アーカイブ: (偽の)銀河連邦

[竹下雅敏氏]ハットン司令官が宇宙から排除された理由 〜ふざけた内容の通信文を送れば、波動が闇に落ちるのは当たり前 命令した者の罪が大変重いというのも明らか〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 通信文の銀河連合ですが、時事ブログでは「(偽の)銀河連邦」と呼んでいたものです。銀河連合ハットン司令官ですが、昨日11日21時に処刑されました。もう一度ゼロからやり直さなければならなくなりました。彼が宇宙から排除された理由ですが、まずこの通信文が偽りのものであることが挙げられます。タイトルはブルー・エイヴィアンからのメッセージとなっていますが、事実ではありません。この通信文を送った者は、命令されてこうした偽の通信文を送ったため処刑はされていませんが、現在波動が闇に落ちており、危機的な状況になっています。具体的には、この者の幽体は下位のシステムに転落してしまっています。これまでの経験で、こうした状況に陥った者は、そのほとんどが最終的に消滅しています。
 また、文中の創造主ですが、この者は人間です。通常創造主という言葉は宇宙の創造主であって、神であることを前提にしていると思います。ところが、この通信文における創造主は人間の女性で、おそらくミトコンドリア・イブのひとりと目される人物です。すでに魂が滅ぼされており、再生もありません。
 創造主という言葉の使い方がこれほど歪んでいるのは理解に苦しみます。こうした使い方が許されるなら、ほとんどの人は子供も作るし、料理も作るでしょうから、創造主と言って良いのではないでしょうか。
 これほどふざけた内容の通信文を送れば、波動が闇に落ちるのは当たり前です。また命令した者の罪が大変重いというのも明らかです。このハットンという人物は、以前から非常に邪気が多く、波動も重く、信用できない人物でしたが、これまでの罪も同時に問われた形になりました。
 このように、今では権力の上層部に居た連中でさえも次々に排除され、宇宙から消滅しているという状況です。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
銀河連合ハットン司令官の了承の下での、地球への介入を進めているブルー・エイヴィアンからのメッセージ 2016年3月9日
転載元)
レプティリアンの地球からの退去後、銀河連合の太陽系防衛網の隙間を通ってドラコが地球を侵略し、ロスチャイルド以下のいわゆるカバールの支配を通じて地 球を支配するようになりました。巨大惑星の接近が起きることを知っていた創造主は、ドラコに地球から退去するように要請しましたがドラコは聞き入れません でした。そこで創造主はドラコに退去命令を発しましたがそれをも聞き入れなかったので、創造主はドラコの一部のものをブラックホールに投入して非物質化し ました。さすがのドラコも創造主に従うべき決断をし、銀河連合と退去契約を取り交わしました。それが2月26日でそれから一週間後の3月4日には、3次元 のマトリックスが取り払われました。さらに創造主が前倒しを希望していた、3次元と5次元の世界の間の物質的な分離を3月13日に行うべきことがこの退去 契約の中に盛り込まれていました。したがって日曜日3月13日には、二つの世界の間の物質的な分離が確実に行われることになっています。この物質的な分離 は、ハットン司令官が艦長をしている巨大宇宙母船に搭載されている装置を用いて行われるとのことです。

