戦っていたのがネオ・ナチのグループ。その背後にはアメリカ/NATOが存在していた。当然、憲法の規定は無視しての出現だ。

 西側に支持されたその政権は爆撃で住宅を破壊、住民を虐殺するために白リン弾やクラスター爆弾を使っている。それがアメリカ/NATOが後ろ盾になっているキエフ政権の実態であり、アメリカに従属している日本では政府やマスコミだけでなく、「リベラル派」や「革新勢力」も虐殺を見て見ぬ振り。

 民族浄化のために侵攻してきた部隊を住民が支持するはずはなく、正規軍の兵士も士気があがらない。虐殺の主力はアメリカ/NATOの訓練を受けてきたネオ・ナチだったが、壊滅的な敗北を喫し、キエフ政権は停戦を受け入れた。

 そこで、停戦合意の直後からキエフ側は新たな軍事作戦を準備する時間稼ぎのために停戦したにすぎず、「和平プロセス」を尊重する意思がないと指摘されていた。しかも現場のネオ・ナチ部隊は停戦合意を意思はなく、攻撃を続けている。当然、アメリカ/NATOは態勢の立て直しを図り、武器を供給して次の戦闘へ準備を始める。

 ウクライナにとってバイデンは死に神。前回、バイデンがキエフに乗り込んだのは4月22日だが、それから間もなくしてオデッサの虐殺があった。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]オバマ政権の司令塔 サークル・オブ・12  〜政権運営の難しさ、オバマが救世主と言われる理由〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 一昨日の記事で、世界シオニスト機構の実働部隊がブッシュ・ナチ陣営とロックフェラー・オバマ陣営に分かれること、そして最高位のオールドブラック・ヨーロピアン・ノビリティのメンバーとブッシュ・ナチ陣営の中枢であるデンバー・サークル・オブ・12のメンバーを示しました。
 今日はロックフェラー・オバマ陣営の中枢であるサークル・オブ・12のメンバーを示します。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【竹下氏による解説】 

 基本的には、ブッシュのカバラ犯罪一家(ブッシュ・ナチ陣営)は、共和党、国際シオニスト犯罪シンジケート(ロックフェラー・オバマ陣営)は民主党と関わります。NWO(新世界秩序)は米国を中心として世界を統一し、支配エリートによる独裁支配を完成させる目論見です。現在はオバマ政権なので、主にロックフェラー・オバマ陣営が関わっているということになります。
 中枢にあるサークル・オブ・12の指令を受けてオバマ政権は動いているわけで、基本的には彼らを通してより上位にあるオールドブラック・ヨーロピアン・ノビリティに仕えているということになります。そのサークル・オブ・12のメンバーを以下に示します。

12名のリスト(サークル・オブ・12)

 青字の名前の人物はハム派、赤字の名前の人物はイエス派で、それぞれの派閥に属する銀河連邦の者(宇宙人)による霊導を受けていました。彼らの指示でオバマ政権は動いているわけですが、次にオバマ政権の大統領顧問団のそれぞれの人物がどちらの派閥に属しているかを示したのが、次のものです。
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造2 〜聖白色同胞団の12名の覚者と銀河連邦・光の銀河連邦の評議員との関係

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイトレーヤの周りに居た12名の覚者たちのすべてが、実はレプティリアン(爬虫類人)であったということをお伝えしました。実はマイトレーヤを中心とする聖白色同胞団の下部組織の「銀河連邦」および「光の銀河連邦」のそれぞれの12名の評議員たちは、このレプティリアンの覚者たちの弟子であったのです。
今回はその詳細についてです。
(竹下雅敏)
1番目の図に誤りがありました (2015/11/03)
「聖白色同胞団」の進化段階は、3.0以上 5.0未満 ではなく 5.0以上8.0未満 です。
————————————————————————

 以前の記事で、聖白色同胞団と「銀河連邦」および「光の銀河連邦」との関連を示す次の図を掲載しました。この図で、それぞれの集団の最高意思決定機関のアンドロメダ評議会とプレアデス評議会の各12名の者たちを示しました。実際には本名ではなく、これらの名を使ってチャネリング情報を送っていた者たちということになります。

10-structure-r2
10月8日の記事アンドロメダ評議会の各惑星とそこに住む評議会委員の名称を記しました。それを各惑星の次元の高さの順に並べ替えたものが次のものです。

