2020年3月21日 の記事

不安をあおっただけで、何の具体策も示していない、政府の新型コロナ対策専門家会議 / 福井県・石川県・新潟県の初感染者全員、東京帰りだった!

竹下雅敏氏からの情報です。
 「おーばーしゅーと」ってか。感染爆発でいいじゃないか。不必要なカタカナを使って格好をつけても、中身がないのではどうしようもない。政府の新型コロナ対策の専門家会議の提言は、“どこかの地域を発端として感染爆発になりかねないのだが、具体的な対策は何もない”ということでしょう。
 情報速報ドットコムさんによると、“福井県・石川県・新潟県の初感染者が東京帰り”だったとのことで、「東京が感染源ではないか」と見られているらしい。「東京都の検査実施人数は1848人だけで、陽性反応は118人」だとして、東京都の人口が約1395万人なので、単純計算すると東京に8万9千人の感染者がいることになります。確かに日本は、“よく持ちこたえている”と言えるでしょう。
 この状況で、「新宿区や文京区や台東区まわりの行動半径は完全に元どおりだ。すごい人出」ということになると「島国なので僅かに時間稼ぎができていましたが、全部パァ」になったと考えるのが自然です。近い将来、“イランと英国とイタリアの悪いところすべて足し合わせた日本の実像”が浮かび上がってくるものと思われます。
 「生き残るには、とにかく引きこもれ、最低1カ月、基本2ヶ月、可能ならばそれ以上、基本的に外出するな、人と接するな」は、的確な助言でしょう。ビタミンCも忘れずに…。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナ「オーバーシュート」懸念も…専門家会議の無策無力
引用元)
(前略)
19日に開かれた政府の新型コロナ対策の専門家会議が「今後、感染源が分からない患者が継続的に増加し全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねない」という提言をまとめた。
(中略)
結局、オーバーシュートという新たな概念を持ち出して『気がついたときには制御できなくなってしまう』などと不安をあおっただけで、何の具体策も示されていない。イベントは自粛、学校は再開という対応もチグハグで、国民は混乱します。『瀬戸際』と位置づけた1、2週間が過ぎ、さらに10日経っても具体的な対策を打ち出せず、オーバーシュートを恐れているだけでは、何のための専門家会議なのでしょうか」(山野美容芸術短大客員教授の中原英臣氏=感染症学) 
(以下略)
————————————————————————
福井と石川、新潟の初感染者は全員が「東京帰り」の謎 東京都の検査実施人数は1848人だけ 水面下で感染爆発か
転載元)
(前略)
福井県で初の新型コロナウイルスの感染者が確認されましたが、この感染者が東京帰りだったことに注目が集まっています。この感染者は感染経路不明と発表されており、現時点で分かっているのは東京帰り直後だったことだけです。実は石川県や新潟県の初感染者も同じ東京帰りで、ネット上では報道直後に「東京が感染源ではないか」というような説が飛び交っていました。
 
東京都の検査実施人数は1848人だけで、陽性反応は118人となっています。公式発表の比率を東京都の人口で単純計算しても、数万人の感染者が居ることになり、東京都が感染源となって周囲に患者を広げていたとしても不思議では無いです。
問題なのは東京都を含め、全国的に検査実施人数が少ないことで、何処まで感染が広がっているのか想定が難しい点だと言えるでしょう。
(中略)
福井県内で初、男性1人の感染確認 新型コロナウイルス
https://www.asahi.com/articles/ASN3L74WGN3LPGJB00X.html

福井県は18日、県内で初めて新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表した。福井市内に住む会社役員の50代男性という。
県によると、男性は6~8日に都内に滞在。移動は飛行機を利用した。
(中略)
(以下略)

» 続きはこちらから

新型コロナウイルスは、肺にやってくる免疫細胞に感染し過剰反応させ「免疫システムを狂気の戦闘状態」にして、私たちの体細胞も殺す ~悪化すると修復しようのない損傷となり一生残る障害を引き起こす

