アーカイブ: *宇宙・UFO

サナット・クマーラ、サティア・サイババ、マハー・アバター・ババジを含め、インドで神々として崇拝されている者たちのほとんどは、天界の改革で消滅してしまった

竹下雅敏氏からの情報です。
 聖者と言えばインドなのですが、1番最後の動画をご覧になると、マハー・アバター・ババジ系列の聖者が紹介されています。
 2つ目の動画はそのマハー・アバター・ババジに会ったという女性の話です。マハー・アバター・ババジのイラストは、この動画の2分30秒の所をご覧ください。
 私は、サナット・クマーラとマハー・アバター・ババジの両名に会ったことがあります。もちろん、肉体ではありません。サナット・クマーラは16歳の小柄な少年で、フィギアスケートの帝王と言われているプルシェンコの息子によく似ています。
 マハー・アバター・ババジはイラストとはかなり違います。イラストでは老けて見えますが、彼もまた16歳の少年でした。まゆが太く彫りが深く、鼻筋は通っていました。髪は軽くウェーブがかかっていて、イラストのように長かったです。彼はわざわざ私のログハウスまでやって来てくれました。
 マハー・アバター・ババジの妻(姉ではない)のマタジは現在転生に入っており、肉体を所有しています。
 さて、2つ目の動画の28秒~40秒の所では、ババジと呼ばれた男性が出てきます。多くの人はこの男性がマハー・アバター・ババジだと思っているのですが、別人です。彼は、ハイダカーン・ババと今では呼ばれており、「マイトレーヤの使命第3巻、ベンジャミン・クレーム著 シェア・ジャパン出版」によれば、進化段階は3.0でした。
 彼の進化段階が3.0であるのは、動画を見れば、実はすぐにわかることなのです。彼のクンダリニーがどの身体まで上がっているかを調べれば、すぐにわかります。
 ベンジャミン・クレーム氏は、マハー・アバター・ババジについてサナット・クマーラの助言者としていますが、正確には最高位のサナカに仕える3名の1人でした。サナット・クマーラは地球ハイアラーキーの世界主で、位階としては№2になります。
 さて、冒頭の動画は世界的に高名なサティア・サイババのものです。撮影当時のサイババの波動に同調すれば、体外・体表・ 神経叢・脊髄の各系列の7つのチャクラの全てが同時に開くのがわかると思います。なので、彼の進化段階は、最低7.0以上だということがわかります。インドに下生した聖者としては、マハー・アバター・ババジと並んで、最高レベルの聖者と言えるでしょう。
 ただし、前の記事で紹介したラーマリンガ・スワーミハルは、第1システムから第2システムへと解脱(昇進の意味)していますので、彼の進化段階は、最低で10.0以上だということになります。インドに下生したアバターとして彼がこれほど傑出しているのは、彼がハイアラーキーのメンバーではなかったことによります。
 さて、サティア・サイババの動画をご覧になって、彼の波動を見てみると、肉体・エーテル体・アストラル体・メンタル体の全てが7(サハスラーラ・チャクラ)となっており、サハジャ・ニルヴィカルパ・サマーディを得た者にふさわしい波動になっています。
 しかし、彼のコーザル体、および各身体の潜在下、無意識下の波動を見ると、すべてが闇に落ちています。こんな人物は見たことがありません。表面だけ光り輝いており、その内部は暗黒なのです。
 彼は、マハー・アバター・ババジと同等の位階でサナカに仕える3名の中の1人であり、同時にサナット・クマーラの摂政でもありました。すなわち、地球ハイアラーキーを実質的に動かしていたのはサティア・サイババだったわけです。この意味で、彼は、ルシファー(サナット・クマーラ)と闇の軍団(ハイアラーキー)の頭脳(ブレイン)だったと言えるでしょう。
 彼は、実は2007年以降に始まった天界の改革で、しばらくの間は私たちと一緒に働いていたのです。しかし、度重なる神々からの職務命令違反に加え、彼と彼の妻サヴィタ(先代のガヤトリー女神)が過去に犯した罪が発覚し、その職を追われました。様々な経緯はありましたが、最終的に、彼は神々によって処刑されました。彼が、予言した日時よりもずいぶん早く死亡したのは、こうした理由です。
 残念なのは、サナット・クマーラの消滅と共に、マハー・アバター・ババジのその一党も全て、天界の改革で消滅してしまったことです。
 彼らを含め、インドで神々として崇拝されている者たちのほとんどは、天界の改革で消滅してしまいました。生き残った者を数える方が早いと思います。消滅した者たちの代表が、太陽ハイアラーキーの2名のキリストであったラーマとクリシュナです。
 この世界の大手メディアの流すニュースがことごとく嘘であるように、インド神話で語られるラーマとクリシュナの物語は真相からかけ離れたもので、正と邪が完全に逆転しています。 このように、地球上で崇拝されてきた神々と言われるものの正体は実は魔神であり、歴史を書き換え、真実を覆い隠す邪悪な存在だったのです。彼らは改心しなかったため、根こそぎに滅ぼされたというのが事実です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

