ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第32話 ― 原爆投下の全体像

 ハルマゲドン計画とは簡単には、地上世界にて最終戦争(ハルマゲドン)が勃発、この終末に救世主が降臨、最後の審判などを経て、最終的は新エルサレムが成立し神の王国が完成するというものです。しかし、ハルマゲドン計画とは、地上世界の統治の組み換えに終わるものでは全くありません。物質界と霊的世界の転換も含めた「天界のクーデター」の計画がハルマゲドン計画です。
 そのベースとなっているのは『マイトレーヤの使命』で言うところのサナット・クマーラの『大計画』です。これの実質的な中身は「スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文」に明かされています。ホツマの神として高い地位にあったサナット・クマーラは、自身のその反逆行為の代償としてホツマの神から神霊に降格され、地球に叩き落とされます。これに対しサナット・クマーラはホツマの神々への復讐を誓い、全宇宙を自分の支配下に置こうとしたのです。これが『大計画』の実質です。
 ハルマゲドン計画は、基本的には地球の破局を利用して『大計画』を実現させるものです。このためには地上世界と銀河世界をつなげる必要性があり、そのためのプログラムが秘密の宇宙プログラムだったのです。地上の人類は、秘密の宇宙プログラムによってUFO技術と核兵器を保有することになります。核兵器は宇宙に影響を与えるものだから、地上の戦争が銀河世界にも繋がることになるのです。
 秘密の宇宙プログラムのバックにいたのはホワイト・ロッジのハイアラーキの覚者たちで、彼らは「人類の進歩を促すため」にとの文言を用いていましたが、秘密の宇宙プログラムは人類を進歩によって豊かに幸福にさせるためではなく、人類を犠牲にして彼らの野望を成就させるためのプログラムだったのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第32話 ― 原爆投下の全体像


人体実験された被爆者


  • 原爆製造の過程、その実際
  • 原爆投下の影響とその意味
  • 原爆と昭和天皇の関わり
上のb.を今回は追っていきたいと思います。

1945(昭和20)年の8月6日にヒロシマ、8月9日にナガサキに原子爆弾が投下されました。これにて広島市民約35万人のうち、半数近い14万人以上が亡くなったとされます。ただし、この14万人には軍関係者は含まれておらず、それを含めるとヒロシマ原爆の死者は20万人との説もあります。ナガサキでは7万人以上の市民が死亡との結果になっています。

爆心地では瞬時に人間も建物も全てが蒸発、その周辺では地獄絵巻が現出させられました。原爆は「地獄爆弾」とも称されます。


被爆者の苦痛苦難は原爆による被害だけでは終わりませんでした。原爆投下直後からヒロシマ・ナガサキに医師グループが駐在しますが、それは被爆者の治療のためではなく、データ収集のためでした。被爆者は被爆の苦痛と共に人体実験にも利用と、人間の尊厳を傷つけられ差別にも苦しめられます。

原爆関連のウィキペディア記事には次の記述があります。

東京帝国大学が、1945年8月6日の広島と9日の長崎の原爆による被爆者を使って、戦後2年以上に渡り、日本国憲法施行後も、あらゆる人体実験を実施したことを、NHKが2010年8月6日放映のNHKスペシャル『封印された原爆報告書』にて調査報道した。

この実施した人体実験の具体として番組ナレーターは次のように語っていたとのことです。

被曝者にアドレナリンと言う血圧を上昇させるホルモンを注射し、その反応を調べていました。12人の内6人は、わずかな反応しか示さなかった。山村さんたちは、こうした治療とは関係のない検査を毎日行っていました。調べられることは全て行うのが、調査の方針だったと言います。

原爆投下直後から日本政府と米国政府が原爆による傷害の実態を詳細に調査記録するため、日米合同調査団を編成、調査団はABCC(原爆傷害調査委員会)という機関となり、多数の学者や医師らが参加して、被爆者への治療を施すわけでなく被爆者の体で研究をしたのです。


日本側で当初からこの調査団に加わっていたのは陸軍医務局、東京帝国大学医学部でした。被爆者は米国が投下した原爆の被害という甚大な苦痛だけではなく、自国の日本政府からも冒涜の被害を受け続けたのです。

ABCCは1947年に広島赤十字病院の一部を借り受けて開設、1948年には、日本の厚生省国立予防衛生研究所が正式に調査プログラムに参加しています。

陸軍医務局東京帝国大学医学部、そして国立予防衛生研究所、お気づきでしょう。原爆被爆者の人体実験にも731部隊関係者が関連してもいるのです。彼らが戦後の日本医学界をリードしていったのです。


原爆投下の影響と意味


2発の原爆が投下、日本はポツダム宣言受諾、日本が敗戦し第2次世界大戦は終了します。その後は、核兵器の強大な威力が世界に認識され、原発投下後の地上世界の戦争は核戦争の危険性を孕むものとなります。

米国とソ連が対立し、両国間で宇宙開発競争と併せて核兵器開発競争が繰り広げられていく展開となったのでした。2発の原爆投下が地上世界に「核戦争時代」を幕開けさせたのです。

米ソ対立を象徴する2つの軍事同盟
北大西洋条約機構(NATO) vs ワルシャワ条約機構
Author:Chronus [CC-BY-SA]


日本へ民間人を標的の原爆投下大量虐殺、これは明らかに国際法違犯であり戦争犯罪でしょう。の原爆投下という犯罪行為を米国はなぜ行ったのか?