[竹下雅敏氏](偽の)銀河連邦のアンドロメダ人からの通信文 〜2015年12月21〜26日に肉体レベルで“光の爆発”を経験することに〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この情報は闇からのものではありません。今年の12月21日から26日の間のどこかで、“光の爆発を経験するでしょう”とあります。これは肉体レベルで感じられることなので、多くの人はこの時期に変化を感じることになると思います。
 昨日のコブラ情報でも、銀河の中心からビッグウエーブが来ているとのことでした。記事では、浄化のプロセスを速やかに行うために簡単な瞑想の方法が記されていますが、ガヤトリー・マントラ愛のマントラで十分です。
 私がこの記事を取り上げたのは、この通信文を送って来たアンドロメダ人は、アレックス・コリアー氏やトーレック氏、そしてコブラが繋がっている(偽の)銀河連邦の者だからです。善良な宇宙人で、ここにある通信文は偽りのないものだと思います。しかし彼らは、天界の改革の有様や、その結果彼らが仕えていたアセンディッド・マスターたちが処刑され滅ぼされていることを未だに知りません。おそらく12月20日より前の日時で、彼らはこのことを知るようになるでしょう。銀河中心のビッグウエーブは、彼らにも真実の光となって、事の真相を知らせることになるからです。相当多くの宇宙人が大混乱に陥ると思われます。彼ら自身が、“あなた方は恐れなしに反応しながら…自分の中で混沌を経験できるでしょうか?”ということを問われます。何%の宇宙人が生き残れるのか、定かではありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ア ンドロメダ・・・2015年11月27日 自分の中からの光の爆発
転載元より抜粋)
http://www.omna.org/Latest_Free_Weekly_Message.html

光 の周波数が空気と大気を満たし、複数の次元、形、物質、そして他の光の振動さえをも通じて浸透してきています。光の爆発が大気を通じて移動してきており、 あなた方という存在への浸透を待っていますが、それは、地球上の人間の核心と、人間中のいつも変わらない創造エネルギーである人間の本質との合体以外の目的ではありません。

個人毎に種々のレベルで経験されるこの現象はあなた方に混沌を引き起こすかもしれません。過去においては光の誕生は混沌を通じてでしたが、あなた方は 再び目覚めを引き起こし、光の爆発を起こさせる経験の中に突入しようとしているのです。

あなた方は恐れなしに反応しながら、あるいは愛の応答をしながら自分の中で混沌を経 験できるでしょうか?これがあなた方に要求されていることです。あなた方は、とらわれずに混沌を経験し、ないし認識しながら、自分の中にいつも愛があり、 自分の中の他のどんなエネルギーよりも強いことを永遠に認識しながら、自分の中にあらゆる形の混沌を受け入れられますか?混沌を気付きと愛で受け止めようとするのな ら、あなた方は自分の中で光の爆発を受け入れ、点火することでしょう。創造主の至高の愛であり、あなた方の中で創造主の至高の愛を強化する光があなた方と 言う存在の中で爆発し、全ての細胞を光で満たし、バランス、ヒーリング、さらに創造主意識と創造主との共振を創り出すでしょう。

こ の光の爆発をもたらすエネルギーの波は至高の愛からなり、あなた方の中で目覚めるのは愛であり、最大の経験はエゴの邪魔を乗り越えて純粋な自己愛に目覚め ることです。

光 の爆発があなた方と言う存在に近づいてくるにつれて、その鏡効果が強くなり、あなた方が認めたくないかも知れない内側からのますます多くのエネルギーが立 ち上がってくるでしょう。多くの人の内側に起きてくる最大の感情は、希望の経験や結果が思った通りには具体化しないというフラストレーション、自分の現実 に対するフラストレーションでしょう。

こ の光の波があなた方の意識に近づけば近づくほど、より深い浄化プロセスが起きるでしょうが、今は、あなた方の中での聖なることの実現に集中する時です。私 たち、アンドロメダの者はあなた方にこの穏やかではあるけれども、創造主から、あなた方という存在の核心を通じて流れてくる強い光の爆発を視覚化し、感 じ、あるいは認識するようお招きします。

あ なた方のハートチャクラ、全てのチャクラと細胞のような、あなた方の中から広く深く放射される光のビーコンを形成しながら蓄積される光を感じ、認めるとイ メージしてください。この光のビーコンが非常に強力で、創造主とアンドロメダの光で満たされ自己愛で増幅されて脈打っているとしばしばイメージしてくださ い。自己愛か、単に自己愛を開花させることに集中してください。

自 分という存在の中での光の増幅、自己愛への目覚めと混沌の解消と共に、自分という存在の中の光と自己愛への完全な目覚めの経験に対する備えができる時が来 るでしょう。この目覚めはスイッチが入るようなもので、それはあなた方が大きく認識し、楽しめる光の爆発でしょう。