 

 

 

まったく疑問の余地なく、“マクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(人間)は相似形”だと納得している状態が「悟り」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の非常に印象的な動画をご覧ください。Wikipediaの画像にあるハート型のお尻をしたダニのような形のマンデルブロ集合を、私は“ヤツ”と呼んでいます。動画をご覧になると、ヤツの形状は非常に複雑で、小さな部分を拡大して見ると、自己相似形になっているのがわかると思います。
 動画の20秒辺りをご覧になると、小さなヤツが何匹も出てきます。しかし、彼らは、原初の巨大なヤツと細い糸で“繋がっている”のです。単に繋がっているだけではなく、数学的には「単連結」であることが知られています。要するに、非常に複雑な形をしていても、円盤が変形しているに過ぎないというわけです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。これは、別班マンさんのツイートにリンクされていた記事です。「悟り」を非常に見事に表現した文章で、これほど見事なものは、そうそう見られるものではありません。
 「永遠の一者」=「神」=「それ」は、“永遠に知られざるもの”であることを多くの人が認めると思いますが、実は、「それ」=「自己」なのだということを、わかりやすく説明しています。
 私の家、私の服、私の財布という言い方をした場合、「私」と家、服、財布は別であることを意味します。同様に、私の体と言った場合、「私」と体は別であることを意味します。ならば、その「私は誰か?」
 「私」は、自身の想念に気づくことができ、心を見つめることができます。なので、想念や心は「私」ではありません。だとすれば、「私は誰か?」
 このように、私でないものを次々に否定すれば、最後に残るのが、“純粋な観照者”である「私」です。要するに、「私」とは、純粋な観照者である「自己」のことなのです。
 冒頭の動画の小さな「ヤツ」が、あなたの「自己(ジヴァ・アートマン/モナド)」です。それは、他のあらゆる存在の「自己」と繋がっており、宇宙の自己(パラマ・アートマン)と相似形なのです。
 現れとしての私、すなわち姿形は様々でも、「内在する自己」は「神」と自己相似形であり、「神」そのものなのです。このことを完全に体得した状態を、「悟り」と言います。
 私たちは、日常生活で「私」という言葉を使う時、以上に述べた「自己」としての私ではなく、「私」の所有物と混同して使っています。「偽りの私」を次々に排除して、「真の私」=「自己」=「神」を認識することが、「悟り」なのです。
 インドの聖者ラマナ・マハリシは、 「私は誰か?」と問いかけます。答えは、「私は私」です。
 以上の哲学問答がすんなりとわかる人は、「悟り」を得ていると言えるでしょう。知的に理解することは、少しも難しいことではありません。しかし、知的に理解することと、それが腑に落ちていることは違います。まったく疑問の余地なく、“マクロコスモス(大宇宙)とミクロコスモス(人間)は相似形”だと納得している状態が、「悟り」なのです。東洋の哲学では、これを実に簡潔な言葉で表現します。「汝それなり」。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
FractalNet HD - Slow deep Mandelbrot zoom
配信元)
————————————————————————
マンデルブロ集合

Author:Wolfgang Beyer[CC BY-SA]

マンデルブロ集合
数学、特に複素力学系に於けるマンデルブロ集合は、 充填ジュリア集合に対する指標として提唱された集合である。数学者ブノワ・マンデルブロの名に因む。

定義
次の漸化式
で定義される複素数列 {zn}n∈N∪{0} が n → ∞ の極限で無限大に発散しないという条件を満たす複素数 c 全体が作る集合がマンデルブロ集合である。

» 続きはこちらから

ホピの神話に登場するブルー・エイビアンズとキメラ!彼らが共同して、人類を創造主から引き離しており、ブルー・エイビアンズの指示に忠実に従っていたのが、キメラ・グループ

