ぺりどっと通信41 ぴょんぴょん


ぴょんぴょん、ぴょんぴょん、ぴょんぴょんぴょん~🐇

残念ながら、本編には、くろちゃんもしろちゃんも出てきませんので、あしからず。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世間一般で、健康にいいと言われてるジョギング。



でも、Wikipediaによると、
1970年代後半から1980年代前半にかけて全米を中心にした世界規模のジョギング健康法が一大ブームとなりました。その生みの親となったジョギング提唱者のジム・フィックス氏は、52歳で心筋梗塞を起こしてジョギング中に突然死してます。だいたい、〇〇健康法たるものを生み出した提唱者の面々ですが、案外早死にしてる方が多いのです。

ジョギングなんぞは、頭や膝などの衝撃もありますし、心臓にもよくなさそうです。ですので、健康になろうと思って、必死になってジョギングをされてる姿をみてしまうと、何ともやるせない気持ちになります。

また、そもそもスポーツなどの運動は健康にいいのかっていう話もあります。

苫米地博士によると人間の細胞は全て「高分子化合物」なので、使えば使うほど傷んでしまうそうです。実際、プロスポーツ選手は、だいたいが早死にしてるとのこと。


また、こちらの情報でも、スポーツが健康によくない理由が書かれています。

そして、

「運動は体に良いと言ったな。あれは嘘だ。」
引用元) Books&Apps 17/8/22 高須賀

(前略)
データ上でも、激しい運動を行ったスポーツ選手の寿命は、一般的な寿命と比較して6~10年ほど短いとされている。
(中略)
「それは極端な運動を行っている人の場合であって、ほどほどに運動している人は健康なんじゃないの?」

そう思う人もいるだろう。しかし残念ながら現実はそう簡単ではない。

データの上では、最も平均寿命が長いとされている人達は東洋の僧侶だ。彼らの生活の特徴は、激しい運動はせずに一日中座ってお経を唱えた生活を行い、かつ食生活は質素だという事があげられる。
(中略)
大規模なデータを分析した結果、人間の寿命にもっとも作用するのは運動量と食習慣だという事がわかっている。
(中略)
この2つの組み合わせのうち、最も健康で長生きなのは運動量が少なく・食事量も少ないグループだ。

ちなみに最も短命なのは、よく動き・よく食べる人である。一般的には健康だと思われている彼らだが、実は検討上は最も短命な軍に所属しているという事がわかっている。
(以下略)


ということで、健康にはそれほど運動は必要なく、楽しみや遊び程度でするのがいいのでしょうね。

それでもどうしても身体を動かしたいという方には、ヨガ、太極拳、そして以前ご紹介した ぷるぷる気功 といったものがいいかも。

Author:Jgremillot[CC BY-SA]

人間が歩いたり走ったりするのをよく観察してみると、身体を移動させながら上下に振動させています。ぷるぷる気功は、より細かく上下振動をしているので、そういった点では、歩いたり走ったりするよりも健康効果が高いのかも。

あのぷるぷる気功の欠点は、

・単調で飽きやすい
・腕に力が入り過ぎる

という点くらいでしょうか。この弱点を補うものとしては、

ミニトランポリン


トランポリンです。

ぺりどっとはこのトランポリンでぴょんぴょん飛び跳ねております。とはいっても通常の使い方ではなく、あまり大きく飛んだりせず、上下に軽く揺する程度でして、ぷるぷる気功のトランポリン版みたいな感じです。ぷるぷる気功よりも振動が緩慢なので、あれほどの効果はないと思いますが、何と言っても、飛び跳ねてて楽しいのです♪しかも、ただ跳ねていればいいだけなので努力も必要なく楽チン。

実はコレ、寒いときにも大活躍していました。飛び跳ねて20分も経つと、身体が芯から温まります。厳冬期でも飛び跳ねた後は、しばらく真っ裸で過ごせます。ぺりどっとにとって、このトランポリンは燃料の要らない暖房器具です。

芯から温まることが出来るので、熟睡するために必要な深部体温を上げるのにも、このトランポリンが一役買ってました。トランポリンで熟睡!!

一般的にいわれているトランポリンのメリット・デメリット。

メリット
・いつでもどんな時間でも出来る
・天候に左右されず、雨でも雪でもできる
・器具と置けるスペースさえあれば、それで事足りる
・同じ時間のウォーキングの11倍のカロリーを消費する
・ぴょんぴょんしながら、映像配信やYouTubeなどの動画が鑑賞できる

デメリット
・床下に振動が響くため、階下にお住いの方がいる場合は難しい


あるとき、ぴょんぴょん飛び跳ね始めると、背中が痛くて痛くて、跳ねていられませんでした。下に降りて、背中を触ったりしても、
「あれっ? おかしいな、何ともない。」
と思い、再び、ぴょんぴょんと跳ねだすと、また背中が痛み出すのです。もうそれ以上、飛び跳ねることが出来ませんでした。

色々と調べて、ある処置をしてみた結果、跳ねても痛みが出なくなりました。こうした上下振動によって、身体の不調や病気などの早期発見になったのかもしれません。


また、あるとき突然、夜間頻尿になりました。夜間だけおしっこをもよおして、何度も何度も起きてしまうのです。夜中に3~5回も目を覚まし、そのせいで睡眠が浅くなり、疲れが抜けにくくなってしまいました。