あなた方と世界の現実を愛というより広い観点から見る準備をしておいてください。

多 くの人達は2015年12月21日~12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を経験するでしょう。この期間に光の爆発を経験する者は他者の 支援を必要とし、同時に、集合の活性化または支援をすることが必要になります。人間の集合意識からの増幅を必要としない者たちはこの期間の前後のタイミン グである天のタイミングにおいて自分たちの光の爆発を経験するでしょう。

私たちはあなた方と共にいる光と愛です。
アンドロメダ人より。

[ラジオイラン]イラン国会議長、「シオニストは日々、弱体化」 〜第三次大戦への誘導の霊的中心と八咫烏〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 一連の記事を見ても、明らかにシオニストの力が弱まっていることがわかります。
 第三次大戦への誘導は、人為的なものだけではなく、霊的な働きかけ(霊導)が大きいのですが、大本の霊導は天界の改革によってすでになくなっています。しかし、これまで特殊なルートを通じて霊導が続けられて来たのですが、それも少しずつ潰され、どうやら完全に無くなったようです。
 昨日取り上げた記事のコメントで、“関係者はいずれ、神々からの裁きを受けることになるだろう”と記しましたが、この裁きが実行され、本日午前零時に、これまで八咫烏を守護し霊導して来た吉備真備、安倍晴明らが処刑され、完全に消滅しました。
 下賀茂神社に代表される祭神の入れ替えや、宮司家の血筋の入れ替え、日ユ同祖論、日本とイスラエルの同盟関係、第三次大戦への誘導などの責任を問われた形になりました。吉備真備は秦氏を擁護した応神天皇(ホツマの神)に仕え、これまで天界で高い地位に就いて来たのです。こうした陰謀の地上での実働部隊と言えるのが、秦ファミリーであり、その中心に八咫烏が居たということになります。
 これまで日月神事などの予言は、裏天皇と関わる「(偽の)銀河連邦」によるものだと説明しましたが、吉備真備らは本物の銀河連邦・プレアデス評議会に属していながら、「(偽の)銀河連邦」と協調関係にあり、陰謀に深く関わっていたわけです。要するに、第三次大戦への誘導の霊的中心は、日本だったのです。
 私がこれまで八咫烏関係の記事を書き続けた理由がここにあります。これまで銀河連邦・プレアデス評議会に属していた彼らや、その霊導を受けていた八咫烏を何とか正しい歴史認識に導き、彼らが実行しようとしている邪悪な計画を捨てるように説得する試みは、結局のところうまく行きませんでした。 
 最終的に彼らは消滅し、これまで霊導を受けていた吉備太秦を筆頭とする縄文八咫烏も、銀河連邦・プレアデス評議会から排除されました。彼らは現在全ての霊能力を封じられています。これ以上悪に加担するならば、さらなる処分をされるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
アメリカで、大規模な反イスラエルデモ
転載元)
fa35fa32b7ee18aa2721c56e18c3e2c0_XLアメリカの抗議者が、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相を戦争犯罪者と呼びました。

プレスTVによりますと、アメリカのユダヤ教徒やキリスト教徒は、3日火曜、ニューヨークやワシントンの街頭でデモを行い、ネタニヤフ首相のアメリカ訪問に抗議しました。

このデモの参加者は、「ネタニヤフは戦争犯罪者」などと書かれたプラカードを掲げ、「アメリカはイスラエルへの支援を停止すべきだ」と語りました。

さらに、「無期限の戦争を求めているのでなければ、ネタニヤフ首相の発言に耳を傾けるべきではない」としました。
デモに参加した人々は、「イランとの和平」を求めるプラカードなどを掲げ、ネタニヤフ首相の横暴な態度を非難しました。
ニューヨークのデモ参加者は、イスラエル領事館の前で集会を開きました。
この集会は、ネタニヤフ首相が議会で演説を行っている際に開かれました。
彼らは、「ネタニヤフ首相は、イスラエルにとって最大の脅威だ」としました。

