アーカイブ: その他の地域

キューバ フィデル・カストロ前国家評議会議長が死去 〜キューバのような国家のあり方が望ましい〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 キューバのカストロ前議長が亡くなったようです。カストロ氏は、当時のバチスタ親米政権をチェ・ゲバラ氏と共に打倒して、1959年にキューバ革命を成功させました。革命後、社会主義国として外資系企業の国有化を進めたため、アメリカとは敵対的な関係となり、アメリカは何度もカストロ議長を暗殺しようとしました。確か16回(ギネスでは50年で638回命を狙われたことになっています)の暗殺計画をくぐり抜けたと記憶してます。
 キューバが反米姿勢を貫き通したこと、またベネズエラの故チャベス大統領との信頼関係などを見ても、キューバとアメリカのどちらが正義だったのかは、明らかだと思います。
 アメリカの経済制裁がなければ、というよりもアメリカと言う国家が無ければ、キューバがどれほど豊かな国になっていたのかは、残念ながら今となってはわかりません。
 キューバは自然農法の先進国で、自然農法を目指す人たちにとって、キューバは尊敬すべき国です。私はキューバどころか、日本から、というよりも、家の敷地からほとんど出たことがないのでよくはわからないのですが、キューバでは、今でも1950年代のアメリカ車が普通に走っていると聞きます。どうやら自動車に使われている鉄がとても質の高いもののようです。どうもこうした部分では、今よりも昔の方が良い物を作っていたようです。本当に良い物を大切に長く使うことで、物はモノ以上の価値を有するようになります。地球環境の保全の意味でも、キューバのような国家のあり方が望ましいと感じています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
キューバ フィデル・カストロ前国家評議会議長が死去
引用元)
K10010785261_1611261600_1611261608_01_02 

キューバの国営テレビは、1950年代にキューバ革命を起こし、反米の社会主義政権を半世紀にわたって率いたフィデル・カストロ前国家評議会議長が25日、亡くなったと伝えました。90歳でした。

キューバのラウル・カストロ国家評議会議長は国営テレビで国民に対し、「キューバ革命の最高司令官が今夜、午後10時29分に死去した」と述べ、兄のフィデル・カストロ前議長が亡くなったことを明らかにしました。

(以下略) 

――――――――――――――――――――――――
配信元)


――――――――――――――――――――――――
革命家として生き、半世紀以上にわたりキューバを導いたカストロ氏
配信元)


――――――――――――――――――――――――
カストロ、革命とは何か?を語るQue es Revolucion
配信元)

HAARP!? ニュージーランドの大地震の時に見られた発光現象

竹下雅敏氏からの情報です。
 ニュージーランドの大地震では、HAARPが使われたのか、謎の発光現象が起きています。この前のフルフォードレポートでは、これは人工地震で、悪人に対する警告だという事でした。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
配信元)


――――――――――――――――――――――――
HAARP being used New Zealand Earthquake 2016
配信元)
埋め込み無効のため配信元でご覧ください

埋め込み無効のため配信元でご覧ください


南スーダン 米国が内戦の黒幕 中国の石油開発妨害が狙い 〜南スーダンの内戦はCIAが仕掛けたもの〜

 南スーダンの自衛隊PKO(国連平和維持活動)における「駆けつけ警護」が15日に閣議決定される予定で、「困難な任務に携わることを重く見た措置」として大盤振る舞いの6000~7000円の手当がつくようです。「戦闘行為」は無く、安全なはずの南スーダンですが、一昨日、南スーダンから戻った三浦英之氏(朝日新聞アフリカ特派員)によると、反政府勢力を率いて政府軍と戦闘を続ける副大統領が「和平合意は崩壊した」と宣言し「今度は徹底的にやらなければならないな」と言ったようです。
 "続きはこちら"以降の記事によると、この副大統領派(反政府勢力)をCIAが支援し、二万人におよぶ兵士達の武器、弾薬、給料がCIA資金によりまかなわれていると書かれています。また、ベネズエラ政府が主導する南米の通信社「テレスル」が、「南スーダンでのCIAの“汚い戦争”」という記事を掲載しており、こちらに日本語訳されているものがありました。南スーダンの内戦は"CIAが中国にアフリカの油田を使わせまいとしてCIAが仕掛けたもの"のようです。南スーダンへの自衛隊PKO(国連平和維持活動)派兵は、こうしたCIAの「汚い戦争」に連動したものだと分かります。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「駆けつけ警護」15日閣議決定へ 南スーダンPKO(16/11/06)
配信元)

————————————————————————
配信元)


————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

グーグルアースで発見された「巨大海底都市」

竹下雅敏氏からの情報です。
 動画の冒頭部分をご覧ください。メキシコ・カリフォルニア湾沖の海底に、巨大な都市が作られています。どう考えても人工物で、まさしく巨大都市です。一体、地球上にこうした海底都市がいくつあるのでしょう。これは、たまたまグーグルアースで発見されたもののようです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
配信元)

戦闘地域の南スーダンで陸上自衛隊の派遣を5カ月間延長 〜安倍政権は殉職者が出ることを望んでいる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 南スーダンのPKO派遣を、5カ月延長することを決めたようです。現地の状況は、ネットなどを見ると、どう考えても戦闘地域です。以前の記事では、現地の自衛隊員が“戦闘が起こった”ということを稲田防衛大臣に説明していました。この状況で、陸上自衛隊の派遣を5か月間延長したとなると、やはり安倍政権は、自衛隊が現地の戦闘に巻き込まれて殉職者が出ることを望んでいるのだと思います。
 田中龍作さんの記事では、“自衛隊に殉職者が出た場合…国威発揚のセレモニーと化す”としています。私も同じように考えていて、これを狙っているのだと思います。この政権を放っておくと、日本は本当に戦争に巻き込まれてしまいます。
 “中学生以下の知的レベルしかない最高指揮官が、世界で2番目に豪華なおもちゃを手に入れた”というのは、実に的確な表現だと思います。私は以前のコメントで、小学生レベルの知性と言ったように記憶していますが、皆、考える事は同じだと思いました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
陸上自衛隊の派遣を5カ月間延長 南スーダンPKO(16/10/25)
配信元)


――――――――――――――――――――――――
安倍首相、南スーダン派兵を前に観閲 「自衛隊員の未来は明るいわけがない」
引用元)
この男が兵力25万、米軍に次ぐ重装備の自衛隊の最高指揮官だ。=23日、朝霞駐屯地 撮影:筆者=

この男が兵力25万、米軍に次ぐ重装備の自衛隊の最高指揮官だ。
=23日、朝霞駐屯地 撮影:筆者=


(中略) 

 自衛隊に殉職者が出た場合は、武道館で葬儀を営むことになっている。葬儀には安倍首相が参列する。自衛隊の儀仗隊、中央音楽隊も出る。国威発揚のセレモニーと化すだろう。

(中略)…

 海外からの映像を見る限り南スーダンは戦闘地域だ。PKO参加5原則はとうに崩れているのだが、マスコミはそれを まっとう に報道しない。

(中略) 

「私は立法府の長であります」・・・中学生以下の知的レベルしかない最高指揮官が、世界で2番目に豪華なオモチャを手に入れた。物騒でならない。

(中略) 

   ◇

読者の皆様。新潟そして沖縄と地方取材が立て続き、台所が危うくなっています。

それでも権力の横暴に潰されそうになっている人々の声を伝えていかなければなりません。田中龍作に取材活動を続けさせて下さい… http://tanakaryusaku.jp/donation
1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 73