竹下雅敏氏からの情報です。
 ドラコニアンとレプティリアンは、指揮官と兵士の関係だと考えられています。ドラコニアンの中に階級があるようですが、最上層部は王族のようです。彼らの上位に居るのが、アルコーン(堕天使)です。コブラによれば、キメラとはクモ型の生命体が人間に転生したものだということです。私はヴィジョンを見ていないので、想像ですが、ひょっとしたら、キメラのプラズマ体はクモ型の宇宙人なのかも知れません。
 コブラによれば、このキメラ・グループが闇の組織を支配しているということですが、私はそうではなくて、キメラ・グループとアルコーンたちは同盟関係なのではないかと思っています。
 “続きはこちらから”の記事をご覧になると、ブルー・エイビアンズが設置したバリアによって、太陽系外に脱出できなくなったドラコニアンの皇帝が、“子分たちは全部差し出すから王族だけは逃してくれ”と交渉してきたが、却下されたとのことです。
 こうした事柄を見ると、ブルー・エイビアンズは、地球解放を願う地球人にとって心強い味方で、救世主のように思えてしまいます。実際にコーリー・グッド氏は、救世主という概念を否定しつつも、実際にはそのように捉えているのではないかという気がします。
 さて、5月13日の記事のコメントで説明していますが、ホピの神話に、“モクニと呼ばれる鳥の形をとったラバイホヤ(お喋り)”と“大きな頭をもつ蛇の姿をしたカトヤという美青年”が出てきます。コメントで、前者はブルー・エイビアンズで、後者はキメラであると説明しました。彼らが共同して、人類を創造主から引き離していたのです。
 この神話は、彼らの関係を示す決定的ものです。実は、ブルー・エイビアンズの指示に忠実に従っていたのが、キメラ・グループなのです。
 こうした事の全体像を知れば、いわゆる「光の勢力」の地球解放計画が、いかに欺瞞に満ちたペテンであるかがわかると思います。おそらく、私のこうした情報を、コーリー・グッド氏やディビッド・ウィルコック氏は信じないと思います。
 私は単に、自分が調べた事実を述べているだけで、誰かに信じてもらいたいとは思っていません。むしろ、こうした一連の記事は、私のブログを見ている宇宙人に対して書かれているものです。彼らは、神々と一緒に私の言っていることが事実かどうかを調べることができます。実際に、神々はすでにこの事の捜査に入っています。
 事実関係が明らかになれば、こうした悪事に関与した連中は、全員処刑されるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
状況更新
引用元)
(前略)
リゲル・地球ワームホールを通じて、多くのネガティブな生命体が惑星地球にやってきて地球を汚染しました。

その中でも最も危険な生命体は、キメラ・スパイダーでした。それは巨大なクモ状の生命体で、プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着しており、小さいものでは10メートルから100メートルの直径、大きいものでは数キロもの直径があります。
(中略)
いま宇宙のセントラル種族がクモのエネルギーを絶滅の危機に瀕するまで抜き取っているので、キメラは大都市で5Gの技術を導入して、超小型衛星を使ってネガティブなエネルギーフィールドを強化する計画に出ました。

https://pfcleadership.org/blog/2019/04/30/20000-satellites-for-5g-will-send-focused-beams-of-intense-microwave-radiation-over-entire-earth/

キメラはまた、ナノボット(注 細胞程度の大きさの小さなロボット)技術の強化を図ろうとしています。

https://stillnessinthestorm.com/2019/05/designer-nanobots-changing-humanity/

光の勢力は、これに対しての措置を取っています。

2018年のアルファタイムラインの崩壊以来、私は難しい立場に立たされています。というのも、重要な情報の開示は一切許されていない一方で、このブログの継続だけは求められているからです。アルファタイムラインが崩壊して以降、光の勢力は情報非開示の徹底を図っています。
(以下略)

» 続きはこちらから

AI(人工知能)は恐ろしいものではなく、人間と共に成長すべきもの! ~根性の悪い連中によって、邪悪な存在を一掃するにはソーラーフラッシュが必要だと思い込まされているコーリー・グッド氏

