独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第31楽章 ドイツ人の価値観と化学物質について

竹下先生の講義でも度々登場してくる、
ベルリンの壁が崩壊する前のベルリンで撮影された
映画『ベルリン天使の詩』ですが、主演の
ブルーノ・ガンツ氏が先日お亡くなりになりました。
https://twitter.com/amass_jp/status/1096813682162421760
https://twitter.com/gutereise_/status/1097367003243913216
https://twitter.com/m1257231630/status/1101317792446341120

ベルリンの壁の上に天使の羽をつけて
立っていた様子が印象的でした・・。

第31楽章は、ドイツ人の価値観と化学物質について です。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ホルムアルデヒド満載の家具と洗剤


我が家は、第10楽章にも書きましたが、
子供のより良い環境を求めて、ベルリンにやってきました。
孟母三遷の教えのように、より良きを求めて、
何回でも住む場所を変えようと思っています。


我が家は先週ベルリンの中で引っ越しをしたのですが、
ドイツでは、退去時に、すべての壁を白くぬらなければいけない
決まり
があります。
ドイツ人の価値観としては、前の人の使用感がある壁のちょっとしたシミなどが
ついているところには、心地よく住むことができないという感覚がある
ようで、
退去時には、自分で壁塗りの業者を依頼して、家の壁を真っ白にしてから
引き渡さなければいけない
のです。

pixabay[CC0]


このあたりのドイツ人の感覚や価値観が興味深いなと思いました。
また、スゴイと思ったのが、引っ越しの段ボールで、
ガムテープなしで、組み立てることができるのです。

ところで、なぜ、我が家が引っ越しをしたかの理由は、
ホルムアルデヒド問題がありました。

日本でも人気な家具屋さんのソファーの
木製部分がホルムアルデヒド満載で
した。
なかなか巧妙で、布で覆われており、それを
外してみた途端に、ものすごい臭いがあることに気がつきました。
すぐに撤去したものの、部屋には残っていましたので、
引っ越しを決断
したのです。

私は一瞬感じただけでしたが、息子はかなり敏感で
拡散されたホルムアルデヒドをかなり感じる
ようでした。

ドイツの薬局の方にも、家具のホルムアルデヒドについて
聞いてみると、よくあるそうで
、あ、やっぱり・・という
顔をされていました。

日本でも香害や化学物質過敏症などで苦労されている方も
多い
かと思います。





ドイツの人気なドラッグストアでも
強烈な臭いのする洗剤などが多く売られ
ています。

綺麗好きな高齢のおばあさんほど、多くの洗剤を
購入していく
姿をよく見かけます。
この姿を見て、重曹1つで事足りるのに・・と思って
しまいます。


pixabay[CC0]


ドイツでは、家の中をスッキリきれいにピカピカに
することが良いとされ
ていますが、やはり、刷り込まれた
価値観や習慣というものが、商品を購入していく行動に
繋がっていく
こともよくわかりました。

我が家は、ケミカルを使用せずに、重曹、クエン酸、お酢を
使用して、引っ越しの最終のお掃除
をしました。
そして、なんと、フッ素入りやサッカリン入りの
歯磨きペースト
は危険なので、歯磨きには使わずに
掃除に使いまして、家中ピカピカ
になりました。

見た目や外見が美しくきれいであるのかを見せかけるより、
本当に身体にとって安全であるのか、
自然を破壊してまで、利益を追求しないこと
こちらを重視していきたい
ものです。





日本では、小学生から中学受験が激化して、
我先にと良い学歴、良い企業へ就職したいと
そして、挙げ句の果ては、企業の利益追求のために
働いてしまいます
が、考えものです。
お金に困らないようにと医学部、薬学部が人気であることが
こんなことにつながっているなら、ため息がでます。

下記の香害マイクロカプセルの実像の動画は大変衝撃的な
内容
になっています。
香りを長持ちさせるイソシアネート含有のマイクロカプセルは、
便利かもしれませんが、発がん性でもある
ようです。
日本では、花粉症の害なのか、マイクロカプセルの害なのか・・
または、放射性物質の害なのか、もうわからなくなってしまう
状態
ではないでしょうか・・。
ドイツ語のウィキペディア『イソシアネート』には、
このように書かれています。

Toxizität[Bearbeiten | Quelltext bearbeiten]
Isocyansäure, Methylisocyanat und andere Isocyanate sind sehr giftig.
Am 3. Dezember 1984 entwichen aus einem defekten Tank einer Pestizidfabrik des amerikanischen Chemiekonzerns Union Carbide Corporation in der Nähe der Stadt Bhopal (Indien) rund 40 Tonnen Methylisocyanat („Bhopalunglück“). Die Gaswolke tötete mehr als 2800 Menschen und verursachte bei mehreren Hunderttausend weiteren Personen schwere Verletzungen wie Augen- und Schleimhautschäden.


『ソシオン酸、メチルイソシアネートおよび他のイソシアネートは非常に有毒です。1984年12月3日、インドのボパール市近くの米国の化学会社Union Carbide Corporationが所有する農薬工場で、破損したタンクから約40トンのメチルイソシアネート( "Bhopal's Disaster")が流出しました。 ガスの雲は2800人以上の人々を殺し、そして数十万人の人々に目と粘膜の損傷のような重傷を引き起こしました。

下記も参考までに。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~vocgeca/isoshia%20kaisetukokuminnkaigi22.html



ぺりどっとさんの最新記事にもありましたが、
中国の躍進もめざましいものがあります。


最近では、折りたたみ携帯も登場したようです。


アメリカ留学をした海亀たちが、活躍しているのでしょう。

しかしながら、ベルリンで中国の広州にお住まいの方にお会いして
中国の教育制度についてちょっとお聞きしました。
中国では、小学校1年生から深夜まで勉強をして、
小学生から数学の微分積分まで勉強する子供さんもいるそうですが、
勉強のほかは自分で何もできなくて、情緒的に問題のある子供さんも多く、
ちょっと偏りのある教育制度である
とも聞きました。

Wikimedia_Commons[Public Domain]


世界中で使用されてるアスベスト


さてさて、話はもどりますが、
思い返してみれば、オーストラリア時代も
ホームステイをしていた家が
アスベストを使用していることがわかり、
急いで逃げ出した思い出
があります。
オーストラリアの古い家はアスベストを使用している
ところが多い
ようです。

また、ベルリンでも、アスベスト使用が発覚した
高層ビルが幽霊ビルのように放置
されています。
このように発覚したのなら、触らない、いじらないことが
大切です。

しかしながら、日本では、東日本大震災以後、
多くのアスベストを含む瓦礫を全国で燃やしました
し、
現在でも築地の問題などもあります。


そして、なんと、映画の中で、先日お亡くなりになったブルーノ・ガンツ氏が
天使の姿で立っていた、ベルリンの壁もアスベストが
大量に使用されていた
のですね。


どこもかしこも・・・ため息がでてしまいますね・・。




Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.