ワシントンでも、ユダヤ教徒が同様のデモを行い、参加者らは、「ネタニヤフは、ユダヤ教徒やユダヤ人の代表ではない」としました。

このデモに参加した反戦団体の代表者も、国際社会に対し、イスラエルの犯罪を調査するよう求めました。
また、アメリカのイスラエルへの支援の停止を求めました。

――――――――――――――――――――――――
アメリカ政府高官、「ネタニヤフ首相の発言は口先だけのもの」
転載元より抜粋)
f15a65b4362cb3d9b5e6a9e741b1127f_XLアメリカ政府高官が、アメリカ議会でのシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相の演説の後、「ネタニヤフ首相の演説は、全て口先だけのものだった」と語りました。

ネタニヤフ首相は、3日火曜、アメリカ議会で、イランとイランの核活動に反対する演説を行いました。

この演説は目新しい点には触れておらず、これまでの主張が繰り返されました。
ネタニヤフ首相は、これまでの主張を繰り返し、イランはイスラエルだけでなく、全世界にとって脅威だとし、「イランはイスラエルを消滅させようとしている」と語りました。

ネタニヤフ首相は、これまでと同じようにイランとの核協議を攻撃し、「イランは核兵器の獲得を追求している」と主張し、世界の大国に対し、イランの核活動を阻止するよう求めました。

アメリカ政府高官は、この演説の後、CNNに対し、「ネタニヤフ首相の演説は全て口先だけの内容のないものだった」と語りました。

また別の高官も、3日、ロイター通信に対し、「ネタニヤフ首相はアメリカ議会での演説で、現在、進められているイランの核協議の代替案を提示することができなかった」と述べました。

この高官は匿名で、これについて、「イランが完全に要求をのむことを望めない。いかなる国も、このような立場について我々を支持することはないだろう」と語りました。

――――――――――――――――――――――――
イラン国会議長、「シオニストは日々、弱体化」
転載元)
de3675076b38b42fddb70c5f693002e6_XLイランのラーリージャーニー国会議長が、アメリカ議会でのシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相の演説は、この政権が日々、力を失っていることを示すものだとしました。

イルナー通信によりますと、ラーリージャーニー議長は、4日水曜、国会でスピーチを行い、ネタニヤフ首相のアメリカ訪問、議会やAIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会)での演説に触れ、これらは全て、議会で政治的な見世物として行われているもので、世界の管理を謳う大国の議会が、空虚な政権に雇われていることを示すものだとしました。

ラーリージャーニー議長は、「この30年、シオニスト政権の力は日々、弱まっている」としました。
さらに、イランの核兵器獲得に関するネタニヤフ首相の主張についても、「この主張の一方で、シオニスト政権は数百個の核弾頭を有している」と語りました。

また、イランへの軍事攻撃に関するネタニヤフ首相の発言について、「このような行動は、イランの治安部隊の全面的な手痛い対応に遭うだろう」と述べました。

[日本や世界や宇宙の動向]ロシアからの警告 〜「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」の弟子達への警告〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアの政府機関MSCの情報ということです。内容は、とても政府機関が出したものとは思えないものですが、かなり正確なように思います。これらの中で気になる部分を、少し補足して解説したいと思います。
 文中のエリザベス1世のお抱え占星術師ジョン・ディーが交信していた悪魔は、ブラック・ロッジの住人で火星人でした。神智学では、当時イングランドが世界覇権を握ったため、ハイアラーキーがこれに対処したと言われています。したがってジョン・ディーがブラック・ロッジと繋がっていたのは自然なことです。
 文中の“2009年に地球を脅かす危険な堕天使や悪魔がビマナに乗り地球に再びやって来た”とあるのは、「(偽の)銀河連邦」の宇宙船です。「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」、そしてハイアラーキーの関係は、以前に説明しています。
 “2009年12月9日にノルウェー上空に不思議ならせん状の光が出現”したのは、「(偽の)銀河連邦」の協力によるもので、地球人のテクノロジーを敵対勢力に見せつけたものだと思います。
 “その数日後には何十体ものUFOがシベリアの地面に大きな穴を開けながら地下から飛び立ちました”という部分ですが、このUFOは本物の「銀河連邦」に属します。攻撃される危険を察知したために、地球圏外に退避したと考えられます。その後記事にあるように、2013年2月に隕石が落下したことから、確かに「(偽の)銀河連邦」からの攻撃があったことがわかります。しかしこの攻撃は不発に終わりました。これらの事実から、「(偽の)銀河連邦」が神々の敵であることがはっきりとわかると思います。
 2014年7月22日の“ヴァリアント・ソーへの質問と回答②”で、すでにお知らせしましたが、上記の「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」はすでに滅ぼされて存在しません。しかしまだ彼らの弟子たちであった残党が残っており、昨日の映像配信の収録時に、最後の警告を発しました。現在この連中は例えて言うと、ウクライナの親ロシア派の義勇軍に完全に包囲されてしまったウクライナ政府軍のような状態で、降伏するか滅ぼされるかのどちらかです。
 私がこの記事を書いているということは、おそらく今夜の12時までに降伏しなければ、全員が処刑されると考えて間違いないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアからの警告
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/02/russia-issues-grave-warning-prepare-to-defend-earth-fallen-angels-have-returned-3113576.html
2月25日付け:

ロシアの第27中央研究所が開発したAlmaz-Antey高エネルギー・レーザー有向兵器システムのトライアルを完了したMilitary Scientific Committee of the Armed Forces (MSC=国防軍科学委員会?) は、地球を奪還しようとしている次元間の生命体から地球を守るためにロシアの同盟国であるインド、ブラジル、中国にこのシステムを拡散する必要があると報告しました。

MSCによると:
第二次世界大戦中にソ連はドイツのナチス政権が次元間に封じ込められていた堕天使や悪魔(古代に神と呼ばれた)と通信をしていることを知りました。

5~6千年前、地球が氷河期を迎えマンモスまで凍ってしまった時代に堕天使や悪魔も地球から消えました。アトランティスも大洪水ではなく氷河期に消滅しました。

当時、地球上の広範囲(インド~ヒマラヤ山脈~ウクライナ辺りまで)に堕天使や悪魔が居住していました。そしてアーリア人と呼ばれる人々と堕天使のハイブリッドが生まれました。

古代サンスクリットの叙事詩にはアーリア人と堕天使の交流や、ビマナと呼ばれる惑星間を旅行する飛行船について詳しく記述されています。

また、スワスチカと呼ばれる堕天使や悪魔のシンボルが世界中で使われています。第二次世界大戦前には(ナチスがこのシンボルを使うまで)、米軍の一部隊の兵士らが使っていました。

最も古いスワスチカのモチーフは紀元前1万年にウクライナで使われていたものです。
また古代のオハイオ、ミシシッピ川渓谷、ホピやナバジョインディアン、ケルト人、古代ドイツ人、フィンランド人など。。。世界中でスワスチカのシンボルが使われていました。

人類が堕天使や悪魔と再び接触を始めたのは16世紀になってからです。1572年に非常に明るい星が空に出現しました。それはカシオペア座で起きたティコの超新星でした。

ティコの超新星が出現したときに次元間に裂け目ができ、人類は再び、地球から追放された堕天使や悪魔と通信を行えるようになったのです。当時、最も重要な人物として扱われていたのがエリザベス1世のお抱え占星術師のジョン・ディーでした。

ディーと彼のアシスタントらは水晶の玉などを使って堕天使や悪魔と通信をしました。

堕天使や悪魔はヨーロッパに関する預言、魔術、悪魔儀式のやり方や人類の霊的特性などを彼らに教えました。

堕天使は神(悪魔)の方針に従ったニューワールドオーダーを地球上に顕現したかったのです。

ニューワールドオーダーとは、堕天使の支配下で世界統一宗教を地上に顕現し、新エルサレムに世界教会を設置し、世界人類の魂を一つにまとめ、世界を1つの国にするということです。