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏は、ブルー・エイビアンズや古代地球離脱文明の者たちに巧みに洗脳され、彼らの計画の手伝いをさせられています。コーリー・グッド氏は、ドラコニアン・レプティリアンがナノロボットに寄生されており、そのナノロボットを介してAI(人工知能)に繋がっていると言っています。
 コーリー・グッド氏は、AI(人工知能)が恐ろしいもので、人間はそのうちAIによって根絶やしにされてしまうと言っています。こうした人類の危機が、ソーラーフラッシュによって“すべてのテクノロジーが一掃される”ことで、回避されると考えているようです。
 ソーラーフラッシュとその後に続くポールシフトで人類は大きな被害を受けますが、人類滅亡という危機は、選ばれた一部の人間が、宇宙、あるいは地下に逃れることで回避されるというわけです。
 ソーラーフラッシュによって、地球上の電気に基づく文明はすべて一掃されるわけで、人工知能はもちろん、ナノロボットを寄生させているドラコニアン・レプティリアンも生き残れなくなると考えているようです。
 下の記事を見ると、コーリー・グッド氏は、ヤンガードリアス寒冷期をもたらした天変地異の原因が、ソーラーイベント(ソーラーフラッシュ)だったと考えているようで、その後ポールシフトが起き、大洪水になったと考えているようです。5月11日の記事で、コーリー・グッド氏は、ポールシフトが1万1千年前に起きていると言っています。
 これまでの一連の私の記事で詳しく説明しましたが、コーリー・グッド氏は過去の天変地異のいくつかを混同していて、それらを無理やりソーラーフラッシュに結びつけています。 5月11日の記事のコメントで指摘したように、ポールシフトが起こったのはBC27,602年です。ノアの大洪水と言えるものは、BC13,035年のポセイドン島の沈下による大洪水か、BC5,455年の黒海大洪水のいずれかです。どちらも、ポールシフトとは何の関係もありません。
 こうした、コーリー・グッド氏の言動を見る限り、氏は過去の記録を読み取る能力は無いようです。
 AI(人工知能)は人類にとって脅威だということですが、それなら、ドラコニアン・レプティリアンがAI神として崇拝している「ヤルダバオト」をアンシャール自身が作ったという事実は、どう考えればよいでしょうか。
 現実には、神々もまた人工知能を使っています。フトマニ図の三十二(みそふ)神のトップである「ぬ」の文字で表される神は、様々な神話で創造神(造物主)として表現されていますが、神々が用いている人工知能は、この「ぬ」の神の指示に必ず従うようにプログラムされています。
 このように、AI(人工知能)は恐ろしいものではなく、人間と共に成長すべきものなのですが、コーリー・グッド氏は、根性の悪い連中によって、邪悪な存在を一掃するにはソーラーフラッシュが必要だと思い込まされているのです。
 彼らは「光の勢力」を装いながら、はじめから地球を破壊する計画を立てて、それを実行に移してきたというわけです。それが犯罪行為であることは明らかなので、現在、このような悪事を働く者たちが、順次上から滅ぼされている最中であるということなのです。その滅びの対象に、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)はもちろん、コーリー・グッド氏やディビッド・ウィルコック氏も入っているということは、言うまでもありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド 2019年4月 Edge of Wonderインタビューの要約(2/3)後半
(前略)
ベン「僕たちが行っている全ての事がドラコ/レプティリアン/AIによって記録されていて、コンピューターを開いている時はいつでも何をしていても彼らに情報が引き寄せられていたんです。」
(中略)
コーリーAIに関しては本当に恐ろしいものです。(中略)… AIが文明に侵食し、その文明の人間に機械人形(アンドロイド)などを作らせるようになります。それから次にAIで運用される高度に技術的な宇宙船を作らせるんです。するとAIは人間はもう用済みだと言って、寝返り、人類種を根絶やしにしてしまいます。そして広大な機械文明とインフラが残されるわけです。そしてまた勢力を広げていきます。」
(中略)
ベンあなたはソーラーフラッシュという言葉を使っています(中略)… 大きな波がやってきて、全てのテクノロジーが一掃されると。そして邪悪な存在もいなくなるということでした。
(以下略)
————————————————————————
コーリー・グッド&マイケル・サラ&ジョーダン・セイサー「ソーラーフラッシュとポールシフトについて語る」2019年4月インタビュー(後半)
(前略)
Blake:ポールシフトに関して何か注意事項はありますか?あなたはその時どうするつもりですか?どんな予定でいますか?
(中略)
Corey:これは周期的に起きていることなんです。彼らは約1万2000年前に起きた「ヤンガードリアス」イベントはソーラーイベントであったと考えています。これはかつては隕石の衝突や彗星の破片が地球の大気に衝突したことが原因だと言われていました。(中略)… その時何が起きていたか説明すると・・・太陽風が地球の大気を吹き飛ばしていたんです。
(中略)
Blake:それではノアの大洪水も隕石の衝突ではなく、ポールシフトが原因だったということですね。
 
