独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第58楽章 コロナウィルス騒動で国境封鎖、今何をすればいいのか?

 コロナウィルス対策には、ビタミンCが大事ということで、オーストラリア・ケアンズの家の横にあったレモンの木を思い出していました。ケアンズ時代の家の周りには、みかんの木もありましたし、マンゴーの木もありました。コアラはいませんが、ユーカリの木もありました。アボリジニの特効薬、ティーツリーも殺菌力があり万能だったな・・と思い出して使ってみたり、オーストラリアのスーパーでも売られているユーカリオイルも風邪に良いと言われていましたし・・。木というのも薬になるのですね・・。アスピリンは柳の木から作られていますし、楠からは、カンファー、樟脳が作られています・・。
 ケアンズの家のキッチンからは、家の前にある木々と鳥の様子がよく見えました。オーストラリアのオウム、キバタンはみかんを食べていて、他の鳥が来ると、みかんを残して、サッと逃げていきます。他の鳥が残されたみかんを食べていたり・・・。鳥たちにとっては、家や国の境目はありません。
 さてさて、人間は、グローバリスムのためにEUの国境をなくしてみたり、コロナ騒動で国境を封鎖してみたり・・・てんやわんやになっています・・。

 第58楽章は、コロナウィルス騒動で国境封鎖、今何をすればいいのか?です。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ドイツが国境を閉鎖


EUのグローバリズムが崩壊しているということでしょうか・・。
3月16日8時よりドイツも国境を閉鎖しました。

オーストリア,スイス,フランス,ルクセンブルク,デンマークとのシェンゲン協定域内国境
  ・オーストリアはイタリアとの国境を閉鎖
  ・スロバキアは国境を閉鎖
  ・チェコ共和国は国境を閉鎖
  ・デンマークが国境を閉鎖
  ・ポーランドが国境を閉鎖

ベルギーとオランダ国境では、軍用車両が続々と・・


封鎖されているイタリアでは、バイオリンを弾いて近隣の方々を楽しませています。

メルケル首相のデレビを通じての呼びかけにも関わらず・・多くの方が、コロナは別に問題ないと・・いうことで、公園で日向ぼっこをしたり、普通に過ごしている方が多いようです。


ドイツで真実を伝えているサイトから


以下のツイッターは、ドイツのサイト「Volldraht」のツイッターです。こちらのサイトは、第57楽章に記載した生物学者のYouTubeを見ていて、そのコメント欄にどなたかがリンクされていたので、偶然にも発見しました。サイトには、Qアノンのビデオもあり、記事の出典は、popoちゃんの記事で記載されていた方などもあり、そして、ツイッターQArmyJapanのEriさんの内容とも一致していますし、検索をすると、ドイツで真実を伝えているサイトと書かれている方もいました。

ドイツ語学校の先生は、コロナ騒動は大げさだと言っていましたが、情報が新聞からが主であったようですので、トランプ大統領の悪口をクラスのアメリカ出身の方と話していて、私はシャンティフーラの時事ブログでQアノンについて知っていましたので、正しい情報を得るのは大変なことだな・・とずっと思っていました・・。

こちらの写真は意味深ですね・・

下記のツイッターの記事は、最初のコロナ患者を発見・・というタイトルですが・・

メルケル首相は、9月に武漢を訪問している内容が書いてあり・・
記事の中では、メルケル首相が武漢でもらった??のような内容を
示唆されていて、興味深いものになっています。


やはり、通貨システムを変えていくため・・という内容が書かれています。

記事によると、3月8日ごろにグローバルシステムが崩壊して、グローバルネットワークが切断されたという衝撃的な情報です。ドイツは経済の中心地でもあるので、今後ゆっくりと改善されて行くということが示唆されています。アメリカも連邦準備制度を閉鎖するそうです。混乱を招かないように調整していくとのことで、ちょっと嬉しい内容が書かれていました。

わお!! このようなすごいことが行われている最中に、善良な小市民は、トイレットペーパーを買いに走り、世界の動きより自分のお尻が心配・・

こちらでは、注射マフィアのお話も・・。なかなか良いことをいい、方法論を提示されています。

記事によると、予防接種を強いることは、ペドフィリアネットワークの価値観であるという興味深い見解を示されていて、子育ての中でもこのような考え方を知ることが大切であるな・・と思い、頭の中が刺激されるような感覚になってしまいました。

また、予防注射に関しては、時間をかけてでも逃げるのです・・というアドバイスもあり、イデオロギーのテロはもう終焉間近であるという嬉しい内容も・・時間をかけてくださいという考え方もとても参考になりました。


ドイツでは、3月1日から麻疹、はしかの予防接種が義務になりましたので、息子の学校でも予防接種の証明書を持ってくるように言われました。ドイツでは、8分の1くらいの方が予防接種をしていないそうです。この流れからも何かが見えてきそうです。
(我が家は、311前は、私自身騙され人間だったので、母子手帳は優等生! 子供に完璧に予防注射をしていました・・海外に出る場合には好都合でしたが、なんとまあ、母子手帳が優等生ということは・・ダメな親でした・・)


コロナによって変わりゆく日々


ベルリンでも、すべての劇場、コンサート、スポーツ観戦なども中止になりました。嬉しいことに、ベルリンフィルハーモニーのデジタルコンサートは、31日まで登録をすれば、30日無料で鑑賞することができるようになりました。


私もすぐに登録をして見始めました。コンサートだけでなく、実際にどのようにレコーディングをしているのか、サイモン・ラトル指揮者の2002年からの歴史なども振り返っているフィルム、その他カラヤンなどのフィルムなどもあり、充実しています。

日本の子供さんたちは、春休みでもありますね。家で勉強するときには、まんがの日本の歴史が現在無料で読めるようになっているようです。まんがの日本の歴史は流れをつかむのにはいいですが、やはり、竹下先生の映像配信の日本の歴史と、そして、時事ブログのユダヤ問題で、さらに深めなくては・・。

今、何をすればいいのか?
シャンティフーラの時事ブログを読んで、対策をして、世の中の動きをじっとみていればいいのかな・・と思っています。

買い物がてらに見かけた風景では、ドイツ人なのか、移民背景がある方なのかわかりませんが、おじさんたち・・手の消毒剤を分け合って、手にスリスリしていて・・街中でも、みなさん小さな消毒剤をもっているのか、手をスリスリしている方をよく見かけまして・・もちろん、私も小市民ですので、小さなティーツリーをポケットに入れていて、買い物でお釣りをもらうと、お財布に1滴ぐらい垂らして、その後に手にスリスリ・・。迷える子羊なのでしょうか・・。

Wikimedia_Commons[Public Domain]
ティーツリーの木

本日の音楽


今回の音楽は、ラフマニノフの楽興の時です。時代が変遷していく・・そしてカオス的な雰囲気が曲調とあっているかな・・と思ったのですが・・




Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.