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は、とても分かり易い。2分20秒のところで新型コロナウイルスは、“肺にやってくる免疫細胞に感染”し過剰反応させ「免疫システムを狂気の戦闘状態」にして、私たちの体細胞も殺してしまう。「これが悪化すると、修復しようのない損傷となり一生残る障害を引き起こす」と言っています。3分30秒辺りまでご覧ください。
 ツイートの動画をご覧ください。“呼吸の度に肺はガラスに刺されるように痛い…絶対インフル程度ではない”と言っています。新型コロナウイルスは感染して重症化すると、たとえ回復したとしても深刻な後遺症が残ると言われています。イタリアの例から医療崩壊が起こると、致死率は10%に近づくのではないかと思われます。
 米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は「コロナウイルスの死亡率は約1%、つまり季節性のインフルエンザの10倍だ」と3月11日の議会下院の公聴会で発言しましたが、致死率が高くなると10倍ではなく100倍に近くなります。
 箱コネマンさんのツイートのリンク先は必見です。「感染症指定医療機関勤務でチャーター便受け入れた4病院のうちのひとつ」で患者の治療にあたっている医師と思われる人物の書き込みです。「このウイルスは未治療の場合致死率が有症状者の10%くらいと見積もっとる」と言っています。
 また、“小葉中心性に末梢に少しすりガラス影あるな、くらいやったのが重症化するパターンやと突然花火のようにバラバラと肺のあちこちに飛び火して、それが12時間後くらいに一気に浸潤影を伴い、すぐにARDSに至るみたいな感じ”と言っていますが、武漢大学中南医院の専門家が「新型コロナウイルス」の発症から回復または死亡までの経過を説明していたことと一致しています。
 自衛隊中央病院の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)104症例のまとめ」は、読者の方からの情報提供です。きわめて貴重なデータで面白いと思いました。「ダイヤモンドプリンセス号からの患者は全員退院」し、スタッフを一人も感染させなかった自衛隊は流石(さすが)です。腐っているのは上だけのようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナウイルスとは何か & あなたは何をすべきか
配信元)
————————————————————————
配信元)

————————————————————————
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について
転載元)
当院におけるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から搬送された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)104症例のまとめです。
(中略)

症例の特徴 
 症例の特徴を表1に示す。患者の平均年齢は68歳で男女比はほぼ半々であった。国籍は17の国と地域と多様であった。48%に基礎疾患あり、高血圧が最も多かった。クルーズ船の乗員と乗客が混在しており、乗員は30~50代が中心で、乗客は70代が中心であった。
(中略)

臨床症状、所見、治療、重症度 
 入院時及び観察全期間における臨床症状、所見、治療(酸素投与の有無)、重症度を表2に示す。無症候性陽性者の割合が高く、軽症例が41.3%、重症例は26.9%であった。入院時に有症状であった症例のうち最も多かった症状は発熱で全体の28.8%であった。全観察期間を通して最も多かった症状は咳嗽で全体の41.3%であった。酸素投与が必要となった症例は13.5%であり、そのうちの約半数がいわゆるネーザルハイフローやNPPV注1などの高流量酸素投与を必要とした。気管挿管による人工呼吸管理を必要としたのは1例であった。観察期間を通して全く症状や所見を認めなかった症例は全体の31.7%で観察期間中の死亡はなかった。
注1) NPPV:Noninvasiv Positive Pressure Vetilation非侵襲的陽圧換気療法


» 続きはこちらから

[YouTube]大阪弁をしゃべる猫からコロナウィルスに説教

読者の方からの情報です。
コロナウィルスに対しての文句は
怒りが多いけれど、

これくらいはいい

笑わせることできる様になれっ

いいわー
(メリはち)
————————————————————————
新型コロナウイルス感染症
配信元)

3/27!いよいよ始まる5Gサービス~まずは大都市から、2021年中には人口カバー率90%~5Gと新型コロナウイルス、そしてビルゲイツの”ID2020アライアンス”

 5Gサービスがいよいよ3/27から始まるとのことです。(Softbankにて。docomoのミリ波サービスは6月から)
 最初は、7都道府県(東京、千葉、石川、愛知、大阪、広島、福岡)の一部地域だけですが、2021年中には人口カバー率90%を目指しているようです。
 ニュースでは便利さだけをたんたんと伝えていますが、その危険な実態はとてつもないものです。
 昨日の時事ブログにあるように、Eriさん情報によると、5Gは免疫を弱め、血流中の金属(アルミニウム+水銀)を介して突然死を引き起こす可能性があるとのこと。長年散布されたケムトレイル、歯の詰め物、そしてワクチンという兵器によって、私たちは臓器にアルミニウムや水銀を溜め込んでいる、と。こうした金属が5Gによって臓器の電気系統に混乱を引き起こし突然死になるというわけです。
 またWalk in the Spiritさんによると、ビルゲイツの"ID2020アライアンス"とは、コロナワクチンで通信機能を持つRFIDチップ(注射針を通るほどの極小)を挿入することで、人々を遠隔操作(5G)でコントロールする計画とのことです。表向きは途上国支援とすることで、世界の人々を騙そうというのでしょうか。