「戦争を早く終わらせ、米日両方の被害者を少なくするため…」とのよく使われるフレーズの戯言は放っておき、結論から言うと、原爆投下の最大の目的は結果が示す通り「核戦争時代」を開くためでしょう。地上世界に「核戦争時代」を、これこそが原爆投下の最大の影響でありその最大の目的でもあった筈なのです。

それともう一点、原爆投下の目的には、原爆投下直後から調査団が編成されている事実から分るように、種々の調査があったことは明白でしょう。

それでは、なぜ米国が原爆投下して地上世界に核戦争時代を幕開けさせたのか?

米国が圧倒的な戦力を所持し、地上世界を牛耳っていくため…、このように普通は捉えられるかも知れません。しかし違います。

そもそも、米国はすでに1913年FRB創設によって「偽ユダヤ」たちに乗っ取られています。彼らに米国は操作されていました。その「偽ユダヤ」たちが地上世界で進めてきたのが「広義の真のシオニズム」であり、それはハルマゲドン計画を具現化させるものです。

「偽ユダヤ」の背後には宇宙人グループや霊的存在がいました。地上の人間たちに核兵器を保有させたのは秘密の宇宙プログラムの一環でした。地上世界に核戦争時代を幕開けさせたのは、ハルマゲドン計画を進捗実現させるための大きな一歩だったのです。

第27話で見ましたが、「コブラによる地球解放年表」には「第二次世界大戦はドラコと銀河連合の間の代理戦争だった。(中略)...それは地球の物質界にアンカーをおろす銀河戦争の一部だった。」とありました。

第二次世界大戦が銀河戦争の一部となった、そのアンカーをおろす役目を担ったのが日本に投下された原爆だったのです。原爆投下によって地上の戦争が銀河戦争に繋がったのです。これが原爆投下の意味です。

なぜそう言えるのか?

これは後述しますが、核兵器は地上世界にとどまらず、銀河世界にも影響を与えるからです。逆に言うと、原爆投下がなければ第二次世界大戦は単なる地上の戦争で終わっていたのです。戦争を銀河世界に関連させるため、第二次世界大戦を霊導した連中はどうあっても原爆投下させたかったのです。

また、原爆投下は模擬的と言おうか、前夜祭としてのホロコーストでもありました。ハルマゲドン、そしてホロコーストは(悪魔)宗教行為ですが、本番のハルマゲドンとホロコーストのセット実現のため、その模擬的前夜祭のホロコーストが日本への原子爆弾投下だったのです。

広島原爆の原子雲
Wikimedia Commons [Public Domain]
長崎原爆の原子雲
Wikimedia Commons [Public Domain]


宇宙人の地球介入の口実


『大統領に会った宇宙人』のp38に次のようにあります。

1945年には、百隻の宇宙船が地球を取り囲んで脆弱な大気を守ってくれた。もう少しで大気中の元素の分離が原子の連鎖反応を引き起こすところだったのだ。地球は崩壊し、全宇宙に甚大な被害――言うなれば波及効果――を生じさせかねなかったのだ。

1945年の原爆投下が、地球崩壊と全宇宙に甚大な被害をもたらす危険を生じさせたのか?

この記述だけでは不明です。ただし、核分裂の連鎖反応は、宇宙に被害を及ぼすであろうことがここに窺えます。

『大統領に会った宇宙人』は、宇宙人ヴァリアント・ソーたちが1957年に来訪し、米国のアイゼンハワー大統領と会見し、その後3年間ペンタゴンに滞在したことを記した書籍です。

一番右側の人物がヴァリアント・ソー

大統領との会見の際に銀河連合に所属するヴァリアント・ソーは、金星の最高議会からの親書を手渡したとあります。その親書や会見の内容には、「地球外にも知的人類が存在していることを知らしめる。」ことと「他の惑星にも影響があるため、核実験の中止と核兵器廃絶」を勧告していた模様です。

ともあれ、1957年のヴァリアント・ソーたちの来訪と地球人類への「助言」の記録から明らかになっているのは、原爆投下を端緒として、銀河連合の宇宙人グループも直接地球人類に働きかけを行うようになったということです。いみじくも同本のp6に非常に重要な真相をつく指摘があります。

第二次世界大戦の終結に当たってわれわれが原爆を使用したことが、じつはUFOの搭乗者つまり宇宙人の地球介入の理由だった。

「宇宙人の地球介入の理由」、例えば他の家庭が不和で喧嘩していたとしても、誰かが勝手にその家庭問題に介入はできません。常識的に明らかにご法度の行為ですから。しかし、その家庭の喧嘩が自分のところに害を及ばすならば、そこへの介入もやむを得ない、とこうなります。

地上世界での出来事が地上世界のだけのものとして完結しているならば、宇宙人たちの勝手な介入はできません。しかし、原爆投下が宇宙人グループの自在な地上世界への介入の口実となったのです。

原爆投下による核戦争時代が開始、核兵器の実験や使用が宇宙空間へ大きく影響、これを理由として、宇宙人グループなどは地上世界への介入が自在となったのでした。

介入した宇宙人たちがどの程度事情を把握していたかは不明ですが、結果としてハルマゲドン計画進捗に繋がりました。ハルマゲドン計画の視点を通して、初めて原爆投下の全体像が浮彫になるのです。



Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.