メキシコ便り(37):ロペス・オブラドール大統領、PEMEX石油会社の倒産とメキシコ経済危機を無事回避!

 メキシコでは毎年5月10日が母の日。盛大にお祝いされます。ほとんどのお母様らは、その日は朝からレストランで家族とお食事♪どこのレストランも半端なく混みます。そんな母の日の胸キューンなお話を友人から聞き、涙しちゃいました😢
 メキシコの貧しい家庭ではヨーグルト(大)の容器を捨てずにタッパーウエアがわりに使う家庭が多いとか。。。そしてメキシコの調理した豆、フリホーレス(貧しい家庭では、お肉が買えないので代わりにフリホーレスをよく食べるらしい。。。)をそのヨーグルト容器に入れて冷蔵庫で保管するそう。。。学校から帰ってお腹すかした子供らは、すぐさま冷蔵庫を開けて、ヨーグルト容器をみて興奮!「やったぁ〜!!!ヨーグルトだぁ〜!!!」と開けてがっくり、それは豆のフリホーレス。😭多くの貧しい家庭で育ったメキシコ人は子供時代そんな残念な体験を何度もしているそうです。でも大人になって親元を離れて暮らし始め、うちに帰って冷蔵庫をあけてヨーグルトの容器をみると、ヨーグルトではなく豆のフリホーレスが入っていたらなぁ〜って思いにふけるのだとか。。。あ〜、母の味、母の愛、独り立ちして初めて感謝し、恋しくなるんだろうなぁ〜。。。同じ体験をした友人の話に、二人で一緒に涙ポロポロ、胸キューンしちゃった母の日でした。
 さて、今回は「PEMEX石油会社の倒産 → メキシコ経済危機を目論んでいたヤツらの計画」をロペス・オブラドール大統領は、見事にひっくり返したという、メキシコ経済にとって、とてもビッグでグレイトなニュースです。が、あの某経済新聞は、全くそのニュースに触れていない。。。某経済新聞も含め、メキシコ経済のフェイクなニュースを流す主要メディアにカーンっとパンチが入った、そんな力強い大統領のメキシコ経済の報告です。日本の銀行も関係しててかなりpopoちゃん的に嬉しかったぁ😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(37):ロペス・オブラドール大統領、PEMEX石油会社の倒産とメキシコ経済危機を無事回避!

大統領、PEMEXの危機救う!


5月13日(月)朝のプレス・コンファレンス。80人以上の報道陣が椅子に座り、大統領の登場を待ち侘びている。前列に座るためには、朝の5時半から外の列に並ぶらしい。プレス・コンファレンスの開始は朝7時。たしかメキシコシティは4月5月が一番暑い時期(最高気温29度)。メキシコシティ(標高2250m)の朝は、たとえ夏でも少し冷え込むためか、皆、ジャケットを羽織っている。

報道陣の前のステージには、いつもの演壇が真ん中にポツリと佇む。

(ツイート上の参考写真)これは5月13日のものではありませんが、
いつもこんな感じで皆さん大統領を待っています。ご参考までに。。。

この日いつもと違う光景が。。。それは演壇の右側に8席の椅子、その前には木製の長机が静かに置かれていた。そして右奥のドアが開くと、いつものように清々しいお顔で颯爽とロペス・オブラドール大統領がステージに上がってくる。マイクのほうへ軽い足どりで歩きながら、元気な声で「おはようございます!」と大統領は挨拶をする。。。(下のツイート写真↓)いつも、今日はどんなニュース、どんな暴露をしてくれるのか、どんな歴史を教えてくれるのかと期待でいっぱいのpopoちゃん♪

5月13日「おはようございます!」と挨拶しながら登場し、颯爽とマイクのほうへ歩く大統領


マイクの前に立つや否や「大変良い週のスタートです!」と活気に満ちた声が場に響き渡たる✨そして、大統領に続いてゾロゾロとスーツ姿の男性7人、女性1人がステージにあがり椅子に座る中、大統領は「今日は大変良いニュースをお伝えできるのが嬉しい。。。(略)。。。メキシコ経済にとって大変重要なこと。。。(略)。。。今日はPEMEXの経営強化のための再融資に3行の銀行とここで同意書にサインをします。」と。。。新政権が始まって以来、この5ヶ月間ずっと交渉してきたらしい。。。


その後、HSBCホールディングス、JP Morgan, みずほ証券の3行の代表がそれぞれスピーチ。「お〜!!!みずほか〜!」っとちょっと興奮したpopoちゃん。みずほ代表はインターナショナル・ディレクター、アメリカ人で、メキシコ外務大臣が即席で通訳していました。無駄使いをしないアムロ政権は通訳も外務大臣に!😁しかもすぐにその場でできるのも頼もしい。日本の外務大臣はできるかな?!3行の代表が何度も繰り返して使った言葉。。。それは「信用」 でした。メキシコの新政権に対して、新政策に対して、PEMEXの経営管理に対して、全面的に「信用」 していると。。。

(左から)アムロ大統領、HSBC代表、みずほ証券代表、メキシコ外務大臣(ここでは通訳者)

そして、再融資の内容は、世界にメキシコに対する銀行の「信用」 を見せつけるものでした!