これはまずいとネットで調べた結果、

通常夜寝ている間、脳は睡眠が妨げられることがないよう、尿を極力抑える“抗利尿ホルモン”を出しているのだが、心不全になるとこれが効かなくなってしまう。メカニズムはこうだ。心不全になると血液循環が悪くなるため、日中重力に逆らえず下半身に血液が溜まってしまう。そして、夜布団に入り横になるとそれが一気に心臓に戻ってくるのだ。こうなると心臓は、突然増えた血液を減らそうと、尿を体内から出す命令をする“利尿ホルモン”を分泌。血液が尿に変えられ、膀胱にどんどん溜まる事で夜間頻尿が起こってしまうというのだ。
ORICON NEWSより抜粋

他の情報なども合わせると、特に心不全というわけでもなく、単に血液循環が悪くなることでそうなってしまうケースもあるようです。

ということで、こうした原因が分かると対処も出来ます。

昼間の間に全身の血流をより良くしてあげれば、改善できるのではと考えつきました。トランポリンやぷるぷる気功で上下振動をして、全身の血流を良くしたら、ものの見事に、夜中に目を覚ますことがなくなりました。

こうした改善をすることで、夜間頻尿は完全になくなり、今では、トランポリンやぷるぷる気功をしようとしまいと、頻繁に夜目覚めるようなことは全くなくなりました。

ちなみに、通常の頻尿の場合には、指一本で即効の こちらの方法が効果的なようです。また、東洋医学セミナーを学ばれてる方は、膀胱経脈に何らかの対策を講じるといいかもしれませんね。


こうした様々な情報や実体験から、
健康を維持するのに、家事などで普通に身体を動かしていれば、わざわざ運動をする必要はないと思います。しかし、ほとんど身体を動かさないがために不調が出てるようなケース、例えば、事務仕事で椅子に長時間座りきりといった場合には、ときどき血流を良くしてあげる必要はあるかなと思いました。



(まの爺)
 またしても意表を突かれてしまった、まの爺であった。
家にトランポリンが? 家でトランポリンを?? 
以前に習った「貧乏ゆすりプルプル」は、重宝しておりますぞ。
傍目にはアホウ踊りのように見えるのをガマンして全身プルプルを工夫すると、数分で肩こりが改善するのも画期的ぢゃ。
 今度の「ぴょんぴょんとらんぽりん」も試してみたいのう〜!
しかしトランポリンが家にあるヘン、、奇特な人って居るのか?
(ぴょんぴょん先生ん家にはプロ仕様がありそうぢゃな。)
全国のぺりどっとファンに代わって、まの爺が質問しよう。
 トランポリンはどのくらいの大きさかな?
 どんな格好で跳ねておるのぢゃ?立って?座って?転がって?
 何分くらい?映像配信を見ながらとなると(器用なお方ぢゃ)、
 1時間半ぴょんぴょんかのう?

プルプルも役立ってて何よりです~♪
ミニトランポリン、我々が思ってるより流行ってるそうで、宅配の仕事をしとる友人がトランポリンの荷物が結構多いと嘆いておりました。
大きさは直径102cmのもので、金属のバネタイプなのですが、これが結構頻繁に切れてしまうし、音も出ます。別売りのバネも購入できますが、音がしないゴムタイプなどの方がいいかもしれません。
立ちながら5~30分ほどぴょんぴょんしてますが、動画は見てないですよん。

これは言うつもりはなかったのですが、、、
以前、1時間以上ぴょんぴょんし続けていたら、数日で体重がかなり落ちました。
(ぺりどっとは小太りくらいがちょうどいいと考えてるので、すぐに止めました)
ですので、さすがに1時間半もぴょんぴょんしてたら、15時間相当のウォーキングに相当するので、相当痩せますよ~(笑)
↑おそらく、流行ってる理由はコレ!↑ 使い方次第で、くびれも出来るんだとか。。。


※本記事の内容はあくまで、ぺりどっと自身の一個人の体験に過ぎず、その改善効果をうたうものではありません。


Writer

ぺりどっと

ぺりどっと

健康マニア!インド渡航歴13回。
東京は築地生まれの江戸っ子!
試したがりの変わり者♪
移住してきた瀬戸内海の離島の古民家や海、山、畑でゆったりと過ごしながら、時事ブログの記事編集のお手伝いをさせて頂いておりましたが、山口の山奥に引っ越しました。
ぺりどっと通信で時事ブログの品位と波動を下げないかどうかが、ますます心配です。

■ 勝手に編集後記 ■

アイキャッチ画像に、タイトルの"ぴょんぴょん"に引っ掛けた、本内容とはほとんど関係のない意図があったことを謹んでお知らせ申し上げます(笑) 大好評のぴょんぴょんシリーズは、今も絶賛連載中!

★お詫び★
前回の記事の、暗記用「除霊と浄化の祈り」に若干の変更及び文言の欠落があり、修正したものを4/30に更新させていただきました。


Comments are closed.