15-andromeda-planets-dimensions
» 続きはこちらから

[インマヌエルTV]独占映像:SCOAN教会施設の倒壊の瞬間と、その原因とみられる不審な飛行機を捉えた防犯カメラ動画

翻訳チーム(情報提供は、竹下雅敏氏)からの情報です。
 フルフォード氏がメルマガで、“アフリカの上空で「新型兵器」が使われている証拠映像…得体の知れない飛行物体が数回にわたって建物の上を大きく旋回した後、そのビルが突如として崩壊する様子が映し出されている”として紹介していた動画とリンク先の解説です。
 竹下氏によるとこの飛行物体は、「恐らく(偽の)銀河連邦の協力者の宇宙船。破壊されたビルは光の銀河連邦の協力者の関連施設の可能性が大。2つの闇のグループの残党は今では、激しく滅ぼし合っている」とのことです。
 “続きはここから”以降を読むと、破壊されたビルはキリスト教系の新興宗教団体の建物のようで、その教祖は“東日本大震災、ボストンマラソン爆弾テロ事件等の預言で知られ、マレーシア航空370便墜落の預言もしていたとの噂がある”そうです。これらの事件は光の銀河連邦の実働下部組織に相当するネオコンが関わっていることがこれまで明らかにされてきましたが、“光の銀河連邦の協力者”である可能性が高いこの教祖が、これらの事件を「預言」したことにはうなずけます。もしかしたら、あらかじめ知っていたのかもしれません。信者獲得には、絶大な効果があったことだと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
独占映像:SCOAN教会施設の倒壊の瞬間と、その原因とみられる不審な飛行機を捉えた防犯カメラ動画
転載元)
 

2014/09/14
Ihechukwu Njoku により、2014年9月14日YouTube公開
(配信元はインマヌエルTV)
 

字幕: 
2014年9月12日の防犯カメラ映像です。
不審な飛行機がシナゴーグ・チャーチ・オブ・オール・ネーションズ(SCOAN)のビルの上を、事件発生時の前後に何度も低空飛行しています。その後、この不審な飛行機は戻って来ませんでした。

スクリーンショット 2014-09-25 15.04.35 

2014年9月12日です。画面左上にご注目ください。

不審な飛行機が1機、SCOANの教会施設ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時30分です。

13分後、この不審な飛行機はビルの上を低空飛行します。事件発生前の11時43分です。

2分後には再び飛行機が戻り、ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時45分です。

9分後、不審な飛行機はまた戻り、ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時54分です。

タイトルなし 

これが倒壊の瞬間です。事件の後、この不審な飛行機は戻って来ませんでした。
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造 〜ハイアラーキーと関連組織について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、闇の集団の全体の構造を大雑把に描いたのですが、今回はさらにその詳細を解説したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【ハイアラーキーと関連組織について】

 天界の混乱の大元に、ハイアラーキーと称する組織があることを説明しました。この組織は上位と下位の2つに分かれ、それぞれ白色同胞団・聖白色同胞団と呼ばれて来たことを説明しました。
 それぞれシリウスを中心とする組織ですが、我々地球上のハイアラーキーはこの組織の末端です。それを神智学では、太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーと呼んでいます。これらのことを考慮に入れてさらに詳しく説明したものが、次の図になります。


 この図が闇の集団の統治構造となります。全てが4次元未満の存在次元です。私たち地球に直接関係しているのは、図の太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーです。それぞれの主は、サナカとサナト・クマラです。

サナト・クマラ(幽体)

サナト・クマラ(幽体)


 このイラストは、2009年10月26日の天界の改革の最中に現れたサナト・クマラのヴィジョンです。せれなさんのブログ“光の海から”で詳しい内容を見ることが出来ます。
 私も妻もサナト・クマラの姿を見ているのですが、このイラストとはかなり雰囲気が異なります。顔はもう少し丸顔で幼い16歳の風情です。髪は中央から分けたストレートでこの絵位の長さです。なぜ異なるのか、当時はわからなかったのですが、今見ると、私達が見たのはサナト・クマラの霊体で、このせれなさんのヴィジョンでは幽体が描かれているためだと解りました。
 神智学では、キリストは2人居ます。ブラヴァッキー夫人の主著「シークレット・ドクトリン」の第1巻スタンザⅢ−7の原注には、
 「秘教においては、二人のアヴァローキテーシュヴァラがいる。つまり第一ロゴスと第二ロゴスである。」
とあります。これが表のミトラとマイトレーヤです。2人のキリストには、それぞれ、アーディティア神軍と12名の覚者が従っています。

マイトレーヤ(幽体)

マイトレーヤ(幽体)


» 続きはこちらから