返済期間延長 :3年から5年へ

貸し付け額拡大:80億ドル(約8800億円)に

利子率減   :4.85%に

大統領いわく、公約どおり「新たな借金は一切しない」と。。。「貸し付け増額80億ドルは、もしものためにあるもの」と強調した。。。

「メキシコの経済は混乱している、低迷している」「PEMEXの巨額な借金は手に負えない」などウソの情報が氾濫しているなか、これで真実が明確になってよかったと語る大統領。そして、無事に銀行3行とのサイン終了!

左から)大統領、HSBC代表、JP Morgan代表、みずほ証券代表

大統領、ご満悦♪

大統領は、言う。。。ロックフェラー氏が言ったように「一番儲かるビジネスは石油会社。二番目に儲かるビジネスは酷い経営状態の石油会社」なのだと。。。また石油会社は自然(油田)に支払いをするわけでもない、1樽(石油159リットル)抽出するのに10ドル、それを60ドルで売るので1樽50ドルの利益が出るのです。と具体的な数字を出し、PEMEX石油会社の利潤性をアピール。そして銀行3行がこうして好条件の再融資をしてくれた最大の理由は、新政権では、一切の汚職が許されないという事実が銀行の信用に繋がったからだと強調しました。

この後、いつもの大統領の質疑応答が始まり、ある記者が突然、JP Morgan代表に質問がありますと名指しし、質問をしました。

(質疑応答の概訳)
記者:「貴社JP Morganをはじめ,BBVABancomer銀行、シティバンク、Fitch ratingは、今年2月19日、新政権のPEMEX救済プランは不十分で残念なものだという評価をしましたが、貴社のトップの方々は最終的に、なぜ、協力することに至ったのですか?

JP Morgan代表:「まず先ほどのスピーチでも申し上げましたが、私どもはメキシコ政権、PEMEXの経営管理を全面的に信頼しています。自社のなかで様々な評価をしているものがいて、それはそれで個々の表現の自由を尊重しますが、私どもはメキシコ政権、PEMEXを全面的に信頼をしています。」

(上のツイート動画)この動画は上記の質疑応答部分だけを載せてくれてますが、なによりもこの質疑応答を左後ろで立って聞いている大統領のお顔がたまらない。。。嬉しそう♪

まさか自分に質問が飛んでくるとは夢にも思っていなかったJP Morganの代表だったと思いますが、動じずなかなかの回答でした。この後にも、また再び名指しで質問され、きちんと答えて、大統領に褒められていました。すばらしいと。。。今後、ゲストで呼ばれる人たちは、プレス・コンファレンスに招待されステージに上がるのが怖くなっちゃうかも。。。😁そう、今、メキシコには真の民主主義が浸透しつつ、だれもがなんでも聞ける言える環境なのら♪


(上の動画)画面内で写真と役職名が逆になっています。一番左の男性がHSBCで、真ん中の男性がJP Morgan 代表。

上のナチョさん動画によると、今回、この3行の銀行からの再融資でメキシコは、なんとか危機を逃れたよう。大統領いわく、毎年PEMEXは17%の借金増加をしてきたらしい。ナチョさん動画によると前ペニャニエト政権の最後1年の間にPEMEXは次から次へと膨大な借金をしたらしい。そして2020年に約1000億ドル(約1兆1千万円)の返済期限が迫っていたらしい。。。


これが支払えないと、「PEMEX破産 → メキシコ経済危機」というシナリオがBlackrockらによって計画されていたとか。。。😱今回この支払い期限を2020年から2025年に伸ばすことで経済的に柔軟性と安定性を獲得し、この計画されていた「PEMEX破産 → メキシコ経済危機」を逃れたらしい。。。

アムロ政権は、ネオリベラリズ政権の汚職で皮と骨だけになってしまったPEMEXを健全なものにする回復作業を着々と実行中。新たな石油精製所建設、フラッキング水圧破砕法・大量の水と化学物質を使うため、地震発生の危険性、地下水の汚染、地域住民の健康リスクがある)なしの石油抽出生産量拡大(次々と新たな油田が発見されているらしい。。。)そして、すでにこの5ヶ月で石油窃盗は95%減!これプラス汚職ゼロ!!!ということで、なかなか明るい未来が見えてきたぞ、PEMEX❗️

(上のツイート訳)アムロ大統領:石油窃盗はメキシコ全土で95%減。


今年の最初の四半期では、去年と同じ時期に比べて、海外からの投資7%UP。その他、Nestle 5億ドル、Pepsi40億ドルの投資予定。PEMEXへの投資額も100億ドル(5月18日付)と増加。

そしてメキシコには、もしもの時のために、3000億ペソ(約1兆7千億円)の貯蓄があり、また800億ペソ(約4,600億円)のまた別の貯蓄もあると5月15日の朝のプレス・コンファレンスでアムロ大統領が暴露❗️


大統領はメキシコの経済問題は全くなく、メキシコ経済はとても健全であると断言❗️❗️❗️



そして何よりもメキシコに自信を与えてくれるのは、ペソが強く安定していること。
ナチョさんいわく、過去、アメリカドルが弱くなるとペソも必ず弱くなっていたと。。。が、今回、この銀行3行がメキシコに多大な信頼を寄せているとプレス・コンファレンスで発表されたとき、ちょうど中国がアメリカへの関税をかけることを発表してアメリカドルが弱くなったタイミングで、過去になく、ドルにつられることなく、ペソは逆に強くなった!と。。。

これはアメリカのポチ(メキシコではネコ🐱といいます。)を卒業し、メキシコは独立してきていることを意味してるのかも。。。✌️

¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1




Comments are closed.