堕天使や悪魔の支配下にあった当時のイングランドは隆盛しました。

» 続きはこちらから

[フルフォード氏]CIAは国防総省によって監禁状態ではあるがしかし、徒党の抵抗資金はまだ残っている

竹下雅敏氏からの情報(本日最終)です。
 アメリカの政権は、基本的に「光の銀河連邦」が霊導してきたわけですが、以前に説明したように、現政権ではオバマ大統領とバイデン副大統領は「(偽の)銀河連邦」に霊導されていました。現在のオバマは替え玉なので、今では、バイデン副大統領がエリザベス女王やフランシスコ法王などのグループとつながる人物だということになります。
 これまで、こうしたナサニエル陣営に協力的な者たちを、ナサニエル陣営とは区別して来た理由は、実は彼らの中に神霊がウォーク・インという形で侵入して、彼らをコントロールしていたのですが、この神霊たちはこの前滅ぼされた全能の神エホバを名乗る者たちの配下の神霊だったのです。彼らは巧妙にこれらの人物を霊導し、最終的にハルマゲドンを起こす目的で人類に働きかけていました。そのため彼らは全て一掃され、現在、上記の人物の中に神霊が侵入しているということはありません。
 このため、バイデン副大統領は現在では第三次大戦を引き起こすという意図をまったく持っていません。しかし、ケリーやヌーランドといった人物は、未だに第三次大戦を目論んでおり、アメリカでの戒厳令も視野に入れて動いていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(2/24)
転載元より抜粋)
CIAは国防総省によって監禁状態ではあるがしかし、徒党の抵抗資金はまだ残っている

大陰暦の馬の年は先週、大爆発を伴って前例のない国防総省がバージニア州ラングレーのCIA本部を監禁状態に置く為の移動とともに過ぎ去った。CIAへの急襲はとりわけ、シオナチがウクライナで爆発させると脅してきた3この不正な核兵器の居場所を突き止める目的で行われたと、国防総省情報隙は言う。
さらに、スターリングラードへ(今のボルボグラード)向かった核兵器はロシア人によって押収されたと情報筋は言う。

先週、西バージニアのCIA本部に近いく空港でも爆発があった。米企業報道機関は爆発は脱線によると述べているが、地元住民は核爆発に似ていたと言っている。映像はここで見れる。
http://www.cnn.com/videos/us/2015/02/16/tsr-west-virginia-train-derailment-explosion.cnn

CIAへの急襲はアシュトン・カーターが米国の新国防長官に就任した直後に起こった。カーターがバラク・オバマではなくジョーバイデン副大統領によって就任したことを見逃すことはできない。

CIAへの国防総省の急襲はワシントンDCの政府を2月17日の支払期限以降も破産させない条件で行われたと、中国と欧州情報筋は言う。アメリカ西海岸の貿易の閉鎖はテロリスト・ブッシュナチCIA派に対する国防総省の動きに反応して終了したと情報源は言う。

欧州と中国情報筋はまた、200ヶ国が既に新金融システムと世界平和に合意したと言っている。独仏同盟はBRICS同盟に統合したと両国情報筋は言う。

欧州と中国情報筋によると、世界平和と繁栄の障害は今、ロンドンとバチカンの派閥と一緒になった米東海岸のシオナチ設立である。

英国においては問題はイブリン・ド・ロスチャイルドとそのしもべのジェレミー・ヘイウッド、デイビット・キャメロンとトニー・ブレアであると、MI5は言う。英国内ではこの派に対して取られる動きがある。マルコム・リフキンド下院議員(元外相)で下院防衛安全委員会議長(諜報機関を監督する強力な委員会)はデイリーテレグラムによるおとり捜査で金銭のための便宜を図ったことで捕まっている。リフキンドはロシアに対する戦争を鼓舞するシオナチ英派の一部です。

http://www.telegraph.co.uk/news/politics/11429144/Cash-for-access-scandal-the-reaction.-Live.html?frame=3208834

合衆国内では、シオナチ支配の国土安全保障省は2月以降の資金を見つけることができていない。従って、米国とカナダのショッピングモールをテロ攻撃すると脅している。今回はソマリアテロリストによるものだそうである。

この作戦は前英首相のトニーブレアによって首謀されているとMI5は言う。

» 続きはこちらから
1 2 3