 便利とされる5Gですが、その代償は命です。
それがいよいよ日本でも、3/27から始まろうとしているというのですが・・・

※一部、不適切なコメント部、および記事を削除いたしました。(3/21.20:23)
(しんしん丸)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国内5G、本格スタート ソフトバンク、27日から―追加料金1000円
引用元)

 ソフトバンクは5日、高速大容量の次世代通信規格「5G」のサービスを27日に始めると発表した。(中略)
3月末時点で5Gを利用できるのは、東京、千葉、石川、愛知、大阪、広島、福岡の7都府県の一部地域で、順次拡大していく計画。
 ソフトバンクは、2021年中に人口カバー率90%目指す
(以下略)
————————————————————————
ソフトバンク、5Gサービスエリア公開 当初は極めて限定的
引用元)

ソフトバンクは、3月27日に商用サービスを開始する「5G」のエリアマップを公開しました。直近ではエリアは非常に限定的で、(中略) 東京に絞ってみても、4月末時点でカバーしているのは東京駅・有楽町駅・銀座・霞が関など超都心部のみ。渋谷や新宿など副都心の駅周辺は夏以降のカバーとなります。
(以下略)
————————————————————————
ドコモ、5Gサービスを3月25日スタート――料金は無制限の「5Gギガホ」と段階制の「5Gギガライト」
引用元)

NTTドコモは、5Gサービスを3月25日より提供する。(中略)  サービス開始当初の通信速度はSub-6と呼ばれる低めの周波数帯でのサービスとなり、(中略)6月以降はより高い周波数である「ミリ波」によるサービス(中略)となる。利用できるのは全国150カ所、基地局500カ所で利用できる。2020年6月時点で全都道府県に導入される。オリンピック・パラリンピックの主要施設にも導入される。
(以下略)
————————————————————————
引用元)




» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第58楽章 コロナウィルス騒動で国境封鎖、今何をすればいいのか?

 コロナウィルス対策には、ビタミンCが大事ということで、オーストラリア・ケアンズの家の横にあったレモンの木を思い出していました。ケアンズ時代の家の周りには、みかんの木もありましたし、マンゴーの木もありました。コアラはいませんが、ユーカリの木もありました。アボリジニの特効薬、ティーツリーも殺菌力があり万能だったな・・と思い出して使ってみたり、オーストラリアのスーパーでも売られているユーカリオイルも風邪に良いと言われていましたし・・。木というのも薬になるのですね・・。アスピリンは柳の木から作られていますし、楠からは、カンファー、樟脳が作られています・・。
 ケアンズの家のキッチンからは、家の前にある木々と鳥の様子がよく見えました。オーストラリアのオウム、キバタンはみかんを食べていて、他の鳥が来ると、みかんを残して、サッと逃げていきます。他の鳥が残されたみかんを食べていたり・・・。鳥たちにとっては、家や国の境目はありません。
 さてさて、人間は、グローバリスムのためにEUの国境をなくしてみたり、コロナ騒動で国境を封鎖してみたり・・・てんやわんやになっています・・。

 第58楽章は、コロナウィルス騒動で国境封鎖、今何をすればいいのか?です。
(ユリシス)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

ドイツが国境を閉鎖


EUのグローバリズムが崩壊しているということでしょうか・・。
3月16日8時よりドイツも国境を閉鎖しました。

オーストリア,スイス,フランス,ルクセンブルク,デンマークとのシェンゲン協定域内国境
  ・オーストリアはイタリアとの国境を閉鎖
  ・スロバキアは国境を閉鎖
  ・チェコ共和国は国境を閉鎖
  ・デンマークが国境を閉鎖
  ・ポーランドが国境を閉鎖

ベルギーとオランダ国境では、軍用車両が続々と・・

» 続きはこちらから