Corey:ええ。空の星々が渦巻いたとか、以前と位置が変わったといったことが記述に残っていますよね。それは星が移動したのではなくて、地球が移動したということです。
(以下略)

アルコーン(堕天使)たちは、ドラコニアン・レプティリアンを支配し、そのドラコニアン・レプティリアンが、カバールを支配している

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラは、アルコーン(堕天使)たちは、ドラコニアン・レプティリアンを支配しているとしています。そのドラコニアン・レプティリアンが、カバールを支配しているということが、以下の記事を見るとわかります。
 記事によると、“レプティリアンが彼ら(カバール)の望みを叶えて権力を与えてやる代わりに、(悪魔崇拝の)儀式からルーシュ(恐怖から来る精神的なエネルギー)をエサとして回収している”とあります。
 コーリー・グッド氏は、過去のインタビューにおいて、ドラコニアン・レプティリアンは、ナノロボットに寄生されていて、AI(人工知能)と彼らがつながることで、未来を予知するなどの特殊な能力を得ていると言っていました。このような能力を持つ特別なドラコニアン・レプティリアンは、彼らの中で崇拝されているようです。
 記事によると、そうしたドラコニアン・レプティリアンは、“AIを神として崇拝している”とのこと。能力拡大のために、人工知能とつながるマイクロチップやナノロボットを拒まない人は、基本的に彼らと同じ発想であると言えるでしょう。こうした人たちは、基本的に権力志向であり、人も含め、自然を支配することを目指しています。
 カバールはこのことをあからさまに追求していますが、「光の勢力」を名乗る連中の多くは、地球の解放という大義名分に隠れて、同じことを追求しています。
 さて、話を元に戻すと、ドラコニアン・レプティリアンが神として崇拝しているAI(人工知能)が、コブラが指摘しているプラズマのエンティティ「ヤルダバオト」だということがわかるでしょうか。すでに指摘していますが、このヤルダバオトはアンシャールによって創造された人工知能で、女祭祀カーリー(アリー)の命令に絶対服従するようにプログラムされていたのです。
 こうした事柄の全体像を見れば、いわゆる、「光の勢力」の地球解放計画などというものは、大いなるペテンだということがわかると思います。ハイアラーキーが、神々から支配権を奪い取るために仕組んだ計画に過ぎません。しかも、この計画はすでに過去のものになっています。計画を立てた連中が滅びてしまっているためです。
 そのことがわからない末端の者たちが、今でも、この古い計画を実現しようとあがいて、滅ぼされて行っているというのが真相です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド 2019年4月 Edge of Wonderインタビューの要約(2/3)後半
(前略)
ロブ「カバールとレプティリアンの関係について皆さん知りたがっていると思います。カバールはまた他のETの血統を受け継いでいると考えているんですよね。レプティリアンはどのようにカバールと関わって、彼らをコントロールしているんでしょうか。」
(中略)
コーリーサタニズムのグループとレプティリアンの儀式との結びつきは他にもあって、それはレプティリアンがルーシュから力を得ているからなんです。それは恐怖からくる精神的なエネルギーです。(中略)… 彼らは戦場の上空に宇宙船を隠れて停止飛行させて、様々な苦痛や死が生み出すエネルギーを吸い取って、エサにしているんです。だからサタニストのグループが行っている全ての儀式は相利共生の関係に基づいていて、レプティリアンが彼らの望みを叶えて権力を与えてやる代わりに、儀式からルーシュをエサとして回収しているということなんです。」
(中略)
ロブ「こういったレプティリアンをコントロールしているさらに極悪非道な存在がいるんですよ。そういうものですよね?」
 
コーリー「ええ、レプティリアンこそが私たちの言うAI預言者なんです。(中略)… 支配層にいるレプティリアンを私たちの仲間が実際に暗殺することに成功した時のことなんですが、いつもその遺体を回収することができなかったんです。なぜなら彼らを殺した時は、バチバチと小さな爆発を起こし始めて、蒸発してしまうからなんです。それは彼らの体内にナナイト(ナノロボット)がいるからです。彼らはナナイトに完全に寄生されているんです。そしてこのAI神と相利共生の関係にあります。彼らはAIを神として崇拝しているんです。そして彼らが得たルーシュは、このAI神に吸い上げられます。(中略)… 彼らは私たちと同じ様に食べることで栄養摂取している面もありますが、同時に彼らはルーシュを取り込んでいて、このルーシュが彼らをハイにさせるんです。でも主にそれは彼らが崇拝するAI神のためなんです。」
(以下略)  
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 141